強みとは? わかりやすく解説

つよ‐み【強み】

読み方:つよみ

強いこと。また、その程度。「一段と—を増す」⇔弱み

頼んで力とするに足る点。「語学達者なことが彼の—だ」⇔弱み


強み

読み方:つよみ

【文語】マ行四段活用動詞強む」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

強み

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/01 00:34 UTC 版)

ウォッチガード・テクノロジー」の記事における「強み」の解説

ウォッチガードUTM統合脅威管理)、NGFW次世代ファイアウォール製品群は、ベストオブブリードの最先端の技術1台ハードウェア統合されている。上位製品拡充により、SOHO中小規模中堅規模大規模等のあらゆる規模組織に対してそれぞれ適正なアプライアンス選択可能。また、近年ではネットワークエンドポイントからの脅威情報相関分析し、脅威情報スコアリング、さらにエンドポイントまで含めた脅威の早期検知自動インシデントレスポンスを可能とする新機能を提供可能となり、総合セキュリティプラットフォームベンダへと変貌している。これらの新機能総合セキュリティパッケージであるTotal Security Suiteにて利用可能だまた、トータルで優れたコストパフォーマンス発揮すると同時にグラフィカルレポート機能で、複雑なセキュリティ管理を「可視化出来るなど、導入運用管理シンプルで手間かからず専門的な知識不要また、高速性の点で他社優位性を持っており、各セキュリティ機能有効にしつつ、高いスループット実現出来る。未知の脅威からネットワークを守る標的型攻撃対策にも対応しているまた、仮想環境無線LAN環境にも対応しており、包括性かつ柔軟性富んだ情報セキュリティプラットフォーム提供する

※この「強み」の解説は、「ウォッチガード・テクノロジー」の解説の一部です。
「強み」を含む「ウォッチガード・テクノロジー」の記事については、「ウォッチガード・テクノロジー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「強み」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

強み

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 07:24 UTC 版)

和語の漢字表記

(つよみ)

  1. つよみを参照

「強み」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

強みのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



強みのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのウォッチガード・テクノロジー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの強み (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS