サプライチェーンとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > サプライチェーンの意味・解説 

サプライチェーン

英語:supply chain

サプライチェーン(英: supply chain)とは、製造業において、商品製造から販売まで全ての工程をひとつの連続したシステムとして捉える考え方のこと、および、そのような考え方のもとで捉えられた、一個システムとしての一連の工程のことです。「供給連鎖」と訳されることもあります

サプライチェーンは、「サプライチェーンマネジメント」(SCM)と呼ばれる経営システム根幹をなす概念です。商品消費者の手に届くまでの間には、製造・物流・販売といった過程があり、たいていの場合これらの過程それぞれ別個の事業者事業部門が担うため、需要消費動向に応じた増産減産といった柔軟な対応が困難になりがちです。サプライチェーンマネジメントは、そのように各工程の間にどうしても生じがちな情報分断無くし、最適生産規模維持する、という狙いあります

サプライチェーンに組み込まれる対象となる過程は、それこそ商品企画デザイン段階始まり材料調達部品製造組み立て、さらに、物流販売まで含まれます。消費者注文を受けてから商品完成させる「受注生産方式は、サプライチェーンが充分機能していてこそ成りつ方式といえます。あらかじめ完成品生産して在庫抱え管理方式なら、サプライチェーンを度外視しても成立します。とはいえ今日では生産関わる企業活動多かれ少なかれサプライチェーン(およびサプライチェーンマネジメント)の考え方に基づいた生産管理を行っています。

サプライチェーンと同様、製造業では「バリューチェーン」というキーワードも用いられます。バリューチェーンは、製造販売といった過程段階を経るごとに商品価値バリュー)が付加されていく、という考え方であり、その価値分析して業務改善活かす手法です。バリューチェーンにおける「価値」とは、競合製品に勝る(競争優位性なり得る強みです。消費者の手元に届くまでに加わってゆく付加価値のうち、どの部分強く、あるいは弱いのかを、分析することで、業務改善期待できます

チェーン繋がりでいうと「ブロックチェーン」というキーワードもありますブロックチェーンは、いわゆる暗号通貨」(仮想通貨暗号資産)の基幹技術として知られる、暗号理論に基づいた分散型ネットワークのことであり、「サプライチェーン」や「バリューチェーン」とは畑違い概念です。しかしながらサプライチェーンマネジメントブロックチェーン技術導入して業務改善を図る試みなども行われており、その意味ではまるで無関係というわけでもありません。

サプライチェーン

英語:supply chain

サプライチェーンとは、サプライチェーンの意味

サプライチェーンとは、商品消費者に届くまでの原料調達から製造物流販売といった一連の流れを、大きな供給supplyサプライ)の鎖(chainチェーン)として捉えたもの。サプライチェーンは日本語では供給連鎖という。

サプライチェーンは川上産業と川中産業、川下産業に分かれる

サプライチェーンの過程において、製造者に近い所に位置する産業川上産業といい、消費者に近い所に位置する産業川下産業という。また、川上産業川下産業中間位置する産業川中産業という。例えば、スマートフォンでいうと、半導体メーカーやガラスメーカーなどが川上産業にあたる。部品組み立てスマートフォン生産する企業川中産業スマートフォン取り扱う販売店川下産業にあたる。

サプライチェーンマネジメント(SCM)

サプライチェーンマネジメントSCM)は、商品生産から販売に至るまでの一連の流れコンピュータシステム用いて管理することである。サプライチェーンマネジメント目的は、物流効率化を図ることにある。
サプライチェーンマネジメントでは、製造部門物流部門販売部門など1つ1つ部門ネットワーク接続し、原材料仕入れ状況問屋在庫状況店舗における売れ行き状況などを一元管理する。問屋在庫が減ってきたら生産ライン増やすといったことや、店舗在庫がなくなったらその日のうちに問屋から店舗商品流通させるといったことが容易になる。



サプライチェーン [5]supply chain

製造業において、原材料調達生産管理物流販売までを一つ連続したシステムとして捉えたときの名称。

サプライチェーン

【英】:Supply Chain

日本語で「供給連鎖」と訳され、原材料部品等の調達から、生産流通経て消費者に至るまでの一連のビジネスプロセスのこと。

サプライチェーン・マネジメント

(サプライチェーン から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/17 08:41 UTC 版)

サプライ・チェーン・マネジメント: supply chain management、SCM)、供給連鎖管理(きょうきゅうれんさかんり)とは、物流システムをある1つの企業の内部に限定することなく、複数の企業間で統合的な物流システムを構築し、経営の成果を高めるためのマネジメント手法である。なお、この場合の「複数の企業間」とは旧来の親会社・子会社のような企業グループ内での関係に留まらず、対等な企業間で構築される物流システムもサプライ・チェーン・マネジメントと呼ばれる[1]。しかし、実際には企業間の取引は対等であると限らず、現実と理論との乖離があり、その隙間(gap)分析が重要になる。また、サプライチェーンが顧客に届くまでの複数企業間の流れであるのに対して、バリュー・チェーンは一企業内の業務の流れを指す。


  1. ^ 拓海広志『ビジュアルでわかる船と海運のはなし(改訂増補版)』、成山堂書店、2007年、181ページ
  2. ^ 石川和幸 『なぜ日本の製造業は儲からないのか』 東洋経済新報社、2009年、104頁。ISBN 978-4-492-76182-3 
  3. ^ : purchase-sales-inventory
  4. ^ : plan
  5. ^ : source
  6. ^ : make
  7. ^ : deliver
  8. ^ : return
  9. ^ : transportation
  10. ^ : distribution
  11. ^ Cooper, M.C., Lambert, D.M., & Pagh, J. (1997) Supply Chain Management: More Than a New Name for Logistics. The International Journal of Logistics Management Vol 8を出版
  12. ^ : customer relationship management
  13. ^ : customer service managemen
  14. ^ : Demand management
  15. ^ : Order fulfillment
  16. ^ : Manufacturing flow management
  17. ^ : Supplier relationship management
  18. ^ : Product development and commercialization
  19. ^ : Returns management
  20. ^ NHKニュース新型コロナウイルスと日本人経営者の考えていること”. 2020年5月17日閲覧。


「サプライチェーン・マネジメント」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「サプライチェーン」の関連用語

サプライチェーンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



サプライチェーンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日通総合研究所日通総合研究所
Copyright (c)2020 Nittsu Research Institute and Consulting,lnc.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサプライチェーン・マネジメント (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS