天上とは? わかりやすく解説

てん‐じょう〔‐ジヤウ〕【天上】

読み方:てんじょう

空の上。空。「—の星」

天上界」に同じ。

天に昇ること。また、死ぬこと。昇天

「某(それがし)はであるが…只今落ちたが、何なりと取り付く物があれば—すれども」〈虎明狂・雷

この上もないこと。最上無上

「やや子がかみそり持って遊んでゐるやうなもので、あぶない事の—ぢゃ」〈松翁道話・一〉

2階階上

「わしと順礼の女の衆は、—へ上がって寝ますべい」〈滑・膝栗毛・二〉


天上

読み方:てんじょう

  1. 本類「てんいち同意。〔第四類 言語動作
  2. 好都合だから直ち実行せよとの意。「てんいち」「てんかつ」「てんかち」(※「てんかつ」)に同じ。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

天 (仏教)

(天上 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/13 06:52 UTC 版)

仏教における(てん、: देव[1] [デーヴァ])とは、衆生生死流転する六道のうちの最上部にある世界のことであり[2]天界天上界天道とも呼ばれる[2][1]。天界は、この地上から遙か上方にあると考えられている[1]


注釈

  1. ^ 他の尊格で「部」が省略されている場合でも、「天」だけは「天部」と称されることがある。
  2. ^ 「観音」を「菩薩」と分ける場合もある。

出典

  1. ^ a b c d e f g 総合仏教大辞典 1988, p. 1020-1021.
  2. ^ a b c 天(テン)とは - コトバンク”. 朝日新聞社. 2017年10月12日閲覧。
  3. ^ a b 天上界(テンジョウカイ)とは - コトバンク”. 朝日新聞社. 2017年10月12日閲覧。
  4. ^ a b c d 天部(てんぶ)とは - コトバンク”. 朝日新聞社. 2017年10月13日閲覧。
  5. ^ 関衛 『日本絵画史』 日東書院、1931。[要ページ番号]
  6. ^ ひろさちや『仏像でわかる仏教入門』〈講談社+α新書〉2004年。ISBN 978-4062722384 


「天 (仏教)」の続きの解説一覧

天上

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/17 19:10 UTC 版)

聖体の論議」の記事における「天上」の解説

デイシス左右に着座して描かれている人物は、聖書に登場する人物か、古代聖人である。旧約聖書人物には光輪英語版)は描かれていないが、使徒殉教者には光輪描かれている。 左側(左から) ペトロ - 使徒、「天の国の鍵」を持つ姿 アダム - 最初に創造され人間 ヨハネ - 使徒福音記者 ダビデ - 古代イスラエルの王 ローマのラウレンティウス - 3世紀殉教者 ソロモン - 古代イスラエルの王 右側(左から) ヨシュア - 『ヨシュア記』などに登場するユダヤ人指導者 ステファノ - キリスト教最初殉教者とされる1世紀殉教者 モーセ - 『出エジプト記』などに登場するユダヤ人指導者 大ヤコブ - 使徒、「ゼベダイの子ヤコブ」とも アブラハム - 最初預言者全てのユダヤ人の祖 パウロ - 使徒

※この「天上」の解説は、「聖体の論議」の解説の一部です。
「天上」を含む「聖体の論議」の記事については、「聖体の論議」の概要を参照ください。


天上

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/27 08:48 UTC 版)

天地創造デザイン部」の記事における「天上」の解説

神様 声 - 龍田直樹 姿を現さないトリックスター存在デザイン部生物デザイン作成をさせ、連絡係の天使代用委託し適当な依頼与え面倒臭がり屋性格クライアントデザイン部とはOEMのような関係を持っており 、常にデザイン部行動観察してデザインされ生物気に入れば採用し、気に入らなければ不採用にする。疲弊困憊しているデザイナーたちを申し訳なく思い慰安旅行楽しませた

※この「天上」の解説は、「天地創造デザイン部」の解説の一部です。
「天上」を含む「天地創造デザイン部」の記事については、「天地創造デザイン部」の概要を参照ください。


天上

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/08 00:14 UTC 版)

Apocripha/0」の記事における「天上」の解説

雲の上にある神や天使たちが住む王国天使送り込み奈落侵略しようとしており、奈落とは敵対している。

※この「天上」の解説は、「Apocripha/0」の解説の一部です。
「天上」を含む「Apocripha/0」の記事については、「Apocripha/0」の概要を参照ください。


天上(てんじょう)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/12 16:41 UTC 版)

境界線上のホライゾン」の記事における「天上(てんじょう)」の解説

地球外世界。そこに至れれば、人々は神となる至高世界

※この「天上(てんじょう)」の解説は、「境界線上のホライゾン」の解説の一部です。
「天上(てんじょう)」を含む「境界線上のホライゾン」の記事については、「境界線上のホライゾン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「天上」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

天上

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 11:33 UTC 版)

名詞

てんじょう

  1. そら
  2. 天人の住むという世界

発音(?)

て↗んじょー

対義語

関連語


「天上」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「天上」の関連用語

1
94% |||||

天上のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



天上のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
皓星社皓星社
Copyright (C) 2024 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの天 (仏教) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの聖体の論議 (改訂履歴)、天地創造デザイン部 (改訂履歴)、Apocripha/0 (改訂履歴)、境界線上のホライゾン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの天上 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS