椿とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 世界宗教用語 > 椿の意味・解説 

ちん【×椿】

人名用漢字] [音]チン(慣) チュン(呉)(漢) [訓]つばき

[一]チン

木の名。センダン科落葉樹チャンチンまた、伝説中の長寿大木。「椿寿椿葉大椿

思いがけないこと。「椿事椿説

[二]〈つばき〉木の名。ツバキ科常緑樹。「椿油

難読椿象(かめむし)・香椿(チャンチン)


つばき【×椿/山茶/海榴】

ツバキ科常緑高木本州以南自生するが、関東以北では海岸地帯点在し、ヤブツバキともいう。高さ3~7メートル楕円形厚くつやがある。春、赤い花をつける。花びらは5あり下部合着し、多数雄しべ基部合着している。果実球形で、秋に熟すと厚い果皮が裂けて黒い種子現れ種子から椿油をとる。ワビスケなど多く品種があり庭木としても重用される。ユキツバキ・トウツバキとの交雑行われ白・桃色などの花もある。《 春 実=秋》「―落ち昨日をこぼしけり/蕪村

襲(かさね)の色目の名。表は蘇芳(すおう)、裏は赤。

椿/山茶/海石榴の画像
椿/山茶/海石榴の画像
椿をした紋所一つ三つ椿」
椿/山茶/海石榴の画像
実/撮影朝倉秀之
椿/山茶/海石榴の画像
椿(2)

つばき 【椿・山茶】

(椿は国字〈春を告げる木〉。中国の椿は別の高木ツバキ科常緑高木。椿は神聖視され、椿山明神を祭る所がある。椿山は椿の自生地で、そこの椿を折ると暴風雨が起きるとされた。椿を門松代わりにする所もあった。正月卯杖は椿で作るのが本来で、東北巫女が使うも椿で作り呪具とする。社寺で椿を霊木とする所もある。だが、花が落ちる様が首が落ちるようだとして、屋敷に植えるのを忌む風もある。

椿

作者里見弴

収載図書日本掌編小説秀作下 花・暦篇
出版社光文社
刊行年月1987.12
シリーズ名光文社文庫

収載図書日本短篇
出版社文芸春秋
刊行年月1989.3

収載図書編年体大正文学全集12大正十二
出版社ゆまに書房
刊行年月2002.10

収載図書初舞台彼岸花里見弴作品
出版社講談社
刊行年月2003.5
シリーズ名講談社文芸文庫

収載図書百年小説
出版社ポプラ社
刊行年月2008.12


椿

作者田山花袋

収載図書定本 花袋全集27
出版社臨川書店
刊行年月1995.7


椿

作者井上良子

収載図書フーコー短編小説傑作15
出版社フーコー
刊行年月2004.7


椿

作者川端康成

収載図書一冊で読む日本名作童話
出版社小学館
刊行年月2004.11


椿

作者巣山ひろみ

収載図書雪見酒
出版社企画集団ぷりずむ
刊行年月2005.1
シリーズ名ゆきのまち幻想文学賞小品集


椿

作者木戸

収載図書虚像
出版社文芸社
刊行年月2006.2


椿―故郷を偲ぶ

作者

収載図書花織集―百人
出版社新風舎
刊行年月2004.5
シリーズ名新風舎文庫


ツバキ

ツバキ
科名 ツバキ科
別名: -
生薬名: サンチャカ山茶花
漢字表記 椿
原産 東アジア原産
用途 椿は園芸品種が多い常緑低木日本は椿ですが、中国では山茶書きます。名前の由来艶葉木厚葉木がつまったとする説があります
学名: Camellia japonica L.
   var. hortensis Makino

つばき (椿)

Camellia japonica

Camellia japonica cv. Hatsuse-yama

Camellia japonica cv. Oozeki

Camellia japonica cv. Setchu-ka

Camellia japonica cv. Setchu-ka

Camellia japonica cv. Momoiro Setchu-ka

Camellia japonica cv. Akebono

Camellia japonica cv. Shirayuki

Camellia japonica cv. Ko-momiji

Camellia japonica cv. Shiratama

Camellia japonica cv. Shiratama

Camellia japonica cv.

Camellia japonica cv.

Camellia japonica cv.

Camellia japonica cv.

Camellia japonica cv. Kyoto-sano

Camellia japonica cv. Renjo-no-takara

Camellia japonica cv. Yatsu-hashi

Camellia japonica cv.

Camellia japonica cv.

Camellia japonica cv.

Camellia japonica cv. Salut

Camellia japonica cv.

わが国固有種です。語源は「つやばき(艶葉木)」が転じたもの。豊富な園芸品種あります。その原種は「やぶつばき」と「ゆきつばき」それに「さざんか」です。「さざんか」が晩秋から初冬にかけて咲くのに対して、「つばき」はおもに早春です。また「さざんか」の花びら散り、「つばき」はポトリと落ちます。写真品種は、中1が「初瀬山cv. Hatsuse-yama)」中2が「大関cv. Oozeki)」中3・中4が「雪中花cv. Setchu-ka)」中5が「桃色雪中花cv. Momoiro Setchu-ka)」中6が「曙(cv. Akebono)」中7が「白雪cv. Shirayuki)」中8が「小紅葉cv. Ko-momiji)」中9・中10が「白玉cv. Shiratama)」中15が「京都佐野cv. Kyoto-sano)」中16が「上の宝(cv. Renjo-no-takara)」中17が「八橋cv. Yatsu-hashi)」。そして中21が「サルトcv. Salut)」。
ツバキ科ツバキ属常緑小高木で、学名Camellia japonica。英名は Camellia
ツバキのほかの用語一覧
ツバキ:  室町椿  寒椿  山茶花  椿  海棠椿  茶の木  藪椿

椿

読み方:ツバキtsubaki

ツバキ科常緑高木春に紅色大輪の花を咲かせる。まれに白などもある

季節

分類 植物


椿


椿


椿


椿


椿


椿


椿


椿


椿


椿


椿


椿

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

椿

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

椿

読み方
椿たかつばき
椿つばき
椿つばきざき

ツバキ

(椿 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/19 09:53 UTC 版)

ツバキ(椿、海柘榴)[3]またはヤブツバキ[2](藪椿、学名: Camellia japonica)は、ツバキ科ツバキ属常緑樹照葉樹林の代表的な樹木。


  1. ^ Wheeler, L., Su, M. & Rivers, M.C. (2015). Camellia japonica. The IUCN Red List of Threatened Species 2015: e.T62054114A62054131. https://doi.org/10.2305/IUCN.UK.2015-4.RLTS.T62054114A62054131.en. Downloaded on 22 October 2018.
  2. ^ a b 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Camellia japonica L.”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2014年1月22日閲覧。
  3. ^ 日本において広く見られる野生の「ツバキ」はヤブツバキであり、植物学上はこの名で呼ばれる。ただし、標準和名としてツバキの名を採用した例もある(北村・村田(1979))。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 田中孝治 1995, p. 161.
  5. ^ 沖森卓也ほか『図解 日本の文字』三省堂、2011年、52頁
  6. ^ a b c d 貝津好孝 1995, p. 199.
  7. ^ a b c 辻井達一 1995, p. 251.
  8. ^ 辻井達一, 1995 & p-251.
  9. ^ a b c d e f g h i 川原勝征 2015, p. 57.
  10. ^ a b c 辻井達一 1995, p. 254.
  11. ^ 辻井達一 2015, p. 252.
  12. ^ 辻井達一 2015, p. 253.
  13. ^ a b 辻井達一 1995, p. 253.
  14. ^ 藤山宏『プロが教える住宅の植栽』学芸出版社、2010年、9頁。
  15. ^ Flavon (2003年1月13日). “Camellia japonica (Seeds) フラボンの秘密の花園:ヤブツバキの種子”. フラボンの山野草と高山植物の世界. 2014年1月22日閲覧。
  16. ^ 萬葉集1巻54, 巨勢山のつらつら椿つらつらに見つつ偲はな巨勢の春野を, 坂門人足
  17. ^ 萬葉集1巻56, 川上のつらつら椿つらつらに見れども飽かず巨勢の春野は, 春日蔵首老
  18. ^ 萬葉集1巻73, 我妹子を早見浜風大和なる我を松椿吹かざるなゆめ, 長皇子
  19. ^ 萬葉集7巻1262, あしひきの山椿咲く八つ峰越え鹿待つ君が斎ひ妻か
  20. ^ 萬葉集13巻3222, みもろは 人の守る山 本辺は 馬酔木花咲き 末辺は 椿花咲く うらぐはし 山ぞ 泣く子守る山
  21. ^ 萬葉集19巻4152, 奥山の八つ峰の椿つばらかに今日は暮らさね大夫の伴, 大伴家持
  22. ^ 萬葉集19巻4177, 我が背子と 手携はりて 明けくれば 出で立ち向ひ 夕されば 振り放け見つつ 思ひ延べ 見なぎし山に 八つ峰には 霞たなびき 谷辺には 椿花咲き うら悲し 春し過ぐれば 霍公鳥 いやしき鳴きぬ 独りのみ 聞けば寂しも 君と我れと 隔てて恋ふる 砺波山 飛び越え行きて 明け立たば 松のさ枝に 夕さらば 月に向ひて あやめぐさ 玉貫くまでに 鳴き響め 安寐寝しめず 君を悩ませ 大伴家持
  23. ^ 萬葉集20巻4418, 我が門の片山椿まこと汝れ我が手触れなな土に落ちもかも, 物部廣足
  24. ^ 萬葉集20巻4481, あしひきの八つ峰の椿つらつらに見とも飽かめや植ゑてける君, 大伴家持
  25. ^ 辻井達一 1995, pp. 251–252.
  26. ^ 辻井達一 1995, p. 252.
  27. ^ 桐野秋豊写真・著『椿 : 色分け花図鑑 : 名前の由来と系統がわかる : 庭を美しく彩る品種選びに役立つ本』学習研究社、2005年。ISBN 4-05-402529-3


「ツバキ」の続きの解説一覧

椿

出典:『Wiktionary』 (2018/07/01 14:36 UTC 版)

発音


椿

椿
※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「椿」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
94% |||||

6
94% |||||

7
94% |||||

8
94% |||||


10
94% |||||

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



椿のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2021, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2021 shu(^^). All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのツバキ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの椿 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 Weblio RSS