浸水とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 浸水 > 浸水の意味・解説 

しん‐すい【浸水】

読み方:しんすい

[名](スル)水につかること。入り込むこと。「台風で家が―する」「床上―」


浸水

分野
洪水に関する用語
意味:
ものがひたったり、入りこむこと。
用例
床下浸水低地の浸水。

【浸水】(しんすい)

船や建造物内部に大量の入り込み、その区画利用不能になる事。
主たる原因大雨津波洪水などによるが、水道管などの不備によって発生する場合もある。

艦艇の浸水

船は当然ながら水中浮いており、水面触れている部分外壁損傷すれば、穴や亀裂から入り込んで浸水する
主な原因船体自体老朽化、船同士氷山岩礁などとの激突砲弾命中水雷魚雷機雷・爆雷)、対艦ミサイル弾頭炸裂などである。
戦闘想定していない民間船では、小銃弾拳銃弾命中しても浸水が発生し得る。
また、大波によって船体捻じ曲げられ破損したり、海水かぶったり転覆したりした際に甲板開口部から浸水する事もある

船が浸水すれば当然ながら沈没危険がある(というより、船内全空間浸水した状態を指して沈没と呼ぶ)。
とはいえ、浸水は穴や亀裂から徐々に発生するので、掻き出しつつ穴を塞ぐか、浸水部分密封する事で沈没を防ぐ事ができる。
現在の大型船底部二重構造になっており、また船内区画ごとに密閉できるように設計されている。
ただし、潜水艦深海浸水すると、外壁亀裂沿いに引き裂くほどの水圧がかかるため、どんな小さな浸水原因で致命的になりうる。

沈没免れた場合でも、浸水区画内の事実上の積荷となって艦艇速度低下させる
また、船の一部のみが浸水すると、重量左右または前後偏って転覆事故起しやすくなる

関連ダメージコントロール


浸水

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/20 01:35 UTC 版)

浸水(しんすい)とは、住居や船舶などが水に浸ること。




「浸水」の続きの解説一覧

浸水

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/01 09:48 UTC 版)

水域 (漫画)」の記事における「浸水」の解説

千波夢の澄夫という名前が気になり、和澄夫妻は一人暮らし清子訪ねる清子夢のがあのに似ていると話しただけであった。和澄も千波のことも竜巳のこともまだ話していない。

※この「浸水」の解説は、「水域 (漫画)」の解説の一部です。
「浸水」を含む「水域 (漫画)」の記事については、「水域 (漫画)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「浸水」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「浸水」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



浸水と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「浸水」の関連用語

浸水のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



浸水のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
気象庁気象庁
©2022 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
なお、「気象庁 予報用語」には、気象庁の「気象庁が天気予報等で用いる予報用語」に掲載されている2009年11月現在の情報から引用しております。
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの浸水 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの水域 (漫画) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS