共同生活とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 隠語辞典 > 共同生活の意味・解説 

共同生活

作者大江健三郎

収載図書大江健三郎作品
出版社新潮社
刊行年月1994.11

収載図書大江健三郎小説 1 「芽むしり仔撃ち」と初期短篇 1
出版社新潮社
刊行年月1996.5


共同生活

作者梁石日

収載図書在日文学全集 第7巻 梁石日
出版社勉誠出版
刊行年月2006.6


共同生活

読み方:きょうどうせいかつ

  1. 自由結婚の意、即ち出来合夫婦のこと。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

共同生活

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/07 18:42 UTC 版)

共同生活(きょうどうせいかつ)とは人間によって行われている生活の形式の一つであり、一つの家屋の内で複数の人間が一つの共同体を形成するという形で生活が営まれているようなもののことを言う。同居や同棲などという形で呼ばれるような生活様式というものは共同生活に該当する。近年になってから増加しているルームシェアゲストハウスというものは新たな共同生活の様式であったりそのような生活を送ることを目的として設置されている施設のことである。また近年の高齢化社会などと言われている事柄と相俟って、個人障害などにより自立した生活を送ることが不可能となっていることから他人の支援なしでは生活を維持することが不可能となっているがゆえに、介護が行われているグループホームなどに入居するという形で共同生活を送らざるを得なくなっている者の増加が著しい[1][2][3][4]




「共同生活」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「共同生活」の関連用語

共同生活のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



共同生活のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの共同生活 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS