無線LANとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 無線LANの意味・解説 

むせん‐ラン【無線LAN】


無線LAN

無線LANとは、文字どおりケーブルによる配線使わないLANのことで、物理レベル分けると、電波を使うものと赤外線レーザーを使うものがある

関連用語


無線LAN

無線を利用してデータの送受信が行なえるパソコンネットワークのこと。専用ルーター(複数のパソコンをインターネット接続させる機器)を用い、各パソコン間においてコードレス電話に近い電波でデータを転送する。

(執筆:オーディオビジュアル評論家 夏目利明)
※この情報は「1999~2002年」に執筆されたものです。


無線LAN

読み方むせんラン
別名:ワイヤレスLAN無線ローカルエリアネットワーク無線構内通信網
【英】wireless LAN, WLAN

無線LANとは、LAN構内通信網)の構築形態のうち、特に無線通信用いて接続され通信ネットワークのことである。

無線LANは、親機に当たる無線LANアクセスポイントと、子機に当たる無線LANアダプタによって構成される最近のノートパソコンなどでは、無線LANアダプタ標準内蔵している場合少なくないまた、一般家庭で無線LANを構築する場合無線LANアクセスポイントとして、ルーター機能備えた無線LANルーター利用されることが多い。無線LANアクセスポイントほとんどはLANケーブル接続するためのハブとしての機能備えており、有線LANと無線LANが混在する形で利用できるようになっている

無線LANは、ケーブルを必要とせずにネットワーク接続できるため、ケーブル敷設することが困難な公共空間一部施設では、公衆無線LANホットスポット)と呼ばれる無線LANの提供が行われている。公衆無線LAN提供されている事例が多い場所として、ホテル空港ファストフード店などを挙げることができる。公衆無線LAN利便性が高い反面無線を通じて不正にアクセスされるかもしれないというセキュリティ面での不安要素も強い。そのため、無線LAN製品には、WEPWPAWPA2といった暗号化機能や、MACアドレス用いて通信機器限定する機能などさまざまなセキュリティ機能用意されている

無線LANを実現する方式としては、IEEE 802.11規格が最も普及している。2008年7月現在、無線LANのほとんどが以下のいずれかもしくは複数規格採用している。

IEEE 802.11bは、1999年策定され規格である。2.4GHzの周波数帯利用し理論上は最大11Mbpsでの通信可能である同規格が正式に策定され以前にApple当時はApple Computer)がAirPort採用し他の無線LAN機器ベンダー追従したことによって広く普及した後にIEEE 802.11g普及するまでは、無線LANの事実上の標準として扱われていた。

IEEE 802.11aは、IEEE 802.11bと同じ1999年登場した高速化への要求対応するために策定され規格である。5.2GHzの周波数帯利用し理論上は最大54Mbpsの通信可能である伝送距離短く障害物影響受けやすいが、IEEE 802.11bIEEE 802.11gに比べノイズ影響受けにくいという利点がある

IEEE 802.11gは、2003年成立した規格である。IEEE 802.11bと同様に5.2GHz帯で通信行い理論上は最大54Mbpsの通信可能である同規格はIEEE 802.11bとの互換性高く混在して使用することも可能であるIEEE 802.11bIEEE 802.11g両方対応している無線LAN機器は多い。

IEEE 802.11nは、2008年7月現在策定中の規格である。MIMO呼ばれる複数送受信チャネル併用する技術採用したことで、最大でIEEE 802.11gの5倍の通信速度と、約2倍通信範囲実現するとされるIEEE 802.11bIEEE 802.11gIEEE 802.11aの無線LAN機器とも接続できることから次世代の無線LANの標準規格として期待されている。Apple各種製品においては既に同規格が搭載され始めている。

ネットワークのほかの用語一覧
無線通信:  フリーWi-Fi  L-05A  LPWA  無線LAN  野良Wi-Fi  RSSI  ゼロレーティング

無線LAN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/31 15:09 UTC 版)

無線LAN(むせんラン)とは、無線通信を利用して構築されるLANである。ワイヤレスLAN (Wireless LAN, WaveLAN[1])、もしくはそれを略してWLANとも呼ばれる。無線LANの通信方式には様々なものがあるが、著名な無線LANの規格としてIEEE 802.11があり、Wi-Fi(ワイファイ)は、その規格を使用する無線LANに関する登録商標である。


  1. ^ WaveLAN
  2. ^ Home Networking's Bitter Brawl”. Wired (2000年9月15日). 2017年8月22日閲覧。
  3. ^ <KEY WORD> IEEE802.11b 次世代の無線LAN規格 webBCN
  4. ^ 無線LAN〜その栄光への道のり(後編) ITmedia
  5. ^ 11Mビット/秒無線LAN「AirStation」を新発売 BUFFALO
  6. ^ 「WEPは10秒で解読可能」、神戸大と広島大のグループが発表 Impress Watch 2008年10月14日
  7. ^ 一般家庭における無線LANのセキュリティに関する注意 情報処理推進機構
  8. ^ 隣家の無線LANの電波でネット接続したら違法なの? ITpro 日経NETWORK 2008年8月号 p.15
  9. ^ 『Wi-FiのセキュリティはなぜWEPでは駄目なのか』”. Canon ITソリューションズ マルウェア情報局 (2015年11月17日). 2016年9月28日閲覧。
  10. ^ 「WEPは10秒で解読可能」、神戸大と広島大のグループが発表”. Internet Watch (2008年10月14日). 2016年9月28日閲覧。
  11. ^ 磯谷 智仁 (2019年4月11日). “Wi-Fiセキュリティ新規格「WPA3」に脆弱性、登場から1年経たずに発見される”. Internet Watch. 2019年10月28日閲覧。
  12. ^ Walker-Morgan, Dj (2011年12月29日). “Wi-Fi Protected Setup made easier to brute force”. The H. オリジナルの2012年5月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120502071608/http://www.h-online.com/open/news/item/Wi-Fi-Protected-Setup-made-easier-to-brute-force-Update-1401822.html 2011年12月31日閲覧。 
  13. ^ Wi-Fi Security – The Rise and Fall of WPS”. Netstumbler.com (2013年1月18日). 2013年12月17日閲覧。
  14. ^ a b 無線LAN設定を簡素化する「WPS」、PIN方式の仕様に脆弱性 - @IT” (2012年1月5日). 2016年5月7日閲覧。
  15. ^ メッシュWi-Fiで“超手軽”な無線LAN”. businessnetwork.jp (2019年8月9日). 2019年12月25日閲覧。
  16. ^ 電波を強くするメッシュWi-Fiおすすめ機種”. PREMOA MAGAZINE (2019年11月20日). 2019年12月25日閲覧。
  17. ^ 別海,中標津地区」『高速無線通信サービス「SKYNET V」』 株式会社オーレンス
  18. ^ 平成26年度 沿岸域海水中温暖化ガス連続モニタリング装置・システムの要素技術の検討補助事業 報告書」 2015年3月、一般財団法人エンジニアリング協会、資料21
  19. ^ ただし商用サービスのスカイネットVでは約15kmまでとうたい[17]、日本電業工作では30kmで7Mbpsの通信を行った実績がある[18]
  20. ^ a b 5GHz帯無線アクセスシステム 総務省
  21. ^ 据置型無線LAN JRL-849AP2シリーズ 日本無線
  22. ^ 「導入事例 日本ゼオン株式会社 様」『富士通ネットワークソリューションズ』 富士通ネットワークソリューションズ
  23. ^ 「ソリューション 導入事例 本社と支社間のデータ通信を無線化」『DENGYO 日本電業工作株式会社』 日本電業工作株式会社
  24. ^ 「ソリューション 導入事例 放送映像・FM放送局臨時伝送路」『DENGYO 日本電業工作株式会社』 日本電業工作株式会社
  25. ^ 「導入事例 福島県只見町 様」『富士通ネットワークソリューションズ』 富士通ネットワークソリューションズ
  26. ^ 恩納村 長距離無線LAN構築」『株式会社リウデン』 株式会社リウデン
  27. ^ 次世代無線ネットワークシステム 5GHz帯無線アクセスシステムのご提案」『Toa 東亜株式会社』 2013年2月、東亜株式会社、13ページ
  28. ^ 沖縄県宜野座村地域限定ブロードバンドサービス」『宜野座村』 沖縄県国頭郡宜野座村
  29. ^ 総務省の取組② p.6 総務省
  30. ^ 総務省告示周波数割当計画の脚注J37”. 総務省. 20201118閲覧。
  31. ^ Author. “医療機器と干渉しない無線Wi-Fi環境の構築” (日本語). KOSネットワーク株式会社. 2022年8月31日閲覧。
  32. ^ ワイヤレスLAN製品(IEEE802.11b/g準拠)の電波に関するご注意 | NetWalker:シャープ”. jp.sharp. 2022年8月31日閲覧。
  33. ^ 日経クロステック(xTECH). “無線LANを妨害、電波干渉を引き起こす意外な存在” (日本語). 日経クロステック(xTECH). 2022年8月31日閲覧。
  34. ^ 日経クロステック(xTECH). “これでいいのか“汚れた”無線LAN” (日本語). 日経クロステック(xTECH). 2022年8月31日閲覧。
  35. ^ 『「無料でネット」と違法無線LAN販売 容疑で業者ら逮捕へ』 大阪府警 産経新聞 2010年9月22日
  36. ^ 電波法第58条 実験等無線局及びアマチュア無線局の行う通信には、暗語を使用してはならない。
  37. ^ 無線設備規則第18条の2 アマチュア局の送信装置は、通信に秘匿性を与える機能を有してはならない。
  38. ^ 「マイクロウェーブワールド」熊野谿寛『CQ ham radio』2009年7月号、CQ出版
  39. ^ a b c 諸外国における公衆無線LANの整備状況 調査報告書 一般財団法人マルチメディア振興センター



無線LAN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/31 17:10 UTC 版)

IEEE 802.1X」の記事における「無線LAN」の解説

無線LANではアソシエーション後に認証動作行い、その端末LANへの接続許可するかどうか決める。

※この「無線LAN」の解説は、「IEEE 802.1X」の解説の一部です。
「無線LAN」を含む「IEEE 802.1X」の記事については、「IEEE 802.1X」の概要を参照ください。


無線LAN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/01 16:47 UTC 版)

AppleTalk」の記事における「無線LAN」の解説

IEEE 802.11による無線LANを用いたAppleTalkに関しては特に固有の名称はない。IEEE 802.11Ethernetによく似た規格でありLLC使えるため、基本的にEtherTalk同一考えてよいしたがって、Apple製他社製を問わず一般的な無線LAN製品何ら問題なくAppleTalkパケットを扱うことができる。Ethernet並んで現在多く用いられているであろう

※この「無線LAN」の解説は、「AppleTalk」の解説の一部です。
「無線LAN」を含む「AppleTalk」の記事については、「AppleTalk」の概要を参照ください。


無線LAN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/02 02:26 UTC 版)

mylo」の記事における「無線LAN」の解説

標準IEEE 802.11b対応した無線LANチップ搭載しており、無線LANに接続できる環境ならどこでもインターネットアクセスすることが可能であるアドホックモードもあり、mylo再生している音楽通信によって他のmylo共有することができる。

※この「無線LAN」の解説は、「mylo」の解説の一部です。
「無線LAN」を含む「mylo」の記事については、「mylo」の概要を参照ください。


無線LAN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/02 02:26 UTC 版)

mylo」の記事における「無線LAN」の解説

IEEE 802.11b/gに拡張され高速接続が可能となった

※この「無線LAN」の解説は、「mylo」の解説の一部です。
「無線LAN」を含む「mylo」の記事については、「mylo」の概要を参照ください。


無線LAN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 00:47 UTC 版)

首都圏新都市鉄道TX-2000系電車」の記事における「無線LAN」の解説

60編成落成時から、他編成改造により無線LAN機器搭載2005年8月24日開業日から翌2006年平成18年7月31日まで列車内無線LAN接続トライアル用に供された。 無線LAN接続商用サービス開始決定により、2006年7月31日までに全16編成が無線LAN接続対応となり、商用サービス同年8月24日から開始された。当初はNTTドコモの「Mzone」と「moperaU公衆無線LANコース」のみが提供されていたが、同年11月9日からは東日本電信電話NTT東日本)の「フレッツ・スポット」も提供が開始された。なお、トライアルユーザーに対して8月24日から1か月商用環境体験キャンペーンなど実施された。

※この「無線LAN」の解説は、「首都圏新都市鉄道TX-2000系電車」の解説の一部です。
「無線LAN」を含む「首都圏新都市鉄道TX-2000系電車」の記事については、「首都圏新都市鉄道TX-2000系電車」の概要を参照ください。


無線LAN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/10 15:54 UTC 版)

パテントプール」の記事における「無線LAN」の解説

無線LAN(IEEE 802.11)に関連する8社が、Via Licensing運営委託してパテントプール作った。8社とは、Orange富士通新日本無線フィリップスLGエレクトロニクスNTTソニー、ETRI、であるが、あまり大きな勢力はなっていない。同パテントプールプログラムの不成功のなか、ソニー富士通などはすでに脱退している(VIAホームページライセンサーリストによる)。その後特許権者投票によりVIA Licensingにかわりシズベルあらたに委託をうけ、プールづくりに着手している。

※この「無線LAN」の解説は、「パテントプール」の解説の一部です。
「無線LAN」を含む「パテントプール」の記事については、「パテントプール」の概要を参照ください。


無線LAN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 07:36 UTC 版)

ビーコン」の記事における「無線LAN」の解説

無線LANのアクセスポイントAP)からは「ビーコン」と呼ばれる信号パケット)を送出しており無線LANアダプタ備えたコンピュータ機器がそのビーコン受信し利用可能な無線LANによるネットワーク検出する手がかりとしている。

※この「無線LAN」の解説は、「ビーコン」の解説の一部です。
「無線LAN」を含む「ビーコン」の記事については、「ビーコン」の概要を参照ください。


無線LAN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/19 03:22 UTC 版)

カンテナ」の記事における「無線LAN」の解説

指向性アンテナ一種であるホーンアンテナ導波管部に空き缶使ったものである2000年代初め頃から、欧米では2.4GHz帯無線LANの到達距離延長目的として、飲料缶スープ缶、整形ポテトチップスの紙缶(端的にプリングルズ空き缶紙製だが金属箔裏張りされている。)などを流用したDIY隆盛した。この人気により完成品キット商品化されている変わった材料利用したものでは、金属の缶の入手困難マリ共和国1.5リットルペットボトルと金属製フライスクリーン(網戸用の網)で製作した「ボトルネットアンテナ」(BottleNet antenna直訳すれば「瓶網アンテナ」)がある。指向性鋭くなるため安定した使用をするには、接続するアクセスポイント確認して三脚使用に取付けなど確実に設置することが必要となる。 日本では、無線LANは小電力無線局一種とされ技術基準総務省令無線設備規則よる。2.4GHz帯同規則第49条の20小電力データ通信システム無線局)の第1号第2号規定している。第1号ヘと第2号ホに送信空中線絶対利得第1号ヘには水平面及び垂直面の主輻射角度の幅も)があり、指向性鋭くする容易に規定を超えてしまうこと、アンテナ特性測定には測定器設備が必要となることからカンテナ完成品キット商品化されることはないこのため一部マニア自作し自己責任実験している程度に留まっている。

※この「無線LAN」の解説は、「カンテナ」の解説の一部です。
「無線LAN」を含む「カンテナ」の記事については、「カンテナ」の概要を参照ください。


無線LAN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/07 06:08 UTC 版)

エアポート」の記事における「無線LAN」の解説

AirPort - 日本以外でのApple無線LANシステム商標名日本ではAirMac呼ばれる日本国内商標権を持つ関西電機との提携により、アイ・オー・データ機器が「AirPortブランドにより無線LAN製品販売している。

※この「無線LAN」の解説は、「エアポート」の解説の一部です。
「無線LAN」を含む「エアポート」の記事については、「エアポート」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「無線LAN」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「無線LAN」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

無線LANのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



無線LANのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
アライドテレシス株式会社アライドテレシス株式会社
Copyright(c)2022 Allied Telesis K.K. All Rights Reserved.
HiVi WEBHiVi WEB
(C)2022 STEREO SOUND Publishing Inc.
AV製品に関する用語辞典
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ無線LANの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの無線LAN (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのIEEE 802.1X (改訂履歴)、AppleTalk (改訂履歴)、mylo (改訂履歴)、首都圏新都市鉄道TX-2000系電車 (改訂履歴)、パテントプール (改訂履歴)、ビーコン (改訂履歴)、カンテナ (改訂履歴)、エアポート (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS