ブランディングとは? わかりやすく解説

ブランディング

英語:branging

ブランディングとは、商品サービス対すイメージ、すなわち「ブランド」を消費者などに認識させる活動意味するマーケティング用語である。ブランディングは英語で「branding」と表記され名詞として「ブランディング」や「ブランド戦略」を意味する。また「branding」は、「決めつける」や「刻みつける」という意味を持つ動詞brand」の現在分詞ととらえることも可能である。

ブランディングという言葉理解するうえで欠かせないのが、「ブランド」という言葉に関する理解である。ブランドとは、消費者株主自社従業員などが持つ商品サービス企業対すイメージを指す。ブランド企業側が一方的に掲げるものではなく消費者株主などに認められてはじめブランドとして成立するブランド消費者株主従業員認知されるように努め活動がブランディングである。

具体的には、ロゴマークブランド名作成雑誌SNSへの広告掲載ウェブサイト運営などがブランディングの方法である。ブランディングを行うことで、自社商品サービス価値を向上させ、競合他社商品サービスとの差別化可能になったり、既存商品ブランド力新商品引き継ぐことで売上増加期待きたりするなど、さまざまな局面企業活動有利に進められる

商品サービスイメージ消費者株主認識させる活動であるブランディングを正しく行うと、企業側と消費者側それぞれにプラスの効果期待できる企業側が得られるブランディングによる効果1つ利益増加である。ブランディングに成功すると、商品サービスイメージ消費者広く浸透するため、競合他社展開する商品自社商品との差別化期待できる。この差別化により、商品サービス価格低く設定せずとも商品売れるようになり、結果的に利益増加につながるのだ。

また、名前を知らなかったブランドイメージ持ち合わせていなかったりする商品をわざわざ選ぶ消費者少ない。ブランディングによって消費者商品認知度高まれば、より多く消費者選ばれる商品になり、利益増加につながるのだ。さらには1つ商品サービスでブランディングが成功すると、ブランド確立され商品ブランド力新商品引き継ぐことができるので、新商品リリース直後から高い売上期待できる

消費者得られるブランディングの効果としては、商品サービス選択にいたるまでの時間コスト低減挙げられる。ブランディングにより商品サービスイメージ確立されていると、消費者少な情報を得るだけで希望商品選び出すことが可能になるからだ。ブランディングはさまざまな手法行われる。たとえば、ブランド象徴するロゴマークブランド名作成雑誌テレビSNS活用した広告宣伝活動宣伝時に使用されるキャッチコピー作成商品パッケージデザインなど企業活動に関するさまざまな場面でブランディングは実践されているのだ。

ブランディングは自社でも行えるが、ブランディングを専門に行うブランディング会社依頼して行うことも可能である。ブランディングは、「方向性決定」「ブランドコンセプト設定」「アウトプット」「認知度検証」の4段階で行われるのが一般的だ。これら4つステップは、自社でブランディングを行う場合でも、ブランディング会社依頼してブランディングを行う場合でも基本的には同じである。

ブランディングを成功させるには、まず自社勝負する市場競合分析欠かせないPEST分析3C分析などの手法を用いて分析行い、これらの手法によって導かれデータをもとにブランド方向性決定するブランド方向性決まったら、ブランドコンセプトブランドアイデンティティ)を決める。自社商品強み消費者持ってもらいたい商品イメージをもとに、ブランドアイデンティティ設定する

次のステップでは、設定したブランドアイデンティティ各種メディア活用して消費者株主発信するブランドアイデンティティは、雑誌広告テレビCM、ブランディングを主な目的とするウェブサイトである「ブランディングサイト」などによって発信されるのが一般的である。ブランディングの最終ステップブランド認知度検証である。この認知度検証は、ブランディングのための施策検証修正し、ブランディングを成功に導くために重要なステップだ。

しばしばブランディングと混同される言葉として「マーケティング」がある。ブランディングとマーケティングは、どちらも商品サービス消費者販売するための活動」という点では共通しているが、これら2つ言葉には異なる点も存在する。しかし、ブランディングとマーケティングという言葉は、どちらも定義が曖昧であることに加え言葉使用する人や場面によってニュアンス異なるため、ブランディングとマーケティング違い正しく理解していない人は多いだろう

マーケティングとは、消費者求め商品サービスリサーチし制作し完成した商品消費者届け活動意味するマーケティング分類される業務の幅は広く自社展開する商品サービス良さ消費者伝え活動全般マーケティング含まれる一方でブランディングは、商品サービス対すイメージ消費者株主従業員など認識させる活動を指す。つまり、マーケティング商品サービス良さをより多く消費者伝え販売促進を図る活動全般を指すのに対し、ブランディングは商品サービス対すポジティブイメージ消費者などに持ってもらえるように働きかけ販売促進を図る活動指していると考えられる。"

ブランディング【branding】


ブランディング

ブランド作り(Brand making)の意の和製英語。hamabiでは、デザインコースで、製品ブランド作ることを想定してアイデアプレゼンテーションをする授業使われたりする。

ブランディング

名前 Blanding

ブランディング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/27 07:56 UTC 版)

ブランディング、またはブランドマネジメント (: branding, brand management) は、ブランドに対する共感や信頼などを通じて顧客にとっての価値を高めていく、企業と組織のマーケティング戦略


  1. ^ Understanding the Power of a Brand Name”. www.nielsen.com. 2020年12月21日閲覧。
  2. ^ a b Shamoon, Sumaira, and Saiqa Tehseen. "Brand Management: What Next?" Interdisciplinary Journal of Contemporary Research in Business 2.12 (2011): 435–441. Business Source Complete. Web. October 20, 2012.
  3. ^ “Brand Management Definition”. http://www.investopedia.com/terms/b/brand-management.asp 2015年4月17日閲覧。 
  4. ^ Briciu, V.A, and Briciu, A., "A Brief History of Brands and the Evolution of Place Branding," Bulletin of the Transilvania University of Braşov [Series VII: Social Sciences], Vol. 9 (58) No. 2 2016, p.137 <Online: http://webbut.unitbv.ro/bulletin/Series%20VII/BULETIN%20I/22_Briciu.pdf
  5. ^ Mildred Pierce, Newmediagroup.co.uk Archived December 6, 2006, at the Wayback Machine.
  6. ^ Aaker, J., "Dimensions of Brand Personality", Journal of Marketing Research, Vol. 34 No. 3, 1997, p. 347; Aaker, J., "The Malleable Self: The Role of Self-expression in Persuasion", Journal of Marketing Research, Vol. 36 No. 1, pp. 45–57; Parker, B. T., "A Comparison of Brand Personality and Brand user-imagery Congruence", Journal of Consumer Marketing, Vol. 26 No. 3, 2009, pp. 175–184
  7. ^ 学会HP”. 日本商業学会. 2022年1月23日閲覧。 個人会員1,072名,賛助会員11社・団体,購読会員32件 (2019年7月現在)
  8. ^ Ahmad, Z. and Hashim, E., "Customer's Brand Equity and Customer Loyalty: A Study on Hotel's Conference Market," World Applied Sciences Journal, Vol. 10 [Special Issue of Tourism & Hospitality], 2010, pp 115–120
  9. ^ Percy, L. and Rossiter, J., "A Model of Brand Awareness and Brand Attitude Advertising Strategies," Psychology and Marketing, Vol. 9, No. 4, 1992, pp 263–274
  10. ^ Keller, K., "Conceptualizing, Measuring and Managing Customer-Based Brand Equity," Journal of Marketing, Vol. 22, No. 1, 1993
  11. ^ Belch, G. E., & Belch, M. A., Advertising and Promotion: An integrated marketing communications perspective,9th ed., New York, NY: McGraw-Hill Irwin, 2012
  12. ^ Kapferer, J.N., Strategic Brand Management, 4th ed., Kogan Page, 2008, pp 10–11
  13. ^ Wood, L., "Brands and Brand Equity: Definition and Management," Management Decision, Vol. 38, No. 9, 2000, pp 662–669
  14. ^ Escalas, J.E. and Bettman, J.R., "Self-Brand Connections: The Role of Reference Groups and Celebrity Endorsers in the Creation of Brand Meaning," in Handbook of Brand Relationships, D. J. MacInnis, C. W. Park and J.W. Priester (eds), Routledge, 2014, p. 109
  15. ^ Dobni, D., and Zinkhan, G.M., "In Search of Brand Image: a Foundation Analysis", in: Advances in Consumer Research, Volume 17, Marvin E. Goldberg, Gerald Gorn, and Richard W. Pollay (eds), Provo, UT Association for Consumer Research, pp 110–119, Stable URL: http://acrwebsite.org/volumes/7005/volumes/v17/NA-17
  16. ^ Azoulay, A and Kapferer, J.N., "Do Brand Personality Scales Really Measure Brand Personality?" Journal of Brand Management, Vol. 11, No. 2, 2003 p. 151
  17. ^ Aaker, J. (1997), "Dimensions of brand personality", Journal of Marketing Research, Vol. 34 No. 3, p. 347
  18. ^ Ebrahim, E., Ghoneim, A., Irani, A. and Fan. Y., "A Brand Preference and Repurchase Intention Model: The Role of Consumer experience," Journal of Marketing Management, Vol 32, No. 13-14, 2016, pp 1230–1259, doi:10.1080/0267257X.2016.1150322
  19. ^ 水野由多加「カタカナ「ブランディング」の誤謬と広告効果の「結合性」 (上) : 広告研究としての分析と展望」『関西大学社会学部紀要』第50巻第2号、2019年3月31日、1–10頁。 
  20. ^ 水野由多加「カタカナ「ブランディング」の誤謬と広告効果の「結合性」(下) : 広告研究としての功罪と展望」『関西大学社会学部紀要』第53巻第2号、2022年3月31日、49–63頁、doi:10.32286/00026772 
  21. ^ Bridson, K.; Evans, J. (2004). “The secret to a fashion advantage is brand orientation”. International Journal of Retail and Distribution Management 32 (8): 403–411. doi:10.1108/09590550410546223. http://dro.deakin.edu.au/eserv/DU:30004359/bridson-secrettoa-2004.pdf. 
  22. ^ a b Best Global Brands 2017 Rankings”. interbrand.com. 2018年3月29日閲覧。


「ブランディング」の続きの解説一覧

ブランディング(焼印)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/16 14:46 UTC 版)

スカリフィケーション」の記事における「ブランディング(焼印)」の解説

熱した金属を肌に押し当てることにより、皮膚火傷起こすことによって模様描く手法。

※この「ブランディング(焼印)」の解説は、「スカリフィケーション」の解説の一部です。
「ブランディング(焼印)」を含む「スカリフィケーション」の記事については、「スカリフィケーション」の概要を参照ください。


ブランディング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/12 06:16 UTC 版)

デジタル庁」の記事における「ブランディング」の解説

この項目では色を扱ってます。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合あります。(Template:色) Digital Red Digital Green Digital Blue White Digital Primaly Black デジタル庁ではシンボルマーク設定せずロゴタイプのみとしており、ロゴタイプフォントは「『オープンソース書体』を選択。また数あるオープンソース書体のなかから、環境によって表示できない文字をなくす挑戦から生まれたNoto Sans採用している。 シンボルカラー白と黒で多様性のあるデジタル社会目指し横断的に関わりながら共に創る姿勢体現しシンプルな色使いとしています」と説明されている。その他にアクセントカラーとしてRGBから日本の伝統色取り入れて調整したDigital Red」「Digital Green」「Digital Blue」を採用している。。

※この「ブランディング」の解説は、「デジタル庁」の解説の一部です。
「ブランディング」を含む「デジタル庁」の記事については、「デジタル庁」の概要を参照ください。


ブランディング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/14 08:24 UTC 版)

みずほフィナンシャルグループ」の記事における「ブランディング」の解説

この項目では色を扱ってます。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合あります。(Template:色) コズミックブルー ホライズンレッド ブランディングはインターブランドが手がけた。「みずほ・みづほ(瑞穂)」は、みずみずしい稲の穂意味する。この言葉は「葦原千五百秋瑞穂国」として日本書紀にも登場し実り豊かな日本国形容した。「日本代表する金融グループ目指す」との願い込め社員からの公募により策定された。ブランドカラーは「みずほコズミックブルー」と「みずほホライズンレッド」である。ロゴマークの赤い円弧太陽出づ地平線表しみずほグループ社員一人ひとりの強い意志情熱表している。なお、青系統前身銀行のサインカラーで共通して使用されており、ユーシーカード株式会社レマン作成)や第一勧業銀行においては発足当初から青と赤の二色使用していた。 「みずほ」は、かつて存在したさくら銀行」「あさひ銀行」と同じく平仮名・やまと言葉銀行であり、日本語話者奥行きある語感与える。特に「軽快さ」の印象強く次いで鋭さ強さ」「庶民性・適応性」「清潔・健康」「静的」な感じがあり、2003年当時の5都銀の名称中で最も訴求力優れている分析されている。 2001年9月までは、地球モチーフとした円弧左上Mizuho頭文字「M」を一筆書きしたロゴ使用していた。早い段階統合済ませたみずほインベスターズ証券などの店舗看板見られ時期があったが、2001年10月11日現行のロゴ発表、今では全く使用されていない旧財閥系の名前を残した三菱UFJ銀行三井住友銀行比べてブランド力知名度に劣るとされていたが、イギリス金融専門誌The Banker2006年11月号による格付ではブランド価値609000ドルで、邦銀首位の第22位にランクインした。なお、三菱UFJは第34位、三井住友は第35となっている。

※この「ブランディング」の解説は、「みずほフィナンシャルグループ」の解説の一部です。
「ブランディング」を含む「みずほフィナンシャルグループ」の記事については、「みずほフィナンシャルグループ」の概要を参照ください。


ブランディング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/04 09:02 UTC 版)

三菱UFJフィナンシャル・グループ」の記事における「ブランディング」の解説

この項目では色を扱ってます。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合あります。(Template:色) MUFG Red MUFG Grey ブランディングは日本デザインセンター永井一正が手がけた。シンボルマーク円形重ね合わせることで、「グループ総力結集して生み出す新し総合金融サービス」と「お客さま一体感のある親しみやすいサービス」を表している。 シンボルマークにも使用されている三菱UFJフィナンシャル・グループコーポレートカラーは「MUFGレッド」で、「常に最高レベルサービス追求しこれから金融サービスダイナミックに変えていく活力と、お客さまとの結びつき大切にお客さま一人ひとりに向き合っていく情熱」を表している。また「MUFGグローバルロゴタイプ」に使用している「MUFGグレー」は、「真に頼りがいのある総合金融グループとして信頼感」を表している。 永井によればMUFG発足時電通ランドーアソシエイツ博報堂コンペから博報堂採用され博報堂永井アイヴァン・チャマイエフ2人デザイン案を出させた。永井とチャマイエフは6案ずつ、計12デザイン提案したが、三菱UFJフィナンシャル・グループ初代社長畔柳信雄即決永井提案した現行案にしたという。 2015年ロゴマークが微修正され、「MUFGロゴフォントが「MTFG」のロゴに近いものになった

※この「ブランディング」の解説は、「三菱UFJフィナンシャル・グループ」の解説の一部です。
「ブランディング」を含む「三菱UFJフィナンシャル・グループ」の記事については、「三菱UFJフィナンシャル・グループ」の概要を参照ください。


ブランディング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/16 21:23 UTC 版)

インフォシス」の記事における「ブランディング」の解説

1997年7月 - 東京事務所開設2001年 - 創業者ナラヤナ・ムルティ日経アジア賞受賞2004年 - 日本経済新聞社主催世界経営者会議2004」にてナラヤナ・ムルティ講演2006年 - ナラヤナ・ムルティ東京大学総長アドバイザリーボードメンバー選出。「世界経済フォーラム東アジア会議2006」にてナンダン・ニレカニが共同議長務める。 2007年 - 経済同友会参加2010年 - ナラヤナ・ムルティ東京大学にて公演インド企業として初めて、外国企業として2社目として日本経済団体連合会入会2011年 - 日本経済新聞社主催世界経営者会議2011」にてゴパラクリシュナンが講演東日本大震災復興支援として2000万円岩手宮城福島各県寄附 2012年6月 - 愛知県名古屋市名古屋事務所開設2017年8月 - SAP forum Tokyo 2017参加 2017年9月 - Adobe Symposium 2017参加 2017年10月 - CEATEC JAPAN 2017初参2017年11月 - 大阪市北区梅田大阪事務所開設 2017年11月 - Microsoft Tech Summit 2017参加 2017年11月 - Oracle CloudWorld Tokyo 2017参加 2018年8月 - SAP NOW Tokyo 2018参加 2019年4月 - 日立プロキュアメントサービスの81株式取得し株式会社HIPUSとして子会社化

※この「ブランディング」の解説は、「インフォシス」の解説の一部です。
「ブランディング」を含む「インフォシス」の記事については、「インフォシス」の概要を参照ください。


ブランディング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/05 23:34 UTC 版)

ワコビア」の記事における「ブランディング」の解説

新生ワコビアコーポレートアイデンティティは、インターブランドが手がけた。 ファーストユニオン緑色旧ワコビア青色それぞれのコーポレートカラー引き継ぎ銀色の波がモチーフとした前衛的なロゴ誕生したセリフ体ロゴタイプは、旧ワコビア継承している。

※この「ブランディング」の解説は、「ワコビア」の解説の一部です。
「ブランディング」を含む「ワコビア」の記事については、「ワコビア」の概要を参照ください。


ブランディング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/03 01:37 UTC 版)

第四北越フィナンシャルグループ」の記事における「ブランディング」の解説

この項目では色を扱ってます。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合ありますコーポレートカラー紺碧ロゴ使用される黄金色 ロゴマークでは「黄金色」(後述)の比率の方が大きいが、コーポレートカラーは濃い青色の「紺碧色(こんぺきいろ)」で、「信頼」「誠実」「未来志向」や新潟県面する日本海県内流れ阿賀野川信濃川広く深く澄み渡る青空イメージさせる色として、「地域からの信頼を得ながら、未来向けて持続的に成長していく姿を、この『紺碧色』で表現する」としている。 ロゴマークでは新潟県地形を、大地豊穣稲穂実りを表す「黄金色こがねいろ)」と河川日本海を表すコーポレートカラー紺碧色」で表現しており、マーク左上楕円形は「新潟島々稲穂イメージ化」、上昇する2本のライン第四北越の「両行が1つ大きなうねりとなり、未来向けて変化果敢に挑戦し地域貢献し続けていくこと」を表現している。

※この「ブランディング」の解説は、「第四北越フィナンシャルグループ」の解説の一部です。
「ブランディング」を含む「第四北越フィナンシャルグループ」の記事については、「第四北越フィナンシャルグループ」の概要を参照ください。


ブランディング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/07 10:12 UTC 版)

ななスパ///」の記事における「ブランディング」の解説

2020年3月30日タイトル変更に伴いタイトルロゴオープニング映像スタジオセット一新オープニング映像は、岡山出身若手映像クリエイター 板谷勇飛が制作務めた

※この「ブランディング」の解説は、「ななスパ///」の解説の一部です。
「ブランディング」を含む「ななスパ///」の記事については、「ななスパ///」の概要を参照ください。


ブランディング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/14 20:10 UTC 版)

ベライゾン・ワイヤレス」の記事における「ブランディング」の解説

Verizonという社名は、ラテン語veritas(英語のtruth真実)と、horizon地平線水平線)とを合成してつけられた。

※この「ブランディング」の解説は、「ベライゾン・ワイヤレス」の解説の一部です。
「ブランディング」を含む「ベライゾン・ワイヤレス」の記事については、「ベライゾン・ワイヤレス」の概要を参照ください。


ブランディング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/13 01:55 UTC 版)

UNIX」の記事における「ブランディング」の解説

1993年10月Unix System Vソースについての権利保有していたノベルは、登録商標権利X/Open現在のThe Open Group)に移管し、1995年にはUNIX関連事業SCO売却したノベル実際ソフトウェア著作権SCO売却したのかについては2006年裁判となり、最終的にノベル勝利したSCO側は控訴したが、2011年8月30日裁判所棄却したため裁判終結したアメリカなどで、登録商標としてのUNIXThe Open Group保有している。現在、日本における「UNIX」という商標複数区分登録されており、電子計算機関連においてアメリカン テレフォン アンド テレグラム カムパニーやエックス/オープン・カンパニー・リミテッドの登録もある。 日本では日本マランツ(現在は合併してディーアンドエムホールディングス)が、電気機器分野UNIXという名前で先行して商標登録行なっていたため、UNIXという商標権利関係はっきりしていなかったことがあった。このことから、書籍などでの商品名などの登録商標について断り書き一覧などで「UNIXオペレーティングシステムは,AT&Tベル研究所開発し,AT&Tライセンスしています.」(『Life with UNIX邦訳版での例)などのように書かれたことがあった。現在も日本マランツ音響機器用に「unix」を使用している。他の国でも同様に分野限定して同じ商標別の意味登録することができ、本棚、インクペン、瓶詰めの膠(にかわ)、おむつ、ヘアドライヤー食品コンテナなどで登録された例がある。 Single UNIX Specificationに完全に準拠しているとThe Open Group認められシステムだけがUNIX名乗ることができる。そのため認証受けていないシステムは「Unix系」と呼ばれるThe Open Groupは "UNIX" を特定のOS実装ではなくOSクラスを指すものと定義している。すなわち、Single UNIX Specification準拠しているとThe Open Group認められシステムのみがUNIX 98UNIX 03といった登録商標付けることを許されており、そのためにベンダー認証料と毎年ロイヤルティ支払なければならない認証受けたOSとしては、AIXHP-UXIRIXSolarisTru64(かつての "Digital UNIX")、A/UXmacOSz/OS一部などがある。 認証受けていないシステムを表すため、(また、ジャーゴンファイルUN*Xの項目によれば商標であることを標示するための「TM」を避けるために)、「UN*X」のようにグロブ記法を使って表記されることがあるジャーゴンファイル記述によれば法的にUNIXと書いてもTM付けることは強制されないのだが、この記法は広く使われしまっている(ジャーゴンファイル訳本の『ハッカーズ大辞典初版にある「逆にアスタリスクを使うと権利侵害なるらしい」という記述誤訳なので注意)。 The Open Group商標の普通名称化を防ぐため、UNIX という語には常に「システム」などの語をつけて使って欲しいとしている。 本来の形は "Unix" なのだが、Unix という形もよく使われている。これについてデニス・リッチーは、Association for Computing Machinery (ACM) の開催した第3回OSシンポジウムUnix論文を送る際「troff新たな組版システム開発したばかりでスモールキャピタル印字できることに興奮して、それを使ってしまったため」だとしている。当時多くOS大文字のみで名称を記述するのが一般的だったため、多くの人は習慣的に大文字のみで "UNIX" と記述したUnixUnix系複数ブランド総称するため、Unix複数形時折使われることがある。最も一般的な複数形は Unixes だが、Unixラテン語名詞第3格変化として扱い複数形を Unices とする例もよく見られる古英語的に Unixen とする例はまれだが、ときおり見かける

※この「ブランディング」の解説は、「UNIX」の解説の一部です。
「ブランディング」を含む「UNIX」の記事については、「UNIX」の概要を参照ください。


ブランディング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 10:36 UTC 版)

フィルフリーク」の記事における「ブランディング」の解説

グッズや一ロゴ等ではアルファベット表記「Phill Freak」「P.F.」を使用

※この「ブランディング」の解説は、「フィルフリーク」の解説の一部です。
「ブランディング」を含む「フィルフリーク」の記事については、「フィルフリーク」の概要を参照ください。


ブランディング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 00:10 UTC 版)

Adobe Illustrator」の記事における「ブランディング」の解説

バージョン1からバージョン10まではベットマン・アーカイブ(英語版)のサンドロ・ボッティチェッリヴィーナスの誕生」をモチーフパッケージデザインとソフト起動時画面デザインされていた。アドビ共同設立者であるジョン・ワーノックによると、ルネサンスイメージPostScriptによる出版再生ルネサンス)と重なることを意図していたという。最初期Illustratorマーケティング責任者Luanne Seymour Cohenは、ビーナス流れるような髪の房が、なめらかな曲線描けるというIllustrator強み表現する格好モチーフであると考えたバージョン上がるにつれ、新バージョン実装された機能反映した新たなビーナスパッケージスプラッシュスクリーン採用された。 CS1(11)ビーナスモチーフ廃止され花の図案一新され、これはその次のCS2(12)まで続いたイースターエッグにより表示させることもできたが、この機能もCS6で廃止された)。これは新しCreative Suiteという横並びソフトウェア群で共通の「自然」をモチーフにしたブランディングの一環である。その後リリースされたCS3(13)ではまたしてもアドビはブランディングの方向性変えシンプルな一色ボックス二文字短縮されソフトウェア名が書かれるようになったIllustrator場合はやや例外的にAdobe Illustratorの略であるAiである(他の姉妹ソフト、例えPhotoshopPs,InDesignIdとなっている)。これは元素記号周期律表似せている。ボックスの色はバージョン4.0からの伝統的なカラースキームであるオレンジ白字AiCS4でのアイコンはほとんどCS3のものと同一であるが、字形わずかな変更加えられており、また文字の色ダークグレイとなっている。CS5アイコンもほぼ同じだが、3次元的な箱状の図案の上それよりも明るオレンジ文字。CS6では縁取りなされた

※この「ブランディング」の解説は、「Adobe Illustrator」の解説の一部です。
「ブランディング」を含む「Adobe Illustrator」の記事については、「Adobe Illustrator」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ブランディング」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ブランディング」の関連用語

ブランディングのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ブランディングのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2024 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
横浜美術学院横浜美術学院
Copyright © 2024 横浜美術学院 AllRights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのブランディング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのスカリフィケーション (改訂履歴)、デジタル庁 (改訂履歴)、みずほフィナンシャルグループ (改訂履歴)、三菱UFJフィナンシャル・グループ (改訂履歴)、インフォシス (改訂履歴)、ワコビア (改訂履歴)、第四北越フィナンシャルグループ (改訂履歴)、ななスパ/// (改訂履歴)、ベライゾン・ワイヤレス (改訂履歴)、UNIX (改訂履歴)、フィルフリーク (改訂履歴)、Adobe Illustrator (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS