.bnとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 化学物質辞書 > .bnの意味・解説 

アミノボランジイルラジカル

分子式BN
その他の名称:Aminoboranediylradical
体系名:アミノボランジイルラジカル


アミノボランイリウム

分子式BN
その他の名称:Aminoboraneylium
体系名:アミノボランイリウム


アミノほう素

分子式BN
その他の名称:Aminoboron
体系名:アミノほう素


アミノボラン

分子式BN
その他の名称:Aminoborane
体系名:アミノボラン


窒化ほう素

分子式BN
その他の名称:窒化ほう素、Boron nitride、BN、Nitriloboron
体系名:ニトリロほう素


イミノボラン

分子式BN
その他の名称:Boraneimine、Iminoborane
体系名:ボランイミン、イミノボラン


アミノほう素アニオン

分子式BN
その他の名称:Aminoboronanion
体系名:アミノほう素アニオン


Bn

名前 イブンビンブンブヌ

.bn

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/06 00:56 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
.bn
施行 1994年
TLDの種類 国別コードトップレベルドメイン
現在の状態 利用可
管理団体 BruNet
後援組織 Telekom Brunei Berhad
利用地域 ブルネイに関連する団体・個人
使用状況 ブルネイではいくらか使われている。
登録の制限 ブルネイに登記のある会社や団体である必要がある。
階層構造 第二レベルに直接登録することも可能だが、分類用第二レベルドメイン下での登録も可能。
ウェブサイト BruNet domain registrations
テンプレートを表示

.bn国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)の一つで、ブルネイに割り当てられている。このドメインはTelekom Brunei Berhad(単にTelBruとも)によって運営されている。

サブドメイン

直接第二レベルドメインで登録することも可能だが、以下のような分類用第二レベルドメインがある。

  • .com.bn
  • .edu.bn
  • .org.bn
  • .net.bn

外部リンク


BN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/23 13:25 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

BN, Bn, bn

Bn

bn



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.bn」の関連用語

.bnのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



.bnのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.bn (改訂履歴)、BN (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS