イントラネットとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > イントラネットの意味・解説 

イントラネット【intranet】


イントラネット(いんとらねっと)(intranet)

イントラネット(intranet) は、インターネット技術を、企業などLAN応用したものだ。イントラ(intra)とは内部という意味だ。TCP/IP規格使いネットワーク構築するインターネット使われているものと同じソフトウェア利用する

社内情報掲示するには、たとえば各部署ホームぺージ作り、そこに情報載せるホームページHTMLで書くので、市販されているホームページビルダーなどのソフトを使うことができる。ページを開くにも、ネットスケープナビゲーターインターネットエクスプローラーなど、インターネット使われているものと同じブラウザ利用することができる。

その他、データ検索電子掲示板利用なども、すでに普及しているWWW技術使用する

インターネットとの大きな違いは、イントラネットが社内だけのようにネットワーク利用限定されている点だ。つまり、イントラネット外のアドレスを開くことはできない

(2000.11.01更新


イントラネット

【英】intranet

イントラネットとは、インターネット仕組み利用し特定のエリア組織内メンバーなどの限定されたユーザーのみを対象として構築されネットワークのことである。

イントラネットを構築する技術的な基盤は、ハードウェアソフトウェアも、インターネットと全く同じである具体的には、ネットワークインフラとしてイーサネット無線LAN光ファイバなどが用いられ端末TCP/IPによって接続されHTTPFTPSMTPなどの通信プロトコル用いられる。しかし、インターネットinternet)が「ネットワークネットワーク」とも形容され、さまざまなネットワーク同士相互に結合してグローバルか任意のユーザー開放されているのに対して、イントラネット(intranet)は、「内部的な」(intra)、すなわち閉じたネットワークとして運用されている。

イントラネットがインターネットなどの外部ネットワーク接続する場合には、ファイアウォール中間に設置されることが多い。この場合は、外部インターネット側との接続は、セキュリティなどの観点から利用サービスポート番号)や接続コンピュータ制限が伴う。

イントラネットで用いられるシステムの構成としては、クライアントブラウザサーバー側にApacheIISなどのWEBサーバー、および、OracleMySQLPostgreSQLSQLサーバーなどのDBMS配置することが多い。

イントラネットでは、インターネット上標準化され改良されてきた技術をもとに社内システム構築することができる。このためコンポーネントごとに、多数選択肢中から性能コスト見合ったシステム選択できるまた、技術進歩追随することも容易である、という利点を持っている。企業専用システム個別に構築する場合と比べて導入コストはるかに低く抑えることができる。

イントラネット上で運用されるシステムは、事業そのもの支え基幹システムをはじめ情報共有用いられるグループウェア掲示板メッセージ伝達する電子メール予定管理するスケジューラ手続き進行などを管理するワークフロー出納管理する財務会計システムなど多岐に渡る社内向けにWeb立ち上げCMSなどを用いて社内情報の共有を図る場合も多い。イントラネットで用い技術基本的にインターネット標準ベースとしているため、インターネット上注目され技術導入することは容易である

なお、インターネットなどを中継してイントラネット同士相互接続したネットワークは、エクストラネット呼ばれる


イントラネット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/16 03:08 UTC 版)

イントラネット英語: Intranet)は、組織内におけるプライベートネットワークで、インターネットの機器やプロトコルを利用してコスト削減と利便性の向上を図りつつ、企業内の情報をその中で扱うために必要な防護等の措置が講じられたものである。




「イントラネット」の続きの解説一覧

イントラネット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/25 20:28 UTC 版)

サブネットマスク」の記事における「イントラネット」の解説

通常プライベートIPアドレス指定するクラスCの192.168.n.nで始まアドレス多く使用する詳細はイントラネットを参照)。

※この「イントラネット」の解説は、「サブネットマスク」の解説の一部です。
「イントラネット」を含む「サブネットマスク」の記事については、「サブネットマスク」の概要を参照ください。


イントラネット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/04 15:23 UTC 版)

コンピュータネットワーク」の記事における「イントラネット」の解説

詳細は「イントラネット」を参照 イントラネットは、単一の管理主体によって管理されているインターネットワーク複数ネットワーク相互接続したもの)である。一般に外部に対して閉じており、特定のユーザーしかアクセスできない企業内ネットワークこれに当たる

※この「イントラネット」の解説は、「コンピュータネットワーク」の解説の一部です。
「イントラネット」を含む「コンピュータネットワーク」の記事については、「コンピュータネットワーク」の概要を参照ください。


イントラネット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/09 07:39 UTC 版)

議員会館」の記事における「イントラネット」の解説

衆議院・参議院ともに立法事務資するため情報ネットワークシステム(イントラネット)が整備されており、議員事務室にはパソコン端末配備されている。議員公設秘書にはそれぞれインターネットサービスプロバイダ加入しているか否かを問わず、以下のメールアドレス割り当てられる電子メールアドレス国会議員全員割り当てられているが、コンピュータセキュリティ好んで使わない理由から、一般に公表されていない場合もある)。 衆議院 g00000@shugiin.go.jp(議員本人用。「00000」の部分は5ケタ数字が入る) h00000@shugiin.go.jp(公設秘書用。上記に同じ) 参議院 hoge_hoge@sangiin.go.jp(議員本人用。「hoge_hoge」の部分は「名_姓」) hoge_hoge01@sangiin.go.jp(公設秘書用。議員用の末尾に2ケタ数字付加

※この「イントラネット」の解説は、「議員会館」の解説の一部です。
「イントラネット」を含む「議員会館」の記事については、「議員会館」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「イントラネット」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

イントラネットのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



イントラネットのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2022 時事用語のABC All Rights Reserved.
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2022by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
日通総合研究所日通総合研究所
Copyright (c)2022 Nittsu Research Institute and Consulting,lnc.
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2022 Japan Video Software Association
アライドテレシス株式会社アライドテレシス株式会社
Copyright(c)2022 Allied Telesis K.K. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリイントラネットの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのイントラネット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのサブネットマスク (改訂履歴)、コンピュータネットワーク (改訂履歴)、議員会館 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS