感震計とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 計測 > > 感震計の意味・解説 

感震計

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/04 10:46 UTC 版)

感震計(かんしんけい)とは、防災装置の一種。地震加速度を検出し、加速度が一定値(5ガル気象庁震度階級での震度5弱相当など機種によって違う)を超えると、警報または制御信号を発する。停電後も8秒間程度は監視を継続するものがある。その地震波をICメモリに記録するものもある。水平方向、垂直方向の各方向専用のものがある。また、施設内に感震計を設置し、工場設備などの燃料供給の感震遮断を行うものや、ブレーカーと連動し施設内の電源供給の感震遮断を行うものがある。






「感震計」の続きの解説一覧





感震計と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「感震計」の関連用語

感震計のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



感震計のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの感震計 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS