3C分析とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > ビジネス > 人材マネジメント用語 > 3C分析の意味・解説 

3C分析

3Cとは、Customer市場顧客)・Competitor競合)・Company自社)の3つの言葉の頭文字であり自社事業部等がどのような経営環境置かれているのか現状状況分析し経営課題発見戦略代替案発想などに活用するフレームワークである。

例えば、Customer市場顧客)・Competitor競合)の外部環境分析から、その事業でのビジネスKSFkey success factorの略 成功要因)を発見し続いてCompany自社分析によって自社現状KSFとのギャップ捉えて戦略策定し、主にマーケティング分野等で活用されいたもの広く経営分析ツールとして広がった。

・3C分析の視点以下の通りである。

Customer市場顧客分析
顕在・潜在顧客購買意思能力把握する具体的な分析視点としては、市場規模成長性、各セグメントニーズ購買過程等が挙げられる

Competitor競合
潜在顕在している競争状況競争他社について把握する
具体的な分析視点としては、競合相手の数(寡占度合い)、製品サービス特性競合他社強み弱み生産・販売財務技術開発などに関する能力等)・経営資源等が挙げられる

Company自社
自社経営資源企業活動についての現状把握する具体的な分析視点としては、自社商品特性技術力販売力組織・人材といった社内資源と、売上シェア利益率認知率等の市場での地位挙げられる

・尚メーカーでの戦略策定において、流通チャネル加味する必要がある場合Channel流通チャネル)を加えた4C分析されることもある。他には、Cost (費用)を加えた4C分析や、Context状況文脈)、CollaborationCooperation協力関係)を加えた4C分析や5C分析存在する


3C分析

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/06 17:33 UTC 版)

3C分析(スリーシーぶんせき、さんシーぶんせき)とは、企業マーケティングなどにおいて、顧客(Customer)、競合(Competitor)、自社(Company)の観点から市場環境を分析し、経営戦略上の課題を導く分析ツールのひとつである[1]。元マッキンゼー・アンド・カンパニー日本支社長でビジネス・ブレークスルー大学学長の大前研一が考案した。


  1. ^ 板倉宏昭 『経営学講義』 勁草書房、2010年、45頁。ISBN 978-4-326-50334-6 


「3C分析」の続きの解説一覧

「3C分析」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

3C分析のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



3C分析のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー
Copyright© 2022 Active and Company Ltd. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの3C分析 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS