徳川秀忠とは?

とくがわひでただ とくがは- 【徳川秀忠】 ○

1579~1632江戸幕府第二代将軍(1605~1623)。家康三男幼名長松、のち竹千代大坂両度の陣に出陣家康遺命を守って、諸法度の制定キリシタン禁圧など幕府草創期基礎固めた。

徳川秀忠

読み方とくがわ ひでただ

徳川幕府二代将軍家康第三子。幼名長松、のち竹千代院号は台徳院。慶長10年襲職大坂冬・夏の陣に父と共に出陣して豊臣氏を滅ぼし、徳川氏世襲政権確立した。学を好み筆跡優美御家流を示す。また古田織部学び、よくその法を伝えた。寛永9年(1632)歿、53才。

徳川 秀忠 (とくがわ ひでただ)

1579〜1632 (天正7年寛永9年)
二代将軍二代将軍三代への中継ぎとして、着実に幕府基礎作る
二代将軍在職1605〜23)。家康の3男。1605年将軍職に就く。15年豊臣家滅亡させると、「武家諸法度」「禁中並公家諸法度」を発令するなど、幕府基礎固め尽力将軍職家光に譲った後も、大御所として江戸城西丸に居を置き、幕政を握った。

 年(和暦)
1580年 (天正8年) イギリス商船平戸来航 1才
1582年 (天正10年) 本能寺の変 3才
1584年 (天正12年) 小牧・長久手の戦い 5才
1587年 (天正15年) バテレン追放令 8才
1588年 (天正16年) 刀狩令 9才
1590年 (天正18年) 家康江戸城に入る 11
1592年 (文禄元年) 文禄の役(〜1596 13
1597年 (慶長2年) 慶長の役 18
1600年 (慶長5年) 関が原の戦い 21
1603年 (慶長8年) 江戸幕府開府 24
1604年 (慶長9年) 朱印船貿易始まる 25
1607年 (慶長12年) ■第1回朝鮮通信使来る 28
1609年 (慶長14年) オランダ人通商許可 30
1612年 (慶長17年) 幕府直轄領禁教令 33才
1612年 (慶長17年) 駿府銀座江戸に移す 33才
1614年 (慶長19年) 大阪冬の陣 35
1615年 (元和元年) 大阪夏の陣 36
1617年 (元和3年) 日光東照宮社殿竣工 38
1617年 (元和3年) 吉原遊郭開設許可 38
1624年 (寛永元年) スペイン船の来航禁止 45
1629年 (寛永6年) 女舞女歌舞伎禁止 50


 人物
沢庵 宗彭 1573年1645年 (天正元年正保2年) +6
春日 局 1579年1643年 (天正7年寛永20年) 0
林 羅山 1583年1657年 (天正11年明暦3年) -4

徳川秀忠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/25 19:40 UTC 版)

徳川 秀忠(とくがわ ひでただ)は、安土桃山時代から江戸時代にかけての武将江戸幕府の第2代征夷大将軍(在職:1605年 - 1623年)。




注釈

  1. ^ 賜姓は1597年説もあり。
  2. ^ 江は近江国の戦国大名浅井長政の三女で、母は織田信長の妹。江は天正14年から文禄元年頃に秀吉の養子・豊臣秀勝に嫁いでいたが、文禄元年に秀勝は死去していた。
  3. ^ ただし、相模に所領を持つ大久保忠隣・本多正信は秀忠の補佐として、秀忠の旗下にあった。
  4. ^ 司馬遼太郎関ヶ原』 (1966年)など。
  5. ^ 山本博文は「家康の路線を確立させたのは秀忠の功績である。政治的資質においては、家光などよりもはるかに優れていた」と評した[16]

出典

  1. ^ a b 片山 2017, 「豊臣政権の対北条政策と家康」
  2. ^ 『家忠日記』天正18年正月7日条
  3. ^ 木下半介長束大蔵大輔宛「(天正17年)九月十七日付家康書状」(民間蔵)
  4. ^ 『家忠日記』天正18年正月25日条
  5. ^ a b 村川浩平「羽柴氏下賜と豊臣姓下賜」『駒沢史学』49号、1996年。
  6. ^ 「家康子於長公家成、予所よりしやうそくニあらためられ候」
  7. ^ 片山 2017, pp. 25-27, 「天正年間における豊臣政権の在京賄料」.
  8. ^ 片山正彦「書評 福田千鶴著『淀殿 -われ太閤の妻となりて-』」『織豊期研究』9号、織豊期研究会、2007年。/所収:片山 2017, pp. 78-80
  9. ^ 村川浩平「天正・文禄・慶長期、武家叙任と豊臣姓下賜の事例」『駒沢史学』80号、2013年、 120頁。
  10. ^ 岡野友彦『源氏と日本国王』講談社、2003年。
  11. ^ 鈴木 1985.
  12. ^ 鈴木尚; 矢島恭介; 山辺知行編 『増上寺徳川将軍墓とその遺品・遺体』 東京大学出版会、1967年。 
  13. ^ 柴辻俊六『真田昌幸』吉川弘文館〈人物叢書〉、1996年、209頁。
  14. ^ 黒田基樹『「豊臣大名」真田一族』洋泉社、2016年
  15. ^ 小和田 1999, p. 87.
  16. ^ 山本博文『遊びをする将軍 踊る大名』教育出版、2002年、66-67頁。
  17. ^ 山本博文『江戸城の宮廷政治 熊本藩細川忠興・忠利父子の往復書状』〈講談社学術文庫〉、2004年、48頁。
  18. ^ a b 岡谷繁実『名将言行録』巻之四十二
  19. ^ 篠田達明『徳川将軍家十五代のカルテ』〈新潮新書〉、2005年。ISBN 978-4106101199
  20. ^ 鈴木 1985, pp. 24-25.
  21. ^ a b c d e f g 高瀬羽皐 「細川の大三原」 『刀剣と歴史』 5巻 羽澤文庫、1911年http://masaie.jp/yusaiomihara/ 
  22. ^ 福永酔剣 『日本刀大百科事典』 1巻 雄山閣、1993年、203頁。ISBN 4-639-01202-0 
  23. ^ 国立国会図書館デジタルコレクション『同性愛の研究』59頁 (著者:守田有秋 発行所:人生創造社 発行:昭和6年(1931年)12月5日) (2018年11月3日閲覧。)
  24. ^ “将軍の肖像画、下絵はリアル 徳川宗家に伝来、研究進む”. 朝日新聞. (2012年8月8日). オリジナルの2012年8月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120810121502/http://www.asahi.com/culture/intro/TKY201208070563.html 
  25. ^ 鶴は千年、亀は萬年。2012年8月8日付 Archived 2013年9月1日, at the Wayback Machine.
  26. ^ 系図纂要
  27. ^ a b 「幕府祚胤伝」(『徳川諸家系譜』第2巻)
  28. ^ 「征夷大将軍・系譜総覧」『歴史読本 臨時増刊』(1979年6月)
  29. ^ 言経卿記』慶長六年九月二十一日条、『鹿苑日録』慶長六年九月二十日条
  30. ^ 養父である秀忠の菩提を弔うため寛永2年(1625年)に、本妙寺(現:京都府宮津市)を開創している。
  31. ^ 『寛政重修諸家譜』巻第二百六十三. https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1082719/213 
  32. ^ 慶長16年(1611年)4月に家康と家康側室の英勝院の養女となったが(『寛永諸家系図伝』)、忠宗との婚姻前に家康が亡くなったため改めて秀忠の養女となった。





徳川秀忠と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「徳川秀忠」の関連用語

徳川秀忠のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



徳川秀忠のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2020 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
江戸net江戸net
Copyright (C) 2020 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの徳川秀忠 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS