警報とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 気象 > 気象 > 警報 > 警報の意味・解説 

けい‐ほう【警報】

読み方:けいほう

災害・危険が迫ったことを伝えて注意準備人々促すこと。また、その知らせ。「洪水—が出る」「—が解除される」→気象警報


警報―放射能!


警報

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/23 03:31 UTC 版)

警報(けいほう)とは、これから起こりうること、あるいは行ってしまったことに対する結果を告げることの1形態である。似たような言葉に警告があるが警報は対象者が不特定多数あるいは広範囲におよぶことである。その性質上、警報は警告よりも甚大な影響を招く場合に発せられる。


  1. ^ “政府 初の電力需給ひっ迫警報 東京電力管内 電力不足のおそれ”. NHKニュース. (2022年3月21日). オリジナルの2022年3月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220321135356/https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220321/k10013544561000.html 2022年3月21日閲覧。 
  2. ^ a b “経産省、初の電力需給逼迫警報 22日の東電管内”. 産経ニュース. (2022年3月21日). オリジナルの2022年3月21日時点におけるアーカイブ。. https://archive.today/20220321132838/https://www.sankei.com/article/20220321-7BF3RBYBWJMJLPWOZLKX2RV4LI/ 2022年3月21日閲覧。 
  3. ^ 平成22年度エネルギーに関する年次報告(エネルギー白書2011)”. 資源エネルギー庁. p. 18 (2011年10月28日). 2014年6月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月21日閲覧。


「警報」の続きの解説一覧

警報(Warning)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 03:28 UTC 版)

対地接近警報装置」の記事における「警報(Warning)」の解説

Pull Up=機首上げろGPWSによっては、この音声直前警報音("Whoop"と表される)が2度鳴動するToo Low Terrain=高度が低すぎる、地表接近 Too Low Gear=高度が低すぎる、ギア降りていない Too Low Flaps=高度が低すぎる、フラップ出ていない Glide Slope=グライドスロープ信号より低い。この音声他の警報と違い音量半分になっている。 Don't Sink=降下するな。離陸後の降下などで鳴る。 Sink Rate=降下率大きい。

※この「警報(Warning)」の解説は、「対地接近警報装置」の解説の一部です。
「警報(Warning)」を含む「対地接近警報装置」の記事については、「対地接近警報装置」の概要を参照ください。


警報

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 14:45 UTC 版)

神機世界エヴォリューション」の記事における「警報」の解説

サイレン鳴りモンスター見つかりやすくなる

※この「警報」の解説は、「神機世界エヴォリューション」の解説の一部です。
「警報」を含む「神機世界エヴォリューション」の記事については、「神機世界エヴォリューション」の概要を参照ください。


警報

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/11 15:27 UTC 版)

防災気象情報」の記事における「警報」の解説

海上警報 - 気象現象によって災害起こ恐れがある場合具体的に数値基準にすでに達した24時間以内達すると予想される時に発表される日本近海3040区切った海域単位台風暴風強風、風、うねり、着氷濃霧の各警報。防災気象情報ページでは示されないが、このほか火山現象噴火など)や津波の警報がある。

※この「警報」の解説は、「防災気象情報」の解説の一部です。
「警報」を含む「防災気象情報」の記事については、「防災気象情報」の概要を参照ください。


警報

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/11 15:27 UTC 版)

防災気象情報」の記事における「警報」の解説

噴火警報 - 火山噴火により生命に危険を及ぼすような災害起こ恐れがある場合発表居住地域にまで影響及ぼさない噴火警報火口周辺)」と、居住地域影響を及ぼす噴火警報居住地域)」の2種類海底火山の場合は周辺海域影響を及ぼす噴火警報周辺海域)」の1種類がある。噴火警戒レベル対象火山ではこれと連動している

※この「警報」の解説は、「防災気象情報」の解説の一部です。
「警報」を含む「防災気象情報」の記事については、「防災気象情報」の概要を参照ください。


警報

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/25 09:07 UTC 版)

航空路火山灰情報センター」の記事における「警報」の解説

火山灰探知されると、VAACはそれに関する入手可能全ての情報集めた後、コンピュータ・モデルを用いて航空機利用する様々なフライトレベルでの火山灰進路予測するその後VAACはIAVWの手順書に定められた通りに航空関係機関および気象官署に対して警告を発する。この警告は、航空路火山灰情報 (Volcanic Ash Advisory) の形式発表される警告では次のような情報提供される: 火山の名称、国、火山位置噴火口標高情報源(例:衛星またはパイロットの観測)、噴火日時 (UTC) を含む噴火詳細フライトレベル大きさを含む火山灰詳細火山灰現在の動き詳細6時間先・12時間先・18時先の動き予報

※この「警報」の解説は、「航空路火山灰情報センター」の解説の一部です。
「警報」を含む「航空路火山灰情報センター」の記事については、「航空路火山灰情報センター」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「警報」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

警報

出典:『Wiktionary』 (2021/08/16 04:23 UTC 版)

名詞

 けいほう

  1. 用心うながすためのしらせ

発音(?)

け↗ーほう

関連語


「警報」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



警報と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

警報のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



警報のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
気象庁気象庁
©2022 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
なお、「気象庁 予報用語」には、気象庁の「気象庁が天気予報等で用いる予報用語」に掲載されている2009年11月現在の情報から引用しております。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの警報 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの対地接近警報装置 (改訂履歴)、神機世界エヴォリューション (改訂履歴)、防災気象情報 (改訂履歴)、航空路火山灰情報センター (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの警報 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS