サインとは?

サイン【sign】

[名](スル)

署名すること。署名。「小切手にサインする」

スポーツ選手芸能人などがファンのために自分の名前を色紙などに書くこと。英語ではautographという。

符号信号また、合図すること。「目くばせでサインを送る」

スポーツで、示し合わせ合図によるプレー指示シグナル


サイン【sine】

三角比三角関数の一。直角三角形で、一つ鋭角について、斜辺対す対辺の比。また、これを一般角拡張して得られる関数記号sin 正弦正弦関数


さ‐いん【鎖陰】

処女膜・膣(ちつ)・子宮頸管(しきゅうけいかん)が閉鎖している状態。先天性の場合が多い。


さ‐いん〔‐ヰン〕【左院】

明治4年(1871)の官制改革太政官内に設置された機関立法についての諮問機関で、官選議員構成。同8年廃止


サイン

目的位置方向などを示す表示宣伝広告視覚効果持たせるため内部光源を持ったサインライトタイプが多い。

左院


サイン

作者佐藤志保

収載図書フーコー短編小説傑作15
出版社フーコー
刊行年月2004.7


サイン

名前 SigneSingh

サイン(Sign)

読み方:さいん

  1. 男性女性に対して恋情的関係を結ぶことをいふ。英語のSign(サイン)「署名すること」の転訛したもの。〔情事語〕
  2. 男性女性に対して恋情的関係を結ぶことをいふ。英語のサイン「署名すること」の転訛したもの
  3. 署名捺印。②合図身振り。③〔隠〕男性が、女性に対して性的関係を結ぶこと。
  4. sign 英)合図署名の意味であるが、男が女性に対し恋情的関係を結ぶこと。
  5. 男が女に対して性関係を結ぶこと 前橋
  6. 捺印の意から転じて、男が女に対して性的関係を結ぶこと。

分類 情事

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

サイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/18 15:23 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

サイン(一覧)

サイン

Sign

関連項目





固有名詞の分類


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「サイン」に関係したコラム

  • FXのADXの見方

    FX(外国為替証拠金取引)のADXとは、為替レートのトレンドの強さを数値として算出したテクニカル指標のことで、一般的にはチャートの下側に折れ線グラフで表します。また、ADXはDMIというテクニカル指標...

  • FXのチャート分析ソフトMT4のアラームの設定方法

    FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析ソフトMT4(Meta Trader 4)では、テクニカル指標でサインが発生した時や売買が約定した時などにアラームが鳴ります。アラームは、ユーザーが自由に設定で...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「サイン」の関連用語

サインのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



サインのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
大光電機大光電機
Copylight 2021.DAIKO ELECTRIC CO.,LTD.All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサイン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS