徳川実紀とは? わかりやすく解説

とくがわじっき〔トクがはジッキ〕【徳川実紀】

読み方:とくがわじっき

江戸後期史書516冊。江戸幕府大学頭林述斎総裁として、成島司直らに編修させたもの。文化6年(1809)起稿嘉永2年1849完成徳川家康から第10代家治までの、歴代将軍ごとに区分した編年史。なお、第11家斉以降記した続徳川実紀」がある。


徳川実紀

読み方:トクガワジッキ(tokugawajikki)

江戸時代の歴史書。江戸幕府官撰史書

別名 御実紀


徳川実紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/07 23:07 UTC 版)

御実紀』(ごじっき)、通称『徳川実紀』(とくがわじっき)は、19世紀前半に編纂された江戸幕府公式史書。全517巻[1]。編集の中心人物は林述斎成島司直であり、起稿から35年近い事業の末、天保14年12月(1844年1月から2月)に正本が完成[1]国史大系に収録されている。徳川実という表記は誤りである。




「徳川実紀」の続きの解説一覧



徳川実紀と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

徳川実紀のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



徳川実紀のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの徳川実紀 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS