ブランディングとは?

ブランディング

別名:ブランド構築ブランドの構築
英語:brangingbrand-building

商品サービス他社競合品と区別し、顧客信頼性好感共感を得ることで商品価値高める「ブランド」を確立する(ブランド価値高めていく)取り組み

ブランド設けてその価値高めていくための指針計画は「ブランド戦略」と呼ばれる商品そのものだけでなく事業企業などもブランドなり得る。ブランディングはマーケティングにおける最重要要素のひとつといえる

ブランディング

英語:branging

ブランディングとは、商品サービス対すイメージ、すなわち「ブランド」を消費者などに認識させる活動を意味するマーケティング用語である。ブランディングは英語で「branding」と表記され、名詞として「ブランディング」や「ブランド戦略」を意味する。また「branding」は、「決めつける」や「刻みつける」という意味を持つ動詞brand」の現在分詞ととらえることも可能である。

ブランディングという言葉理解するうえで欠かせないのが、「ブランド」という言葉に関する理解である。ブランドとは、消費者株主自社従業員などが持つ商品サービス企業対すイメージを指す。ブランド企業側が一方的に掲げるものではなく消費者株主などに認められてはじめブランドとして成立する。ブランド消費者株主従業員認知されるように努める活動がブランディングである。

具体的には、ロゴマークブランド名作成雑誌SNSへの広告掲載ウェブサイト運営などがブランディングの方法である。ブランディングを行うことで、自社商品サービス価値を向上させ、競合他社商品サービスとの差別化が可能になったり、既存商品ブランド力新商品引き継ぐことで売上増加期待できたりするなど、さまざまな局面企業活動を有利に進められる。

商品サービスイメージ消費者株主認識させる活動であるブランディングを正しく行うと、企業側と消費者それぞれにプラス効果期待できる。企業側が得られるブランディングによる効果1つ利益増加である。ブランディングに成功すると、商品サービスイメージ消費者広く浸透するため、競合他社の展開する商品自社商品との差別化期待できる。この差別化により、商品サービス価格を低く設定せずとも商品売れるようになり、結果的利益増加につながるのだ。

また、名前を知らなかったブランドイメージ持ち合わせていなかったりする商品をわざわざ選ぶ消費者少ない。ブランディングによって消費者商品認知度が高まれば、より多く消費者選ばれる商品になり、利益増加につながるのだ。さらには1つ商品サービスでブランディングが成功すると、ブランド確立された商品ブランド力新商品引き継ぐことができるので、新商品リリース直後から高い売上期待できる。

消費者が得られるブランディングの効果としては、商品サービス選択にいたるまでの時間コスト低減が挙げられる。ブランディングにより商品サービスイメージ確立されていると、消費者少な情報を得るだけで希望商品選び出すことが可能になるからだ。ブランディングはさまざまな手法行われる。たとえば、ブランド象徴するロゴマークブランド名作成雑誌テレビSNS活用した広告宣伝活動宣伝時に使用されるキャッチコピー作成商品パッケージデザインなど、企業活動に関するさまざまな場面でブランディングは実践されているのだ。

ブランディングは自社でも行えるが、ブランディングを専門に行うブランディング会社依頼して行うことも可能である。ブランディングは、「方向性決定」「ブランドコンセプトの設定」「アウトプット」「認知度検証」の4段階行われるのが一般的だ。これら4つのステップは、自社でブランディングを行う場合でも、ブランディング会社依頼してブランディングを行う場合でも基本的には同じである。

ブランディングを成功させるには、まず自社勝負する市場競合分析欠かせないPEST分析3C分析などの手法を用いて分析行い、これらの手法によって導かれたデータをもとにブランド方向性決定する。ブランド方向性が決まったら、ブランドコンセプトブランドアイデンティティ)を決める。自社商品強み消費者に持ってもらいたい商品イメージをもとに、ブランドアイデンティティ設定する。

次のステップでは、設定したブランドアイデンティティ各種メディア活用して消費者株主発信する。ブランドアイデンティティは、雑誌広告テレビCM、ブランディングを主な目的とするウェブサイトである「ブランディングサイト」などによって発信されるのが一般的である。ブランディングの最終ステップブランド認知度検証である。この認知度検証は、ブランディングのための施策検証修正し、ブランディングを成功に導くために重要なステップだ。

しばしばブランディングと混同される言葉として「マーケティング」がある。ブランディングとマーケティングは、どちらも商品サービス消費者販売するための活動」という点では共通しているが、これら2つの言葉には異なる点も存在する。しかし、ブランディングとマーケティングという言葉は、どちらも定義が曖昧であることに加え言葉使用する人や場面によってニュアンス異なるため、ブランディングとマーケティング違い正しく理解ていない人は多いだろう。

マーケティングとは、消費者求め商品サービスリサーチして制作し、完成した商品消費者届け活動を意味する。マーケティング分類される業務の幅は広く自社が展開する商品サービス良さ消費者伝え活動全般マーケティング含まれる一方でブランディングは、商品サービス対すイメージ消費者株主従業員などに認識させる活動を指す。つまり、マーケティング商品サービス良さをより多く消費者伝え販売促進を図る活動全般を指すのに対し、ブランディングは商品サービス対すポジティブイメージ消費者などに持ってもらえるように働きかけ販売促進を図る活動指していると考えられる。"

ブランディング【branding】

顧客消費者にとって価値のあるブランド構築するための活動ブランド特徴競合する企業製品との違いを明確に提示することで、顧客消費者関心高め購買促進することを目的とする。消費者との信頼関係深めることで、ブランド訴求力が向上し、競合他社に対して優位に立つことができる。ブランド化


ブランディング

ブランド作り(Brand making)の意の和製英語。hamabiでは、デザインコースで、製品ブランド作ることを想定して、アイデアプレゼンテーションをする授業で使われたりする。

ブランディング

名前 Blanding

ブランディング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/16 07:06 UTC 版)

ブランディング、またはブランドマネジメント (: branding, brand management)は、ブランドに対する共感や信頼などを通じて顧客にとっての価値を高めていく、企業と組織のマーケティング戦略。


  1. ^ Understanding the Power of a Brand Name”. www.nielsen.com. 2020年12月21日閲覧。
  2. ^ a b Shamoon, Sumaira, and Saiqa Tehseen. "Brand Management: What Next?" Interdisciplinary Journal of Contemporary Research in Business 2.12 (2011): 435–441. Business Source Complete. Web. October 20, 2012.
  3. ^ “Brand Management Definition”. http://www.investopedia.com/terms/b/brand-management.asp 2015年4月17日閲覧。 
  4. ^ Briciu, V.A, and Briciu, A., "A Brief History of Brands and the Evolution of Place Branding," Bulletin of the Transilvania University of Braşov [Series VII: Social Sciences], Vol. 9 (58) No. 2 2016, p.137 <Online: http://webbut.unitbv.ro/bulletin/Series%20VII/BULETIN%20I/22_Briciu.pdf
  5. ^ Mildred Pierce, Newmediagroup.co.uk Archived December 6, 2006, at the Wayback Machine.
  6. ^ Aaker, J., "Dimensions of Brand Personality", Journal of Marketing Research, Vol. 34 No. 3, 1997, p. 347; Aaker, J., "The Malleable Self: The Role of Self-expression in Persuasion", Journal of Marketing Research, Vol. 36 No. 1, pp. 45–57; Parker, B. T., "A Comparison of Brand Personality and Brand user-imagery Congruence", Journal of Consumer Marketing, Vol. 26 No. 3, 2009, pp. 175–184
  7. ^ Ahmad, Z. and Hashim, E., "Customer's Brand Equity and Customer Loyalty: A Study on Hotel's Conference Market," World Applied Sciences Journal, Vol. 10 [Special Issue of Tourism & Hospitality], 2010, pp 115–120
  8. ^ Percy, L. and Rossiter, J., "A Model of Brand Awareness and Brand Attitude Advertising Strategies," Psychology and Marketing, Vol. 9, No. 4, 1992, pp 263–274
  9. ^ Keller, K., "Conceptualizing, Measuring and Managing Customer-Based Brand Equity," Journal of Marketing, Vol. 22, No. 1, 1993
  10. ^ Belch, G. E., & Belch, M. A., Advertising and Promotion: An integrated marketing communications perspective,9th ed., New York, NY: McGraw-Hill Irwin, 2012
  11. ^ Kapferer, J.N., Strategic Brand Management, 4th ed., Kogan Page, 2008, pp 10–11
  12. ^ Wood, L., "Brands and Brand Equity: Definition and Management," Management Decision, Vol. 38, No. 9, 2000, pp 662–669
  13. ^ Escalas, J.E. and Bettman, J.R., "Self-Brand Connections: The Role of Reference Groups and Celebrity Endorsers in the Creation of Brand Meaning," in Handbook of Brand Relationships, D. J. MacInnis, C. W. Park and J.W. Priester (eds), Routledge, 2014, p. 109
  14. ^ Dobni, D., and Zinkhan, G.M., "In Search of Brand Image: a Foundation Analysis", in: Advances in Consumer Research, Volume 17, Marvin E. Goldberg, Gerald Gorn, and Richard W. Pollay (eds), Provo, UT Association for Consumer Research, pp 110–119, Stable URL: http://acrwebsite.org/volumes/7005/volumes/v17/NA-17
  15. ^ Azoulay, A and Kapferer, J.N., "Do Brand Personality Scales Really Measure Brand Personality?" Journal of Brand Management, Vol. 11, No. 2, 2003 p. 151
  16. ^ Aaker, J. (1997), "Dimensions of brand personality", Journal of Marketing Research, Vol. 34 No. 3, p. 347
  17. ^ Ebrahim, E., Ghoneim, A., Irani, A. and Fan. Y., "A Brand Preference and Repurchase Intention Model: The Role of Consumer experience," Journal of Marketing Management, Vol 32, No. 13-14, 2016, pp 1230–1259, doi:10.1080/0267257X.2016.1150322
  18. ^ Bridson, K.; Evans, J. (2004). “The secret to a fashion advantage is brand orientation”. International Journal of Retail and Distribution Management 32 (8): 403–411. doi:10.1108/09590550410546223. http://dro.deakin.edu.au/eserv/DU:30004359/bridson-secrettoa-2004.pdf. 
  19. ^ a b Best Global Brands 2017 Rankings”. interbrand.com. 2018年3月29日閲覧。


「ブランディング」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ブランディング」の関連用語

ブランディングのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ブランディングのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2021 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
横浜美術学院横浜美術学院
Copyright © 2021 横浜美術学院 AllRights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのブランディング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS