ユーラシアとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 哺乳類 > 犬の品種 > ユーラシアの意味・解説 

ユーラシア【Eurasia】

読み方:ゆーらしあ

アジアヨーロッパ総称一続き大陸をなし、面積世界最大。「—大陸


ユーラシア

行政入力情報

団体名 ユーラシア
所轄 岡山県
主たる事務所所在地 倉敷市串田470番地
従たる事務所所在地
代表者氏名 沖 佳則
法人設立認証年月日 2010/02/17 
定款記載され目的
この法人は、ユーラシア大陸諸国人的文化的学術的経済的交流を通じて友好親善経済協力関係を図る。又、国際交流を通じて障がい者社会との関わり促進を図ることを目的とする。 
活動分野
保健・医療福祉     社会教育     まちづくり    
観光     農山漁村中山間地域     学術・文化芸術スポーツ    
環境保全     災害救援     地域安全    
人権・平和     国際協力     男女共同参画社会    
子どもの健全育成     情報化社会     科学技術振興    
経済活動活性化     職業能力雇用機会     消費者保護    
連絡助言援助     条例指定    
認定
認定・仮認定
認定   認定   旧制度国税庁)による認定   認定更新中  
PST基準
相対値基準     絶対値基準     条例指定()    
認定開始日:       認定満了日:       認定取消日:   
認定年月日:    認定満了日:    認定取消日:   
閲覧書類
監督情報
解散情報
解散年月日  
解散理由  

ユーラシア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/19 07:56 UTC 版)

ユーラシアEurasia)は、アジア州ヨーロッパ州を一続きの大陸(ユーラシア大陸)と考えたときの呼称[1]EuropeEuropa) と Asia を合成したかばん語造語である[2]


  1. ^ a b c 久保田武「日本大百科全書(ニッポニカ)」小学館
  2. ^ a b 廣瀬陽子「第6章 ユーラシア統合の理想と現実」『地域統合の現在と未来』日本国際問題研究所、2013年3月、95頁。全国書誌番号:22277915
  3. ^ a b c 世界大百科事典 第2版、平凡社
  4. ^ 国際連合 Demographic Yearbook 2006 よりアジアとヨーロッパを加算。
  5. ^ ENU. “About University”. 2019年6月9日閲覧。
  6. ^ The Eurasian Media Forum”. Eamedia.org. 2010年8月7日閲覧。
  7. ^ Eurasian Development Bank”. Eabr.org. 2010年5月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年8月7日閲覧。
  8. ^ Nazarbayev commended as honorary chairman of Supreme Eurasian Economic Council”. 新華社 (2019年5月30日). 2019年6月9日閲覧。


「ユーラシア」の続きの解説一覧

ユーラシア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/03 07:29 UTC 版)

マンモス」の記事における「ユーラシア」の解説

メリジオナリスゾウ 学名: Mammuthus meridionalis (Nesti, 1825)。別名、南方マンモスアフリカ大陸外で化石見つか最古のマンモスである。約300万年前に現れヨーロッパユーラシア大陸北米大陸分布域広げた。 Mammuthus lamarmorae (Major, 1883) ステップマンモス 学名: Mammuthus trogontherii (Pohlig, 1888)。洪積世中期(30-60万年前頃)にヨーロッパ生息大き個体は肩の高さが4,5m体重は20t近くもあったと推測されるケナガマンモス直系の祖先考えられている。 ケナガマンモス 学名: Mammuthus primigenius (Blumenbach, 1799)。別名、ウーリーマンモス体中長い毛でおおわれ、肩の高さが3mでやや小型の種。更新世後期北半球冷温帯草原からツンドラ地帯にかけて生息していた。シベリア永久凍土層からは氷漬けになった個体見つかっている。日本でも北海道見つかっている。一般にはこのマンモスがもっとよく知られているムカシマンモス 学名: Mammuthus protomammonteus。約120から70万年前にかけて日本各地生息していた。ケナガマンモスの古い祖先考えられている。

※この「ユーラシア」の解説は、「マンモス」の解説の一部です。
「ユーラシア」を含む「マンモス」の記事については、「マンモス」の概要を参照ください。


ユーラシア(Eurasia)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/16 01:54 UTC 版)

1984年 (小説)」の記事における「ユーラシア(Eurasia)」の解説

旧ソ連をもとに欧州大陸からロシア極東にかけて領有するイデオロギーは「ネオ=ボリシェビキズム」。

※この「ユーラシア(Eurasia)」の解説は、「1984年 (小説)」の解説の一部です。
「ユーラシア(Eurasia)」を含む「1984年 (小説)」の記事については、「1984年 (小説)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ユーラシア」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ユーラシア

出典:『Wiktionary』 (2020/03/23 08:47 UTC 版)

固有名詞

  1. ヨーロッパアジアあわせた大陸

類義語

翻訳

関連語


「ユーラシア」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ユーラシアのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ユーラシアのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
内閣府NPOホームページ内閣府NPOホームページ
Copyright (c)2022 the Cabinet Office All Rights Reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのユーラシア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのマンモス (改訂履歴)、1984年 (小説) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのユーラシア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS