広報とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > マーケティング用語 > 広報の意味・解説 

こう ほう [1]くわう-広報こう-

官公庁企業各種団体などが、事業内容活動状況一般の人に広く知らせ理解を求めること。また、その知らせ文書 PR活動 同音語公報官公庁がその施策について国民発表する公的報告のことであるが、それに対して広報官公庁企業などが事業内容一般の人に広くわかりやすく知らせ理解を求めることをいう
「広報」に似た言葉
  通信  一報  弘報  消息


PR   広報

企業組織などが公衆良好な関係を構築してゆく活動のこと。広報活動
企業価値創造情報伝達目的として公衆public)との関係構築relation)を行なって行くための情報戦略。通常マスコミなどのメディアに対して行なってゆく活動をさす場合が多い。その活動中心パブリシティ活動で、媒体各社に対してプレスリリース記者発表などの情報提供活動主な内容となる。

広報

企業や団体が、自分組織体をよく理解してもらい繁栄させるために行う活動広告が、直接的であるのに対し、間接的な面をもつのが特徴であるパブリック・リレーションからの訳で、PRともいう。対象は、自社内をはじめ、取引先マスコミ地域行政一般人にまで及ぶため、その対象ごとに細かくなわない効果発揮できない

広報 (こうほう)


広報

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/28 08:43 UTC 版)

広報(こうほう)とは、企業だけでなく行政や各種団体の活動内容や商品などの情報発信を行う業務、またはその担当者や部署。広告と混同されることがあるが、広告が新聞雑誌テレビなどの広告枠を買って商品や企業の宣伝を行うことであるのに対し、広報とは情報を受発信することで、新聞や雑誌などの媒体記事として取り上げてもらったり、従業員株主消費者などのステークホルダーに活動内容などを理解してもらうことを含む。発信側では情報戦心理戦の一手段として捉える場合もある。 戦前は主に「弘報」が使われており、これは情報の配信のみを意味していたが、戦後GHQによりPR(Public Relationship)の概念が導入され、対日民主化政策の一環として「行政の民主的運営のためのPR」の導入が推進されるようになると、CIEO(Civil Information Education Office: 市民情報啓発室)やPRO(Public Relations Office: 広報室)が中央官庁や自治体に設置されるようになり、それまでの一方向的な「弘報」にかわり、双方向的な広報が普及するようになった。


  1. ^ 2006年6月号「日経エンタテインメント!」(日経BP社)


「広報」の続きの解説一覧

広報

出典:『Wiktionary』 (2020/04/19 06:12 UTC 版)

この単語漢字
こう
第二学年
ほう
第五学年

別表記

発音

こ↘ーほー

名詞

こうほう

  1. 官庁企業などが活動内容事業内容などを一般の人に広く発信すること。また、その知らせや、それを掲載した媒体
  2. 事業内容などの発信を行う部署担当者


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「広報」の関連用語

広報のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



広報のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
マインズマインズ
COPYRIGHT © MINDS CO., LTD. ALL RIGHT RESERVED.
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2020by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2020 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
環境省環境省
Copyright © 2020 Kankyosho All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの広報 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの広報 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS