宇宙飛行士とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 宇宙飛行士の意味・解説 

うちゅう‐ひこうし〔ウチウヒカウシ〕【宇宙飛行士】

読み方:うちゅうひこうし

宇宙船操縦したり、宇宙空間さまざまな実験作業行ったりする人。アストロノート宇宙パイロット

[補説] 世界初の宇宙飛行士はソ連(現ロシア)のガガーリンで、1961年ボストーク1号搭乗地球一周した日本初秋山豊寛(とよひろ)。1990年東京放送(現TBSテレビ)の宇宙特派員としてソユーズ・ミール宇宙ステーション搭乗


宇宙飛行士

読み方ウチュウヒコウシ

概要解説 宇宙飛行士になるためには、まず宇宙開発事業団(NASDA)から宇宙飛行士候補者として採用された後、1年半程度基礎訓練を受け、宇宙飛行士に必要となる科学・技術知識語学国際宇宙ステーション(ISS)/日本の実験棟システムの概要等について学びます。これらを修了すると、訓練結果評価の上ISS搭乗宇宙飛行士として認定されます。その後、約1年間アドバンスト訓練参加し、各参加機関にてISSの各システム及びその操作技術等について学び訓練修了後、搭乗するミッション決定するとそのミッション遂行するためのISS操作手順実験操作手順等の訓練1年半程度行いますこれらの訓練修了した後、3~6ヶ月程度の期間、ISS滞在することとなります。宇宙飛行士になるためには次の条件必要です自然科学系大学卒業上であること自然科学系研究・開発仕事携わった経験3年以上あること長期間宇宙滞在身体的(身長血圧視力聴力など)、精神的に適応できること英語で充分コミュニケーションはかれること(英検1級程度の英話力)日本人の宇宙飛行士としてふさわし教養有することなど。 必要な能力資格など 関連する職業

宇宙飛行士

必要な資質は「健康」「協調性」「英語力」の3要素

宇宙飛行士は、地上ちがった環境である無重力状態に体をなれさせる必要があるので、まず健康でなければなりません。それに、限られたシャトル空間の中で数人共同生活するので、協調性チームプレー精神必要ですまた、機内での会話地上との交信はすべて英語でおこなわれるので、英語力欠かせません。この3つが宇宙飛行士になるのに最低限必要になるでしょう

日本の宇宙飛行士たち
日本の宇宙飛行士たち

シャトルの宇宙飛行士は、役割別の専門家集団

スペースシャトルの宇宙飛行士は役割によっていろいろな種類分類されます。コマンダー」はシャトル船長で、シャトルでの飛行期間中全責任負います。「パイロット」はコマンダー補助しシャトル運用操縦おこないます。「ミッション・スペシャリスト」(MS)は、機器操作船外活動人工衛星回収放出などを実行します若田光一宇宙飛行士は日本人としてはじめMSとしてシャトル乗り込みました。「ペイロード・スペシャリスト」(PS)はNASAの宇宙飛行士以外の搭乗員で、特定のミッション専門家です。毛利衛宇宙飛行士と向井千秋宇宙飛行士は、それぞれ材料科学医学PSです。

国際宇宙ステーションへ向け、さらに募集

1995年宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))5人目の宇宙飛行士を募集し野口聡一さんが宇宙飛行士として選ばれました。また、アメリカEU諸国カナダロシア日本の協力で、地球周回軌道上に長期にわたり実験観察ができる国際宇宙ステーション建設計画されました。それに向けて宇宙ステーション活躍する宇宙飛行士の募集数回おこなわれ現在のところ古川聡さん、星出彰彦さん、山崎直子さんが宇宙飛行士として訓練積んでます。

1年にわたりおこなわれる、宇宙飛行士の訓練

フライト決定した宇宙飛行士は1年にわたり訓練おこないます体力訓練としては、2時間トレーニングが週に3回ほどおこなわれます。このトレーニング筋肉をきたえるのではなくて限られた期間内で数十種類実験をこなす体力を保つためにおこなわれますNASAではKC135という飛行機慣性飛行無重力状態つくり出し、体が無重力状態慣れ訓練をします。また、無重力状態スムーズにミッション進められるように、宇宙服着て水中ミッション予行何回もくり返します。

訓練中の山崎直子宇宙飛行士
訓練中山崎直子宇宙飛行士

さまざまな任務を帯びて活躍する宇宙飛行士たち

スペースシャトルには、少なくても5人の乗組員がいます。コマンダーパイロット3人ミッション・スペシャリスト(MS)です。通常は、これにペイロード・スペシャリスト(PS)が1人2人搭乗しますコマンダーは、シャトル飛行から帰還までミッション全体指揮するので、シャトル・システムすべてについて訓練を受けてます。パイロットは、とくに電力系と姿勢制御系の訓練を受けてます。打上げ時や着陸時の故障などの緊急事態訓練重ね不測の事態対処する役割期待されています。パイロットとして1度2度フライト経験するコマンダー昇格します

宇宙実験中の向井千秋宇宙飛行士。ペイロード・スペシャリスト(PS)としてスペースシャトルに搭乗。
宇宙実験中の向井千秋宇宙飛行士。ペイロード・スペシャリスト(PS)としてスペースシャトル搭乗

MSとPS

ミッション・スペシャリスト(MS)は、シャトル軌道上ある時作業担当します。第1から第3MSがいて、搭載した荷物実験に関すること全般について責任負ってます。船外活動人工衛星回収放出などをします。第2MSの宇宙飛行士は、打上げ着陸時にはコマンダーパイロットのすぐ後ろの席着き緊急事態生じた時にはフライト・エンジニアとして補助的な役割受け持ってます。ペイロード・スペシャリスト(PS)はNASAの宇宙飛行士ではありませんが、普通、宇宙研に関して専門的な知識を持つ科学者がなり、荷物として積み込んだ実験機器使ってその人にしかできない実験をします。

ミッション・スペシャリスト(MS)として船外活動をおこなう土井隆雄宇宙飛行士
ミッション・スペシャリスト(MS)として船外活動をおこなう土井隆雄宇宙飛行士


宇宙飛行士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/15 06:02 UTC 版)

宇宙飛行士(うちゅうひこうし)とは、地球の大気圏外において、宇宙船の操縦や科学実験などの業務を行う人員[1]


注釈

  1. ^ 旧ソ連によるユーリ・ガガーリンの世界初の有人宇宙飛行は周回飛行だったためこの点は問題ないが、帰還時にパラシュートで脱出して着地する方式が当時の国際航空連盟の規定「宇宙飛行士は打ち上げから着陸に至るまで宇宙船の中に居なければならない」に反しており、旧ソ連はこの事実を隠ぺいしていた。
  2. ^ リサ・ノワックによる事件直後、その事件を視野に入れつつ、宇宙飛行士の精神衛生全般に関して解説。
  3. ^ ニール・アームストロングとともに到達。

出典



「宇宙飛行士」の続きの解説一覧

宇宙飛行士

出典:『Wiktionary』 (2021/08/28 14:06 UTC 版)

名詞

宇宙 飛行士うちゅうひこうし

  1. 宇宙船宇宙へ行く乗組員宇宙飛行訓練米国行った者を「アストロノート」、ソ連ロシア行った者を「コズモノート」、中国行った者を「タイコーノート」と呼んで区別することもある。

発音(?)

  • う↗ちゅーひこ↘ーし

翻訳


「宇宙飛行士」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

宇宙飛行士のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



宇宙飛行士のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
職業図鑑職業図鑑
All contents Copyright(C)2022 Foundation.,All rights reserved.
A six Japan職業図鑑
日本惑星協会日本惑星協会
All rights reserved. The Planetary Society of Japan 2022.
JAXAJAXA
Copyright 2022 Japan Aerospace Exploration Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの宇宙飛行士 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの宇宙飛行士 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS