まちづくり    とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 文化 > 伝統的工芸品用語 > まちづくり    の意味・解説 

まちづくり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/14 07:01 UTC 版)

まちづくりとは、建物を発展させることであるが、一般的にこの言葉が使われる場合は、既存の「まち」をより良いものに「つくり」変えていく、人類の生活向上のための持続的な活動のことを示すために用いられることが多数である。まちづくりは住民が主体となるか、あるいは行政と住民との協議によるもの、とも言われている。そのため、新たに「まち」を「つくる」ことを指し示す例に使われることは少ない。だが、まちづくりは道路や防災などのハード面、歴史や観光のソフト面、と多方面の分野で行われているため明確な定義をすることができず、論じる人によってさまざまな文脈で使われている。また、街づくり、づくり等とも表記されるが、ひらがな表記が多く使われる。




「まちづくり」の続きの解説一覧

まちづくり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 18:09 UTC 版)

ホームレス」の記事における「まちづくり」の解説

日雇い労働市場寄せ場)には多数簡易宿所いわゆるドヤ」)が集まった街があり、日雇い労働者ひしめく独特の雰囲気がある東京都山谷横浜市寿町大阪市釜ヶ崎あいりん地区)が「日本三大寄せ場」として有名である

※この「まちづくり」の解説は、「ホームレス」の解説の一部です。
「まちづくり」を含む「ホームレス」の記事については、「ホームレス」の概要を参照ください。


まちづくり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/11 20:42 UTC 版)

神社港」の記事における「まちづくり」の解説

神社港のまちづくりの端緒は、1992年平成4年6月郷土史家招いて行われた講座勉強会にある。その後地元有志による勉強会視察重ね1998年平成10年)には途絶えていた愛知県知多郡南知多町篠島からの干鯛御幣=おんべだい)の奉納船入港再開された。この行事70年ぶりの復活であり、1998年平成10年)には300人出迎え2003年平成15年)には1,800人まで増加するなど、市民行事として定着した2002年平成14年4月中部国際空港開港宇治山田港再開発に合わせ「神社みなとまち再生グループ」を組織し、翌2003年平成15年11月10日NPO法人格を取得したNPOとして和船「みずき」の運航のほか、海の駅運営朝市寄席開催宇治山田港会場とした「伊勢二見浦シーカヤックマラソン大会」の企画運営などを行っている宇治山田港中部国際空港を結ぶ航路お伊勢サンライン)からセラヴィ観光汽船就航前に撤退した際には、「株式会社伊勢エアポートライン」を立ち上げて中部国際空港への就航目指した

※この「まちづくり」の解説は、「神社港」の解説の一部です。
「まちづくり」を含む「神社港」の記事については、「神社港」の概要を参照ください。


まちづくり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/26 09:47 UTC 版)

グラフィックデザイン」の記事における「まちづくり」の解説

グラフィックデザインは、印刷媒体による視覚表現で、印刷技術により生産される広告新聞ポスターデザインを指す。

※この「まちづくり」の解説は、「グラフィックデザイン」の解説の一部です。
「まちづくり」を含む「グラフィックデザイン」の記事については、「グラフィックデザイン」の概要を参照ください。


まちづくり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/03 06:33 UTC 版)

駿河台大学」の記事における「まちづくり」の解説

学生参加による〈入間活性化プロジェクト」や「地域ゼミによる総合的キャリア教育」により、実際の「まちづくり」を体験する活動が行われている。入間市所在する駿大ふれあいハウス」を地域拠点として、まちおこしイベントメディア制作IT化サポート市場調査インターンシップ保育ボランティアなど地域活性化学生参加行われた

※この「まちづくり」の解説は、「駿河台大学」の解説の一部です。
「まちづくり」を含む「駿河台大学」の記事については、「駿河台大学」の概要を参照ください。


まちづくり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/10 07:03 UTC 版)

中央住宅」の記事における「まちづくり」の解説

創業り地域全体魅力高めるための取り組みとしての街づくりを行う。埼玉県千葉県中心とした街づくりへの評価は高い。・アメリカ・ゴールドナゲット賞受賞(環太平洋住宅外観賞)、越谷市建築景観賞受賞草加市まちなみ景観賞受賞日本住宅建設産業協会優秀団地受賞新エネ大賞通商産業大臣受賞等多数受賞。・「オランジェ吉川美南」(埼玉県吉川市、全87棟)では埼玉県において初めての景観協定認可。・「パレットコート六町東京ココロシティ(東京都足立区、全206棟)」では、足立区より[防犯配慮したまち]第一号に認定。・「育実(はぐくみ)の丘」(さいたま市緑区原山、全37棟)では、埼玉県より国内初、「埼玉県子育て応援分譲住宅第一号に認可

※この「まちづくり」の解説は、「中央住宅」の解説の一部です。
「まちづくり」を含む「中央住宅」の記事については、「中央住宅」の概要を参照ください。


まちづくり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 18:05 UTC 版)

荒尾市」の記事における「まちづくり」の解説

荒尾市は、2004年平成16年)から、食をテーマ第1次産業から第3次産業までが連携し地域活性化雇用拡大を図る地域再生プロジェクトに取組んでいるこの中で商店街空き店舗を活用し地域住民中心となった農産物直売所研究拠点施設「青研(青空研究室)」が焼酎ワインみかんジュースなどの特産品開発生鮮品販売成果上げ注目されている

※この「まちづくり」の解説は、「荒尾市」の解説の一部です。
「まちづくり」を含む「荒尾市」の記事については、「荒尾市」の概要を参照ください。


まちづくり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 15:31 UTC 版)

熊谷市」の記事における「まちづくり」の解説

あつさ はればれ 熊谷流あっぱれ熊谷流) 熊谷は、快晴率が高く、夏の最高気温も高い傾向にあり、これを逆手にとって街づくり生かそうとする企画である。 元々は、後述のあついぞ!熊谷単独で展開されていたが、2007年に、マスメディアによる取材増え宣伝効果高まっていた中、当時観測史上日最高気温の40.9記録され市民にも被害出たため、「ヒートアイランド対策推進都市」を宣言2008年度より本格的にヒートアイランド対策にも力を入れることとなり、「あっぱれ!熊谷流」が生まれた。 あついぞ!熊谷は、2006年度より開始している事業で、人の熱さにも繋げたまちづくりを目指し市民などから企画募集し、その支援を行う。後述雪くまもその一環である。また、マスコットキャラクターとして「あつべえ」がある。立正大学と共にあついぞ.com立ち上げたヒートアイランドとして対策は、舗装遮熱塗料を塗る、冷却ミスト設置熱中病予防対策発信などが行われている。 前述の岐阜県多治見市高知県四万十市2013年以降)とは、新旧日本一暑い街同士として、熱中症対策共有暑さ勝負などの連携行っている四万十市最高気温記録奪取されてからは、気温の高さで競うではなく熱中症対策を更に重視するとして、「暑さ対策日本一を掲げ、より市民の安全を最重要視した各種対策官民連携実施しており、「熱中症予防声かけプロジェクト ひと涼みアワード」において、トップランナー賞など5年連続受賞し、「暑さ対策日本一」を有言実行している。 さくらのまち 日本さくら名所100選選ばれており、毎年熊谷さくら祭」を開催している荒川熊谷桜堤始め桜の名所多数ある。熊谷運動公園愛称として「熊谷さくら運動公園」を設定し、また同公園陸上競技場メインスタンドとする「熊谷さくらマラソン大会」を毎年開催している。旧熊谷市時代熊谷青年会議所により「桜の大使」を任命しさくらのまちとしてのPR活動が行われていたが、最近は行われていない。 スポーツ熱中都市 2006年7月宣言した市内県営熊谷スポーツ文化公園内にラグビー場設置されていて、各種大会開かれており、「ラグビータウン熊谷」と名乗っており、ラグビーワールドカップ2019開催地に県と合同で立候補し12都市のひとつに選定され開催に向けラグビー場改築行いこれまで以上の規模試合開催できるようになった熊谷スポーツ文化公園には陸上競技場設けられているほか、市営熊谷運動公園もあり、この2公園にて定期的に実施される大規模なスポーツイベントには、以下のものがある。全国規模全国高等学校選抜ラグビーフットボール大会(「春の熊谷」:県営ラグビー場)・選抜高校女子サッカー大会めぬまカップ」(県営陸上競技場利根川総合運動公園サッカー場東日本規模東日本実業団対抗駅伝男子フィニッシュ地点県営陸上競技場)・東日本実業団陸上競技選手大会県営陸上競技場) 県規模全国高等学校ラグビーフットボール大会埼玉県大会メイン会場県営ラグビー場)・埼玉県駅伝競走大会市内通過)・全国高等学校野球選手権埼玉大会会場の内一つ市営球場) 市規模熊谷さくらマラソン大会市営陸上競技場) その他:大宮アルディージャなどJリーグJ1J2試合年数試合県営陸上競技場)、プロ野球二軍リーグ試合年数試合市営球場グライダー 葛和田地区妻沼地区)の利根川河川敷には妻沼滑空場があり、日本学航空連盟関東地区におけるグライダー活動拠点として使われている。毎年グライダーフェスタを開催している。2006年インターネットなどで広報した結果昨年に比べ来場者が約2000増えたという。 熊谷市交通バリアフリー基本構想 2004年彩の国まごころ国体開催された後、第4回全国障害者スポーツ大会開催されたため、その準備整備過程で、バリアフリーに対する意識が向上、研究がさかんとなった。その一環実用に至ったのが、車いすでも交差点における歩道段差越えやすくした「熊谷UDユニバーサルデザインブロック」である。2005年度 毎日地方自治大賞優秀賞受賞した熊谷駅前防犯センター安心館 近年、市の玄関口といえる熊谷駅周辺は、犯罪風俗店進出などで治安悪くなっていた。この対策として駅近くに熊谷駅前防犯センター安心館設置市民ボランティアによるパトロール支援するまた、市立図書館分館併設することにより、近辺風俗店出店できないようにした(県条例)。西川口B級グルメの町として生まれ変わろうと努力しているように、熊谷風俗店存在周囲の環境悪影響及ぼさないよう様々な対策講じている迷惑喫煙対策 熊谷駅周辺籠原駅周辺は、『路上喫煙マナー条例』(2006年10月1日施行)により駅周辺での喫煙禁止しており、代わりにエリア内には喫煙所いくつかある。なお、マナー意識向上目的であり、現地係員配置して直接的指導行なっていないが、それ故に最近マナー悪化指摘されており、喫煙所撤去依頼が市に寄せられている。 テクノグリーンセンター構想 産学連携などを目的として、県と一体化して進めていた事業。国道17号市道市役所通り」の交差点一角、約7440m2の土地取得群馬銀行熊谷支店および老朽化進んでいた市営駐車場移転などで捻出)したが、その後県側財政状況見直しなどから整備が半凍結状態となり、空き地だけが残されている。一時半分を「熊谷コミュニティ広場」として整備しフリーマーケットなどに使われていたが、現在一貸し出し停止し、市のイベント等使用しており、ラグビーワールドカップ2019ファンゾーンとしても活用された。また、転用について調査したところ、15階程度マンション小規模ショッピングセンター程度しか需要見込めないとの結果出て、市は、厳しい状況としてさらなる検討進めている。 都市宣言非核平和都市」「交通安全都市」「人権尊重都市」「男女共同参画都市」「スポーツ熱中都市」「ヒートアイランド対策推進都市」を宣言している。 熊谷市親善大使 2011年4月1日付出身・ゆかりがありかつ現在市内居住していない著名人に対して親善大使任命し熊谷市魅力PRしてもらう。3年間の任期されていたが、2021年現在親善大使として扱われている。以下の5人が任命されこれまで増減はない。相島一之俳優)・古賀淳也競泳選手)・SHIORIフードコーディネーター)・ブラザートムミュージシャン)・森村誠一小説家

※この「まちづくり」の解説は、「熊谷市」の解説の一部です。
「まちづくり」を含む「熊谷市」の記事については、「熊谷市」の概要を参照ください。


まちづくり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/03 09:57 UTC 版)

サンフォード (フロリダ州)」の記事における「まちづくり」の解説

2004年自転車歩行者専用リバーウォーク完成した。幅3メートルの道はダウンタウンから数マイル離れたモンロー湖の湖畔に沿っている。2014年には約1㎞延伸された。 市はメインストリートのサンフォード・アベニューを改装し街路樹や花を植え、広い歩道ベンチ整備した環境配慮した取り組み支援するため、サンフォードには電気自動車充電スタンドが5か所にある。市は街灯LEDへの交換計画している。

※この「まちづくり」の解説は、「サンフォード (フロリダ州)」の解説の一部です。
「まちづくり」を含む「サンフォード (フロリダ州)」の記事については、「サンフォード (フロリダ州)」の概要を参照ください。


まちづくり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/07 23:10 UTC 版)

河崎 (伊勢市)」の記事における「まちづくり」の解説

河崎のまちづくりは住民町並み保存から始まった1979年昭和54年)に「伊勢河崎歴史と文化育てる会」が発足財団法人ナショナルトラスト協会調査団訪れた1982年昭和57年)には「河崎まちなみ館」が開館するなど周辺の活性見られたが、その後活動停滞する活動復活したのは1996年平成8年)の河崎地区での伊勢市によるワークショップで、市が歴史文化交流拠点として河崎位置づける方針示した1999年平成11年)に中心となる組織伊勢河崎まちづくり衆」が発足2002年平成14年)に河崎代表する酒屋だった小川酒店改築した伊勢河崎商人館」を誕生させた。この小川酒店マンション開発の危機さらされていた。 河崎のまちづくりの目標はあくまで「いつまで住み続けられるまち」であり、それを失ってまでの観光開発行わない旨を表明している。

※この「まちづくり」の解説は、「河崎 (伊勢市)」の解説の一部です。
「まちづくり」を含む「河崎 (伊勢市)」の記事については、「河崎 (伊勢市)」の概要を参照ください。


まちづくり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/13 01:43 UTC 版)

木綿街道」の記事における「まちづくり」の解説

先述の通りかつては綿の舟運によって栄えた平田町周辺であるが種々の理由によって衰退し発展とともに形成され特徴ある景観失われていった有馬, 中野 & 井上 (2012)は国土地理院が所蔵する空中写真用いて1947年1976年2012年街並み変化調査したその結果1947年1976年には大きな変化見られない1976年2012年においては建物そのもの減少し、特に妻入り建築物について48棟から27棟と大きな減少見られということ明らとなった:706このような状況中において、地域住民行政それぞれからまちづくりについて様々な行動が行われている。地域住民2001年から「木綿街道振興会(2010年6月までは木綿街道商業振興会)」を組織し住民主体のまちづくり行っている出雲市2004年景観法制定されたことを踏まえ2006年9月27日に「出雲市景観まちづくり基本条例」を制定したうえで同年10月10日景観法定め景観行政団体となったその後2008年3月に「出雲市景観計画」を策定し定性的建物種別ごとの景観規制行った:44-46。

※この「まちづくり」の解説は、「木綿街道」の解説の一部です。
「まちづくり」を含む「木綿街道」の記事については、「木綿街道」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「まちづくり    」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「まちづくり」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「まちづくり    」の関連用語

まちづくり    のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



まちづくり    のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
伝統的工芸品産業振興協会伝統的工芸品産業振興協会
Copyright (C) 2023 (財)伝統的工芸品産業振興協会 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのまちづくり (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのホームレス (改訂履歴)、神社港 (改訂履歴)、グラフィックデザイン (改訂履歴)、駿河台大学 (改訂履歴)、中央住宅 (改訂履歴)、荒尾市 (改訂履歴)、熊谷市 (改訂履歴)、サンフォード (フロリダ州) (改訂履歴)、河崎 (伊勢市) (改訂履歴)、木綿街道 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS