Wi-Fiとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > Wi-Fiの意味・解説 

ワイファイ【Wi-Fi】


Wi-Fi

フルスペル:Wireless Fidelity
読み方ワイファイ

Wi-FiWi-Fiとは、無線LAN製品互換性検証するWi-Fi Allianceという業界団体によって付けられたブランド名のことである。

Wi-Fiブランドは、Wi-Fi Allianceによって他社製品との互換性検証された無線LAN製品与えられる認定製品は「Wi-Fi CERTIFIED」のロゴ使用することができる。

Wi-Fiは互換性に関する認定ブランドであるが、Wi-Fi Allianceでは、互換性検証だけでなく、WPAWi-Fi Protected Access)やWPA2などの無線LAN暗号化方式規格や、WPSWi-Fi Protected Setup)という無線LAN機器同士を簡単にセキュア接続できる規格などを提唱し、無線LAN普及発展寄与している。

Wi-Fi
Wi-Fi Allianceのロゴマーク

Wi-Fi Allianceは、1999年WECAWireless Ethernet Compatibility Alliance)という名称で発足し、2002年Wi-Fi Allianceになった。Wi-Fiのブランド名WECAWi-Fi Allianceとなった際に使用され始めた。



※Wi-Fi、および、Wi-Fi CERTIFIEDのロゴマークは、Wi-Fi Allianceの登録商標です。
※Wi-Fi Allianceのロゴマークは、Wi-Fi Allianceの商標です。
※画像提供 / Wi-Fi Alliance
参照リンク
Wi-Fi Alliance - (英文
無線通信のほかの用語一覧
無線LAN:  ダイバーシティアンテナ  UQ WiMAX  WEP  Wi-Fi  WiMAX  WME  WPA

Wi-Fi

読み方わいふぁい

無線LAN標準規格であるIEEE 802.11a/bの認知度高めるため、ワイヤレス機器およびソフトウエア製造するメーカー団体WECAWireless Ethernet Compatibility Alliance=ワイヤレス・イーサネット互換性連合)が名づけた"呼称"で、規格そのものを指す言葉ではない。WECAにはキヤノンニコンソニーリコーなどのカメラメーカー各社参加互換性テストも行なっている。合格すると「Wi-Fi Certified」という認定与えられ、右のようなロゴマーク一例)を表示できる。つまり、このロゴがついた製品同士であればメーカー異なっても接続できるという証である。デジタルカメラでは、ニコンクールピクスP1いち早くこのロゴ使用した。

Wi-Fi

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/01 20:01 UTC 版)

Wi-Fi(ワイファイ、ウィフィ)とは、無線LANに関する登録商標である。Wi-Fi Allianceアメリカ合衆国に本拠を置く業界団体)によって、国際標準規格であるIEEE 802.11規格を使用したデバイス間の相互接続が認められたことを示す名称。




注釈

  1. ^ 広義の「無線LAN」としては、IEEE802.15シリーズ等によるものを含む。

出典



「Wi-Fi」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Wi-Fi」の関連用語

Wi-Fiのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



Wi-Fiのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリWi-Fiの記事を利用しております。
カメラマンWebカメラマンWeb
© 2005-2020 モーターマガジン社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのWi-Fi (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS