空とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > > の意味・解説 

くう【空】

【一】[名]

天と地との間。大空(おおぞら)。空間。「空を切る」「空をつかむ」

《(梵)śūnyaの訳。うつろであること、ない、の意》仏語すべての事物はみな因縁によってできた仮の姿で、永久不変実体自我などはないということ

空軍」の略。「陸海空

【二】[名・形動

何も存在しないこと。また、そのさま。うつろ。

「彼は—な懐(ふところ)をひろげて」〈藤村・家〉

事実でないこと。よりどころのないこと。また、そのさま。

「決して自己弁護の—な言草じゃあない」〈里見弴・今年竹

無益なこと。また、そのさま。むだ。「今まで努力が空に帰した」


くう【空】

[音]クウ(呉) [訓]そら あく あける から むなしい すく うつろ

学習漢字1年

[一]クウ

そら。「空間空気空中滑空虚空(こくう)・航空上空低空天空碧空(へきくう)・領空

がらんとして大きい。「天空海闊(てんくうかいかつ)」

中身根拠がない。何もないからっぽ。「空虚空席空想空白空論架空真空中空

仏教で、実体本質のないこと。「空観色即是空

航空機。「空軍空港空襲空路

空気。「空調空冷

[二]〈そら(ぞら)〉「空色空耳青空夜空

[三]〈から〉「空手空念仏

名のり]たか

難読空木(うつぎ)・空蝉(うつせみ)・空穂(うつぼ)


うろ【虚/空/洞】

内部が空になっているところ。うつろ。ほら。空洞。「古木の—」


むな【空/虚】

語素名詞の上に付いて、何もない、空虚である、の意を表す。「—手」「—言(むなごと)」


うつせ【空/虚】

貝殻うつせがい

いかなる様にて、いづれの底の—にまじりけむ」〈源・蜻蛉

中身のないこと。から。空虚。

「手を通さねば便なき袖は—のうちかけ姿」〈浄・聖徳太子


うつお〔うつほ〕【空/虚/洞】

中がからになっていること。また、そのようなもの。うつろ。うろ。

「この唐櫃(からびつ)をこそ心にくく思ひつれども、これも—にて物なかりけり」〈今昔二九一二

岩や樹木にできた空洞ほら穴

いかめし牝熊、牡熊、子生連れてすむ—なりけり」〈宇津保・俊蔭〉

上着だけで、下に重ねるべき衣類着用しないこと。

「短き衣—にほうかぶって、帯もせず」〈平家・八〉

(ねぎ)をいう女房詞

[補説] 発音は、古くは「ウツホ」、その後「ウツヲ」「ウツオ」と変化したという。また、ウツボ」と濁音にも発音されたらしい


そら【空/虚】

【一】[名]

頭上はるかに高く広がる空間。天。天空。「東の—が白む」「鳥のように—を飛び回りたい」「—高く舞い上がる

晴雨などの、天空のようす。天候空模様。「今にも降り出しそうな—」

その人居住地本拠地から遠く離れている場所。または、境遇。「異国の—」「旅の—」「故郷の—を懐かしむ

多く「そらもない」の形で)心の状態。心持ち心地また、心の余裕。「生きた—もない」

観菊などという—は無い」〈二葉亭・浮雲

すっかり覚え込んでいて、書いたものなどを見ないで済むこと。「山手線駅名を—で言える

家の屋根天井裏、木の(こずえ)など、高いものの上部。てっぺん

それがしが木の—にゐれば」〈狂言記柿山伏

【二】形動ナリ

他に心を奪われ、ぼんやりして当面事柄に対応できないでいるさま。うわのそら

たもとほり往箕(ゆきみ)の里に妹を置きて心—なり土は踏めども」〈・二五四一〉

はっきりした理由もなく事が起こるさま。偶然。

二人の人、同じ夜、—に相会へり」〈今昔・九・三三

確かな根拠もなく推量するさま。

「それ、しかあらじと、—にいかがは推し量り思ひくたさむ」〈源・帚木

【三】[接頭]名詞動詞形容詞などに付く。

それらしく思われる実際はそうでない、という意を表す。うそ。いつわり。「—涙」「—笑い」「—とぼける

実体のない、事実でない、などの意を表す。「—耳」「—音(ね)」

あてにならない信頼できない、などの意を表す。「—頼み

はっきりした理由のない、わけのわからない、なんとなく、などの意を表す。「—恐ろしい」「—恥ずかしい」


うつほ【空/虚/洞】

⇒うつお(空)


から【空/虚】

《「殻」と同語源》

【一】[名]内部物のないこと。からっぽ。「—の箱」「家を—にする」

【二】[接頭]名詞に付く。

何も持たないこと。何も伴っていないこと。「—馬」「—手」

実質的なものが伴わないこと。うわべや形だけで役に立っていないこと。「—元気」「—回り」「—手形」「—世辞


うつ【全/空/虚】

[接頭]

(全)名詞に付いて、すっかり、全く、全部の意を表す。

「皮を—はぎに剝(は)ぎて」〈記・上〉

空・虚名詞に付いて、うつろな空虚な、の意を表す。

「—(せみ)はからを見つつもなぐさめ深草の山煙だにたて」〈古今哀傷


チャート分析に用いられる用語で、株価強烈上昇下降に転じた時に生じるローソク足断層
通常株式チャート分析には、その日始値高値安値終値四本値を1本の線で表すローソク足が用いられます。このローソク足は、多く前日のものに対してどこかが重なり合うものですが、時折強烈買い材料、あるいは売り材料が出て株価大きく上下すると、株価前日動きから飛び離れることがあります。この飛び離れた分を「空(くう)」または「窓」と言います。この窓が開いて相場が上に離れ場合は、かなり強い上昇を、逆に下に離れ場合は、かなり強い下落示しており、窓が3日続けて開いた場合は、相場大天井もしくは大底サインとみられています。

読み方:ウツボ(utsubo)

ネギ別称
ユリ科多年草園芸植物薬用植物

学名 Allium fistulosum


読み方:あき

  1. 空巣覘家人不在ヲ窺ヒ屋内侵入財物窃取所為。〔第三類 犯罪行為
  2. 空巣覘のことを言ふ家人不在を窺ひ屋内侵入して財物窃取するをいふ。あきす又はあきすねらひの略語である。〔犯罪語〕
  3. 〔犯〕空巣覘ひのこと。家人の隙を窺ひ掻浚ひを行ふ侵入盗一種空巣覘ひの略、「巣」は凡て住居家宅のこと。「空巣」を単に「キス」とも云ふ。「居空」(※「いあき」)「夕空」「カウモリ」「タカ」等別項参照空巣を働くことを「アキフム」といふ。
  4. 空巣窃盗略語である。〔刑事
  5. 犯罪語にて空巣覘のことを言ふ家人不在を窺ひ屋内侵入して財物盗取するをいふ。あきす又はあきすねらひの略語である。
  6. 空巣覗のことをいふ。
  7. 家人不在侵入して金品窃取する事。「あきすねらい」に同じ。
  8. 空巣多治見前橋 不良仲間
  9. 家人不在を窺い侵入物品窃盗所為三島
  10. 〔犯〕空巣留守宅)のこと。
  11. 空巣。〔掏摸
  12. 家人留守中の窃盗。〔一般犯罪
  13. 空巣狙い語尾省略。〔盗〕
  14. 家人不在侵入して窃取すること。「あきすねらい」も同意。「あきす」「あきし」ともいう。

分類 不良仲間刑事掏摸、犯、犯罪犯罪者犯罪語、盗/風俗


読み方:そら

  1. 二階座敷。〔第五類 一般建物
  2. 二階を云ふ。
  3. 二階上にあるところから。〔俗〕 ②とぼける。空(そら)を使うの省略。〔俗〕
  4. 二階。「おかるば」と同じ。

分類 俗/一般

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方:ソラsora

作者 壷井栄

初出 昭和29年

ジャンル 小説


読み方
あき
くう
そらさき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/30 01:17 UTC 版)

(そら、霄、: sky)とは、地上から見上げたときに頭上にひろがる空間のこと。




「空」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2019/08/24 11:12 UTC 版)

発音

名詞

  1. そら海面水面を含んだ地上の上方に広がる領域空間
  2. そら天候
  3. そら場所
  4. そら気持ち
  5. から何もないこと。
  6. そら)何も見た教えてもらったりせず、当人記憶だけに頼る状態。
  7. クウ 仏教万物因縁による仮の姿であり実体はないという概念
  8. クウ)「空軍」の略、空軍に関する造語成分

熟語

訳語

から

※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



空と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「空」に関係したコラム

  • FXの三空とは

    (さんくう)とは、4本の並んだ陽線、あるいは、陰線が隣り合うローソク足の高値と安値と重ならないように窓をけて続いた状態のことです。4本の並んだ陽線の場合を三吹き上げ、三上放れといいます。また...

  • 株式分析の酒田五法の見方

    株式分析の酒田五法は、江戸時代の相場師、本間宗久によって考案された投資術です。酒田五法には、「三山」、「三川」、「三」、「三兵」、「三法」の5つの法則があります。▼三山三山は、チャートの高値圏に出現...

  • 株式上場企業の業種分類

    日本の株式上場企業は、東京証券取引所(東証)をはじめとする証券取引所の独自の基準により、業種別に分類されています。例えば、東京証券取引所(東証)の場合、業種分類は「業種別分類に関する取扱い要領」により...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「空」の関連用語

1
94% |||||

2
94% |||||

3
94% |||||

4
94% |||||

5
94% |||||

6
94% |||||

7
94% |||||

8
94% |||||

9
94% |||||

10
94% |||||

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



空のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ダウ・ジョーンズダウ・ジョーンズ
Copyright © 2021 Dow Jones & Company, Inc. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの空 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS