.mfとは? わかりやすく解説

中波


マニュアルフォーカス

【英】manual focus, MF

マニュアルフォーカスとは、カメラピント焦点合わせ手動で行うことである。主にデジタルカメラにおいて、オートフォーカスAFに対する機能として用いられる

デジタルカメラ多くは、主にシャッターボタン半押しする操作によって、自動的にピント調整されるオートフォーカス機能備わっている。マニュアルフォーカスは、暗がりなどでオートフォーカスがうまく機能しない場合や、自動調節されたピントをさらに微調整したいといった場合用いられることが多い。

銀塩カメラフィルム式)の一眼レフカメラなどで採用されているマニュアルフォーカスの方式は、多くの場合フォーカスリングを回すことによって調整が行われる。これに対してデジタルカメラ搭載されているマニュアルフォーカス機能の多くは、被写体との距離をピント基準としている場合が多い。なお、デジタル一眼レフカメラや一部のハイエンドデジタルカメラでは、フォーカスリングによる微妙なピント調整採用しているものもある。

カメラ・デジカメのほかの用語一覧
撮影技術:  光学式手ぶれ補正  黒潰れ  マクロ撮影  マニュアルフォーカス  マイクロフォーサーズシステム  メガピクセル  日中シンクロ

.mf

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/19 04:11 UTC 版)

.mfは、国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)の一つである。カリブ海にあるフランス領のサン・マルタンセント・マーチン島北部)のために予約されているが、未割当である。


  1. ^ ISO 3166-1 Newsletter VI-1 (21 September 2007): Assignment of code elements for Saint Barthélemy and Saint Martin and update of France and other French Territories. 21 September 2007. Accessed 14 October 2007.
  2. ^ Law, Gwillim (2007年10月13日). “Saint Martin (HTML)” (english). Statoids. 2007年10月14日閲覧。 “In a referendum held on 2003-12-07, Saint Martin and Saint Barthelemy voted overwhelmingly to become overseas collectivities under Article 74 of the French Constitution. The change took effect on 2007-07-15.”
  3. ^ a b CIA - The World Factbook -- Saint Martin: Communications. 2007-10-18. Accessed 2007-10-22. ".mf; note - .gp, the ccTLD for Guadeloupe, and .fr, the ccTLD for France, might also be encountered"


「.mf」の続きの解説一覧

MF

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/27 15:06 UTC 版)

MF, Mf, mf




「MF」の続きの解説一覧

MF

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/23 14:54 UTC 版)

椿 大介(つばき だいすけ) 声 - 水島大宙 ポジション:MF(センターハーフ守備的MF攻撃的MF)。年齢20歳身長:174cm。体重:65kg。血液型:O。利き足:右。背番号7番使用しているシューズメーカープーマ通称:「バッキー」。家族構成は父、母、姉(椿より4歳上で、名前は陽子実家住まい地元信用金庫勤務している)。 昨季までサテライト所属であったが、達海に素質見い出されスタメンとして起用される。傑出した俊足スタミナ生かした前線への飛び出し最大の武器であり、ミドルシュート身に付けETU新たな攻撃核として定着しつつある。心優しい性格であるが、重度のチキン好不調の波が激しい。このためPK成功率は0パーセントである(公式戦では蹴ったことがない)。本人精神面弱さによって安定感欠けることを長年コンプレックス感じ自分変えたい」と考えており、この想い同時にパワーの源となっている。かつて同じ7番付けた海のように大舞台才能を爆発させ、見る者惹き付ける何かを持つ。クラブでの活躍評価され、ついにU-22日本代表選出されさらにはA代表大抜擢されることとなる。 サッカーを始めきっかけは、小学校廃校になったときに、最後に生徒教職員全員でやれることを探したことからで、当時から不思議な求心力を持っていた。無名の中学校から、関東にあるサッカー強豪高校進学高校ではレギュラーではなかったものの、途中出場活躍した試合が偶然スカウト目に留まり卒業後はニッポン・フットボール・リーグ(プロであるリーグジャパンの下位のリーグカテゴリ)のFC武蔵野入団。さらに、そこで笠野見出されて、ETU移籍した経緯を持つ。 第22千葉以降はしばらくトップ下担当する他、19神戸戦では戦術上理由でサイドバック務めて駆け回り殿山とのコンビでは守備的なボランチとして奔走したりと、走力活かしたユーティリティー発揮するチームでは同い年宮野仲が良いまた、大阪ガンナーズ窪田ともU-22日本代表時に同世代とあって意気投合した。 なお、達海以外でGIANT KILLING」という台詞があるのは椿だけである。 村越 茂幸(むらこし しげゆき) 声 - 置鮎龍太郎 ポジション:MF(守備的MF)。年齢32歳。身長:180cm。体重:74kg。血液型:A。利き足:右。背番号:6番。使用しているシューズメーカーミズノ通称:「コシ」「コシさん」。妻は年齢離れたタレントETUキャプテン強豪時代からETU所属している唯一の選手で、生え抜きの中で最年長入団以来10年間クラブ二部陥落した時も移籍せず一貫してETU在籍し続け余裕のない財政事情やる気のない指導者に苦心しながら一人でETU引っ張ってきたことから、「ミスターETU」と呼ばれサポーター選手慕われている。元日本代候補パワフルなプレイ持ち味で、豪快なミドルシュートのほか、中盤でのボール奪取率も高く、そのカットからのカウンターチャンス作る大学時代様々なプロクラブからオファーが来るほどの選手だったが、スター選手だった達海を慕ってETU入団し、わずか1シーズンみながら海のチームメイトとしてプレー戦力的に精神的にも達海に頼り切りになっているチームに、漠然と危機感覚えていた。当時背番号16で、入団1年目からレギュラーとして試合出場し続けている。 達海監就任後、「チーム事情一人で背負いすぎだ」と一度キャプテン剥奪された(これは達海が現役時代選手フロントサポーター期待押しつぶされたことに対する自身の反省でもある)が、リーグ開幕前には再びキャプテン戻された。達海の言動采配振り回されながらも徐々に勝てるチームへと変わっていくETUの中でキャプテンとして自分と選手としての自分と葛藤苦しみながら、自身変わり始める。 その後、達海の現役復帰宣言際にチーム精神状態残留争い繰り広げていた時のままになっていたのはキャプテンである自分成長していなかったためだと悟る。その象徴になっていた今の自分と決別しチーム次の段階進ませるため、達海に願い出てキャプテン杉江託す。そして一選手として叶えられずにいた日本代表入り目標に掲げゲーム臨んでいる。 ジーノ / ルイジ吉田ルイジ よしだ) 声 - 小野大輔 ポジション:MF(攻撃的MF)。年齢26歳身長:176cm。体重:64kg。血液型:B。利き足:左。背番号10番使用しているシューズメーカーナイキ攻撃的MF。イタリア人日本人ハーフで、国籍日本ジーノという愛称呼ばれ、またその端正な顔立ち自由気ままな振舞いから「王子」とも呼ばれている。椿を「バッキー」、黒田を「クロエ」など、他人自分のつけたニックネーム呼んでいる。 ETU司令塔攻撃の要で、広い視野左足から繰り出す多彩で精度の高いパスで、選手自在に動かファンタジスタ。キック精度が高いことからフリーキックを得意とするなど得点力高く今シーズン夏木チーム内得点王争い繰り広げている。プレッシャーピッチ悪条件にも強く、すぐにでも日本代表選出されおかしくない才能を持っていると言われているが、一方で自分の納得のいかない指示要請には従わず気まぐれで集中力が切れやすく守備意識が低いという欠点があるキザなナルシスト若手選手自分の飼い犬扱いするなど自己中心的言動目立つが、その貴公子然とした態度から女性ファン多く、また登場しただけで場の空気一変させるオーラ持ち合わせている。達海の監督就任後意識立ち居振舞い外見上変わっていないが、自分の出場退場好き勝手に決めていた例年違い連戦フル出場増えた対戦チームの対応によっては、相手執拗なプレッシャー避けるために椿入れ替わる形のボランチ自身の持ち味活かしてこなしたりと、プレー柔軟性もある。 達海の現役復帰宣言の時は達海のチーム加わり自分から動いて海のパスを受け守備の裏を取る、普段のプレースタイルからは考えられない好プレー披露したその後のグランパレス戦でも椿意見に応じて走るプレー見せ同点ゴールきっかけ作った。達海のパスを受けるためにスプリント行った姿に驚いたチームメイトには「先入観で人のプレイ決めつけていないか」と真面目な苦言を呈したものの、実戦椿走らされたときはしっかり仕事をしてみせた一方で恨み節吐いている。 ユニフォームポロシャツは、襟を立てて着用している。襟がないとやる気が出ないらしい。愛車マセラティ愛読書は『MODERN GOTHIC』。ファンに対してほとんどサインをしない。 赤崎 遼(あかさき りょう) 声 - 武藤正史 ポジション:MF(右サイドハーフ攻撃的MF、代表時は右サイドバック)。年齢21歳身長:175cm。体重:68kg。血液型AB利き足:右。背番号15番使用しているシューズメーカーアンブロ通称:「ザッキー」または「ザキさん」。 若手選手中心的存在で、U-22日本代表にも選出されるU-22日本代表時の背番号23)。後藤GM就任初の世代代表選手ドリブルでの突破など攻撃的なプレーを得意とするが、守備への意識甘く、あせりがち。シーズン途中から副キャプテンに就任。 相手が年上であろうが、歯に衣着せずハッキリ物を言うタイプで、ときに冷淡とも思える態度を取ることがある黒田衝突することが多く、「ハゲ呼ばわりすることも。 ETUユース出身幼少期世界ビッグクラブ活躍することを公言していた。趣味音楽鑑賞ガブリエルとプレースタイル及びポジションが被るためか、同時出場際はサイドハーフ廻るまた、テクニックがあるので、トップ下務めることも出来る。 堀田 健二(ほった けんじ) 声 - 岡哲也 ポジション:MF。年齢29歳身長:178cm。体重:73kg。血液型:A。利き足:右。背番号:8番。使用しているシューズメーカーナイキボランチからトップ下まで、中盤ポジションならどこでもこなせるテクニック長けたポリバレント選手(しかし裏を返せば個性がない」という欠点でもあり、本人はそれを痛感している)。チーム随一キック精度持ち主で、荒れたピッチコンディションでも正確なロングフィードを見せ、達海や、ひいては審判からも「クレバー」と評される昨シーズンまではレギュラーとして活躍していたが、達海の就任後椿ポジション奪われた(これは、達海のシーズン開幕当初の方針や、椿潜在能力期待しての面もあるが、堀田プレー指向が安全重視になってしまっていたことも理由だった)。この先他の選手の代役としてしか生きていけないのかと思い悩んでいたが、川崎戦の石神言葉で吹っ切れ攻撃的な選択肢増やす殿山 充(とのやま みつる) ポジション:MF。年齢24歳身長:174cm。体重:62kg。利き足:右。背番号30番使用しているシューズメーカーアンブロ通称:「トニー」または「トノさん」。 ガブリエル同時期二部リーグ福岡から移籍してきた選手。ボールタッチ、ゲームメイク能力一級品控えめな性格もあって存在感がなく、他の選手の背後隠れてしまったり発言スルーされたりする。ピッチ内外でもチームメイト気づいてもらえず痛い目にあうこともあるが、その影薄さ試合では強みとなり、相手気取られずに接近する。これら地味な印象とは裏腹にガブリエルとの相性良さもあって)攻撃的オプションとしての起用が多い。 丹波 聡(たんば さとし) 声 - 真仲恵吾 ポジション:MF(左サイドハーフ)、途中出場の際など左右サイドバック務めることもある。年齢31歳身長:173cm。体重:66kg。血液型AB利き足:右。背番号14番使用しているシューズメーカーナイキ通称タンさん」または「タンビー」。 堀田同様、どこでもこなせるポリバレント選手三十路過ぎでありながら若手一緒になって騒げる陽気な性格だが、試合においてはベテランらしい落着きと、仲間熱く叱咤する闘志同時に発揮するムードメーカー登場人物紹介においては何かと頼りにされる人柄とされているシーズン途中から副キャプテンに就任。 矢野 真吾(やの しんご) 声 - 島﨑信長 ポジション:MF(左サイドハーフ)。年齢24歳身長:170cm。体重:68kg。血液型:A。利き足:右。背番号21番使用しているシューズメーカーロット紅白戦では達海組として出場した。主に丹波控えシーズン後半川崎戦では、笠野村越面白いようにイジられていた。 熊田 洋二(くまだ ようじ) ポジション:MF(ディフェンシブハーフ)、またはDF左サイドバック)。年齢27歳身長:178cm。体重:68kg。利き足:右。背番号4番使用しているシューズメーカーナイキ。 本来ボランチプレーヤーであるが、左サイドバックこなせる守備能力が高い上田 研人(うえだ けんと) ポジションFW年齢18歳身長:175cm。体重:65kg。利き足:右。背番号25番。使用しているシューズメーカーナイキ高卒ルーキーながら、中断間明けの札幌戦では先発出場果たす。「ゴール前でのふてぶてしさ武器」と達海から評価されている。 住田 克樹(すみだ かつき) ポジション:MF。年齢27歳身長:173cm。体重:70kg。利き足:右。背番号24番使用しているシューズメーカープーマ広井 邦明(ひろい くにあきポジション:MF。年齢26歳身長:172cm。体重:70kg。利き足:右。背番号28番使用しているシューズメーカーアディダス

※この「MF」の解説は、「GIANT KILLING」の解説の一部です。» 「GIANT KILLING」の概要を見る


MF

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/09 11:03 UTC 版)

SPTから汎用性省き用途特化して造られ機体をマルチ・フォーム(Multi Form)と呼ぶ地球侵攻にも、局地専用カスタマイズされた機体投入されていた。バックパックシステムを廃しており、可変型の機体もある。 MF-SL-52C ソロムコ 大気圏内戦闘用量産型MF。航空機手足生えたような外見しており、それを畳むことにより、SPT以上の大気圏内機動力を持つ航空機形態移行できる。胴体に連装式機関砲装備し航空機変形時には下部設置する携帯型レーザードガンLDG-29Nを持つが、ナックルショット持たないので、格闘戦には不向き全高9.35メートルMF-GS-54C ガンステイド 物語終盤登場した量産型重MF。外部ハードポイント多く持ちその外装に多大なミサイルポッド超重粒子ビームによる砲撃システムや、フレイムスローワー火炎放射器)を搭載している。これによる絶大な火力により、グラドスに抵抗するレジスタンスたち、地球の歴史文化収蔵し貴重な建造物書物美術品焼き尽くしていった。外装強制排除する白兵戦こなせるが、火器重視特化したためにSPT火器のみならずバズーカ砲一撃撃破されるほど、防御力は弱い。シモーヌ曰く「グラドスの着せ替え人形」。全高9.68メートルMF-DJ-91U ダルジャン 死鬼隊メンバーとして復活したゴステロの専用MF。左腕シールドメタルクロー設定では「ブロークン・ネイル」)、ニードルショット左肩にレーザード・バズソー(レイズナーとの「飛び道具使わない決闘不意討ち用いられた)など、格闘兵装を多数装備している。マンジェロの分析によると、通常時レイズナー運動性を8%上回る性能有していた。失態繰り返して逃亡したことを責められ仲間だったはずの死鬼隊のMFによって破壊される全高11.55メートル設定準備稿ではニードルショット左右にあるが、決定稿では左のになっている。しかし、劇中では左右に装備使用されていることが多く第28話でもレイが「両腕ニードルショット装備と言っている。 MF-MC-73U ガッシュラン 死鬼隊一員、マンジェロ専用のMF。機動性非常に高い両足かぎ爪で敵SPT肩にしがみつき、右肘のハード・コーン(ドリル)と左腕のスクイーズ・アーム(万力)を用いて頭部コクピット破壊しパイロット直接惨殺するという非人道的戦法特化された機体である。胸部には固定武装バルカンを2門有する。なお、搭乗者のマンジェロに似て猫背ガニ股の機体でもある失敗穴埋めにと、ル・カインから最後のチャンスとして外装V-MAX装着され善戦するも、レイズナーとの相討ちを狙うDr.ニゾンの奸計により、振りほどかれた直後に自爆するその際レイズナーに取付いた両足V-MAX一部残って地球側に渡り、ニューレイズナー開発貴重な参考にされる。全高8.51メートルMF-ED-52U エルダール 死鬼隊一員ボーン専用のMF。両掌から変自在の触手・スネークドリルを射出する外装オプションとして火炎放射器装備した。なお、搭乗者ボーンに似て長身痩躯機体である。最後は、レイズナーV-MAXにより制御失ったガッシュランのハード・コーンに貫かれ爆発する全高11.52メートルMF-DK-61U ダンコフ 死鬼隊一員ゲティ専用のMF。搭乗者ゲティに似て肩幅の広い大型機であり、全SPT最大のパワーを誇る。両肩大型キャノン・オーバーレイアーティラリーと、腿の部分収納したパワーナックル主武装にする。レイズナーV-MAX封じるため、背部装着した浮遊機雷散布バックパック用いてエイジ苦しめるが、ゴステロの介入によって脚部関節破壊され歩行不能に陥り、そこをエイジつけ込まれてエルダールのスネーク・ドリルに巻き込まれ同士討ちにされて破壊される。なお、ゴステロ自身制御不能陥った本機踏み潰されあえない最期を遂げる全高10.43メートルE-MF-LZ-00X-2 レイズナーMk.II 作中未登場アニメ雑誌などでは、飛行機戦闘機形態変形できる後継機デザイン公開されていた。ロードテイラー(ドール部隊指揮官機として設計され高性能機をベースとし、レイフォロン移植することを想定して仕様変更された機体という設定丸みのあるレイズナーより全体的に角張ったフォルムを持つ。 Mk.IIV-MAX機能は「V-MAXIMUM(ブイ・マキシマム)」と名を変えられている。『B-CLUB』の高橋へのインタビューでは、飛行機形態でその強力V-MAX発動させる予定だったとあり、「魂SPEC」の説明では戦闘機形態でないと発動できないとされているが、後述するゲームではSPT形態使用している小説では、戦闘機形態でのV-MAXIMUM発動では超光速発揮し刻印によって閉鎖された地球・グラドス間の宇宙突破している。また、大破したレイズナー地球人の手Mk.II改造したうえでレイフォロン)を強化型から本機移植し、さらに地球とグラドスの融和的シンボルにするという案があった。 企画段階でのカラーリング白だが、後に描かれデザイン画ではレイズナー同じく紺と白のツートンカラーメインになる。魂SPECなどでは、下腕部がパープルカラーなどに変更されている。 ゲームでは、「スーパーロボット大戦シリーズ」のうちレイズナー初め参戦した新スーパーロボット大戦』と、それ以降参戦作品出演強化レイズナーとの選択式)したほか、『Another Century's Episode 2』でも登場している。 本作放送打ち切り直前発売されアニメ雑誌月刊ニュータイプ1986年6月号では、「ニューレイズナー」の名称で本編メカ作監吉田徹によって描き下ろされ本機バストアップ表紙飾っている。ただし、元のデザイン画には存在しないパーツディテール確認できるうえ、デフォルメ重なって後の立体化時のデザイン画とはほとんど異なる姿となっている。 デザインに際してtwitter上で漫画家宮尾岳アイデアスケッチ提供した事を公表している。

※この「MF」の解説は、「蒼き流星SPTレイズナー」の解説の一部です。» 「蒼き流星SPTレイズナー」の概要を見る


MF

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/23 03:22 UTC 版)

太字は現在所属している選手。 ヴィム・アンデリーセン 1925-1940 ヘリー・ミューレン 1968-1976 アドリアナス・ハーン 1969-1975 アーノルド・ミューレン 1971-1974, 1985-1986 ヨハン・ニースケンス 1970-1974 フランク・アルネセン 1975-1981 セーレン・レアビー 1975-1983 ジェラルド・ファネンブルグ 1980-1986 ヨン・ファント・シップ 1981-1986 ヤン・ボウタース 1986-1992 ロブ・ウィツヘ 1985-1989 リヒャルト・ヴィツヘ 1986-1991, 1996-2003 フランク・ライカールト 1980-1987, 2003-2005 アーロン・ヴィンター 1986-1992, 1999-2003 アーノルド・スコルテン 1986-1989, 1995-1997 ヴィム・ヨンク 1988-1993 ブライアン・ロイ 1988-1992 ロナルド・デ・ブール 1987-1991, 1993-1998 エドガー・ダーヴィッツ 1991-1996, 2007-2008 クラレンス・セードルフ 1992-1995 マルティン・ルーセル 1993-2000 ペーター・ファン・フォッセン 1993-1995 キキ・ムサンパ 1994-1997 デニー・ランツァート 1995-1996 サンデー・オリセー1997-1999 リヒャルド・クノッパー 1997-2004 ラファエル・ファン・デル・ファールト 1999-2005 ジェイソン・クリナ 2000-2005 トマーシュ・ガラーセク 2000-2006 スティーヴン・ピーナール 2001-2006 ナイジェル・デ・ヨング 2002-2006 ヴェスレイ・スナイデル 2002-2007 トム・デ・ムル 2003-2007 スタンリー・アボラ 2004-2006 ヘドヴィヘス・マドゥロ 2004-2008 フルノン・アニータ 2005-2012 ガブリ・ガルシア 2006-2010 ローラン・ドゥロージュ 2007-2009 ケネディ・バキルジョール 2007-2010 ラスムス・リンドグレン 2005, 2008-2011 デミー・デ・ゼーウ 2009-2011 ヤン・アリー・ファン・デル・ハイデン 2007-2011 ニコラス・ロデイロ 2010-2012 イスマイル・アイサティ 2008-2012 ロドニー・スナイデル 2011-2012 テオ・ヤンセン 2011-2012 クリスティアン・エリクセン 2010-2013 クリスティアン・ポウルセン 2012-2014 デイヴィ・クラーセン 2011-2017 ネマニャ・グデリ 2015-2017 ドニー・ファン・デ・ベーク 2015-2020 ハキム・ツィエク 2016-2020 フレンキー・デ・ヨング 2016-2019

※この「MF」の解説は、「アヤックス・アムステルダムの選手一覧」の解説の一部です。» 「アヤックス・アムステルダムの選手一覧」の概要を見る


MF

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/05 09:05 UTC 版)

イティミ・ディクソン2004-2009ヴァラダラジュ・スンドラモールシー(1983-1995) シー・ジアイー(2005-2012) - 中国生まれ帰化選手チウ・リー(2008-2013) - 中国生まれ帰化選手ナズリ・ナシル(1990-2004) - 元主将 ファンディ・アマド(1978-1997) - オランダFCフローニンゲンなどで活躍。代表通50ゴール記録し歴代最多記録となっている。 マリク・アワブ(1980-1996) - 代表最多試合出場記録をかつて樹立した選手

※この「MF」の解説は、「サッカーシンガポール代表」の解説の一部です。» 「サッカーシンガポール代表」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「 MF」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

.mfのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.mfのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
総務省総務省
Copyright(C)Telecommunications Bureau of the Ministry of Internal Affairs and Communications All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリマニュアルフォーカスの記事を利用しております。
カメラマンWebカメラマンWeb
© 2005-2022 モーターマガジン社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.mf (改訂履歴)、MF (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのGIANT KILLING (改訂履歴)、蒼き流星SPTレイズナー (改訂履歴)、アヤックス・アムステルダムの選手一覧 (改訂履歴)、サッカーシンガポール代表 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS