GPSとは? わかりやすく解説

gps

読み方:ジーピーエス
別表記:global positioning system

gps(ジーピーエス)とは~人工衛星駆使した地理情報計測システムの名称です。地上あらゆる地域緯度・経度、高度が特定できる仕組みとして利用されています。GPSは「Global Positioning System」の略であり、直訳して「全地球測位システム」あるいは「全地球無線測位システム」などとも呼ばれます

GPSは、地上端末から高度およそ2km軌道上配置されたGPS衛星」へ信号発信し応答返ってくるまでのわずかな時間差を計算照合することで地理上の位置特定します複数GPS衛星と同時に信号授受することで、各衛星との応答時間の差が判明しそれによって精密な3次元位置情報取得できます

位置情報の処理は地上端末側で行わており、衛星自体発信者位置把握しているというわけでありません。GPS端末としての機能最近ではスマホスマートフォン)やカーナビカーナビゲーションシステム)などに不可欠の機能として組み込まれています。

GPS衛星24基あり、地球をぐるりと取り囲むように配置されています。24基あると地球上のどんな僻地極地居ても最低3基のGPS衛星通信可能であり衛星3基と応答できれば精密に位置情報割り出ます。

「GPS」という名称は、そもそも米国運用しているシステムの名称(固有名)であり、「人工衛星使った測位システム全般を指す一般名ではありません一般名としては「GNSS」(全世界測位システム)という呼び方あります。しかしGPSが同種のシステム代表格であり代名詞的存在となっているため、米国運用している「(狭義の)GPS」以外のシステム含めて広く「GPS」と呼ばれている場合がままあります

GNSS、すなわち「(狭義の)GPS以外の衛星測位システム」としては、欧州連合EU)が運用するガリレオ」、ロシア運用するグロナス」、日本運用する準天頂衛星みちびき」などが挙げられます。高度な運用技術莫大なコスト要する技術とうこともあり自前システム運用している国はそう多くありません日本自国GNSS運用していますが、その名称はあまり浸透しておらず、しばしば「日本版GPS」のような表現用いられます。 

GPS(じーぴーえす)


GPS

ネットワークシステムのほかの用語一覧
位置情報:  DLP  EZナビウォーク  Foursquare  GPS  GIS  geoPORTAIL  Google Maps

【全地球測位装置】(ぜんちきゅうそくいそうち)

Global Positioning System(GPS).
人工衛星利用した航法支援装置理論上地球上どこでも正確な現在位置割り出す事ができる。
船舶登山用では緯度・経度のみを表示する小型の受信機使い地図海図照合する方式一般的
一方ユーザー側で地図不備予想される場合自動車携帯電話・スマートフォンなど)には、画面上地図表示するタイプ端末主流

現在のGPSシステムは、アメリカ空軍構築したシステム民間開放されたものである
このため、GPSシステム全体維持管理もほぼ全てアメリカ合衆国内行われている。

開放当初はアメリカの軍事政策上理由(敵に利用されることを防ぐため)から、米軍軍用受信機外で受信すると必ず数十mの誤差生じるように設定されていた。
SA(Selective Availability)」と呼ばれていたこの設定は現在解除されており、2007年にはジョージ・W・ブッシュ大統領当時)とアメリカ国防総省が「今後は恒久的にSA設定行わない旨の大統領決定発表しているが、将来復活しないという保証どこにもない

この状況憂う声もあり、日本ロシアEUなどは独自のGPSシステム構築するための研究開発進めている。

殊に近年2008年以降の全世界的景気後退影響を受けて米軍GPS衛星運用予算削減されている。
これによって老朽化した衛星交換が遅れ、GPSシステム悪影響を及ぼす可能性指摘されている。
このことも、各国でのGPSの代替となる衛星測位システム構築後押ししている。

関連GPS誘導爆弾 ナブスター

位置特定のメカニズム

GPSは以下のようなメカニズム受信機現在位置特定する

  1. 専用人工衛星打ち上げる
    この衛星原子時計内蔵し電波で現在時刻衛星飛行している軌道放送する
    軍用暗号化された高精度信号民生用信号同時に送出される。

  2. 時計内蔵した受信機で、衛星からの電波受信する
    送信から受信までの経過時間から、衛星までの距離を推定する
    光速は常に一定あるため経過時間さえ正確であれば推定距離も必ず正確である
    とはいえ時計精度コンピュータ処理能力による誤差避けられない

  3. 上記2.の処理を、最低3基の人工衛星について同時に行う。
    3ヶ所からの距離が特定出来れば、その条件を満たす所を1点に絞る事ができる。
    数学的にはまだ2点の候補があるが、そのうち1点は必ず大気圏外あるため除外できる。

  4. 受信した情報コンピュータ検証修正する
    時計誤差無視できないほど大きいため、これを修正するためにより多くの情報必要とする
    そこで、受信可能な衛星電波全て受信し信頼性の低い情報切り捨てるなどの演算理を行う。
    どう処理して多少誤差は残るため、最終的な表示位置コンピュータ推定による。

  5. 以上の理によって算定され位置情報コンピュータ利用する
    一般的なGPS端末では緯度・経度表示したり、画面上地図操作したりする。
    ミサイル誘導爆弾無人機などの舵やエンジン操作するためにも用いられる
    無線位置情報発信したり、ネットワーク繋がった別のコンピュータ送信する事もできる。

以上の理を円滑に行うために、受信機の上空に最低3基の衛星存在する必要がある
その状態を地球全域同時に実現する必要があるため、理論上24基の衛星を常に稼動させなければならない
これに加えて精度向上や事故対策老朽化備えた予備必要なため、実際に必要な衛星30を超える

ディファレンシャルGPS

Differential GPS(DGPS).
GPSの測定精度高めるための手法の一つ
緯度・経度標高確定した基地局GPS衛星電波受信し補正情報生成する
受信機自身のGPS情報基地局からの補正情報によって検証し誤差相殺する

日本では海上保安庁全国27ヶ所基地局運用し日本列島近海向けに中波ビーコン送信している。
基地局として静止衛星利用する方式や、既存無線通信利用する方法もある。

GPSにまつわる誤解

日本におけるGPSの代表的な利用例として自動車搭載される「カーナビ」がある。
これに関連して、以下のような話が伝えられている

実態言えば、GPS端末情報無線電波インターネット送信する事は可能であり実際に行われている。
送信され位置情報ハッキング原理的に可能であり実際に行われていないという保証はない
しかし、それをGPS衛星受信する事はない
GPS衛星には内蔵され時計時刻飛行中軌道データ送信する機能しかないためだ。

結局のところカーナビ機能ほとんどはカーナビ自体内蔵されコンピュータ依存している。
なんらかの情報漏洩不備があったとしても、それはやはりカーナビ小さな機械に起因する


GPS

読み方じーぴーえす

Global Positioning Systemの略で、アメリカ合衆国が、航空機船舶等の航法支援用として開発したシステムをいう。上空約2km打ち上げられている24個の位置測定用の人工衛星から発信され電波受信機到達する時間によって位置求めている。測定方法によって以下の四方法に分けられる
単独測位1台受信機測定する方法で、10mの誤差位置決定できる自動車飛行機ナビなどに利用されている
相対測位:2台以上の受信機2点間の相対的な位置関係測定する方法で、リアルタイムではないが、100万分の1(2点間が10km1cm誤差)の精度測定可能である
ディファレンシャルGPSRTK-GPS測位位置わかっている基準局と、求めようとする観測点同時に観測行い基準局観測したデータ無線等で観測点送信しリアルタイム位置求められるディファレンシャルGPS両点での単独測位行い数m、RTKReal Time Kinematicの略でリアルタイム測定)-GPSは両点位相観測行いcm誤差測定可能である
リアルタイム測位システムVRSVirtual Reference Station 仮想基準点)方式ネットワーク型RTK-GPSなどと呼ばれ国土地理院設置した全国1000箇所電子基準点携帯電話等を使って基準点等を精度良く測定するシステムである。

地球測位システム(GPS)

衛星からの電波を使って、位置を測定

自動車現在地知らせカーナビゲーションシステムには、人工衛星利用した「地球測位システム(GPS)」が使われています。これは、地球周り周回している24機の衛星から送られてくる電波利用して位置測定する方法です。元々は、冷戦時代米国国防省軍事目的開発した技術で、衛星から電波発信した時間とその電波受信した時間の差を計算することによって位置割り出ます。しかし、カーナビゲーションなどで一般に使われている電波は、米国国防省他国利用されないようにわざと精度落としており、最大で100m誤差生じてしまいますそのため、衛星からの電波にのみ頼るのではなく他の技術組み合わせることで誤差小さくしています

測位の精度を1,000倍に

また、GPSの精度をさらに上げ技術開発されています。1997年12月に、航空宇宙技術研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))では「リアルタイム・キネマティック」方式という新しく開発され技術使って航空機位置測定する実験成功させています。この方式は、複数のGPS信号のずれを特殊なデータ使って補正し位置測定誤差をわずか数センチにするもので、その精度通常の電波使用したときのおよそ1,000になります。この技術実用化されれば高度な操縦技術必要とされる航空機離着陸おいても自動操縦可能になるしています


グローバル・ポジショニング・システム

(GPS から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/04 19:44 UTC 版)

グローバル・ポジショニング・システム英語: Global Positioning System, Global Positioning Satellite, GPS全地球測位システム)とは、アメリカ合衆国によって運用される衛星測位システム地球上の現在位置を測定するためのシステムのこと)を指す。


注釈

  1. ^ ただし、宇宙空間からの電波を利用するため、電波の受信が著しく困難な、トンネル等の地下空間においては、特別な措置を施していない場合には、著しく受信精度が低下するか、若しくは、受信困難に陥る可能性が高い。
  2. ^ 太陽の見え方が日の出、直上、日没で異なることから理解しやすい
  3. ^ ドップラーシフト値を用いると、0.1 m/s以下の精度で速度計測が得られる。
  4. ^ 他に、カーナビでは移動方位センサ、速度発電機や操舵角(ハンドル)センサ等である程度の補正を行うものがある。
  5. ^ (例えば最寄の料理店を検索し電話を掛けて予約する)
  6. ^ つまり、衛星軌道の変更や閏秒実施通知の受け取りなど、指令電波は受けるが、GPS受信機からの電波を受信できる機能は持っていない。

出典

  1. ^ 準天頂衛星システムの歴史”. JAXA. 2017年4月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年2月20日閲覧。
  2. ^ ディファレンシャルGPSの廃止について (PDF)”. 海上保安庁 (2017年6月30日). 2019年1月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月7日閲覧。
  3. ^ Interface Control Document (ICD 200c)” (英語). U.S. Coast Guard Navigation Center,. 2010年4月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年4月11日閲覧。
  4. ^ 野村清英. “GPSと物理 九州大学理学部物理”. 2011年9月24日閲覧。
  5. ^ GPS without limits” (英語). 2017年9月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年4月7日閲覧。
  6. ^ Why are there altitude and velocity limits for GPS equipment?” (英語). 2017年3月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年4月7日閲覧。
  7. ^ COCOM Limits” (英語). 2016年4月7日閲覧。
  8. ^ Data From the First Week Without Selective Availability” (英語). 2013年5月18日閲覧。 2000年5月2日4時以降は、それまでの最大100mの誤差が10m程度の誤差に改善されている。
  9. ^ “STATEMENT BY THE PRESIDENT REGARDING THE UNITED STATES' DECISION TO STOP DEGRADING GLOBAL POSITIONING SYSTEM ACCURACY” (英語) (プレスリリース), (2000年5月1日), https://clintonwhitehouse4.archives.gov/WH/EOP/OSTP/html/0053_2.html 2013年5月18日閲覧。 
  10. ^ Frequently Asked Questions About Selective Availability - Will SA ever be turned back on?” (英語). 2013年5月18日閲覧。
  11. ^ “Statement by the Press Secretary” (英語) (プレスリリース), (2007年9月18日), http://georgewbush-whitehouse.archives.gov/news/releases/2007/09/20070918-2.html 2013年5月18日閲覧。 
  12. ^ “DoD Permanently Discontinues Procurement Of Global Positioning System Selective Availability” (英語) (プレスリリース), (2007年9月18日), https://archive.defense.gov/releases/release.aspx?releaseid=11335 2013年5月18日閲覧。 
  13. ^ 片岡義明 (2019年3月14日). “GPSの“19.6年問題”、4月7日に「週数ロールオーバー」が発生、古いGPS機器では不具合の可能性も”. INTERNET Watch. 2019年4月20日閲覧。
  14. ^ GPSリセットによる運航への影響発生について”. 日本航空. 2019年4月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月21日閲覧。
  15. ^ A-GPSの概要”. 2011年5月24日閲覧。
  16. ^ 空港への新たな高精度航法(RNAV)の導入に向けて”. 2007年10月4日閲覧。
  17. ^ 東京新聞特報部「太平洋渡るアホウドリ」『東京新聞』2009年(平成21年)10月28日(水曜日)、 24面。
  18. ^ 1979年時点でも、100分の1秒の精度が望ましいとされた。地震学会編、1979、『地震の科学』、保育社
  19. ^ “建設機械にGPSなど「防犯」効果 盗難被害激減”. 神戸新聞. (2011年2月9日). http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0003794636.shtml 2011年2月1日閲覧。 
  20. ^ ココセコム 高齢者を見守る”. 2011年2月10日閲覧。
  21. ^ 毎日新聞2017年2月1日1面・31面
  22. ^ GPS コンパスの性能評価 (PDF)”. 2014年10月12日閲覧。
  23. ^ http://gishop.jp/html/page8.html”. 2014年10月12日閲覧。
  24. ^ 航空機の運航の安全に支障を及ぼすおそれのある電子機器の使用制限について”. 国土交通省航空局. 2016年4月28日閲覧。
  25. ^ “ついに運用が始まった欧州版GPS「ガリレオ」”. http://news.mynavi.jp/articles/2016/12/20/galileo/ 2017年1月21日閲覧。 
  26. ^ India’s PSLV successfully launches the IRNSS-1B spacecraft” (英語). NASA Spaceflight.com (2013年4月3日). 2013年4月13日閲覧。
  27. ^ PSLV-C24 IRNSS-1B Presskit (PDF)” (英語). 2014年11月9日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年2月12日閲覧。
  28. ^ About QZSS” (英語). JAXA. 2012年1月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年2月22日閲覧。
  29. ^ 「みちびき」によるサービス開始について, (日本語), みちびき(準天頂衛星システム), http://qzss.go.jp/overview/information/qzss_181101.html 2018年11月29日閲覧。 


「グローバル・ポジショニング・システム」の続きの解説一覧

GPS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/23 16:53 UTC 版)

地殻変動」の記事における「GPS」の解説

国土地理院による電子基準点設置後は、地殻変動観測代表的な手法となっている。連続してデータ収集できる、基準点設置後維持観測にかかる費用少ないなどの利点がある。また地震直後余効変動調査では、一時的に多数のGPS受信機設置して観測を行う「キャンペーン観測」がさかんに行われている。ただし鉛直成分観測では水準測量に対して精度が劣るため、現在も両者併用されている場合もある。GPS測量およびグローバル・ポジショニング・システムを参照

※この「GPS」の解説は、「地殻変動」の解説の一部です。
「GPS」を含む「地殻変動」の記事については、「地殻変動」の概要を参照ください。


GPS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 16:13 UTC 版)

衛星測位システム」の記事における「GPS」の解説

詳細は「グローバル・ポジショニング・システムを参照 アメリカ合衆国グローバル・ポジショニング・システム (GPS) は、最大32機の6種類異な軌道平面中地軌道衛星によって構成される1978年から運用され1994年全地球上で常時使用できるようになった。GPSは、2010年代までは世界中で最も普及している衛星航法システムであり、マルチGNSS採用した利用者受信機でも、"GPS"が衛星測位システム代名詞的総称される場合もある。

※この「GPS」の解説は、「衛星測位システム」の解説の一部です。
「GPS」を含む「衛星測位システム」の記事については、「衛星測位システム」の概要を参照ください。


GPS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/15 17:02 UTC 版)

ファイアーウーマン纏組」の記事における「GPS」の解説

Gal Positioning System の略で、女の子の場所を把握するための装置学園内は非常に広いため、これで女の子居場所探してそこへ向かうことがイベント発生への早道となっている。トラブル発生している場合にはその場所強調して表示される。 GPSは保健室戻ることによっていつでも利用できる

※この「GPS」の解説は、「ファイアーウーマン纏組」の解説の一部です。
「GPS」を含む「ファイアーウーマン纏組」の記事については、「ファイアーウーマン纏組」の概要を参照ください。


GPS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 12:18 UTC 版)

相対性理論」の記事における「GPS」の解説

GPSは原子時計使用しているが、衛星搭載され時計重力による時空のゆがみによって地上との時間の流れわずかな差生じる。それを補正するため一般相対性理論使用されている

※この「GPS」の解説は、「相対性理論」の解説の一部です。
「GPS」を含む「相対性理論」の記事については、「相対性理論」の概要を参照ください。


GPS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/22 09:22 UTC 版)

宇宙型測位政策」の記事における「GPS」の解説

GPSの M-code を含む全信号使用する

※この「GPS」の解説は、「宇宙型測位政策」の解説の一部です。
「GPS」を含む「宇宙型測位政策」の記事については、「宇宙型測位政策」の概要を参照ください。


GPS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 04:51 UTC 版)

Dr.STONE」の記事における「GPS」の解説

海上での正確な位置を知るために制作海上でのテスト最中ホワイマンからの通信入り状況一変する

※この「GPS」の解説は、「Dr.STONE」の解説の一部です。
「GPS」を含む「Dr.STONE」の記事については、「Dr.STONE」の概要を参照ください。


GPS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/04 08:43 UTC 版)

迷子」の記事における「GPS」の解説

近年では子供にGPS端末、あるいはGPS機能を持つ携帯電話持たせることも多い。必要なときにいつでも子供所在確認できるため、迷子のほか、連れ去り事件など懸念する親が持たせることが多い。

※この「GPS」の解説は、「迷子」の解説の一部です。
「GPS」を含む「迷子」の記事については、「迷子」の概要を参照ください。


GPS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 15:07 UTC 版)

SoftBank X02NK」の記事における「GPS」の解説

GPS機能搭載しているが、ソフトバンク標準サービスとして提供しているS!GPSナビ」は使用できない代わりにNAVITIME for Smartphone利用して現在地確認目的地までの最適ルート到着予定時刻検索などが可能。Nokia Maps利用してGPS機能利用し現在位置測定はできるが、日本国内向け詳細な地図データがまだ充実していないため大まかな地図しか利用できず、実質的には海外での利用前提となる(2008年5月12日現在)。その他、Google マップMobile GMaps などサードパーティによる様々なSymbian用GPSアプリケーション活用することができ、S!GPSが利用できない分をカバーできる。

※この「GPS」の解説は、「SoftBank X02NK」の解説の一部です。
「GPS」を含む「SoftBank X02NK」の記事については、「SoftBank X02NK」の概要を参照ください。


GPS (Global Positioning System)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/12 09:52 UTC 版)

閏秒」の記事における「GPS (Global Positioning System)」の解説

GPSは衛星航法使われるシステムである。GPSのシステム時刻GPS時刻呼ばれるGPS衛星搭載され原子時計は、地上からの指令GPS時刻に合うよう校正される。GPS受信機は、複数GPS衛星から受信地点まで電波届いた時間計測して衛星受信地点の距離を求め、それから計算受信座標および高精度時刻を得る。 GPS時刻は、1980年1月6日時点ではUTC同一したがっTAI - 19秒)であったその後UTC閏秒挿入されても、TAIと同様GPS時刻修正されていないしたがっGPS時刻UTCに比べ、このとき以降挿入され閏秒実施回数秒だけ進んでいる前述のように、GPS受信機高精度時刻得ているため、基準時計として利用されることが多い。GPS衛星送信するブロードキャストメッセージには、UTCGPS時刻の差(閏秒実施回数)が含まれており、GPS受信機は、閏秒の分を修正してUTC出力している。

※この「GPS (Global Positioning System)」の解説は、「閏秒」の解説の一部です。
「GPS (Global Positioning System)」を含む「閏秒」の記事については、「閏秒」の概要を参照ください。


GPS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/02 04:36 UTC 版)

航空航法」の記事における「GPS」の解説

全世界を有効範囲とする衛星利用した精密衛星航法システムであり、アメリカ国防総省中心となり開発された。 基本概念地球周回する24個の衛星から4個以上の衛星選択し信号受信することによりおのおのの衛星から距離を知ることができ、三次元の位置を得ることが可能というものである。 GPSの利用により航空機離陸から着陸まで単一の航法援助装置飛行でき、また得られる位置精度速度精度のよさから航路上の航空機機数増加させる計画(FANS(CNS-ATM)計画)が進められている。 詳細は「グローバル・ポジショニング・システムを参照衛星測位システム」、「GLONASS」、「ガリレオ (測位システム)」、および「北斗衛星導航系統」も参照

※この「GPS」の解説は、「航空航法」の解説の一部です。
「GPS」を含む「航空航法」の記事については、「航空航法」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「GPS」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「GPS」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



GPSと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



GPSのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2022 時事用語のABC All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリGPSの記事を利用しております。
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ヤマハ発動機ヤマハ発動機
COPYRIGHT © 2022 YAMAHA MOTOR CO., LTD. All Rights Reserved.
ヤマハ発動機バイク用語辞典
国土交通省 道路局 ITS推進室国土交通省 道路局 ITS推進室
All Rights Reserved, Copyright © 2022 Ministry of Land, Infrastructure and Transport
かんこうかんこう
2022 (C) KANKO All Rights Reserved.
JAXAJAXA
Copyright 2022 Japan Aerospace Exploration Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのグローバル・ポジショニング・システム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの地殻変動 (改訂履歴)、衛星測位システム (改訂履歴)、ファイアーウーマン纏組 (改訂履歴)、相対性理論 (改訂履歴)、宇宙型測位政策 (改訂履歴)、Dr.STONE (改訂履歴)、迷子 (改訂履歴)、SoftBank X02NK (改訂履歴)、閏秒 (改訂履歴)、航空航法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS