.paとは?

ピー‐エー【PA】


ピー‐エー【PA】


ピー‐エー【PA】

Press Association》プレスアソシエーション。英国地方新聞構成員となっている協同組織通信社1868年設立本部ロンドン


ピー‐エー【P.A.】


ピー‐エー【PA】

physician assistant》⇒フィジシャンアシスタント


ピー‐エー【PA】


ピー‐エー【PA】


ピー‐エー【PA】


ピー‐エー【PA】

protection grade of UVA日焼け止め化粧品の、UVA紫外線A波)を防止する効果を示す値。+、+++++、++++の4段階。PA+は、紫外線によって色素沈着起こすまでの時間を2倍から4倍に、PA++は4倍から8倍に延ばせることを意味する。PA値。→SPFUPF


ピー‐エー【PA】

public address》拡声装置。広い場所に音を隅々まで行き渡らせるための設備で、マイク・アンプ・スピーカーなどのシステム全体をさす。


PA

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

PA


AMP

分子式C10H14N5O7P
その他の名称:ホサデン、リセダン、pA、AMP、A5MP、Lycedan、Ado-5'-P、My-B-Den、Phosaden、NSC-20264、5'-Adenylic acidAdenosine 5'-phosphate、カルジオモン、Cardiomone、アデノビット、AMP【nucleotide】、Phosphentaside、Phosphaden、5'-AMP、Adenylic acid、Adenovite、ホスファデン、アデニル酸、ホスフェンタシド、Adenosine-5'-phosphoric acidAdenosine 5'-phosphoric acid、ブプルラノロール、AMP【ヌクレオチド】、アデノシンりん酸Phosphoric acid 5'-adenosyl esterAdenosine monophosphoric acid
体系名:アデノシン5'-ホスファート、5'-アデニル酸アデノシン-5'-りん酸アデノシン5'-りん酸りん酸5'-アデノシル


プロトアクチニウム

分子式Pa
その他の名称:Protactinium、Pa、Protoactinium
体系名:プロトアクチニウム


ペニシリン酸

分子式C8H10O4
その他の名称:ペニシリン酸、Penicillic acid、3-Methoxy-5-methyl-4-oxo-2,5-hexadienoic acid、PA
体系名:3-メトキシ-5-メチル-4-オキソ-2,5-ヘキサジエン酸


物質
プロトアクチニウム
英語名
Protactinium
元素記号
Pa
原子番号
91
分子量
231.03588
発見
1917年
原子半径(Å)
1.6


パスカル

英訳・(英)同義/類義語:Pa, pascal

圧力を表すSI単位で、1Pa=1N/m2

Pa

名前

.pa

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/10 04:46 UTC 版)

.pa国別コードトップレベルドメインccTLD)の一つで、パナマに割り当てられている。






「.pa」の続きの解説一覧

アンペア

(.pa から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/13 02:24 UTC 版)

アンペア: ampere [ˈæmpɛər]、記号 : A)は、電流(量の記号、直流I[1][2] , 交流i )の単位であり[3][4]国際単位系(SI)の7つの基本単位の一つである。




注釈

  1. ^ 第三条 前条第一項第一号に掲げる物象の状態の量のうち別表第一の上欄に掲げるものの計量単位は、同表の下欄に掲げるとおりとし、その定義は、国際度量衡総会の決議その他の計量単位に関する国際的な決定及び慣行に従い、政令で定める[8]

出典

  1. ^ 国際文書 国際単位系 (SI) 第 8 版日本語版 (2006) p. 15。
  2. ^ “2. SI base units”, SI brochure (8th ed.), BIPM, http://www.bipm.org/en/si/si_brochure/chapter2/2-1/ 2011年11月19日閲覧。 
  3. ^ a b “2.1. Unit of electric current (ampere)”, SI brochure (8th ed.), BIPM, http://www.bipm.org/en/si/si_brochure/chapter2/2-1/ampere.html 2011年11月19日閲覧。 
  4. ^ Base unit definitions: Ampere. Physics.nist.gov. Retrieved on 2010-09-28.
  5. ^ a b c 共立化学大辞典第 26 版 (1981)
  6. ^ SI supports only the use of symbols and deprecates the use of abbreviations for units.Bureau International des Poids et Mesures (PDF)”. p. 130 (2006年). 2011年11月21日閲覧。
  7. ^ A concise summary of the International System of Units, SI Table 1 The seven base units of the SI、第2ページ
  8. ^ 計量法(平成四年法律第五十一号) 第3条: 国際単位系に係る計量単位”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局 (2014年6月13日). 2019年12月25日閲覧。 “2016年4月1日施行(平成二十六年法律第六十九号)改正)”
  9. ^ 計量単位令(平成四年十一月十八日政令第三百五十七号)
  10. ^ Serway, Raymond A; Jewett, JW (2006). Serway's principles of physics: a calculus based text (Fourth ed.). Belmont, CA: Thompson Brooks/Cole. p. 746. ISBN 0-53449143-X. https://books.google.com/books?id=1DZz341Pp50C&pg=RA1-PA746&dq=wire+%22magnetic+force%22&lr=&as_brr=0&sig=4vMV_CH6Nm8ZkgjtDJFlupekYoA#PRA1-PA746,M1 
  11. ^ Beyond the Kilogram: Redefining the International System of Units, USA: アメリカ国立標準技術研究所, (2006), オリジナルの21 March 2008時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20080321221139/http://www.nist.gov/public_affairs/newsfromnist_beyond_the_kilogram.htm 2008年3月閲覧。 .
  12. ^ Monk, Paul MS (2004), Physical Chemistry: Understanding our Chemical World, John Wiley & Sons, ISBN 0-471-49180-2, https://books.google.com/books?vid=ISBN0471491802&id=LupAi35QjhoC&pg=PA16&lpg=PA16&ots=IMiGyIL-67&dq=ampere+definition+si&sig=9Y0k0wgvymmLNYFMcXodwJZwvAM .
  13. ^ a b 国際文書 国際単位系 (SI) 第 8 版日本語版 (2006) p. 24。
  14. ^ 国際文書 国際単位系 (SI) 第 8 版日本語版 (2006) p. 20。
  15. ^ Kowalski, L, A short history of the SI units in electricity, Montclair, http://alpha.montclair.edu/~kowalskiL/SI/SI_PAGE.HTML .
  16. ^ 国際文書 国際単位系 (SI) 第 8 版日本語版 (2006) pp. 23–24。
  17. ^ History of the ampere, Sizes, http://www.sizes.com/units/ampHist.htm 
  18. ^ a b “Appendix 2: Practical realization of unit definitions: Electrical quantities”, SI brochure, BIPM, http://www.bipm.org/en/publications/mises-en-pratique/electrical-units.html 2016年5月9日閲覧。 .
  19. ^ CJK Compatibility” (2015年). 2016年2月21日閲覧。
  20. ^ The Unicode Standard, Version 8.0.0”. Mountain View, CA: The Unicode Consortium (2015年). 2016年2月21日閲覧。


「アンペア」の続きの解説一覧

PA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/30 00:59 UTC 版)

PA, Pa, pa




「PA」の続きの解説一覧

Power Age

(.pa から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/14 09:10 UTC 版)

パワーエイジ(Power Age)は、日本のダンスボーカルグループ。略称、P-A


  1. ^ “元日本ハム西崎氏次女が芸能界デビュー”. 日刊スポーツ. (2008年7月14日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20080714-383472.html 2016年8月16日閲覧。 
  2. ^ “1万DL達成しないと即解散、女の子4人組がデビュー”. ORICON STYLE (オリコン). (2008年4月1日). http://www.oricon.co.jp/news/53337/full/ 2016年8月16日閲覧。 
  3. ^ P-A PROMOTION”. power-age.net. STARDUST PROMOTION, INC. (2009年). 2009年2月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月15日閲覧。
  4. ^ a b 吉田豪のギリギリレビュー!! Vol.2 MUSASHI’S featuring P-A『だいすき!!』-ORICON STYLE 連載”. オリコン (2012年5月28日). 2012年12月15日閲覧。


「Power Age」の続きの解説一覧

P.A.

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/16 20:17 UTC 版)

P.A.』(プライベート・アクトレス)は赤石路代漫画作品。小学館発行の『プチコミック』に1991年4月号から1999年2月号まで連載された。フラワーコミックス全8巻+特別編全1巻。小学館文庫全4巻。




  1. ^ P.A. : 再会は水族館で”. NDLの検索結果. 2017年8月13日閲覧。


「P.A.」の続きの解説一覧



.paと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.pa」の関連用語

.paのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.paのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2021 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2021 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2021 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.pa (改訂履歴)、アンペア (改訂履歴)、PA (改訂履歴)、Power Age (改訂履歴)、P.A. (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS