費用便益分析とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 費用便益分析の意味・解説 

ひようべんえき‐ぶんせき【費用便益分析】


費用便益分析

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/22 16:26 UTC 版)

費用便益分析(ひようべんえきぶんせき、: cost-benefit analysis)は、事業社会に貢献する程度を分析する手法である。


  1. ^ 「お金かかるから消火せずともよし」が招いたシベリア大火災”. 47NEWS (2019年8月2日). 2019年8月3日閲覧。


「費用便益分析」の続きの解説一覧

費用便益分析

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/04 00:30 UTC 版)

ボーダーズ・レールウェイ」の記事における「費用便益分析」の解説

ボーダーズ・レールウェイの費用便益分析結果2004年半ば発表され費用便益比便益わずかに上回る1.01~1.00という結果であるとされた。便益にはボーダーズ700戸、ミッドロージアン1100戸の住宅開発見込み含んでおり、反対運動の的となった2007年スコティッシュ・ボーダーズ議会選挙ボーダーズ党のニコラス・ワトソン候補当選)はボーダーズ・レールウェイ計画を「巨大な無駄遣い」と表現し代わりにグラスゴー空港アクセス線(英語版)の整備に使うよう提言した。これに対し、ボーダーズ・レール運動費用便益比低さ貨物臨時列車走らせないことが原因である反論している。2008年3月には費用便益比修正され建設費増加したのにもかかわらず1.32と発表された最終的な費用便益分析は2013年2月発表された結果それまでの値を大きく下回る0.5であり、Local Transport Today誌に「近年交通プロジェクトの中で最低のパフォーマンス」と評されている。この分に対し、ボーダーズ・レール運動年間想定乗客数片道23,431人にとどまり1日あたり70人、1列車当た3人既存バス利用者数大きく下回るなど、低く見積もられていると反論している。

※この「費用便益分析」の解説は、「ボーダーズ・レールウェイ」の解説の一部です。
「費用便益分析」を含む「ボーダーズ・レールウェイ」の記事については、「ボーダーズ・レールウェイ」の概要を参照ください。


費用便益分析

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/12 04:49 UTC 版)

フィッシャー方程式」の記事における「費用便益分析」の解説

Steve Hanke (英語版) 、Philip Carver、およびPaul Bugg1975)などが述べているように、正確なフィッシャー方程式適用されない場合、費用便益分析は大きく歪む可能性がある価格と金利は両方とも実質または名目予測する必要がある

※この「費用便益分析」の解説は、「フィッシャー方程式」の解説の一部です。
「費用便益分析」を含む「フィッシャー方程式」の記事については、「フィッシャー方程式」の概要を参照ください。


費用便益分析

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 13:56 UTC 版)

集団免疫」の記事における「費用便益分析」の解説

予防接種プログラムの費用便益分析を行う際に集団免疫考慮入れられる場合が多い。高い水準免疫による正の外部性見なされており、集団内に集団免疫形成されない場合には出現しない、病気減少による付加的な便益生み出されるそのため、費用便益分析に集団免疫組み込むことによって費用便益比より良いものとなり、予防接種によって防止された症例数は増大することとなる。集団免疫便益評価を行う研究デザインとしては、成員予防接種を受けた家庭で発生数記録予防接種が行われた地理的エリア行われていないエリア集団ランダム化比較予防接種プログラム導入前後発生数観察などが行われている。これらからは直接的な保護効果のみから予測される水準を超え発生数減少する場合があることが観察され集団免疫がその減少寄与していることが示唆される血清型置換考慮入れられ場合予防接種から予測される便益低下する

※この「費用便益分析」の解説は、「集団免疫」の解説の一部です。
「費用便益分析」を含む「集団免疫」の記事については、「集団免疫」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「費用便益分析」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

費用便益分析のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



費用便益分析のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの費用便益分析 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのボーダーズ・レールウェイ (改訂履歴)、フィッシャー方程式 (改訂履歴)、集団免疫 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS