コストパフォーマンスとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 程度 > 割合 > コストパフォーマンスの意味・解説 

コスト‐パフォーマンス【cost performance】

支出した費用とそれによって得られたものとの割合費用対効果

コンピューターの、費用に対する性能評価費用性能比率

[補説] 1で、少な費用得られるものが大き場合のことを「コストパフォーマンスがよい(高い)」、その逆の場合のことを「コストパフォーマンスが悪い(低い)」という。


【コスト・パフォーマンス】(こすと・ぱふぉーまんす)

Cost performance
日本語にすると費用対効果物の製造費・維持費運用費など様々な支出コスト)に対し、どの程度の見返りパフォーマンス)があるかという意味。
現代の兵器においては、これが最も重要視されているといわれており、特に現在では金の壁によってそれが顕著に現れている
「コスト・パフォーマンスがよい兵器と言えば少な支出大きな成果を上げることのできる兵器であり、「悪い」といえばその逆になる。

ローコスト大量運用できるモノ良い物と思われがちだが、少数大きな戦果をあげるハイテク兵器登場している現在では何を取るかは各国軍の考え方次第である


コストパフォーマンス

英語 cost performance

ある製品をつくるのに必要な原価に対して、その製品がどれだけの性能をもっているかを比べたときの割合をいう。性能評価項目のひとつであり、コストパフォーマンスが高いとは製品コストわりには性能が高いということになる。追加コストをかけることによって性能見栄えなどが向上し大幅販売量が増えれば、かけたコストパフォーマンスがよいことになる。逆にコストパフォーマンスを高め手法として、性能そのままにして分母(コスト)を下げてもよい。すなわち値段のわりに機能性能がよく割安感のあることを指し購入価格だけにとどまらず燃費保険修理などを含む生涯コスト対象にいう。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

コスト・パフォーマンス cost performance(ratio)


コストパフォーマンス

支出した費用に対する、それによって得られた満足度割合

コストパフォーマンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/29 17:48 UTC 版)

コストパフォーマンス英語: cost performance)とは、あるものが持つコスト(費用)とパフォーマンス(効果)を対比させた度合い。コスパCPと略されることもあるほか、費用対効果対費用効果ともいう[1][2]




「コストパフォーマンス」の続きの解説一覧

「コストパフォーマンス」の例文・使い方・用例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



コストパフォーマンスと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「コストパフォーマンス」の関連用語

コストパフォーマンスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



コストパフォーマンスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2022by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2022 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
大光電機大光電機
Copylight 2022.DAIKO ELECTRIC CO.,LTD.All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコストパフォーマンス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS