CDとは?

シー‐ディー【CD】


シー‐ディー【CD】


シー‐ディー【CD】


シー‐ディー【CD】


シー‐ディー【CD】


シー‐ディー【CD】


シー‐ディー【CD】


シー‐ディー【CD】


シー‐ディー【CD】


キャリア開発

読み方キャリア・ディベロップメント
別名:CD、シー・ディー
【英】:Career Development

企業ニーズ合致した能力を持つ人材育成と、社員キャリアプラン実現目指し行われる長期的計画的職務開発および能力開発をいう。
キャリア開発は、多く場合教育研修制度ジョブローテーションなどの異動配置制度組み合わせCDPキャリア・ディベロップメント・プログラム)と呼ばれる施策によって実施される。

CDPは、以下のようなプロセス行われる

 (1)自己申告制度上司との面接などを通じて社員希望適性把握する
 (2)人員計画や「あるべき人材像」などからくる企業ニーズ照らし合わせる
 (3)個別適切な職務経験研修内容明らかにする
 (4)必要な異動研修実施する

計画的なキャリア開発を行うことで、社員適切なタイミング職務経験与えたり、適性希望に沿った登用によって社員モラールアップを図ることが期待されている。

最近では、従来企業ニーズ傾きがちであったキャリア開発の運用見直し社員キャリア自分考えさせて選ばせる社内公募制度や、個別研修制度導入し、あるいは複線型人事制度など社内外多彩なキャリアパス用意する企業が増えている。

CD (CertificateofDeposit)

 譲渡性預金第三者譲渡できる定期預金銀行発行する無記名預金証書金融市場で自由に売買でき、期間は2週間から2年規定されている。

軍縮会議(Conference on Disarmament : CD)


CD(シー・ディー)

Certificate of Depositの略で譲渡定期預金証書のこと。これは、証書上に特定の満期日が示された譲渡性のある定期預金のことをいいます。

CD (CD-DA) 【Compact Disc (CD-Digital Audio)】

半導体レーザーの光をディスク面に収束させ、その反射光からパルス符号化したデジタル音声信号再生するディスクレコードの総称

1981年フィリップスソニー共同開発した規格で、サンプリング周波数44.1kHz 、量子化数は16ビット直径12cm最大収録時間7440秒)と8cm(同2157秒)の2種類がある。

カンデラ 【cd】

【参】光度

カドミウム(Cd)

カドミウムによる環境汚染は,従来亜鉛精錬所メッキ工場電気機器工場などの周辺でみられました。大量のカドミウムが長期間わたって体内に入ると慢性中毒となり,腎臓障害をおこし,カルシウム不足となり骨軟症をおこします。「イタイイタイ病」の原因物質はカドミウムといわれています。 
食品規格基準 玄米1.0mg/L以下 
排水基準 0.1mg/L以下 
環境基準水質)0.01mg/L以下 
大気汚染防止法有害物質排出基準1.0mg/Nm3以下

cd

英語 candela

光度光度とは、単位照射立体角当たりの光束である。光度光束/立角。

参照 カンデラ
※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

カドミウム

分子式Cd
その他の名称:Cadmium、C.I.77180、Cd
体系名:カドミウム


ジヒドリドカドミウム

分子式Cd
その他の名称:Dihydridecadmium
体系名:ジヒドリドカドミウム


物質
カドミウム
英語名
Cadmium
元素記号
Cd
原子番号
48
分子量
112.411
発見
1817年
原子半径(Å)
1.49(1.66)
融点(℃)
321.1
沸点(℃)
764.3
密度(g/cm3
8.64
比熱(cal/g ℃)
0.055
イオン化エネルギー(eV)
8.993
電子親和力(eV)
0


カドミウム(Cd)

カドミウムは、青白色光沢を持つ柔らかい金属です。地殻中の存在量は約0.02mg/kgとわずかですが、亜鉛共存する形で自然界広く分布しており、特に汚染を受けていない地表水地下水中にも亜鉛1/100から1/150程度の量(約0.10.5μg/リットル)が含まれているといわれています。主な用途としては、顔料プラスチック電池金属加工等があります人体対す毒性強く急性毒性では数グラム摂取激し胃腸炎起こし死亡した例もあります公害病として有名なイタイイタイ病は、慢性中毒による腎機能障害カルシウム代謝異常に、妊娠授乳栄養素としてのカルシウム不足などの要因が重なって発症した重症骨軟化症とされています。環境基準値は、「0.01mg/リットル以下」と定められています。

カドミウム

読み方かどみうむ
【英】:Cd

亜鉛族元素のひとつ。人体にとっては有害で、イタイイタイ病原因となる。また、発がん性がある。

 カドミウムは亜鉛水銀などとともに第12族元素亜鉛族元素)のひとつで、人体に有害な物質です。日本では骨がもろくなるイタイイタイ病引き起こすことでよく知られています。カドミウムとその化合物国際がん研究機関IARC)によって発がん性物質分類されています。
 カドミウムは生物体内蓄積され、人体では約30年残留するといわれています。このため食物連鎖によって濃縮され、長期わたってその毒性さらされる危険があります。また喫煙によって血液中のカドミウムやストロンチウム濃度上昇することが知られています。


CD

CD, cluster of differentiation

【概要】 細胞表面抗原モノクローナル抗体を使って分類したもの個々モノクローナル抗体開発者個別に名前(=商品名みたい)をつけると、同じものでも混乱する。共通に理解するために、世界中研究者持ち寄って国際的会議決定している。2005年には339番までに広がっている。  

【詳しく】 先にモノがみつかって、後からその働きがわかってきたものが多い。例えCD4CD8CD3複合体一緒に細胞同士抗原情報やりとりをする時に重要な働きをしていることがわかっている。

《参照》 抗原CD4CD8


キャパシティ・ディベロップメント

【英】:CD, Capacity Development

キャパシティ・ディベロップメント(CD)の概念化理論化に最も早くから取り組んでいる国際機関一つである国連開発計画UNDP)は、キャパシティを「個人組織社会が、期待される役割を果たし、問題解決し、目標設定してそれを達成する、自立発展的能力」、CDを「個人組織社会キャパシティ獲得し、高め維持していく経時的過程」と定義している。また、日本政府援助機関であり、被援助国のCDを重視する国際協力機構JICA)によると、CDとは「途上国課題対処能力が、個人組織社会などの複数レベル総体として向上していくプロセス」である。
このように、CDの定義にはいくつかのバリエーション見られるが、多くに共通するのは、被援助自身自立的問題解決能力獲得・向上・維持主体性自立性)に焦点当て個人組織制度社会という複数レベルにおける総合的能力向上複層性・包括性)を重視する視点である。
なお、キャパシティ・ビルディングCapacity Building)については、CDとほぼ同義用いられることもあるが、1)個人または組織における個別的能力向上限定した概念、2)能力向上促す外からの介入行為焦点当て概念、3)単発的能力向上焦点当て概念として、包括性、自発性継続性重視するCDと区別して用いられることもある。
瀧澤郁雄)

参考URL資料
UNDPホームページhttp://www.capacity.undp.org/
JICAホームページhttp://www.jica.go.jp/infosite/capa_dev/index.html
JICA2006)「途上国主体性に基づく総合的課題対処能力の向上を目指して:キャパシティ・ディベロップメント(CD) 〜CDとは何か、JICAでCDをどう捉えJICA事業改善にどう活かすか〜」

CD EXTRA

(CD から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/21 04:36 UTC 版)

CD EXTRA/CD-EXTRA[1](シーディー エクストラ 正式名称:Enhanced Music Compact Disc)は一枚のCDCD-DA(音楽)とデータを共存させているマルチセッションCD、あるいはブルーブックに規定されている仕様の名称である。




  1. ^ CD-Extraとは|フォーテックス株式会社”. www.forttex.co.jp. 2020年5月5日閲覧。
  2. ^ CREATIVE, IKEBE. “ISSEI NORO Concept Bar “INSPIRITS” at IkeBECK” (日本語). ikebe-gakki.com. 2020年5月5日閲覧。
  3. ^ Line 6 Japan”. Line 6 Japan. 2020年5月5日閲覧。


「CD EXTRA」の続きの解説一覧

カンデラ

(CD から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/02 06:55 UTC 版)

カンデラ(英・仏: Candela, 記号: cd)は、国際単位系 (SI) における光度単位であり、SI基本単位の一つである。カンデラは ルクス×距離2 で求めることが出来る。




  1. ^ a b Sharpe, Stockman, Jagla & Jägle (2005) 2-deg V*(l) luminous efficiency function
  2. ^ Wyzecki, G.; Stiles, W.S. (1982). Color Science: Concepts and Methods, Quantitative Data and Formulae (2nd ed.). Wiley-Interscience. ISBN 0-471-02106-7 
  3. ^ Base unit definitions: Candela”. The NIST Reference on Constants, Units, and Uncertainty. 2010年9月27日閲覧。
  4. ^ 計量単位令別表第一第7号「放射強度六百八十三分の一ワット毎ステラジアンで五百四十兆ヘルツの単色光を放射する光源のその放射の方向における光度(五百四十兆ヘルツの単色光と異なる光については、経済産業省令で定める。)」
  5. ^ SI Brochure: The International System of Units (SI) BIPM、p.135
  6. ^ 国際単位系(SI)第9版(2019)日本語版 国際度量衡局(BIPM)、p.103
  7. ^ CIE Scotopic luminosity curve (1951)
  8. ^ CIE (1931) 2-deg color matching functions
  9. ^ Judd–Vos modified CIE 2-deg photopic luminosity curve (1978)
  10. ^ Hefner unit, or Hefner candle”. Sizes.com (2007年5月30日). 2009年2月25日閲覧。
  11. ^ Barry N. Taylor (1992). The Metric System: The International System of Units (SI). U. S. Department of Commerce. p. 18. ISBN 0-941375-74-9. http://books.google.com/books?id=y2-BDaoBVnwC&pg=PA18&dq=%22value+of+the+new+candle+is+such+that+the+brightness+of+the+full+radiator%22&as_brr=3&ei=elatR_S1FofgswPvu430BQ&sig=yl2AU7A-R1O9e5ZuEzuLwekiM2E  (NIST Special Publication 330, 1991 ed.)
  12. ^ 13th CGPM Resolution 5, CR, 104 (1967), and Metrologia, 4, 43–44 (1968).
  13. ^ 16th CGPM Resolution 3, CR, 100 (1979), and Metrologia, 16, 56 (1980).
  14. ^ The photometric base unit – the candela (pdf)”. SI Brochure. Bureau International des Poids et Mesures (2007年9月7日). 2016年5月9日閲覧。
  15. ^ CJK Compatibility” (2015年). 2016年2月21日閲覧。
  16. ^ The Unicode Standard, Version 8.0.0”. Mountain View, CA: The Unicode Consortium (2015年). 2016年2月21日閲覧。


「カンデラ」の続きの解説一覧

コンパクトディスク

(CD から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/13 06:00 UTC 版)

コンパクトディスク (Compact Disc; CD、シーディー)とは、デジタル情報を記録するためのメディアである。


  1. ^ The history of the CD - The beginning”. Philips. 2019年1月26日閲覧。
  2. ^ コンピュータ用のデータなど、デジタル情報収録(画像や動画など)に用いられます。”. www.m-chemical.co.jp. 2019年1月26日閲覧。
  3. ^ µm (マイクロメートル)は10-6 m
  4. ^ 盤面の絵柄によって形状が異なる。
  5. ^ ハート型CD。
  6. ^ http://www.ecma-international.org/publications/standards/Ecma-130.htm
  7. ^ https://www.gnu.org/software/libcdio/doxygen/sector_8h.html
  8. ^ http://web.mit.edu/kolya/sipb/afs/root.afs/sipb.mit.edu/project/cdrecord/src/cdrtools-1.11/AN-1.11a11
  9. ^ https://sites.uclouvain.be/SystInfo/usr/include/linux/cdrom.h.html
  10. ^ https://people.canonical.com/~manjo/kernel_coverage/coverage/drivers/scsi/sr.c.gcov.html
  11. ^ http://www.cdfs.com/cdfs-subcode-channels.html
  12. ^ ソニー社史より
  13. ^ Tim Buthe and Walter Mattli, The New Global Rulers: The Privatization of Regulation in the World Economy, Princeton University Press, Feb. 2011.
  14. ^ 外部リンク webcache.googleusercontent.comからのアーカイブ、21 Feb 2017 05:35:09 UTC閲覧。
  15. ^ 外部リンク webcache.googleusercontent.comからのアーカイブ、21 Feb 2017 05:37:08 UTC閲覧。
  16. ^ Banana disc large capacity 870 MB 99 min cd-r”. web.archive.org. 2019年1月25日閲覧。
  17. ^ Esperanza CD-R 870MB/99min”. www.cdsklep.pl. 2019年1月25日閲覧。
  18. ^ CD-R 900MB 100min 48x speed, inkjet fullsurface printable, Cake 25”. www.media-range.com. 2019年12月3日閲覧。
  19. ^ Field: Nocturnes Nos. 1-18”. www.prestomusic.com. www.prestomusic.com. 2021年1月26日閲覧。
  20. ^ RUBINSTEIN, Anton: Bal (Le) (Warren Lee)”. www.naxos.com. www.naxos.com. 2021年1月15日閲覧。
  21. ^ 800 MB XCD Guide”. www.divxland.org. 2019年1月30日閲覧。
  22. ^ 気になるCDの寿命 - 神戸新聞社
  23. ^ CDファミリーの系譜 - CDs21ソリューションズ オレンジフォーラム
  24. ^ a b *ポリグラム 最初のCD(初期・西独盤)(B級オーディオ・ファンのサイト内)
  25. ^ Sony Global -Sony History- - アーカイブ
  26. ^ 音楽配信の世界売上高、昨年CD上回る” (日本語). 日本経済新聞 (2015年4月16日). 2021年7月29日閲覧。
  27. ^ “2020年1~6月の米レコード販売、CDを逆転 1980年来初”. 日本経済新聞. (2020年9月15日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO63841280V10C20A9000000/ 2021年2月26日閲覧。 
  28. ^ 第7回 ─ 次世代CD、SACDって従来のCDとどう違うの?TOWER RECORDS


「コンパクトディスク」の続きの解説一覧

.cd

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/09 20:28 UTC 版)

.cdは、国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)の一つで、コンゴ民主共和国に割り当てられている。このドメインは、1997年ザイールからコンゴ民主共和国への国名変更に伴い、同年にザイールの.zrドメインに代わって作られたものである。なお.zrは2001年に廃止された。






「.cd」の続きの解説一覧

CD (曖昧さ回避)

(CD から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/01 04:57 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

CDCdcdČD

CD

人名

商品名・製品名

その他の固有名詞

CDまたはcd




「CD (曖昧さ回避)」の続きの解説一覧
  • 1 CD (曖昧さ回避)の概要
  • 2 Cd

クリス・ドネルス

(CD から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/24 15:05 UTC 版)

クリストファー・バートン・ドネルス(Christopher Barton Donnels、1966年4月21日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州出身の元プロ野球選手内野手)。


  1. ^ Mitchell Report (PDF)” (英語). Office of the Commissioner of Baseball. pp. 190-194. 2013年11月26日閲覧。


「クリス・ドネルス」の続きの解説一覧



CDと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「CD」の関連用語

CDのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



CDのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JMACJMAC
Copyright (C) JMA Consultants Inc. All Rights Reserved.
マネーパートナーズマネーパートナーズ
Copyright © 2021MONEY PARTNERS CO,LTD All rights reserved.
外務省外務省
Copyright©: 2021 Ministry of Foreign Affairs of Japan
日本ユニコム日本ユニコム
Copyright(C) 2021 NIHON UNICOM CORPORATION All Rights Reserved.
日本ユニコム商品先物取引用語集
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2021 Japan Video Software Association
九州環境管理協会九州環境管理協会
財団法人 九州環境管理協会(以下、「当協会」とします)ホームページに記載されている全ての文章、写真その他の画像等の著作権は、すべて当協会に帰属します。これらを無断で転載・複製することは、私的使用または引用として使用する場合を除き、著作権法で禁止されています。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
京浜河川事務所京浜河川事務所
Copyright (C) 2021 京浜河川事務所 All rights reserved.
厚生労働省厚生労働省
(C)2021 Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.
e-ヘルスネット
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2021, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
日本国際保健医療学会日本国際保健医療学会
Copyright (C) by Japan Association for International Health. All rights reserved,2021.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのCD EXTRA (改訂履歴)、カンデラ (改訂履歴)、コンパクトディスク (改訂履歴)、.cd (改訂履歴)、CD (曖昧さ回避) (改訂履歴)、クリス・ドネルス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS