経営戦略とは? わかりやすく解説

経営戦略

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/08 14:33 UTC 版)

経営戦略(けいえいせんりゃく)は、組織の中長期的な方針や計画を指す用語である。


  1. ^ Cornelis A. De Kluyver and John A. Pearce, Strategy: A View from the Top, Prentice Hall College Div, Aug./2002.(大柳正子訳『戦略とは何か』東洋経済新報社、2004年12月).
  2. ^ Jay B. Barney, Gaining and sustaining competitive advantage, Addison-Wesley Pub, May/1996.
  3. ^ 淺羽茂「経営戦略」、岡本康雄編著『現代経営学への招待』、中央経済社、2000年
  4. ^ 伊丹敬之・加護野忠男 (2003) 「ゼミナール経営学入門第3版」日本経済新聞社)
  5. ^ 伊丹敬之『経営戦略の論理』、日本経済新聞社、2003年11月(第3版)
  6. ^ 一橋大学商学部経営学部門編 (1999) 「経営学概論」楠木健『経営戦略論』税務経理協会、pp. 185-220.
  7. ^ : business strategy
  8. ^ : competitive strategy
  9. ^ : corporate strategy
  10. ^ : functional strategy
  11. ^ : strategic management
  12. ^ LambRobertBoyden 共著「Competitive strategic managementEnglewood Cliffs、NJ: Prentice-Hall、1984年


「経営戦略」の続きの解説一覧

経営戦略

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/02 16:06 UTC 版)

ニューハウスは、成長している地域安く売り出されている新聞社買収することに重点置いていた。自分で新聞創刊することや、新聞関係のない事業には興味がなく、ニューヨーク・ヤンキース買収オファー断ったこともあった。彼は通常市内最も古い新聞社買収しその後第二新聞社買収することで、広告料金設定できるようにしていた。彼は両紙の営業競争維持することを約束したが、ほとんどの場合、両紙を合併して夕刊廃止して朝刊のみにし、事実上の独占確立して、その利益使って他の新聞買収したニューハウスは、茶色の革のブリーフケース使って様々な権益管理し重要な人物のことは全て彼の頭の中入れていたが、買収した企業20新聞社多数雑誌ラジオ局テレビ局擁するメディア帝国成長しても、ニューハウス正式な本社呼べるものを設定しなかった。今日でも、アドバンス・パブリケーションズ登記上の本社は、最初に買収した『スタテンアイランド・アドバンス』の本社所在地のままである

※この「経営戦略」の解説は、「サミュエル・アーヴィング・ニューハウス・シニア」の解説の一部です。» 「サミュエル・アーヴィング・ニューハウス・シニア」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「経営戦略」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



経営戦略と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

経営戦略のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



経営戦略のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの経営戦略 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのサミュエル・アーヴィング・ニューハウス・シニア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS