第7巻とは? わかりやすく解説

第7巻(遺稿のため序盤のみ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 07:56 UTC 版)

風の聖痕」の記事における「第7巻(遺稿のため序盤のみ)」の解説

神凪お抱えである病院搬送された小は無事一命取り留めていた。見舞い来た綾乃からガイア死んだこと、クリス撤退したこと、真の黒幕精霊喰いゴートであること、和麻によって虚空閃継承させられたことなどを聞かせられる。復讐心駆られていた小だったが、黒幕存在を知るとそちらを倒す方が大事だ告げる。同時に復讐者としての完成系ともいえる和麻を見てああなってしまうのが恐ろしいとも思うことを独白した。その後、小は和麻に「俺のものになれ!」と告白。しかし和麻の力を利用して凰の分家けん制するためだとして和麻に断られた。話を聞いていた綾乃は和麻をロリコンペド野郎など散々罵倒した名家令嬢にもその財産にも和麻は興味がないようだった

※この「第7巻(遺稿のため序盤のみ)」の解説は、「風の聖痕」の解説の一部です。
「第7巻(遺稿のため序盤のみ)」を含む「風の聖痕」の記事については、「風の聖痕」の概要を参照ください。


第7巻(第42話 - 第48話)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/02 12:10 UTC 版)

終末のハーレム」の記事における「第7巻(第42話 - 第48話)」の解説

翔太荒淫限りを尽くすようになってまもなく、一帯爆破テロ遭う花蓮世界で一番偉くなるという野望明かし翔太結託する一方、善はテロ集団目覚めさせられ、妻・ミキ我が子再会できない状況直面するテロ集団のもとで「」を率いる元上司出芽輝奈から隷属命じられ絵理沙から2045年現状聞かされ驚愕した善は、さらに輝奈から「」の希望者たち全員妊娠させる「聖奴隷」となることを強制される

※この「第7巻(第42話 - 第48話)」の解説は、「終末のハーレム」の解説の一部です。
「第7巻(第42話 - 第48話)」を含む「終末のハーレム」の記事については、「終末のハーレム」の概要を参照ください。


第7巻(動者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/10 14:20 UTC 版)

自然学 (アリストテレス)」の記事における「第7巻(動者)」の解説

第7巻 - 動者。全5章第1章 - 動くものは全て何かによって動かされる。どんな他のものによっても動かされることのない第一動かものがある第2章 - 動かすものと動かされるものとは接触してなければならない第3章 - 性質の変化全て感覚的諸性質に関する第4章 - 運動の速さについての比較第5章 - 力が重いもの動か働きに関する原理

※この「第7巻(動者)」の解説は、「自然学 (アリストテレス)」の解説の一部です。
「第7巻(動者)」を含む「自然学 (アリストテレス)」の記事については、「自然学 (アリストテレス)」の概要を参照ください。


第7巻(つづくオン・マイ・オウン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 14:32 UTC 版)

フルメタル・パニック!」の記事における「第7巻(つづくオン・マイ・オウン)」の解説

宗介正体、かなめの正体薄々気が付きながらも、彼らのために便宜を図ってきた林水元生徒会長に告げられたのは、かなめが学校去らなければ深刻な事態になってしまうという警告だった。さらにかなめと宗介前に現れたレナードから聞かされた「知ってはいけない情報知ってしまったミスリルへの総攻撃」の警告。そして予告現実となる。その日磐石思えたミスリルが、宗介とかなめの9か月間を見守った街並みが、<アマルガム>の猛攻震えた。「彼女は絶対に守る」ミスリルからのサポートも、かなめの協力得られない絶望的な状況の中、宗介愛機アーバレストただひと死闘へと向かう。

※この「第7巻(つづくオン・マイ・オウン)」の解説は、「フルメタル・パニック!」の解説の一部です。
「第7巻(つづくオン・マイ・オウン)」を含む「フルメタル・パニック!」の記事については、「フルメタル・パニック!」の概要を参照ください。


第7巻(抑制と無抑制、快楽-A稿)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 04:02 UTC 版)

ニコマコス倫理学」の記事における「第7巻(抑制と無抑制快楽-A稿)」の解説

第7巻 - 全14章抑制(エンクラテイア(英語版) )と無抑制アクラシア)】第1章 - 「悪徳(カキア)」「無抑制アクラシア)」「獣的状態(テーリオテース)」とその反対。「抑制」と「無抑制に関する通説第2章 - これらの見解含まれている困難。こうした難点が解きほぐされなくてはならない第3章 - 抑制力の無い人は「知りつつ悪しきことを成す」のだとすればこの場合の「知りつつ」とは何を意味するのか。 第4章 - 「無抑制」はいかなる領域にわたるか。本来的な意味における「無抑制」と類似的な意味における「無抑制」。 第5章 - 「獣的」「病的」な性質の「無抑制」は厳密な意味で「無抑制とは言えない。 第6章 - 「憤慨(テュモス)」についての「無抑制」は本来的な意味における「無抑制」ほど醜悪ではない。 第7章 - 「我慢強さ」「我慢無さ」と「抑制」「無抑制」の関係、「無抑制」の2種 --- 「せっかち」と「だらしなさ」。 第8章 - 「無抑制」と「悪徳」(放埒)の区別第9章 - 「抑制」「無抑制に似てなるもの。「抑制も一つの「中庸」だと言える第10章 - 「怜悧(利口)」は「無抑制」と相容れても「知慮」は「無抑制」とは相容れない。 【快楽ヘードネー)-A稿】第11章 - 「快楽」の究明の必要。「快楽」は善ではないという三説とその論拠第12章 - 前章についての全面的な検討第13章 - つづき 第14章 - つづき

※この「第7巻(抑制と無抑制、快楽-A稿)」の解説は、「ニコマコス倫理学」の解説の一部です。
「第7巻(抑制と無抑制、快楽-A稿)」を含む「ニコマコス倫理学」の記事については、「ニコマコス倫理学」の概要を参照ください。


第7巻(国家の善と教育1)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 08:38 UTC 版)

政治学 (アリストテレス)」の記事における「第7巻(国家の善と教育1)」の解説

第7巻 - 全17章個人、国にとっての最高善第1章 - 善の3種 - 「外的善」「身体的善」「精神的善」。個人国家も、最後の精神的善」が重要。 第2章 - 個人における「政治家」「哲学者」の生活、国家における「外征」「国内善政」的組織後者望ましい。 第3章 - 「政治家に対する自由人私人優越批判。「無為の生活」よりも「善き行為」にこそ幸福がある。 【最善の国の構成第4章 - 最善の国における諸機能果た最適な人口数。自足的善い生活と、国民相互面識可能にする数。 第5章 - 自足的国土中庸生活を可能にする広さ攻守便利な地勢海陸交通好都合な国都。 第6章 - 道徳的経済的軍事的見地から見た海上交通の是非。貿易海軍力第7章 - 欧州民族気概)とアジア民族知性)の性質巧く混合された望まし国民本性第8章 - 国家必須機能 - 1「食料供給」、2「技術使用」、3「武器使用」、4「資金調達」、5「神事」、6「国事」。 第9章 - 国民上記の1、2、4に属するべきでなく、3、5、6には年齢に応じて属すべき。また、土地財産所有国民限定必要性第10章 - 「戦士」と「農耕者」の分離、「共同食事」、耕地の「共有地」と「私有地分離第11章 - 国都要塞地、個人住宅位置。都壁の必要性第12章 - 共同食事所、神殿市場体育所、役所配置地方役所配置。 【最善の国における教育一般原理第13章 - 幸福は「目的設定」と「手段選択から成る。『倫理学』で定義されたように、幸福とは「徳の無条件かつ完全な実現使用」。徳は「生まれつき」「習慣」「理」から成り後者2つ教育対象第14章 - 若年被支配者に、年老いてからは支配者になれる教育霊魂全ての部分の徳、特に理性的部分徳の涵養目標置かれた善い人間作る教育第15章 - 平和期における閑暇享受するための、より一段多くの徳。教育順序は「身体」→「霊魂非理部分」→「霊魂理知部分」。 【教育初期段階】第16章 - 健全な身体形成のための、結婚年齢両親体質結婚季節妊婦行動産児制限堕胎子作り期間、姦通などに関する立法規定の必要性。 第17章 - 幼児栄養運動遊戯見聞きする話・絵・芝居についての立法規定の必要性教育課程時期区分

※この「第7巻(国家の善と教育1)」の解説は、「政治学 (アリストテレス)」の解説の一部です。
「第7巻(国家の善と教育1)」を含む「政治学 (アリストテレス)」の記事については、「政治学 (アリストテレス)」の概要を参照ください。


第7巻(定義について(補足))

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 04:23 UTC 版)

トピカ (アリストテレス)」の記事における「第7巻(定義について補足))」の解説

第7巻 - 定義について補足)。全5章第1章 - 「同じ」であると言われるものども取り扱う「トポス」 -1.同等性」は屈折語同列語、対立語の観点から証明され得る。 2. 同じ二つのものの一方最上級性質を持つと言われる時、他方についてもこのことは真であるかどうか。 3. 同じ二つのものは第三のものと同じであるかどうか。 4. 同じ二つのものの付帯性が同じであるかどうか。 5. 二つのものが同じカテゴリー類の内にあって同じ種差を持っているかどうか。 6. 二つのものが両方同時に増大減少するかどうか。 7. 同じ二つのものに同じもの付加され結果どうなっているか。 8. 一つ仮定結果として、同じ二つのものの一方破棄され他方破棄されないかどうか。 9. 同じ二つのものには同じもの述語付けされるかどうか。 10. 類的・種的に同じであっても、数的に同じかどうか。 11. 同じ二つのものの内、一方他方無しに存在しうるかどうか第2章 - 前章の「トポス」は、定義を破壊するのに役立つが、定義を確立するのには役立たない第3章 - 定義を確定するための「トポス」 -1.義を確認する仕方。 2.相反する類と種差から目の前のものの類と種引き出し反対なものの定義から目前のものの定義を確立するようにする仕方。 3.定義を確立するために屈折語同列語を用いること。 4.相互に同じような関係にあるものども観点から論議し義を作ること。 5.他の定義比較して一つの定義を作ること第4章 - 何が最も有効なトポスであるか註記第5章 - 定義やその構成要素を覆した確立したりすることについての註記 -1.義を確立することより覆すことの方が容易。 2. 同じことは特性類についても真。 3. 付帯性については一般的には覆すことの方が容易、部分的に確立することの方が容易。 4. 定義は四つの内で最も覆すのが容易で確立するのが最も困難。 5. 特性その次に覆すのが困難。 6. 付帯性は覆すのに最も困難で確立するのが最も容易。

※この「第7巻(定義について(補足))」の解説は、「トピカ (アリストテレス)」の解説の一部です。
「第7巻(定義について(補足))」を含む「トピカ (アリストテレス)」の記事については、「トピカ (アリストテレス)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「第7巻」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「第7巻」の関連用語

第7巻のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



第7巻のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの風の聖痕 (改訂履歴)、終末のハーレム (改訂履歴)、自然学 (アリストテレス) (改訂履歴)、フルメタル・パニック! (改訂履歴)、ニコマコス倫理学 (改訂履歴)、政治学 (アリストテレス) (改訂履歴)、トピカ (アリストテレス) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS