その構成とは? わかりやすく解説

その構成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/09 06:56 UTC 版)

三部作 (プッチーニ)」の記事における「その構成」の解説

最終的にプッチーニの「三部作」は『外套』、『修道女アンジェリカ』、『ジャンニ・スキッキ』をこの順番上演する、という形態落ち着いた。この構成は何に由来しどのような意味をもつのかに関して各説がある。 『神曲』 救いようのない暗さをもつ『外套』、人間贖罪テーマとした『修道女アンジェリカ』、明るユーモアの『ジャンニ・スキッキ』の3つが、ダンテ・アリギエーリ『神曲』地獄篇煉獄篇天国篇それぞれ対応する、との分析がある。もっとも、『ジャンニ・スキッキ』は天上哲学的な歓喜とは無縁人間臭いユーモアであり、ダンテまで持ち出すのは穿ち過ぎではないか、との批判もある。 ホフマン物語 1881年初演ジャック・オッフェンバックオペラホフマン物語 (Les Contes d'Hoffmann )』は、主人公詩人ホフマン3人の女オランピアアントーニアジュリエッタ繰り広げる3つの恋物語であり、プッチーニはこの作品からヒント得て3つの物語同時上演考案した、との説がある。しかし、『ホフマン物語』が同一主人公による、3つの類似した物語であるのに対して、「三部作はまった異な時代地域別種物語組合せであり、両者には大きな相違見られるグラン・ギニョール劇場 プッチーニが『外套』をオペラ化するきっかけとなったパリグラン・ギニョール劇場では短幕物の3本立て上演多く行われており、プッチーニ三部作」もそれに倣ったのだとの説もある。 劇場効果三部作」はプッチーニの鋭い劇場感覚から生まれたオリジナル構想であるとの考えもある。この頃プッチーニはある書簡で。 「劇場成功するにはお決まりの秘訣というのがある。まずは観客興味持たせ驚かせ感動させ、そして笑わせるんだ」 と述べている。『外套』が観客惹きつけそしてエンディング驚かせ、『アンジェリカ』が感動させ、『ジャンニ・スキッキ』が最後に笑わせて家路につかせる役目担っているのだとすると、この「三部作構成プッチーニのいう「秘訣」をそのままその順番作品化したものということができる。

※この「その構成」の解説は、「三部作 (プッチーニ)」の解説の一部です。
「その構成」を含む「三部作 (プッチーニ)」の記事については、「三部作 (プッチーニ)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「その構成」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「その構成」の関連用語

その構成のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



その構成のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの三部作 (プッチーニ) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS