船内とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > > 船内の意味・解説 

せん‐ない【船内】

読み方:せんない

船の中船中


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/02 09:01 UTC 版)

「びすば」の記事における「船内」の解説

船室2等モノクラスであった九州となってからは自動販売機設置されていた。 改造中の本船 船尾より右舷船尾より左舷

※この「船内」の解説は、「びすば」の解説の一部です。
「船内」を含む「びすば」の記事については、「びすば」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/15 05:18 UTC 版)

だいせつ」の記事における「船内」の解説

トラック搭載能力重視した船型ながら、2層建て展望室和風レストラン当時としては比較珍し展望浴室など旅客設備充実していた。船室設備データ東日本フェリー「ばるな」時代ものである

※この「船内」の解説は、「だいせつ」の解説の一部です。
「船内」を含む「だいせつ」の記事については、「だいせつ」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/15 05:06 UTC 版)

あるびれお」の記事における「船内」の解説

就航当初は、ステラ・コンパニオンという女性アテンダント乗船していた。また、供食サービス銀座コックドールとの提携提供されていた。

※この「船内」の解説は、「あるびれお」の解説の一部です。
「船内」を含む「あるびれお」の記事については、「あるびれお」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/21 14:17 UTC 版)

さんふらわあ あいぼり」の記事における「船内」の解説

船体7層構造で、上方からコンパス甲板航海船橋甲板E・F・GH・I甲板呼称されており、航海船橋甲板操舵室および乗組員居住区E・F甲板客室区画G・H甲板車両搭載区画、I甲板機関室となっている。 船室タイプの一覧タイプクラス定員設備個室 デラックス 2名 ユニットバスシャワートイレ洗面台テレビ冷蔵庫 デラックスシングル 1名 ユニットバスシャワートイレ洗面台テレビ冷蔵庫 ファースト 4名 洗面台テレビ スタンダード 2名/1名 二段ベッド洗面台テレビ付き、窓なし ドライバールーム ドライバールーム 1名 窓なし 寝台 ツーリストベッド(個室) 4名 二段ベッドテレビ ツーリストベッド 8名/12名 二段ベッド 大部屋 ツーリスト テレビ電源コンセント共用

※この「船内」の解説は、「さんふらわあ あいぼり」の解説の一部です。
「船内」を含む「さんふらわあ あいぼり」の記事については、「さんふらわあ あいぼり」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/21 14:17 UTC 版)

さんふらわあ こばると」の記事における「船内」の解説

船体7層構造で、上方からコンパス甲板航海船橋甲板E・F・GH・I甲板呼称されており、航海船橋甲板操舵室および乗組員居住区E・F甲板客室区画G・H甲板車両搭載区画、I甲板機関室となっている。 船室タイプの一覧タイプクラス定員設備個室 デラックス 2名 ユニットバスシャワートイレ洗面台テレビ冷蔵庫 デラックスシングル 1名 ユニットバスシャワートイレ洗面台テレビ冷蔵庫 ファースト 4名 洗面台テレビ スタンダード 2名/1名 二段ベッド洗面台テレビ付き、窓なし ドライバールーム ドライバールーム 1名 窓なし 寝台 ツーリストベッド(個室) 4名 二段ベッドテレビ ツーリストベッド 8名/12名 二段ベッド 大部屋 ツーリスト テレビ電源コンセント共用

※この「船内」の解説は、「さんふらわあ こばると」の解説の一部です。
「船内」を含む「さんふらわあ こばると」の記事については、「さんふらわあ こばると」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/17 08:52 UTC 版)

あるなする」の記事における「船内」の解説

船内は「明るさ」「若さ」「清潔さ」を基調に「ロマンチシズム」を加味し親しみやすくかつ気品格調あるものとし、若年層主な対象としつつ中高年層にも好感与えるように配慮された。 Aデッキ遊歩甲板ロビー - 前壁国府宮はだか祭りレリーフ設け周囲鏡張りとした。 シーラウンジ 日光浴場 ゴルフバッティングコーナー デッキチェア ビアガーデン Bデッキ 貴賓室 特等室(和室洋室1等室(和室洋室) メインロビー - 前壁長良川鵜飼レリーフ後壁電光式の航路表示板設けた展示室 - 自動車等大型製品展示可能とした。 浴場 - 売店 案内所 スナックバー - 木目基調とした重厚な内装とし夜はバー、朝は軽食サービス行ったレストラン - 白と赤を基調明るく清潔で機能的なものとした。 グリルあるなする」 - サクラ材の家具造作等で高級かつ気品ある落ち着いたものとした。 ゲームコーナー Cデッキ ロビー - 伊勢田植祭りのレリーフ前壁設けた2等室 特2等室 上甲板 2等ドライバーロビー 浴場

※この「船内」の解説は、「あるなする」の解説の一部です。
「船内」を含む「あるなする」の記事については、「あるなする」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/30 09:13 UTC 版)

第一セントラル」の記事における「船内」の解説

貨物輸送重点としつつレジャーに対する配慮図った旅客設備施されており、通路広く客室わかりやすく配置し内装セントラルフェリーイメージカラーであるブルー基調シンプルなデザインとした。 船室 特等室(2室 4名) 一等室(6名×9室 54名) 二等室(416名) ドライバー室(80名) 公室 エントランス - 種々の色彩金属材でシンプルにまとめ、中央装飾壁に船内配置モチーフとしたガラスタイル配した売店 案内所 ゲームコーナー レストラン - 暖色系を基調明るくゆったりとした印象とした。 ラウンジ - 船尾部神戸夜景モチーフとしたレリーフ施したバー - ブラックイエロー基調金属アクセントをつけた。 車両甲板 上部車両甲板トラック52台 下車両甲板トラック59台 艙内車甲板乗用車15台・トラック6台

※この「船内」の解説は、「第一セントラル」の解説の一部です。
「船内」を含む「第一セントラル」の記事については、「第一セントラル」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/24 05:28 UTC 版)

さんふらわあ (初代)」の記事における「船内」の解説

当初の船内は「太陽と緑、そして紺碧の海と青」を基本モチーフに寄港地自然美借景として融和するよう自然の重量感上品で落ち着いた雰囲気インテリアとした。また、客室3分の2個室または寝台残り3分の1大部屋とした。 4階 ディスコ「スターダストホール」(大洋フェリー時代以降関西汽船時代はムーンライトラウンジ) グリルレストラン「サンバレー」(関西汽船時代は「フランス料理レストラン グリル・ド・セゾン」) スカイルーム「スターライトプラザ」(関西汽船時代2等和室関西汽船時代3階2等B室(和室120名 大フェリー時代は「エコノミー(和)」、関西汽船時代は「2等」) 1等D室和室13×2室) - 結婚式場としての使用も可。大洋フェリー時代は「1等客室(和)」 特等室(2名×18大洋フェリー時代左舷側を和室化、・右舷側に特等客室」、関西汽船時代は「特等A」) 貴賓室(2名 大フェリー時代は「特別室」、関西汽船時代は「デラックスルーム」) 売店 ゲームルーム大洋フェリー時代は「麻雀ルーム」) ゴーゴーホール「テンプテーションプラザ」 - 金張り天井回転ランプなど配した。(関西汽船時代は「ゲームコーナー」) 1等客用バー - ラウンジ隣接 バーさんふらわあビュッフェ(2箇所居酒屋 子供ラウンジ - 透明アクリルボード等を用い格調高い雰囲気とした。 レストランシアターエメラルド」 サニーガーデン プール - 大型プール子供用プール分けて運用1979年改装でサニーガーデン併合室内化し「スターライトプール」となる。 2階 2等和室エコノミー」(468名 大フェリー時代は「エコノミー(和)」、関西汽船時代は「2等」) 特2等A室(洋室、4名×39大洋フェリー時代は「エコノミー(洋)」、関西汽船時代は「2等寝台A」) 1等A室(和洋室7名×22大洋フェリー時代は「1等客室」、関西汽船時代は「特等B」) 1等B室(洋室5名×26大洋フェリー時代は「グリーン」、関西汽船時代は「グリーン寝台」) 1等C室(和室8名×4室 大洋フェリー関西汽船時代は「1等客室」) インフォメーション 浴室 ドライバーズルーム大洋フェリー時代以降車両甲板 1階トラック甲板大型トラック100台) 地下1階乗用車甲板乗用車200台) 地下2階 2等客用大浴場サウナ「マリンサウナ」

※この「船内」の解説は、「さんふらわあ (初代)」の解説の一部です。
「船内」を含む「さんふらわあ (初代)」の記事については、「さんふらわあ (初代)」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/23 05:49 UTC 版)

ゆふ丸」の記事における「船内」の解説

船内は「人間尊重若い世代アピールするデザイン」を基本方針とした。

※この「船内」の解説は、「ゆふ丸」の解説の一部です。
「船内」を含む「ゆふ丸」の記事については、「ゆふ丸」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/12 06:33 UTC 版)

いしかり (フェリー・3代)」の記事における「船内」の解説

太平洋フェリー所有の各船はデザインコンセプト定められているが、本船は「エーゲ海輝き」をデザインコンセプトしており、船内は青と白基調としたデザインとなっている。船室には、エーゲ海島々の名前がつけられており、船内に配置された美術品ギリシア関連するものとなっている。 先代比較して個室大幅に増やされB寝台階段互い違いに配置するなど、プライベートスペース確保重視した作りとなっている。また、バリアフリー対応として、1等洋室、S寝台車椅子対応の客室設けられ、船内の廊下等も車椅子での利用前提として設計されている。バリアフリー対応エレベーター設置により、車両甲板から客室公室遊歩甲板までフラットに移動可能で車椅子対応多目的トイレ設置されている。

※この「船内」の解説は、「いしかり (フェリー・3代)」の解説の一部です。
「船内」を含む「いしかり (フェリー・3代)」の記事については、「いしかり (フェリー・3代)」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/01/27 09:34 UTC 版)

ルーシ (貨客船)」の記事における「船内」の解説

船体塗装変更される前のルーシ」。(伏木港にて2006年撮影ソ連時代の「ルーシ」(神戸港にて1991年撮影) 船内は6段デッキ客室114室、カテゴリー1A以外は二段ベッドである。最もエコノミークラスでも船室内にシャワートイレ備わる。テレビ付き部屋もありロシア衛星放送受信できる伏木への就航当時はポップミュージックバンド、歌手俳優などのショー航海中にサロン行われた国内フェリー貨物輸送主体なのに対し本船貨物船性格強く帯びてはいるものの、オープンスペース、特に飲食関係が充実していた。食事開始前その旨アナウンスがあったが、ロシア語と英語が主で日本語アナウンス日本人乗船以外にはされないことが多く、あっても聞き取りづらいことがあった。食事の時間決まっており、時間外食堂閉鎖されたまた、乗船初日ウェイター案内された席が下船までの席となった食事時間メニューは一航海分がロシア語と英語で食堂前に張り出されていた。 食堂以外にバービュッフェがあり、アルコール類軽食供された。決済にはUSドルが主に使用された。その他、ロビー左舷表側免税店があったが、営業時間短く商品少なかった日本の菓子類、カップ麺タオル等の雑貨品販売された。 就航当時はロシア側の乗客大部分占め、さらにその多くが日本の中古車輸入する業者であったため、伏木からウラジオストク向かう便は露天甲板上やプール内にまで車を積載していた。また特に荷物が多いときにはロビーブルーシート敷きこみ、タイヤバンパー他大型のパーツ山積みにすることもあった。一方ウラジオストクから伏木向かう便は貨物それほど多くなかった上記の通り規制による輸入業者利用減少航路休止つながった

※この「船内」の解説は、「ルーシ (貨客船)」の解説の一部です。
「船内」を含む「ルーシ (貨客船)」の記事については、「ルーシ (貨客船)」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/04 13:15 UTC 版)

シルバークイーン (初代)」の記事における「船内」の解説

船内は暖色インテリア中心に豪華な客船同様のロビー等を配した公室 レストラン スナック ゲームコーナー

※この「船内」の解説は、「シルバークイーン (初代)」の解説の一部です。
「船内」を含む「シルバークイーン (初代)」の記事については、「シルバークイーン (初代)」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/01/08 08:50 UTC 版)

フェリーこうち」の記事における「船内」の解説

車両甲板キャビン甲板間にエレベーター備え身障者対応トイレ設置旅客区画内の段差極力減らすなど、バリアフリー配慮した設計となっている。

※この「船内」の解説は、「フェリーこうち」の解説の一部です。
「船内」を含む「フェリーこうち」の記事については、「フェリーこうち」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/04 18:41 UTC 版)

まりん・あわじ」の記事における「船内」の解説

1F船室定員150名)となっており、船尾デッキ自転車20台、125cc以下小型バイク8台を搭載可能である2F前方ブリッジ後方デッキ定員30名)となっている。 1F後方に車いす固定スペース(2台分)、男女兼用身障者トイレ洋式温水洗浄便座つき、ベビーベッドつき)と女性専用トイレ1F船室内にAED備えられている。 1F船室座席の各壁面モバイル機器充電用のAC100Vコンセント備えられている。 乗降口付近に取り付けられ銘板1階客室内(乗船より前方)。 前方設置され大型液晶テレビ。 各座席壁面設置されモバイル機器コンセント車椅子固定スペース客室備えられAED客室後方に設けられトイレ(左が多目的、右が女性用)。 バリアフリー多目的トイレバイク・自転車固定スペースオレンジ色125cc以下バイク用、8台分)。 2階甲板部客席甲板後方に描かれ淡路市マスコット「あわ神・あわ姫」のイラスト操舵室

※この「船内」の解説は、「まりん・あわじ」の解説の一部です。
「船内」を含む「まりん・あわじ」の記事については、「まりん・あわじ」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/13 16:14 UTC 版)

コスタ・アレグラ」の記事における「船内」の解説

船体8層構造で各デッキには印象派画家の名前が付けられていた。船体中央3層吹き抜けアトリウムとなっており、船内で芸術作品見ることができた。 399室の客室スイート13室、バルコニー客室10室) 3つのレストラン6つバー ジャグジーと、子供用プールを含むプール2つ カラカラ・スパ: ウエルネス・センターとジムサウナ ジョギングトラック(露天甲板シアターカジノディスコ

※この「船内」の解説は、「コスタ・アレグラ」の解説の一部です。
「船内」を含む「コスタ・アレグラ」の記事については、「コスタ・アレグラ」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/18 09:50 UTC 版)

ははじま丸 (初代)」の記事における「船内」の解説

短時間航路あるため旅客向けの設備洗面所および便所のみで、供食設備など設けられていない

※この「船内」の解説は、「ははじま丸 (初代)」の解説の一部です。
「船内」を含む「ははじま丸 (初代)」の記事については、「ははじま丸 (初代)」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/18 09:50 UTC 版)

ははじま丸 (2代)」の記事における「船内」の解説

1等客室2等客室がある。横揺れ防止フィンスタビライザー装着している。

※この「船内」の解説は、「ははじま丸 (2代)」の解説の一部です。
「船内」を含む「ははじま丸 (2代)」の記事については、「ははじま丸 (2代)」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/22 08:30 UTC 版)

ヴィクトリアI (フェリー)」の記事における「船内」の解説

客室740室、ベッドは、2254ある。 スイート海側デラックス海側Aクラス海側Bクラス内側

※この「船内」の解説は、「ヴィクトリアI (フェリー)」の解説の一部です。
「船内」を含む「ヴィクトリアI (フェリー)」の記事については、「ヴィクトリアI (フェリー)」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/02 00:08 UTC 版)

すいせん (フェリー・初代)」の記事における「船内」の解説

船体6層構造上部から羅針儀船橋甲板航海船橋甲板、A甲板、B甲板、C甲板、D甲板第2甲板タンクトップとなっている。航海船橋甲板、A甲板、B甲板旅客区画および乗組員区画、C甲板とD甲板車両積載区画で、D甲板下の階層に機関室設けられている。ランプウェイは、C甲板およびD甲板右舷船尾に各1箇所、D甲板船尾中央に1箇所装備しているインテリアは「光」を基調とし、採光多く取り入れて乗客が光を五感実感できるものとした。

※この「船内」の解説は、「すいせん (フェリー・初代)」の解説の一部です。
「船内」を含む「すいせん (フェリー・初代)」の記事については、「すいせん (フェリー・初代)」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/27 17:51 UTC 版)

はまゆう (関釜フェリー)」の記事における「船内」の解説

前船比較して船体大型化したが、旅客定員変わらず特別室特等室が新たに設けられパブリックスペース充実された。

※この「船内」の解説は、「はまゆう (関釜フェリー)」の解説の一部です。
「船内」を含む「はまゆう (関釜フェリー)」の記事については、「はまゆう (関釜フェリー)」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/27 13:51 UTC 版)

おがさわら丸 (初代)」の記事における「船内」の解説

1等室はカプセルホテルのようなベッドのある2人室で、船内でレンタルビデオサービスを行っていた。2等室のうち、ゆれやすい船体下部船室は、閑散期娯楽室として使用されていた。

※この「船内」の解説は、「おがさわら丸 (初代)」の解説の一部です。
「船内」を含む「おがさわら丸 (初代)」の記事については、「おがさわら丸 (初代)」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/02 08:55 UTC 版)

おれんじ えひめ」の記事における「船内」の解説

客室は「動く海上ホテル」をコンセプトに、相部屋敬遠され上位客室から先に埋ま情勢勘案し大部屋設けず日本のフェリーでは初め全室個室とした。またデラックスシングル客室には自転車利用客対象自分の自転車直接持ち込める「マイバイクステイサービス」も導入された。 車両甲板モーダルシフトによるトラック需要の増加見据えて旧船「おれんじ7」「おれんじ8」よりトラック積載量3割増加させ、従来139台から160台とした。 6階 展望室スカイラウンジ5階 特別室ロイヤルA」(2名×2ツインベッド特等A個室スイート洋室(2名×24室) 和室(4名×5室) 和洋室(2名×5室) withペット(2名×1室) 1等室「デラックスシングルwithペット」(1名×1室) 2等寝台シングル」(1名×14室×8区画) 展望浴室 シャワー室 ゲームコーナー ペットルーム フォワードラウンジ(特別・特等利用者専用4階 特別室ロイヤルB」(2名×2ダブルベッド特等A個室スイート」(2名×2バリアフリー1等個室デラックスシングル通常室:49バリアフリー室:1名 内側8室・外側9室) 2等寝台シングル(1名 185区画、2室1区画) シングルプラス(2段ベッド 182区画) シングルドライバールーム(1名 103区画、9室2区画、8室1区画、5名1区画、予備室6名1区画) レストラン インフォメーション キッズスペース ドライバーレストラン ドライバー浴室

※この「船内」の解説は、「おれんじ えひめ」の解説の一部です。
「船内」を含む「おれんじ えひめ」の記事については、「おれんじ えひめ」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 02:45 UTC 版)

きたかみ (フェリー・2代)」の記事における「船内」の解説

7デッキ特等室(洋室6室・和室2室) 1等フォース:6室 クロスツイン:7室 B寝台8区画) レストラングリーンプラネット」 - 「地球」のイメージ木漏れ日イメージした照明などを配するロビー - 「三日月」モチーフとしたテーブル「クレセントテーブル」等を配する不定期にピアノ演奏実施展望通路プロムナード」 - 夜間窓際壁面プロジェクションマッピング投影が行われる。 6デッキ特等室(和室2室) 1等室クロスツイン:9室 ウィズペット:2室 バリアフリー:1室 エコノミーシングル(8区画) B寝台1区画) C寝台2区画) 展望大浴場 - 「天空」のイメージで白を基調とした内装モチーフとした浴槽配するシャワー室 エントランスホール - 「宇宙船」のイメージで白を基調とした内装配し中央階段では宇宙テーマとしたプロジェクションマッピング投影を行う。 キッズエリアキッズキャビン - 中央階段下設置ゲーム映像プロジェクションマッピング投影。 テレビコーナー ショップコーナー インフォメーション ドライバー室(6区画) ドライバー浴室 ドライバーサロン ペットテラス ペットルーム デッキ5-4トラック甲板デッキ5:12mトラック80台・8.5mトラック2台 デッキ4:12mトラック84デッキ3-1乗用車甲板デッキ3:52デッキ2:46デッキ1:48

※この「船内」の解説は、「きたかみ (フェリー・2代)」の解説の一部です。
「船内」を含む「きたかみ (フェリー・2代)」の記事については、「きたかみ (フェリー・2代)」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/02 08:47 UTC 版)

さんふらわあ さっぽろ」の記事における「船内」の解説

詳細は「さんふらわあ ふらの#船内」を参照 さんふらわあ ふらの2代)の同型船である。プライバシーをより重視した客室構成とされ、定員約半分個室となったほか、コンフォートとして階段式のカプセル寝台導入された。スイートプレミアムへの専用バルコニー設置スーペリアへのシャワー・トイレ設置など客室設備充実図られている。船内はバリアフリー対応となっており、エレベーター設備強化されバリアフリー対応客室設けられた。 船室 船室タイプの一覧クラス部屋数定員設備スイート 2-3名×1室 3名 専用バルコニーバストイレテレビ プレミアム 2-3名×2060専用バルコニーバストイレテレビ、バリアフリータイプ1室(専用バルコニーなし) スーペリア 2-3名×50室4名×18222シャワートイレテレビ スーペリア ウィズペット 2-4×2室 8名 シャワートイレテレビ、ドックラン コンフォート 32名×5室20名×1室 180テレビ付きカプセル寝台テレビ荷物スペース ツーリスト 25名×1室11×247仕切りカーテン荷物棚 ドライバールーム 1名×7070テレビ椅子 7階 展望デッキ スイート(1室) プレミアム通常洋室×19室・バリアフリー洋室×1室) 6階 展望デッキ レストラン ゲームコーナー スーペリア和室13室・洋室34室) スーペリア ウィズペット(2名×3室) 5階 案内所 ショップ プロムナード5・6吹き抜け展望浴室 展望デッキ ドッグラン 婦人パウダールーム キッズランド スーペリア和洋室18室) スーペリアウィズペット(4名×2室) コンフォート32名×5室・20名×1室) ツーリスト25名×1室・11×2室)

※この「船内」の解説は、「さんふらわあ さっぽろ」の解説の一部です。
「船内」を含む「さんふらわあ さっぽろ」の記事については、「さんふらわあ さっぽろ」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/04 07:49 UTC 版)

かしおぺあ」の記事における「船内」の解説

船内は南国の持つ自然の美しさと溶け合うよう落ち着いた雰囲気のものとした。

※この「船内」の解説は、「かしおぺあ」の解説の一部です。
「船内」を含む「かしおぺあ」の記事については、「かしおぺあ」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/04 07:53 UTC 版)

おーしゃんうえすと」の記事における「船内」の解説

5階・B甲板 エントランスホール 売店案内所 ロッカー 自動販売機コーナースナックコーナーレストラン2008年よりフードスクエアとしてイートインスペース利用、また一部時間帯に「うどんコーナー」のサービス名でうどんを中心とした軽食の提供に簡略化。) 2等室(8室・和室 8名×4室、27×2室、18×2室) ドライバーズルーム10名1室・洋室1等洋室(2名・2室) 1等和室3名・2室) ラウンジ 6階・A甲板 ロビーTVコーナー ゲームルーム 麻雀ルーム 展望風呂 ミーティングルーム2等室・29名) 自動販売機コーナー 1等洋室(5名・16室) 1等和室(5名・2室) 1等浴室 特等洋室(2名×2室) 7階・航海甲板 特等洋室(2名×4室) イベントホール2等室・128名)

※この「船内」の解説は、「おーしゃんうえすと」の解説の一部です。
「船内」を含む「おーしゃんうえすと」の記事については、「おーしゃんうえすと」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/05 07:46 UTC 版)

アインス宗谷」の記事における「船内」の解説

国際航路就航時は免税となるため、船内の自動販売機ビール100円販売されていた。

※この「船内」の解説は、「アインス宗谷」の解説の一部です。
「船内」を含む「アインス宗谷」の記事については、「アインス宗谷」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/05 11:21 UTC 版)

アマポーラ宗谷」の記事における「船内」の解説

内装髙島屋グループ髙島屋スペースクリエイツが手がけたバリアフリー配慮し車両甲板から客室直通するエレベーター車椅子のまま使用可能な優先椅子席設置し本船就航により利礼航路全船バリアフリー対応となる。 利礼航路初の設備として、ペットルームや1等展望室「アイランドビューシート」を新設した。 北海道庁ポケモン共同による「北海道だいすき発見隊」事業の一環として、フェリー業界では初めポケットモンスター内装採用しキッズルームとベビールームの内装同事業のシンボルとなっているロコン基調としたデザイン施した

※この「船内」の解説は、「アマポーラ宗谷」の解説の一部です。
「船内」を含む「アマポーラ宗谷」の記事については、「アマポーラ宗谷」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/05 07:42 UTC 版)

サイプリア宗谷」の記事における「船内」の解説

船内のデザインコンセプトは「心の旅」と「大自然優しさ目覚める旅」で、内装髙島屋グループ髙島屋スペースクリエイツが手がけた

※この「船内」の解説は、「サイプリア宗谷」の解説の一部です。
「船内」を含む「サイプリア宗谷」の記事については、「サイプリア宗谷」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/05 07:43 UTC 版)

カランセ奥尻」の記事における「船内」の解説

多様なニーズ応えるため、座席区分見直され、子ども、ペット対応した新たな設備追加された。船体前方の展望席は「アイランドビューシート」、2等指定席は「カジュアルシート」、従来2等客室は「エコノミー」と呼称され、エコノミーにはレディースルームファミリールーム専用区画設定されたペットケージ備えたペットルーム、多目的シート備えたベビールーム、キッズルーム新設された。2019年4月実施したドッグ整備において、新たに自転車ラック設置した自転車ラック着脱式のもので、車両甲板整備された。右舷10台、左舷12程度合計22程度自転車収容することが可能となっている。

※この「船内」の解説は、「カランセ奥尻」の解説の一部です。
「船内」を含む「カランセ奥尻」の記事については、「カランセ奥尻」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/07 07:48 UTC 版)

フェリーきかい (3代)」の記事における「船内」の解説

新たな船室として1人用個室(9室)が追加された。パブリックスペース確保するためレストラン常時開放とされ、授乳室、ペットルームなどを設置して利便性高められた。エントランスには情報提供のため運航情報案内板設置された。船内の照明にはLED採用されている。 高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律バリアフリー新法に基づいて作成され鉄道・運輸機構旅客船バリアフリーガイドラインに準拠したバリアフリー高度化船である。通常の船内設備に加えて高齢者身障者対応した客室多機能トイレ車いす対応エレベーターなどのバリアフリー設備備える。 フェリーあまみでは乗り物酔い防止薬販売行っているが、本船では販売してないので、乗船前に購入すること。

※この「船内」の解説は、「フェリーきかい (3代)」の解説の一部です。
「船内」を含む「フェリーきかい (3代)」の記事については、「フェリーきかい (3代)」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/07 09:14 UTC 版)

サンシャインふじ」の記事における「船内」の解説

6階 スカイホール・ダンスフロアー - 昼間清潔で優雅な空間、夜は優雅さ華やかさを持つ雰囲気とした。 うどんコーナー 5階 レストランふじ(258席) - 白地に抽象画パネルアクセント木目配した壁面などで落ち着き親しみのある空間とした。 ゲームコーナー スナックプラザ - 籐製椅子などトロピカル調の内装とした。 大会議室 - アイボリー系色のクロス張りの壁やソフトなブラウン系の床を配し落ち着きある格調高い内装とした。 特別室 特等3階 洋室 パブリックラウンジ オーガナイザールーム 浴室 図書室 2階 和室 エントランスホール 案内所 売店 1階 サンシャインホール

※この「船内」の解説は、「サンシャインふじ」の解説の一部です。
「船内」を含む「サンシャインふじ」の記事については、「サンシャインふじ」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/07 08:00 UTC 版)

琉球エキスプレス」の記事における「船内」の解説

旅客定員800名のニューあかつきに対して本船240名と旅客定員3分の1以下に削減された。予約制となっており、繁忙期などに予約が無い場合乗船できないことがある。長距離航路であるが、レストラン設置されておらず供食設備自動販売機食品・飲料)のみとなっている。 交通バリアフリー法に基づいて作成され鉄道・運輸機構旅客船バリアフリー設計マニュアル準拠したバリアフリー高度化船である。通常の船内設備に加えて高齢者身障者対応した客室多機能トイレ車いす対応エスカレーターエレベーターなどのバリアフリー設備備える。

※この「船内」の解説は、「琉球エキスプレス」の解説の一部です。
「船内」を含む「琉球エキスプレス」の記事については、「琉球エキスプレス」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/19 05:36 UTC 版)

クイーン・メリー2」の記事における「船内」の解説

クイーン・メリー2ロビー通路階段などでは、16カ国総勢128人のアーティスト制作した5,000以上の作品人々目を楽しませるこのなかでも、「ブリタニア・レストラン」にあるバーバラ・ブロークマン作の大型タペストリーと、グランドロビーにあるジョン・マキーナ作の銅板壁画著名である後者壁画初代クイーン・メリーメインダイニングルーム飾られていた壁画をモチーフに作成された。 クイーン・メリー2では随所配置工夫見られる通常ガスタービンエンジンディーゼルエンジン併載する船では、船底部にガスタービンディーゼル並べて設置することが慣例だが、クイーン・メリー2では煙突直下に防音区画設けその中ガスタービン配している。こうすることで燃焼時に酸素多く消費するタービン給気するダクト最上甲板から降ろす必要が無くなり、船内の居住空間をより広く取れようになったまた、クイーン・メリー2のメインパブリックルームは船の下部位置し客室上層配置されている。この工夫によって、人気の高いプライベートバルコニーを備えた船室の数を多く確保することに成功した。さらに、レストランもなるべく上方設けることで、全速航行時にスクリューから生じうる不快な振動食事中乗客可能な限り感じさせないよう配慮した乗客立ち入ることができる最下層第2デッキには、史上初洋上プラネタリウム「イルミネーションズ」や劇場、グランドロビー、「エンパイア・カジノ」、「ゴールデン・ライオンパブ」などがある。第3から第6デッキは主に客室で、第8デッキには「トッド・イングリッシュ・レストラン」や美容サロン世界最大規模の船内図書館用意されている予約時に支払った運賃に応じて乗客利用するレストラン区分することに対しては、オーシャン・ライナーとして当然なものではあるが、クルーズ船として考えた場合、船を分割するものだという批判の声もある。クイーン・メリー2のメイン・ダイニングは、船室等級AAD8乗客には第2第3デッキ位置する「ブリタニア・レストラン」、P1-3の乗客には第7デッキの「プリンセス・グリル」、Q1-7利用者には同じく第7デッキの「クイーン・グリル」がそれぞれ指定されており、これはクイーン・エリザベス2でも同様であるクイーン・メリー2ではさらに「プリンセス・グリル」と「クイーン・グリル」の利用客に対し11デッキ後部ジャグジーつき専用区画設けられ差別化傾向強まっている。ただし、これ以外のレストランバー各種施設については原則的に船室等級利用制限されることはない2016年6月には1億3200ドル投じ客室増設改装ラウンジレストランデザイン刷新ペット室の増設絨毯新調等の大規模改装実施

※この「船内」の解説は、「クイーン・メリー2」の解説の一部です。
「船内」を含む「クイーン・メリー2」の記事については、「クイーン・メリー2」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/07 07:49 UTC 版)

フェリーあまみ (3代)」の記事における「船内」の解説

交通バリアフリー法に基づいて作成され鉄道・運輸機構旅客船バリアフリー設計マニュアル準拠したバリアフリー高度化船である。通常の船内設備に加えて高齢者身障者対応した客室多機能トイレ車いす対応エレベーターなどのバリアフリー設備備える。本船では乗り物酔い防止薬販売しているが、フェリーきかいでは販売してない。

※この「船内」の解説は、「フェリーあまみ (3代)」の解説の一部です。
「船内」を含む「フェリーあまみ (3代)」の記事については、「フェリーあまみ (3代)」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/07 07:48 UTC 版)

フェリー波之上」の記事における「船内」の解説

フェリーあけぼの比較して特等一等室を減らして二等室を増やしたため、旅客定員はやや増加した二等洋室寝台A)には、鹿児島 - 沖縄航路としては初めシングルルームおよびセパレート二段ベット導入された。 高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律バリアフリー新法に基づいて作成され鉄道・運輸機構旅客船バリアフリーガイドラインに準拠したバリアフリー高度化船である。通常の船内設備に加えて高齢者身障者対応した客室多機能トイレ車いす対応エスカレーターエレベーターなどのバリアフリー設備備える。

※この「船内」の解説は、「フェリー波之上」の解説の一部です。
「船内」を含む「フェリー波之上」の記事については、「フェリー波之上」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/09 15:55 UTC 版)

りつりん2」の記事における「船内」の解説

2000年一部改造を受けている。

※この「船内」の解説は、「りつりん2」の解説の一部です。
「船内」を含む「りつりん2」の記事については、「りつりん2」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/18 05:41 UTC 版)

おれんじ8」の記事における「船内」の解説

おれんじ7準同型船で主要目概ね共通であるが、船内配置異なる。

※この「船内」の解説は、「おれんじ8」の解説の一部です。
「船内」を含む「おれんじ8」の記事については、「おれんじ8」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/03 14:24 UTC 版)

ブルーゼファー」の記事における「船内」の解説

船体内外デザインデザイナー起用し旅客重視豪華な船内設備でクルーズフェリーと称していた。先行して建造され1番船のサブリナは、1990年グッドデザイン賞受賞している。サブリナの船内コンセプトは「光と海」、本船は「風と大地であったファンネルマークは、従来近海郵船のものと異なる2羽の丹頂鶴イメージしたものとなっていた。 Aデッキ イベントホールオーロラ」 Bデッキ レストランプリマベーラ」(150席) バックラウンジ スポーツコーナー ミーティングルーム(3室) フォワードサロン(1等特等客用) プロムナードギャラリー マガジンコーナー サンデッキ 特等室「ロイヤルステート」(8室・24名) 1等洋室「ファーストファミリー」(6室・30名) 1等洋室「ファーストツイン」(16室・32名) 1等和室「ファーストシングル」(8室・8名) Cデッキ 乗下船口 フロント TVコーナー ショッピングコーナー 展望風呂 ゲームコーナー チルドレンズコーナー コーヒーラウンジ(60席) ビアデッキ フォワードサロン(2等客用2等特別室「デラックスコンパート」(24室・108名) 2等寝台「ツーリストベッド」(4室・240名) 2等和室「ツーリストルーム」(7室・204名) ドライバーズルーム「スペシャルコンパート」(20名)

※この「船内」の解説は、「ブルーゼファー」の解説の一部です。
「船内」を含む「ブルーゼファー」の記事については、「ブルーゼファー」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/05 16:23 UTC 版)

ブレーメン (客船・5代)」の記事における「船内」の解説

内外観スウェーデンティルバーグ社が担当し、船内は小型船ながらも極力充実した公室オープンスペース設け配慮なされた海洋汚染防止のためゴミ用のスペース冷蔵庫設けプラスチック類に対応した処理装置装備し、またAVシステムについて風景鮮明に映すハイグレードテレビカメラ海中カメラ設けた。 7デッキ ベランダスイートルーム「デラックス・ベランダ」(ブレーメン時代は「スイート」) ジム・サウナ ビューティーパーラー オブザベーションラウンジ/レクチャールーム「ドルフィン・ラウンジ」(ブレーメン時代はパノラマラウンジ・バー) サンデッキ プール 6デッキ ベランダ付きスタンダードルーム「ベランダ」(ブレーメン時代ベランダ付「アウトサイドバルコニー」) エンジン付きゴムボートゾディアック保管所 5デッキ スタンダードルーム「スーペリア」「アッパー」(ブレーメン時代はパノラミックウィンドウ付「アウトサイドバルコニー」) メインラウンジ「フロンティア・クラブ」 ビュッフェデッキ ライブラリー 4デッキ スタンダードルーム「スタンダード」「スーペリア」(ブレーメン時代はパノラミックウィンドウ付「アウトサイドバルコニー」) ダイニングルーム「マーメイド・ダイニングルーム」(ブレーメン時代バー併設ショップ「シップス・ショップ」 カードルーム インターネット・Eメールセンター(ブレーメン時代案内所 3デッキ スタンダードルーム「スタンダード」(ブレーメン時代丸窓付「アウトサイドキャビン」) 医務室

※この「船内」の解説は、「ブレーメン (客船・5代)」の解説の一部です。
「船内」を含む「ブレーメン (客船・5代)」の記事については、「ブレーメン (客船・5代)」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/09 02:56 UTC 版)

はやぶさ (高速フェリー)」の記事における「船内」の解説

二層客室甲板一層の車両甲板持ち短時間航路ながら特等室、2段ベッド2等寝台設けられた。推進システムは、 船舶用ディーゼル機関及び新開発ウォータージェット推進機各4基か構成されており、左右双胴部に2基ずつ配置されていた。

※この「船内」の解説は、「はやぶさ (高速フェリー)」の解説の一部です。
「船内」を含む「はやぶさ (高速フェリー)」の記事については、「はやぶさ (高速フェリー)」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/16 16:55 UTC 版)

クイーンコーラル (初代)」の記事における「船内」の解説

離島ブームによる観光客増加反映し、生活航路利用客とともに若年層女性客新婚旅行を主眼に置き南国明るい太陽と空・紺碧の海原のイメージ明るくフレッシュ雰囲気とした。

※この「船内」の解説は、「クイーンコーラル (初代)」の解説の一部です。
「船内」を含む「クイーンコーラル (初代)」の記事については、「クイーンコーラル (初代)」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/03 13:58 UTC 版)

飛龍3」の記事における「船内」の解説

2階 ロイヤルルーム(3名×2室) 特等室(10×2室) 1等室(14名×8室) サロン レストラン72席) グリルバー(15席) 免税売店 1階 2等室(24×2室・23名×8室) エントランス 案内所売店 シャワー室 ホール2等定員130名) この他ダイビングプール設置されていた。

※この「船内」の解説は、「飛龍3」の解説の一部です。
「船内」を含む「飛龍3」の記事については、「飛龍3」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/26 04:23 UTC 版)

クルーズフェリー飛龍」の記事における「船内」の解説

旅客設備重視した設計で、船内にはエスカレーターエレベーター設置され全部屋がバス・トイレを備え豪華仕様であったエントランスホールには、シーサー紅型あしらわれ廊下には石敢當置かれるなど、沖縄イメージした内装となっていた。

※この「船内」の解説は、「クルーズフェリー飛龍」の解説の一部です。
「船内」を含む「クルーズフェリー飛龍」の記事については、「クルーズフェリー飛龍」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/05 05:56 UTC 版)

アポロ司令・機械船」の記事における「船内」の解説

居住空間容積が5.9m³で、計器板操縦席航法装置食料雑用品のロッカー廃棄物貯蔵庫、ドッキングトンネルなどから構成されている。 操縦席前方占めているのは幅2.1m、高さ0.9mの計器板であり、飛行士対応して三つ部分より構成されている。速度姿勢表示する計器主要な飛行制御装置左側機長席にある。中央の司令船操縦士座席には、航法ガイダンス制御装置各種警告表示時計、船内の環境制御装置機械船メインエンジンおよび姿勢制御ロケット操縦装置がある。右側月着陸船操縦士座席には、燃料電池電力通信機器表示制御装置がある。主計器板の左右にはさらに小さ計器板配置されており、左側サーキット・ブレーカー通信機器制御装置右側予備サーキット・ブレーカー通信機器制御装置になっている計器板には全部で24基の制御装置と、566個のスイッチ40個のメーター71個のライトがある。 座席鉄のパイプ耐火性の布を張って作られており、折りたたみ可能である操縦装置中央の座席のみに配置され左右機長席および月着陸船操縦士席には、機体回転制御する装置のみが配置されている。座席には8個の緩衝装置設置されており、着水時の衝撃耐えられるようになっている。 船内は六つ区画分かれており、 下部中央航法制御望遠鏡各種ビーコンジャイロ装置司令船コンピューター薬箱Sバンド送信機など 前部左側食料保管庫、船内の熱交換器宇宙服コネクター飲料水供給装置 前部右側サバイバル・キット各種書類保管場所 左側中央酸素タンク、船内の気圧調整バルブ宇宙服保管庫 右側中央修理道具廃棄物保管庫 後部座席後方)は70mmおよび16mmカメラ飛行士衣服消火器などの保管庫 になっている。 窓は五箇所ある。左右座席横には330mm四方観測用窓、前方には幅330mm・高さ204mmのランデブー・ドッキング用窓、中央座席上方ハッチには直径229mmの窓がそれぞれ配置されている。これらの窓は、3枚シリカガラス多層構造になっており、紫外線なども防御する月着陸船ともども船内にトイレはなく、ジェミニ宇宙船同様に小便吸引器を使ってタンク貯める方式タンク一定量貯まる宇宙空間放出される)、大便専用のプラスチックバッグに排便し倉庫保管する方式取られた。ただアポロ10号では大便バッグの口が密封されていなかったため、飛行中に船内に大便飛び交う事態になったことがある

※この「船内」の解説は、「アポロ司令・機械船」の解説の一部です。
「船内」を含む「アポロ司令・機械船」の記事については、「アポロ司令・機械船」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/14 05:39 UTC 版)

しらはま丸 (2代)」の記事における「船内」の解説

操舵室後部貸し切りグリーン室、上部旅客甲板売店および軽食提供するスナック設置されている。また、房総半島ゴルフ場向かゴルフ客の利便を図るため、下部旅客甲板船室外にゴルフバック置き場設けられている。

※この「船内」の解説は、「しらはま丸 (2代)」の解説の一部です。
「船内」を含む「しらはま丸 (2代)」の記事については、「しらはま丸 (2代)」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/30 09:19 UTC 版)

フェリーどうご」の記事における「船内」の解説

船内は四国イメージした内装となっている。

※この「船内」の解説は、「フェリーどうご」の解説の一部です。
「船内」を含む「フェリーどうご」の記事については、「フェリーどうご」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/30 09:22 UTC 版)

フェリーしまんと」の記事における「船内」の解説

船内は四国イメージした内装となっており、本船ではヤマモモの実をイメージした赤と桂浜砂浜イメージしたベージュ基調としている。 客室 2等洋室(8名×11室・16名×4室 階段2段ベッド) 4名個室14折畳式プルマンベッド) 2名個室14折畳式プルマンベッド、3名利用時は1名布団利用) バリアフリールーム(2名×6室、専用共用浴室トイレ隣接 ローハイトツインベッド) withペットルーム(2名×2ツインベッド ペットケージ有) 公室 エントランスホール 案内所売店 イートインスペース「オーシャンプラザ」 自動販売機コーナー バスルーム コインランドリー パウダールーム女性洗面所内) リラックススペース フォワードロビー 輪行スペース ゲームコーナー キッズルーム 喫煙室

※この「船内」の解説は、「フェリーしまんと」の解説の一部です。
「船内」を含む「フェリーしまんと」の記事については、「フェリーしまんと」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 02:55 UTC 版)

さんふらわあ さつま」の記事における「船内」の解説

船内のコンセプトは初めての経験 わくわくドキドキ さんふらわあのカジュアルクルーズ」。デザインはやクルーズ客船にっぽん丸」の改装や「さんふらわあ ごーるど」型などを手掛けたフラックス・デザインの渡辺友之によるもの1500年前7歳男子「はやと」を主人公としたコンセプチュアルストーリーを設定し、カジュアルクルーズを主眼とした船として「船旅」を楽しむことを主眼船室個室化と設備充実化、パブリックスペース拡大図られた。また、船内Wi-Fi「SSQ(SunFlower Smart Quest)」で船内案内観光情報映像コンテンツ等を配信し乗客手持ちのスマートフォンタブレット端末閲覧可能となっている。 このほか鹿児島イメージしたデスティネーションデザインとして、上下口のエスカレーター三国名勝図会描かれた「雄川の滝」、ルリカケス等の鹿児島生息する動物モチーフとしたアート客室前廊下に鹿児島県大隅地域グラフィック写真コラージュカーペットに「南の国」のイメージ鹿児島県県木であるカイコウズデザイン等があしらわれた

※この「船内」の解説は、「さんふらわあ さつま」の解説の一部です。
「船内」を含む「さんふらわあ さつま」の記事については、「さんふらわあ さつま」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 02:54 UTC 版)

さんふらわあ きりしま」の記事における「船内」の解説

船内デザインクルーズ客船にっぽん丸改装などを手掛けた渡辺友之によるもので、カジュアルクルーズ船として「船旅」を楽しむことを主眼に、船室個室化と設備充実化、パブリックスペース拡大図られた。 デザインコンセプト主軸として、明治維新世代13歳女子「さくら」設定されている。

※この「船内」の解説は、「さんふらわあ きりしま」の解説の一部です。
「船内」を含む「さんふらわあ きりしま」の記事については、「さんふらわあ きりしま」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 02:39 UTC 版)

フェリーたかちほ (宮崎カーフェリー)」の記事における「船内」の解説

船内は宮崎豊かな自然トロピカルフルーツイメージした暖かな色彩や、伝統芸能神楽使用される彫り物(えりもの)」の切り絵をモチーフにしたデザインとした。 船室タイプの一覧クラス部屋数眺望定員設備プレミアムツイン 6室 海側(窓あり) 2-3バストイレ羽毛布団冷蔵庫液晶テレビドライヤー空間除菌消臭装置電気ケトル、アメニティセット プレミアムトリプル 6室 海側(窓あり) 3名 バストイレ羽毛布団冷蔵庫液晶テレビドライヤー空間除菌消臭装置電気ケトル、アメニティセット プレミアムバリアフリー 2室 海側(窓あり) 2-3バストイレ羽毛布団冷蔵庫液晶テレビドライヤー空間除菌消臭装置電気ケトル、アメニティセット ファーストツイン 16海側(窓あり) 2名 トイレ羽毛布団液晶テレビドライヤー空間除菌消臭装置電気ケトル、アメニティセット ファーストフォース 10海側(窓あり) 4名 トイレ羽毛布団液晶テレビドライヤー空間除菌消臭装置電気ケトル、アメニティセット ファーストウィズペット 2室 海側(窓あり) 2名・4名 トイレ羽毛布団液晶テレビドライヤー空間除菌消臭装置電気ケトル、アメニティセット シングル 64室 内側(窓なし) 1名 羽毛布団液晶テレビ空間除菌消臭装置 ドミトリー 内側(窓なし) 252羽毛布団 ツーリスト 1室 内側(窓なし) 30羽毛布団 ドライバーシングル 110室 内側(窓なし) 1名 4階 プレミアムツイン(2-3名×8室) ファースト客室ツイン(2名×16室) ウィズペット(2名または4名・2室) シングル(1名×64室) ドミトリー6区画) 展望サロン シャワールーム 展望浴室 湯上がりホール ゲームコーナー パウダールーム キッズコーナー ベビールーム ペットルーム ドッグテラス 3階 インフォメーション ショップ エントランス イベントステージ・イベントラウンジ 自販機コーナー 展望サロン ビューラウンジ プレミアム客室トリプル3名×8室) バリアフリー2-3×2室) ファーストフォース(4名×10室) ドミトリー6区画) ツーリスト30名×1室) ドライバーシングル(1名×110室) ドライバー浴室 レストラン ドライバーズレストラン ドライバーズ&ツーリストカフェ ドライバーズカフェ ダイニングルーム 救護室 パウダールーム

※この「船内」の解説は、「フェリーたかちほ (宮崎カーフェリー)」の解説の一部です。
「船内」を含む「フェリーたかちほ (宮崎カーフェリー)」の記事については、「フェリーたかちほ (宮崎カーフェリー)」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/08 01:45 UTC 版)

おりえんとびいなす」の記事における「船内」の解説

船内は日本人乗客を主対象として公室豪華客室シンプルで全体にゆとりある空間演出する方向性とした。 8階 スカイラウンジナイト&デイサンデッキ 7階 プール プールサイドデッキ バーカウンター 6階 スポーツデッキ テーブルテニスデッキ シャワールーム カードルーム ジム フォワードサロン「ウィンド・オブ・オリエント」 ステートルーム(10室) デラックスルーム(10室) スイートルーム(2室) テンダーボート「きゅうぴっと1」「きゅうぴっと2」 5階 ステートルーム(54室) コンファレンスルーム(80×24階 メインホール「ヴィーナスホール」(4・5吹き抜け) ステートルーム(11室) スタンダードルーム(40室) 3階 レストランターフェルムジークプロムナード オープンバー「バッカスグリルロマネスク」 ピアノサロン「プレリュード」 メインラウンジ「カーニバルエントランスロビー1-3階吹き抜けショップ 2階 スタンダードルーム(73室) ライブラリー オーガナイザーオフィス オーガナイザーインフォメーション オーガナイザーミーティングルーム パーサーズオフィス インフォメーション 茶室 1階 大浴場 乗船医務室病室 ビューティサロン

※この「船内」の解説は、「おりえんとびいなす」の解説の一部です。
「船内」を含む「おりえんとびいなす」の記事については、「おりえんとびいなす」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 23:27 UTC 版)

なおしま」の記事における「船内」の解説

客室モノクラス椅子席のほか、一部ソファとなっている。自動販売機設置されているが、売店等はない。

※この「船内」の解説は、「なおしま」の解説の一部です。
「船内」を含む「なおしま」の記事については、「なおしま」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/04 14:09 UTC 版)

クイーンコーラルプラス」の記事における「船内」の解説

1等1名室、2等洋室、ペットルームなどが新たに設けられた。現在運航中沖縄航路フェリーの中で唯一大浴場設けている。

※この「船内」の解説は、「クイーンコーラルプラス」の解説の一部です。
「船内」を含む「クイーンコーラルプラス」の記事については、「クイーンコーラルプラス」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/04 14:31 UTC 版)

シルバーブリーズ」の記事における「船内」の解説

船内は緑と木のテイスト基調とした形とし、プライバシー重視乗客増加反映し個室化に重点を置き、シルバーフェリーでは初めドッグラン付きペット同伴可能な1等室を設けたほか、べにりあ無かった特等室や、全個室ドライバーズルーム設けた。また2等寝台A個室ペット同伴室の数はシルバーフェリー最多となっている。 5甲板 特等室(3室) 1等室(10室)4名室通常2室・ペット対応2室 2名室通常2室・バリアフリー対応1室・ペット対応3室 ペットルーム ペットラン 展望浴室 4甲板 2等室(10室)通常室8室、レディース・バリアフリー対応各1室 2等寝台A(56室) エントランスホール2層吹抜案内所 自販機コーナー ゲームコーナー ベビールーム プロムナード ドライバーズルーム78室) ドライバーズサロン ドライバー浴室 2-3甲板 - 車両甲板 1甲板 - 車両甲板乗用車スペース

※この「船内」の解説は、「シルバーブリーズ」の解説の一部です。
「船内」を含む「シルバーブリーズ」の記事については、「シルバーブリーズ」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/24 22:28 UTC 版)

フェリーきたきゅうしゅうII」の記事における「船内」の解説

船内は、発着地である北九州京阪神都市イメージした「クールトーン」をコンセプトとしてデザインされた。バリアフリー対応のため、エントランスと同じ階層乗用車専用駐車スペース設置され上下移動不要となっている。利用客層変化を受け、ツーリスト定員先代96名から380名へと大幅に増やされ一方エコノミー40名のみとなったまた、ツーリストファーストレディースルーム設定された

※この「船内」の解説は、「フェリーきたきゅうしゅうII」の解説の一部です。
「船内」を含む「フェリーきたきゅうしゅうII」の記事については、「フェリーきたきゅうしゅうII」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/31 23:03 UTC 版)

希望 (高速フェリー)」の記事における「船内」の解説

客室普通席のみ設置モノクラス制されていた。なお、船内後方に売店トイレ設置されていた。

※この「船内」の解説は、「希望 (高速フェリー)」の解説の一部です。
「船内」を含む「希望 (高速フェリー)」の記事については、「希望 (高速フェリー)」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 09:27 UTC 版)

きそ (フェリー・2代)」の記事における「船内」の解説

太平洋フェリー所有の各船はデザインコンセプト定められているが、本船は「南太平洋のしらべ」をデザインコンセプトとしている。 先代比較して個室大幅に増やされB寝台階段互い違いに配置するなど、プライベートスペース確保重視した作りとなっている。また、バリアフリー対応として、1等洋室、S寝台車椅子対応の客室設けられ、船内の廊下等も車椅子での利用前提として設計されている。バリアフリー対応エレベーター設置により、車両甲板から客室公室遊歩甲板までフラットに移動可能で車椅子対応多目的トイレ設置されている。 車両甲板は、トラック甲板3層乗用車甲板1層で、トラック甲板一部はリフタブル甲板可動甲板となっており、需要に応じて乗用車をより多く搭載可能である2014年6月27日より、国内初となる船上での公衆無線LANサービス試験提供を開始した衛星回線利用したものでソフトバンクモバイル提供する試験期間中は無料で利用できるが、利用には登録が必要となる。2015年5月31日をもって試験提供を終了し翌日6月1日正午より正式サービスとして24時間につき980円の有料サービスとなる。

※この「船内」の解説は、「きそ (フェリー・2代)」の解説の一部です。
「船内」を含む「きそ (フェリー・2代)」の記事については、「きそ (フェリー・2代)」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 08:52 UTC 版)

いずみ (フェリー)」の記事における「船内」の解説

船内は「わのおもてなし」と「日本の四季」をコンセプトデザインされている。起振力の低いプロペラ船型採用有限要素法騒音予測プログラム用いた解析を元に壁面配置決定し振動騒音大幅に下げ静粛性の高い居住空間とした。また女性客配慮したレディースルーム授乳室などの設備取り入れた

※この「船内」の解説は、「いずみ (フェリー)」の解説の一部です。
「船内」を含む「いずみ (フェリー)」の記事については、「いずみ (フェリー)」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 08:52 UTC 版)

せっつ (フェリー)」の記事における「船内」の解説

船内インテリアは「星空と海をのぞむ癒しの旅」を同型二隻のコンセプトとし、本船港町神戸イメージした内装とし明るイメージとした。また7階には星空瀬戸内海の夜景を楽しめるよう大型の窓が配された。 7階 ロイヤル(2名×2室) スイート(2名×2室) デラックスシングル(1名×48室) 大浴場・露天風呂 展望ロビー 6階 デラックス和洋室3名×33室・和室3名×6室) スタンダード洋室10室) レストラン 5階 デラックス洋室通常4名×21室・バリアフリー2名×2室・ウィズペット2名×2室) スタンダード和室14×2室) ドライバーズルーム/スタンダードシングル(1名×110室) 売店 カラオケルーム キッズルーム 授乳室 ロビー案内所 - 白と青を基調明る印象とし、コーナーには神戸ポートタワー・モザイク大観覧車神戸メリケンパークオリエンタルホテルなどといった神戸ランドマークイラスト描かれた。

※この「船内」の解説は、「せっつ (フェリー)」の解説の一部です。
「船内」を含む「せっつ (フェリー)」の記事については、「せっつ (フェリー)」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 08:53 UTC 版)

ひびき (フェリー)」の記事における「船内」の解説

船内は「わのこころ」をコンセプトデザインされている。

※この「船内」の解説は、「ひびき (フェリー)」の解説の一部です。
「船内」を含む「ひびき (フェリー)」の記事については、「ひびき (フェリー)」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 08:52 UTC 版)

やまと (フェリー・2代)」の記事における「船内」の解説

船内インテリアは「星空と海をのぞむ癒しの旅」を同型二隻のコンセプトとし、本船門司港レトロイメージした暗い雰囲気内装とした。 7階 ロイヤル(2名×2室) スイート(2名×2室) デラックスシングル(1名×48室) 大浴場・露天風呂 展望ロビー 6階 デラックス和洋室3名×33室・和室3名×6室) スタンダード洋室10室) 展望ルーム レストラン 5階 デラックス洋室通常4名×21室・バリアフリー2名×2室・ウィズペット2名×2室) スタンダード和室14×2室) ドライバーズルーム/スタンダードシングル(1名×110室) 売店 カラオケルーム キッズルーム 授乳室 ロビー案内所 - ノスタルジックな雰囲気コーナーには日本の四季イラスト施した

※この「船内」の解説は、「やまと (フェリー・2代)」の解説の一部です。
「船内」を含む「やまと (フェリー・2代)」の記事については、「やまと (フェリー・2代)」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/24 14:12 UTC 版)

フェリーあけぼの (2代)」の記事における「船内」の解説

高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律バリアフリー新法に基づいて作成され鉄道・運輸機構旅客船バリアフリーガイドラインに準拠したバリアフリー高度化船である。通常の船内設備に加えて高齢者身障者対応した客室多機能トイレ車いす対応エスカレーターエレベーターなどのバリアフリー設備備える。

※この「船内」の解説は、「フェリーあけぼの (2代)」の解説の一部です。
「船内」を含む「フェリーあけぼの (2代)」の記事については、「フェリーあけぼの (2代)」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/20 07:04 UTC 版)

はまゆう丸2」の記事における「船内」の解説

デッキ3層で、旅客定員は、一等椅子席100名、二等和室550名、二等甲板旅客150名(夏季のみ)の計800となっていた。

※この「船内」の解説は、「はまゆう丸2」の解説の一部です。
「船内」を含む「はまゆう丸2」の記事については、「はまゆう丸2」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/12 09:03 UTC 版)

シーパセオ」の記事における「船内」の解説

3階展望スペース「シャイン・デッキ」) 東屋しおかぜガゼボ人工芝しおかぜのグリーンテラス」 2階客室室内は「快(適)」「会(話)」「開(放)」のエリア分かれている。 クルーズコート - 「快」のエリアとして船尾前方各種座席設ける。パノラマソファ - 船首側にソファ階段状配置。 OZASEKIエリア - 右舷側に3人掛け椅子配置。 GORONEエリア - 左舷側にカーペット配置低い位置に窓を設け横になりながら海の景色楽し趣向とした。 リラックスシート - 中央部にミニテーブル付きリクライニングシート配置。 オアシスコート - 「会」のエリアとして売店中心に配置案内所売店INFORMATION & KIOSK」 KOAGARIエリア - カーペット敷の床を備えたテーブル席。 リフレッシュラウンジ - 椅子テーブル席 パノラマカウンター - 左舷側に面した一人がけ椅子大型カウンターテーブル船尾 - 「開」のスペースとして半屋外式となっている。そよかぜパティオ2-3吹き抜け) - 後部マスト周辺円形開放部とベンチ設ける。 ひき波のHANARE - カーペット敷で半円形ソファ置き引波を見ながら寛げるスペース1階車両甲板

※この「船内」の解説は、「シーパセオ」の解説の一部です。
「船内」を含む「シーパセオ」の記事については、「シーパセオ」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/16 15:09 UTC 版)

ブルーマーメイド」の記事における「船内」の解説

船室2層で、上層階スイートコンフォート客室下層階にビューシート、スタンダード客室とその他公室配置されている。車両甲板3層で、ランプ船首船尾右舷前方の3箇所設けられている。車両甲板から客室直通するエレベーター設置されており、船内はバリアフリー対応となっている。また、東日本大震災教訓として災害支援対応する設備盛り込まれ可動橋のない岸壁使用するショアランプドアやストレッチャー搬入対応したエレベーター客室診察応用のドクタールーム等を設ける。

※この「船内」の解説は、「ブルーマーメイド」の解説の一部です。
「船内」を含む「ブルーマーメイド」の記事については、「ブルーマーメイド」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/26 10:24 UTC 版)

さんふらわあ さつま (2代)」の記事における「船内」の解説

船内インテリアは「地中海の風」を同型2隻のテーマとし、本船は南スペインイメージ統一されている。個室全て海側で窓があり、トイレ温水洗浄便座となっている。また、客室はすべて騒音源から遠く揺れ少な高層部A・Bデッキ中央部集中させた。 船室タイプの一覧タイプクラス定員室数設備個室 デラックス(旧・特等2-310ツインベッド3名利用の場合は補助ベッド使用ユニットバストイレ洗面台テレビ冷蔵庫、窓あり デラックスB(旧・1等A) 2-334ツインベッド3名利用の場合は補助ベッド使用シャワールームトイレ洗面台テレビ、窓あり デラックスB(和室)(旧・1等A) 2-3名 2室 布団シャワールームトイレ洗面台テレビ、窓あり ファースト旧・1等B) 4-528室 5名利用の場合はエキストラマット使用2段ベッドテレビ、窓あり ファーストシングル(旧・1等B) 1名 9室 シングルベッドテレビ、窓あり 寝台 ツーリストベッド(旧・2寝台) 4名-6名×24室 4名:24室6名:242段ベッド電源コンセント ドライバーズルーム旧・2寝台) 18-22名 18名:2室22名:2室 2段ベッド 大部屋 ツーリスト旧・2等) 11-86名 5室 テレビ電源コンセント共用

※この「船内」の解説は、「さんふらわあ さつま (2代)」の解説の一部です。
「船内」を含む「さんふらわあ さつま (2代)」の記事については、「さんふらわあ さつま (2代)」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/19 15:46 UTC 版)

シルバーティアラ」の記事における「船内」の解説

船内は「宝石のように凛と輝くティアラ」をイメージしたデザインで、快適性プライバシー重視した設計となっている。 本船では新たにビューシートが新設されたほか、2等寝台1人用個室2等寝台Aと、グループ向け階段2段ベッド2等寝台Bが設けられた。ビューシートは船首方に設けられ進行方向向いた展望席で、津軽海峡フェリー新造船に続く採用となったこのほかペット連れた旅客向けに1等室(4名部屋)にペット同伴室、乳幼児連れた旅客向けに女性専用の「あかちゃんルーム」が設けられている。 また、5・6甲板とも両舷後方窓側通路は「プロムナード」として椅子テーブル共用テレビ設置される。 6甲板 特等室(4室)ツインベッド・キングベッド各2室 2等多目的室(1室) 2等寝台2等寝台A72室、2等寝台B81等室(18室)2名室10室、4名室4室、和室4室 展望浴室 マッサージチェア 5甲板 特等室(2室) 1等室(10室)4名室4室、多目的和室2室(バリアフリー対応)、多目的洋室2室(バリアフリー対応)、ペット同伴室2室 2等室(9室)通常室4室・レディース2室・多目的室2室(バリアフリー対応)・赤ちゃんルーム1室 エントランスホール2層吹抜案内所 売店 自販機コーナー キッズルーム ゲームコーナー ペットルーム ドライバールーム(72室) ドライバーズサロン ドライバー浴室

※この「船内」の解説は、「シルバーティアラ」の解説の一部です。
「船内」を含む「シルバーティアラ」の記事については、「シルバーティアラ」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/29 07:50 UTC 版)

フェリーおおさかII」の記事における「船内」の解説

船内は、瀬戸内海の自然をイメージしたナチュラルトーン」をコンセプトとしてデザインされた。バリアフリー対応のため、エントランスと同じ階層乗用車専用駐車スペース設置され上下移動不要となっている。利用客層変化を受け、ツーリスト定員先代96名から380名へと大幅に増やされ一方エコノミー40名のみとなったまた、ツーリストファーストレディースルーム設定された

※この「船内」の解説は、「フェリーおおさかII」の解説の一部です。
「船内」を含む「フェリーおおさかII」の記事については、「フェリーおおさかII」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/06 17:54 UTC 版)

シーパレス」の記事における「船内」の解説

船内はいたずらに高価な装飾品使わず重厚で豪華な雰囲気近代的感覚の中に生かす形とした。 パノラマ甲板 二等室・ビュッフェ - 大型に沿うテーブル椅子後部飲料提供するバーカウンターを配置し室内FRP外壁特徴反映したパラシュート状の曲面天井パープルカーペットシルバーグレービニールレザー椅子公衆電話設備設けたラウンジ - レンガ色カーペット肘掛椅子磨き仕上げ仕切り壁を配し静かな雰囲気とした。 遊歩甲板 特別室(2室) - ソファベッド安楽椅子2脚、テレビ等を設け床にゴールドカーペット天井壁面をグリーン・ライトブラウンの布地仕上げとした。 1等室(2室) - 少人数団体用に使用ソファ、床にライトグリーンカーペット、壁・天井はモルトプレン付きビニールレザー張りそれぞれシルバーグレイクリーム色とした。 船橋甲板 1等室(2室) - ソファ一と座席配置2等室(2室) - 座席式とし床に暗赤色カーペット、壁は薄紫のデコラ張り天井クリーム色の吸音板配した上甲板 カースペース 上下船口 定員 特等121等1272等158

※この「船内」の解説は、「シーパレス」の解説の一部です。
「船内」を含む「シーパレス」の記事については、「シーパレス」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/21 14:44 UTC 版)

シルバープリンセス」の記事における「船内」の解説

船内は「くつろぎ」と「プライバシー重視」をコンセプトデザインされており、全席指定となっている。船体側面ラインカラーピンクグレーである。

※この「船内」の解説は、「シルバープリンセス」の解説の一部です。
「船内」を含む「シルバープリンセス」の記事については、「シルバープリンセス」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/21 14:34 UTC 版)

シルバーエイト」の記事における「船内」の解説

船内は「やすらぎ」と「だんらん」をコンセプトデザインされており、全席指定となっている。船体側面ラインカラーグリーングレーである。

※この「船内」の解説は、「シルバーエイト」の解説の一部です。
「船内」を含む「シルバーエイト」の記事については、「シルバーエイト」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/14 14:27 UTC 版)

飛鳥 (旅客船)」の記事における「船内」の解説

太平洋戦争勃発年に建造され橿原丸級貨客船意識して建造された。2隻の橿原丸級貨客船商船改造空母である飛鷹型航空母艦飛鷹」(=出雲丸)・「隼鷹」(=橿原丸)へと改装され貨客船として運用されることのないまま飛鷹戦没隼鷹終戦まで生き延びるも、終戦後解体され客船戻ること叶わなかった。4デッキから10デッキにかけ中央前側客室、5デッキより上方の船尾に公室配した公室直配方式採用アマデアへの改装際に船内はヨーロッパ向けにリニューアルされたが、船首にあった飛鳥」の船名表記が6デッキオブジェとして飾られているほか、田村能里子による壁画「季の奏(きのしらべ)」や、和室游仙」が「飛鳥」と改称しそのまま残されるなど、痕跡随所残されている。

※この「船内」の解説は、「飛鳥 (旅客船)」の解説の一部です。
「船内」を含む「飛鳥 (旅客船)」の記事については、「飛鳥 (旅客船)」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/20 08:37 UTC 版)

サブリナ (フェリー)」の記事における「船内」の解説

レジャー志向で最も進んでいる若い女性ターゲットにし、北郷悟による外観デザインど船体内外のデザインデザイナー起用して旅客重視豪華な船内設備でクルーズフェリーと称し自然の中にいる安らぎ再現散歩気分味わえるラウンド式の船内設計とした。「光と海」をコンセプトとした船内で、1990年グッドデザイン賞受賞している。ファンネルマーク三徳健次によるデザインで、従来近海郵船のものと異なる2羽の丹頂鶴イメージしたものとなっていた。また、ブリッジ中央部前方にやや突き出す形で操船者があまり動き回らず広い視界得られる形とし、赤外線ビデオレーダー組み合わせた「サイエンズ・アイズ」を用いて濃霧時の安全性確保した。 Aデッキ イベントホール「ステラ」(威東航時代はエコノミールーム兼会議室) Bデッキ レストランラビアンローズ」(160席) バックラウンジ(威東航時代カラオケルームスポーツコーナー(威東航時代カラオケルームミーティングルーム(3室 威東航時代は2室をエコノミークラス室に使用) フォワードサロン(1等特等客用) - ソファー中心とした内装とした。 プロムナードギャラリー - 各種絵画展示壁面は波のイメージ施している。 マガジンコーナー(威東航時代カフェテラスサンデッキ 特等室「ロイヤルステート」(8室・24名)(威東航時代はプレジデンシャルキャビン2室・デラックスロイヤル6室) 1等室ファーストファミリー(和室 6室・30名)(威東航時代ビジネスクラス) ファーストツイン(洋室 2名×16室・32名)(威東航時代はロイヤルクラス) ファーストシングル(シングル 8室・8名)(威東航時代はロイヤルクラス) Cデッキ 乗下船口 フロント TVコーナー ショッピングコーナー 展望風呂(威東航時代サウナゲームコーナー(威東航時代売店GS25」) チルドレンズコーナー(威東航時代免税店) コーヒーラウンジ(60席 威東航時代免税店) ビアデッキ サービスカウンター フォワードサロン(2等客用) - 丸窓用いたバーカウンター風としていた。 2等特別室「デラックスコンパート」(洋室4名×12室、和洋室5名×12室 威東航時代ビジネスクラス2等寝台「ツーリストベッド」(2段ベッド 48名×1室、64×3合計240名)(威東航時代エコノミークラス2等和室「ツーリストルーム」(24名×4室、36×3室)(威東航時代エコノミークラスドライバーズルーム「スペシャルコンパート」(2段ベッド 20名)(威東航時代エコノミークラスD・Eデッキ 車両甲板トラック搭載区域F・Gデッキ下層甲板 乗用車搭載区域

※この「船内」の解説は、「サブリナ (フェリー)」の解説の一部です。
「船内」を含む「サブリナ (フェリー)」の記事については、「サブリナ (フェリー)」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/17 09:02 UTC 版)

フェリーきょうと」の記事における「船内」の解説

内装は「古都たたずまい」をコンセプト和風雰囲気統一した船室 クラス部屋数定員設備スイート 洋室和洋室各1室 洋室2-3名和室:2-4テレビ冷蔵庫・バス・トイレ・洗面台空気清浄機コンセント デラックス 8室 2名 テレビ冷蔵庫・バス・トイレ・洗面台空気清浄機コンセント スーペリア 202-3名 テレビ・シャワー・トイレ・洗面台コンセント ファースト B(和洋室):202-4テレビ洗面台コンセント J(和室):20室 4名 S(シングル):58室 1名 コンフォート 2室 14名 手荷物置き場コンセント・1段寝台 ツーリスト 13区画 手荷物置き場コンセント階段2段寝台 ドライバールーム(プライベートS) 11区画(108室) 1名 テレビコンセント 8階 特別室スイート特等室「デラックス」 7階 1等室「ファーストB/J/S」 1等洋室スーペリア2等洋室ツーリスト」(3区画) 展望浴室 展望ラウンジ TVラウンジ 6階 ツーリスト10区画、一部レディース室) 特2等洋室コンフォート」(2室) ドライバールーム(4室) エントランスホール 案内所 売店 ゲームコーナー キッズルーム パウダールーム 展望レストラン252室) プロムナード ドライバーサロン ドライバー浴室

※この「船内」の解説は、「フェリーきょうと」の解説の一部です。
「船内」を含む「フェリーきょうと」の記事については、「フェリーきょうと」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/19 04:27 UTC 版)

クイーンコーラル8」の記事における「船内」の解説

車両搭載区画隣接したCデッキ2等船室福祉優先席設けるなど、バリアフリー配慮した設計となっているほか、レストラン内に女性専用サロン設置している。

※この「船内」の解説は、「クイーンコーラル8」の解説の一部です。
「船内」を含む「クイーンコーラル8」の記事については、「クイーンコーラル8」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/08 06:27 UTC 版)

らべんだあ」の記事における「船内」の解説

船内空間ノスタルジックで暖かみのある優しさ包まれるデザインとしている。また無線LANを船内47か所高密度配置し陸上基地局からのLTE電波用いて乗客向けの無料Wi-Fiサービスや船内の事務システム用いられる

※この「船内」の解説は、「らべんだあ」の解説の一部です。
「船内」を含む「らべんだあ」の記事については、「らべんだあ」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/26 10:26 UTC 版)

さんふらわあ きりしま (初代)」の記事における「船内」の解説

船内インテリアは「地中海の風」を同型2隻のテーマとし、本船南フランスイメージ統一されている。個室全て海側で窓があり、トイレ温水洗浄便座となっている。 船室タイプの一覧タイプクラス定員設備個室 デラックス 2-33名利用の場合は補助ベッド使用ユニットバストイレ洗面台テレビ冷蔵庫、窓あり デラックスB 2-33名利用の場合は補助ベッド使用シャワールームトイレ洗面台テレビ、窓あり デラックスB(和室2-3シャワールームトイレ洗面台テレビ、窓あり ファースト 4-5名 5名利用の場合はエキストラマット使用2段ベッドテレビ、窓あり ファーストシングル 1名 テレビ、窓あり 寝台 ツーリストベッド 4名/6名 電コンセント 大部屋 ツーリスト テレビ電源コンセント共用

※この「船内」の解説は、「さんふらわあ きりしま (初代)」の解説の一部です。
「船内」を含む「さんふらわあ きりしま (初代)」の記事については、「さんふらわあ きりしま (初代)」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/13 03:29 UTC 版)

きたかみ (フェリー)」の記事における「船内」の解説

太平洋フェリー所有の各船はデザインコンセプト定められているが、本船は「スターダストの詩」をデザインコンセプトとしている。いしかり、きそとは船内配置異なり本船のみの設備として、7デッキ船首方に展望室(フォワードサロン)が設置されている。 乗下船の際は階段利用する必要があるため、車椅子利用者などは注意が必要である。

※この「船内」の解説は、「きたかみ (フェリー)」の解説の一部です。
「船内」を含む「きたかみ (フェリー)」の記事については、「きたかみ (フェリー)」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/22 14:31 UTC 版)

マリエラ」の記事における「船内」の解説

2007年のリニューアルでは、2階デッキ船室改装して、窓に面したカップルシートを配置したイリス」が新設された。また、3階デッキには自動開閉式の屋根設置1階ロビーグッズ販売コーナー設けられた。2017年全面リニューアルでは、内装グレードアップ図られ1階にバーカウンターを新設2階は「イリス」がソファ席となるほか船外テラスにもソファ席を新設3階デッキは「スカイトップバー」と変更された。

※この「船内」の解説は、「マリエラ」の解説の一部です。
「船内」を含む「マリエラ」の記事については、「マリエラ」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/16 07:39 UTC 版)

ふぇにっくす」の記事における「船内」の解説

カラーリング 船内の各設備等級ごとにカラーリング定められていた。 貴賓室特等室・ラウンジ:紫「ディグニティ ラベンダー1等室:赤「ロイヤル ローズツーリスト:青「パシフィック ブルー客室 貴賓室(2名×1室) 特等和室(4名×9室) 特等洋室(2名×12室) 1等洋室(4名×34室) 1等和室(6名×15室) 共同和室ツーリスト」(2室) プロムナードデッキ 遊歩スペース Aデッキ 1等客室 ラウンジ 浴室 特等客室 貴賓室 Bデッキ ツーリスト客室 デラックスグリル 居酒屋 レストラン Cデッキ ツーリスト客室 乗用車デッキ Dデッキ トラックデッキ Eデッキ ゲームルーム カードルーム

※この「船内」の解説は、「ふぇにっくす」の解説の一部です。
「船内」を含む「ふぇにっくす」の記事については、「ふぇにっくす」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/12 15:29 UTC 版)

フェリーりつりん」の記事における「船内」の解説

船内は四国イメージした内装となっている。

※この「船内」の解説は、「フェリーりつりん」の解説の一部です。
「船内」を含む「フェリーりつりん」の記事については、「フェリーりつりん」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/16 09:33 UTC 版)

みやざきエキスプレス」の記事における「船内」の解説

船内は「フレッシュフルーツ」をコンセプト明るイメージ柔らかく暖かな雰囲気爽やかな開放感意識したものとした。 Aデッキ 2等寝台室(8名または12名・33室) 1等A室(4名・5室) 1等B室(4名・12室) 1等S室(1名・10室) 特等室(2名・2室) 展望浴室 給湯室 Bデッキ 案内所売店 2等室(172名) ドライバーレストラン ドライバーレストラン C・Dデッキ トラックスペース E・F・Gデッキ 乗用車スペース

※この「船内」の解説は、「みやざきエキスプレス」の解説の一部です。
「船内」を含む「みやざきエキスプレス」の記事については、「みやざきエキスプレス」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 14:27 UTC 版)

あるかす」の記事における「船内」の解説

内装デザインは「明るさ」「若さ」「清潔さ」を主軸に「ロマンチシズム」を加味し若者を主対象としつつも幅広い年齢層好感与える形とした。 就航当初は、ステラ・コンパニオンという女性アテンダント乗船していた。また、供食サービス銀座コックドールとの提携提供されていた。 Aデッキ ロイヤルルーム(2名×1室) 特等室(洋室2名×14室・和室6名×8室) シーロンジ - コーヒーショップ併設大きな窓を配し天井ドームには空と星をモチーフとした鏡や照明付け前面壁には船名に因んでおおぐま座こぐま座モチーフとしたレリーフ据えた。 スペシャルサロン - 木目調落ち着いた重厚な雰囲気とした。 Bデッキ 一等室(洋室4名×16室・5名×4室、和室7名×2室・10×2室・8名×6室) 特二等室(17名×4室) エントランスホール - アイヌ熊祭など寄港地風物テーマとしたレリーフ航行位置を示す電飾設置案内所 サンデッキ - 人工芝設置レストラン- カフェテリア式を採用グリルあるかす」 - 内装ナラ材用い高級で気品ある雰囲気とした。 スナック・バー - 豪華な雰囲気とした。 ショッピングコーナー ショールーム - 自動車など大型製品展示ゲームコーナー ゴルフコーナー Cデッキ二等室(9名×2室・21×2室・24×2室・25名×1室) 二等室(386名×1室) ドライバー室(ベッド36名・和31名) 大浴場 - 掘り込み式で星座モチーフとしたモザイクタイル陶製オブジェ設置。 ウルトラソニックバス室 カードルーム(272等兼用

※この「船内」の解説は、「あるかす」の解説の一部です。
「船内」を含む「あるかす」の記事については、「あるかす」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 15:26 UTC 版)

さんふらわあ つくば」の記事における「船内」の解説

ブルーハイウェイライン/商船三井フェリー時代 船内はフィンランド建築基本としたインテリアデザインスカイブルーカラーリング木材質感組み合わせる形とした。設備はAデッキレストラン配した以外はBデッキ集中させ移動利便性確保するとなっている。 Aデッキ レストスペース(312005年より「大型トラックドライバー食堂」に変更) レストラン・ドライバーズレストラン(902005年より「イートインフロア」に変更) - 天井星の模様オーロラ白夜イメージ施したサービスコーナー 風防付きデッキ Bデッキ 特等室(8室 2人3人各4室 ツインベッド3人室はソファベッドユニットバス付) 1等A客室20室 2名×8室・3名×12ツインベッド3人室はソファベッド付 ユニットシャワー付) 2等寝台(4人・6人各18二段ベッド) - 通路片側のみにベッド配置し相部屋感覚を軽減させた。 2等和室(2室 2003年2等寝台改装ドライバーズルーム20×2室) エントランスホール 案内所 ゲームコーナー ペット展望浴場 ラウンジ

※この「船内」の解説は、「さんふらわあ つくば」の解説の一部です。
「船内」を含む「さんふらわあ つくば」の記事については、「さんふらわあ つくば」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/01 14:33 UTC 版)

フェリーびざん」の記事における「船内」の解説

船内は四国イメージした内装となっており、本船スダチの花をモチーフとした白と渦潮イメージした青を基調とした。

※この「船内」の解説は、「フェリーびざん」の解説の一部です。
「船内」を含む「フェリーびざん」の記事については、「フェリーびざん」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/12 08:22 UTC 版)

フェニックス エキスプレス」の記事における「船内」の解説

船内はエーゲ海イメージしたものとなっている。 Aデッキ 特等室(2名×2室) 展望サロン 1等室(2名×10室) 2等寝台B(和室 4名×4室) 展望通路 イベントホール131席) カフェテリア・レストラン(138席) ドライバーレストラン Bデッキ 2等寝台A(洋室 4名×10室) 2等寝台C(18名×18室・12名×1室 二段ベッド2等和室16×3室・75名×1室) ミーティングルーム40名・2等和室使用可) ドライバールーム(6名×11室) エントランス 案内所 売店 ゲームコーナー カードルーム 展望浴室 ドライバー展望浴室

※この「船内」の解説は、「フェニックス エキスプレス」の解説の一部です。
「船内」を含む「フェニックス エキスプレス」の記事については、「フェニックス エキスプレス」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 19:36 UTC 版)

プリンセスわかさ」の記事における「船内」の解説

交通バリアフリー法に基づいて作成され鉄道・運輸機構旅客船バリアフリー設計マニュアル準拠したバリアフリー高度化船である。通常の船内設備に加えて高齢者身障者対応した客室多機能トイレ車いす対応エレベーターなどのバリアフリー設備備える。 2008年改造工事により、エントランスデッキの船体中央にあった旅客E・Fトイレ、ペットルーム、船員食堂調理室空調機室が撤去され、その部分のカーデッキの天井高上げられた。その前方にあった吹き抜けエントランスホール閉鎖され船員食堂調理室空調機室が移設された。案内所、ペットルームはプロムナードデッキに移設された。旅客室Eは女性専用区画として運用されていた。また、就航時はエントランスホール売店営業していたが、2006年休止となり、改造後自動販売機のみとなった

※この「船内」の解説は、「プリンセスわかさ」の解説の一部です。
「船内」を含む「プリンセスわかさ」の記事については、「プリンセスわかさ」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/21 14:18 UTC 版)

さんふらわあ ふらの」の記事における「船内」の解説

商船三井客船にっぽん丸」の2009年大改装インテリア手がけたフラックス・デザインの渡辺友之がインテリアデザイン監修北海道イメージしたデスティネーションデザインとして23歳北海道大学卒業した才女ピリカ」と16歳の「ノンノ」をコンセプチュアルストーリーに据え北海道自然と人間をテーマ白樺基調としてカーペット等にあしらった客室構成プライバシーをより重視した形として個室数が約2割増加し定員約半分個室となったほか、コンフォートとして階段式のカプセル寝台導入され大部屋仕切りにカーテン設置された。スイートプレミアムへの専用バルコニー設置スーペリアへのシャワー・トイレ設置など客室設備充実図られている。船内はバリアフリー対応となっており、エレベーター設備強化されバリアフリー対応客室設けられた。エンターテイメントシステム「SSQ(Sunflower Smart Quest)」では船内のタッチパネルデジタルサイネージで船内図・寄港地案内天気情報船内イベント情報などを閲覧可能となっており、これに加え船内無線LANタッチパネル内容に加え映画チャンネル配信し乗客手持ちのスマートフォン等で視聴可能としており2021年5月にはミニゲーム機能さんふらわあGAME PARK」も追加されている。 この他長い時間をいかに楽しんでもらうか」をテーマとしたサービス改革のもとで一般レジャー客へのさらなる対応としてペット対応の客室ドッグラン設置売店面積3倍に拡充するなどの改善が行われた。 船室 船室タイプの一覧クラス部屋数定員設備スイート 2-3名×1室 3名 専用バルコニーバストイレテレビ プレミアム 2-3名×2060専用バルコニーバストイレテレビ、バリアフリータイプ1室(専用バルコニーなし) スーペリア 2-3名×50室4名×18222シャワートイレテレビ スーペリア ウィズペット 2-4名×5室 8名 シャワートイレテレビ、ドックラン コンフォート 32名×5室20名×1室 180テレビ付きカプセル寝台テレビ荷物スペース ツーリスト 25名×1室11×247仕切りカーテン荷物棚 ドライバールーム 1名×7070テレビ椅子 7階 展望デッキ スイート(1室) プレミアム通常洋室×19室・バリアフリー洋室×1室) 6階 展望デッキ レストラン ゲームコーナー ドライバー食堂 スーペリア客室スーペリアオーシャンビュー(和室2-3名×13室) スーペリアインサイド(洋室2-3名×34室) スーペリアウィズペット(内側洋室2-3×3室) 5階 案内所 ショップ プロムナード - 5・6吹き抜け国内初の片舷吹き抜け式プロムナードデッキ 展望浴室 展望デッキ ドッグラン 婦人パウダールーム キッズランド - 知床動物たちテーマとした。 スーペリアオーシャンビュー(和洋室4名×18室) スーペリアウィズペット(4名×2室) コンフォート32名×5室・20名×1室) ツーリスト25名×1室・11×2室) ドライバーズルーム(1名×70室) ドライバー浴室 ドライバー娯楽室

※この「船内」の解説は、「さんふらわあ ふらの」の解説の一部です。
「船内」を含む「さんふらわあ ふらの」の記事については、「さんふらわあ ふらの」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 15:29 UTC 版)

すずらん (フェリー・初代)」の記事における「船内」の解説

船体6層構造上部から羅針儀船橋甲板航海船橋甲板、A甲板、B甲板、C甲板、D甲板第2甲板タンクトップとなっている。航海船橋甲板、A甲板、B甲板旅客区画および乗組員区画、C甲板とD甲板車両積載区画で、D甲板下の階層に機関室設けられている。ランプウェイは、C甲板およびD甲板右舷船尾に各1箇所、D甲板船尾中央に1箇所装備している。 船内は「クルージングリゾート」を追求したものとなっており、居住性重視公室プライバシー確保した外側客室バリアフリー対応のためのエレベーター設置し振動騒音対策のためエンジン下部ゴム防震装置設置内装コンセプトは「色」をキーワードに5階に緑・4階に赤・3階に青の基調色をあしらった車両甲板には細い船型によるトラック回転困難を緩和すべく直径14mのターンテーブル設置したほか、リフタブルカーデッキをトラック10台・乗用車40分の430平方メートル設け乗用車80台が積載可能となっていた。

※この「船内」の解説は、「すずらん (フェリー・初代)」の解説の一部です。
「船内」を含む「すずらん (フェリー・初代)」の記事については、「すずらん (フェリー・初代)」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 14:48 UTC 版)

いしかり (フェリー・2代)」の記事における「船内」の解説

艤装大丸高島屋長崎船舶装備担当し船内の内装は「カリブの風-魅力ある明る船の旅-」をコンセプト日建設計女性デザイナー監修しテーマカラーとして海をイメージしたネイビーブルー格調高さイメージしたベージュ華やかさイメージした赤、客室には船旅楽しさ甘美さをイメージした淡いピンクあしらう等といった斬新なインテリアデザイン特徴となっている。1993年にはカプセルホテル型の「A寝台」の導入行われた公室スペースではピアノバー、ミニシアター宴会場といった豊富な設備施された後に一部統合廃止されている。 Aデッキ5階) ショーラウンジの入り口イメージとした赤を基調色とした。 スイートルーム(4室) - 白と黒の2タイプ用意されたイベントホール「スターライトラウンジ」(150席・二層吹抜) オープンスカイホール 星のデッキ Bデッキ4階海の世界イメージした青を基調色とした。 特等室(洋室24室・和室2室) 2等寝台室(4室・後に右舷側2室を2段ベッド型の「B寝台」、左舷側2室を1室化しカプセルベッド型の「A寝台」とする) ミーティングルーム200後に2等和室変更宴会場大広間摩周」(後に2等和室変更案内所 高級ミーティングルーム「ローズルーム」(24席) レストランカリブ」(202席) スタンドヨットクラブバーカサブランカ」(35後に一部喫煙室変更カラオケスタジオQ(20席) サンセットデッキ ショッピングストア 展望通路左舷) Cデッキ3階華やかに乗客迎えイメージの赤を基調色とした。 1等室(和洋室28室・洋室9室・和室2室) 2等寝台室(8室、後にB寝台」に改称2等和室(7室) ドライバー室(6室) エントランスホール ゲームコーナー ミニシアター56席) カードルーム 休憩スペースプラザ自販機コーナー 展望大浴場

※この「船内」の解説は、「いしかり (フェリー・2代)」の解説の一部です。
「船内」を含む「いしかり (フェリー・2代)」の記事については、「いしかり (フェリー・2代)」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/11 07:43 UTC 版)

シルバークイーン (3代)」の記事における「船内」の解説

旅客サービス集約化モーダルシフト対応したドライバー設備グレードアップ荷役効率上等に配慮され設備として多様な客室エントランスベースとした公室、気軽・手軽な食事提供するオートレストラン甲板間の迅速な移動のためのエレベーター設置された。

※この「船内」の解説は、「シルバークイーン (3代)」の解説の一部です。
「船内」を含む「シルバークイーン (3代)」の記事については、「シルバークイーン (3代)」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/19 08:17 UTC 版)

かなや丸 (3代)」の記事における「船内」の解説

操舵室後部貸し切りグリーン室、上部旅客甲板売店および軽食提供するスナック設置されている。また、房総半島ゴルフ場向かゴルフ客の利便を図るため、下部旅客甲板船室外にゴルフバック置き場設けられている。

※この「船内」の解説は、「かなや丸 (3代)」の解説の一部です。
「船内」を含む「かなや丸 (3代)」の記事については、「かなや丸 (3代)」の概要を参照ください。


船内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/30 03:52 UTC 版)

おがさわら丸 (3代)」の記事における「船内」の解説

案内放送音声は、声優中上育実が声を当てている。 2016年平成28年7月2日より、レストラン展望ラウンジ売店ではSuicaPASMOなどの全国相互利用サービス対応した交通系ICカード利用可能である(ただしPiTaPa利用不可)。モバイルSuicaモバイルPASMO仕様上、支払い時に無線パケット通信必要になるため、基地局圏外となる航行中使用できないまた、従来のカードタイプにおいても船内でチャージ出来ないので、乗船前にあらかじめ必要金額チャージをしておく必要があるレストラン及び展望ラウンジ軽食コーナーは、小笠原海運直営ではなくテナント業者により運営されている。 先代おがさわら丸までは酔い止め薬を船内売店販売していたが、本船就航前の2009年平成21年6月薬事法(現・医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律改定で、薬剤師登録販売者常駐しないと販売できなくなったため、酔い止め薬必要とする場合は、乗船前にドラッグストア購入しておく必要がある東京父島間で、携帯電話電波繋がりやすい時刻は、東京湾内(14時頃まで)、大島沖(14時50分頃)、三宅島沖(16時10分頃)、八丈島沖(18時50分頃)、鳥島沖(1時20分頃)、父島入港1時間前。

※この「船内」の解説は、「おがさわら丸 (3代)」の解説の一部です。
「船内」を含む「おがさわら丸 (3代)」の記事については、「おがさわら丸 (3代)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「船内」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「船内」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



船内と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

船内のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



船内のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのびすば (改訂履歴)、だいせつ (改訂履歴)、あるびれお (改訂履歴)、さんふらわあ あいぼり (改訂履歴)、さんふらわあ こばると (改訂履歴)、あるなする (改訂履歴)、第一セントラル (改訂履歴)、さんふらわあ (初代) (改訂履歴)、ゆふ丸 (改訂履歴)、いしかり (フェリー・3代) (改訂履歴)、ルーシ (貨客船) (改訂履歴)、シルバークイーン (初代) (改訂履歴)、フェリーこうち (改訂履歴)、まりん・あわじ (改訂履歴)、コスタ・アレグラ (改訂履歴)、ははじま丸 (初代) (改訂履歴)、ははじま丸 (2代) (改訂履歴)、ヴィクトリアI (フェリー) (改訂履歴)、すいせん (フェリー・初代) (改訂履歴)、はまゆう (関釜フェリー) (改訂履歴)、おがさわら丸 (初代) (改訂履歴)、おれんじ えひめ (改訂履歴)、きたかみ (フェリー・2代) (改訂履歴)、さんふらわあ さっぽろ (改訂履歴)、かしおぺあ (改訂履歴)、おーしゃんうえすと (改訂履歴)、アインス宗谷 (改訂履歴)、アマポーラ宗谷 (改訂履歴)、サイプリア宗谷 (改訂履歴)、カランセ奥尻 (改訂履歴)、フェリーきかい (3代) (改訂履歴)、サンシャインふじ (改訂履歴)、琉球エキスプレス (改訂履歴)、クイーン・メリー2 (改訂履歴)、フェリーあまみ (3代) (改訂履歴)、フェリー波之上 (改訂履歴)、りつりん2 (改訂履歴)、おれんじ8 (改訂履歴)、ブルーゼファー (改訂履歴)、ブレーメン (客船・5代) (改訂履歴)、はやぶさ (高速フェリー) (改訂履歴)、クイーンコーラル (初代) (改訂履歴)、飛龍3 (改訂履歴)、クルーズフェリー飛龍 (改訂履歴)、アポロ司令・機械船 (改訂履歴)、しらはま丸 (2代) (改訂履歴)、フェリーどうご (改訂履歴)、フェリーしまんと (改訂履歴)、さんふらわあ さつま (改訂履歴)、さんふらわあ きりしま (改訂履歴)、フェリーたかちほ (宮崎カーフェリー) (改訂履歴)、おりえんとびいなす (改訂履歴)、なおしま (改訂履歴)、クイーンコーラルプラス (改訂履歴)、シルバーブリーズ (改訂履歴)、フェリーきたきゅうしゅうII (改訂履歴)、希望 (高速フェリー) (改訂履歴)、きそ (フェリー・2代) (改訂履歴)、いずみ (フェリー) (改訂履歴)、せっつ (フェリー) (改訂履歴)、ひびき (フェリー) (改訂履歴)、やまと (フェリー・2代) (改訂履歴)、フェリーあけぼの (2代) (改訂履歴)、はまゆう丸2 (改訂履歴)、シーパセオ (改訂履歴)、ブルーマーメイド (改訂履歴)、さんふらわあ さつま (2代) (改訂履歴)、シルバーティアラ (改訂履歴)、フェリーおおさかII (改訂履歴)、シーパレス (改訂履歴)、シルバープリンセス (改訂履歴)、シルバーエイト (改訂履歴)、飛鳥 (旅客船) (改訂履歴)、サブリナ (フェリー) (改訂履歴)、フェリーきょうと (改訂履歴)、クイーンコーラル8 (改訂履歴)、らべんだあ (改訂履歴)、さんふらわあ きりしま (初代) (改訂履歴)、きたかみ (フェリー) (改訂履歴)、マリエラ (改訂履歴)、ふぇにっくす (改訂履歴)、フェリーりつりん (改訂履歴)、みやざきエキスプレス (改訂履歴)、あるかす (改訂履歴)、さんふらわあ つくば (改訂履歴)、フェリーびざん (改訂履歴)、フェニックス エキスプレス (改訂履歴)、プリンセスわかさ (改訂履歴)、さんふらわあ ふらの (改訂履歴)、すずらん (フェリー・初代) (改訂履歴)、いしかり (フェリー・2代) (改訂履歴)、シルバークイーン (3代) (改訂履歴)、かなや丸 (3代) (改訂履歴)、おがさわら丸 (3代) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS