二代とは? わかりやすく解説

二代

読み方:にだい

花札で、同じ月の4のうち、2枚取った残りのこと。

二代

読み方:にだい

  1. 洗張りしたもの縫い直ししたもの

分類 衣類

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

二代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/22 14:23 UTC 版)

川汲峠」の記事における「二代」の解説

南茅部町下 によると大正山道とよぶ。 自動車通行可能にするための変更で、大正10年尾札部村臼尻村湯川村北海道庁誓願して、1925年(大正14年)10月1日開通した

※この「二代」の解説は、「川汲峠」の解説の一部です。
「二代」を含む「川汲峠」の記事については、「川汲峠」の概要を参照ください。


二代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 00:23 UTC 版)

安達曈子」の記事における「二代」の解説

安達潮花生家広島県呉市浄念寺)の十七住職安達高潤坊守玲子長女本名安達育。1990年小学校5年時に曈子の養女となるために上京2002年東京農業大学地球環境科学部造園科学科 卒業2005年1月、花芸安達流副主宰2006年3月27日二代目安達曈子襲名既婚一男の母。

※この「二代」の解説は、「安達曈子」の解説の一部です。
「二代」を含む「安達曈子」の記事については、「安達曈子」の概要を参照ください。


二代(1724年 - 1749年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/21 07:09 UTC 版)

にんべん」の記事における「二代(1724年 - 1749年)」の解説

享保9年1724年5月初代兵衛急病を受け、長男長太郎が二代伊兵衛襲名する享保14年1729年):初代兵衛没する享保15年1730年1月3日因幡御より、新年進物生鯛値段付が悪いとして御用外される享保16年1731年2月神田橋御門出店し大番頭清兵衛委任する元文元年1736年5月売掛金回収捗らず、清兵衛賄賂解決を図るが失敗し二丁目家守役に左遷される。 元文2年1737年6月15日前田家から売掛金支払い証文取り付ける元文5年1740年):神田御前生肴御用復し9月前田宗辰松平正容娘の婚礼、冬に前田利章養女斐姫広尾御前)と南部利雄婚礼御用与る寛保2年1742年):経営分析行い店卸金高最盛期の2割に縮小していることが判明する番頭利兵衛はこれを受け、支出27品目分け各々限度額設定した冗長節約計画書」を定め倹約徹する寛保3年1743年3月11日赤字神田橋御門店を閉店する延享2年1745年):前田宗辰家督相続に際し御用与る寛延2年1749年8月7日:二代伊兵衛死去

※この「二代(1724年 - 1749年)」の解説は、「にんべん」の解説の一部です。
「二代(1724年 - 1749年)」を含む「にんべん」の記事については、「にんべん」の概要を参照ください。


二代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/11 14:20 UTC 版)

砺波チューリップ公園」の記事における「二代」の解説

2021年令和3年3月下旬完成し同年4月22日完成が行われた新(二代)タワーは、高さは約26mと、初代タワーより約4m高くなり、展望台位置も約1m高い。新タワーの各頂点には高さ約2m、幅約1.6mの3品種のチューリップオブジェ(赤「とやまレッド」、白「白雲」、黄「黄小町」)が取り付けられている。また、展望台に続く螺旋階段途中高さ4m位置には、延長が138mあるスカイウオーク(展望園路)に繋がっている2021年令和3年)の70記念チューリップフェア終了後6月上旬に、初代タワー取り壊されるため、2本タワーが並ぶ最初で最後フェアとなり、5月下旬から29日まで、2本タワーライトアップされ29日には旧タワーのクロージングイベントが開催された。

※この「二代」の解説は、「砺波チューリップ公園」の解説の一部です。
「二代」を含む「砺波チューリップ公園」の記事については、「砺波チューリップ公園」の概要を参照ください。


二代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/19 07:43 UTC 版)

赤沢露石」の記事における「二代」の解説

二代赤沢露石赤沢修三)は、初代次郎の子峯の跡を継ぎ、露石と号し陶芸携わる昭和18年技術保存認定交趾焼作品により認定京都伝統陶芸家協会の設立携わり、同協会会員となる。

※この「二代」の解説は、「赤沢露石」の解説の一部です。
「二代」を含む「赤沢露石」の記事については、「赤沢露石」の概要を参照ください。


二代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/24 13:37 UTC 版)

第二十一航空隊」の記事における「二代」の解説

昭和17年2月1日フィリピン向け偵察隊として編制され第三十二航空隊が、昭和17年6月20日改称し二代目二十一空を継承した当初パラオ諸島マリアナ諸島カロリン諸島マーシャル諸島展開していた水上機部隊は、戦線の拡大とともに長距離偵察可能な陸上攻撃機飛行艇隊と交代し順次解散しつつあった。しかし綿密な近距離偵察適した水上機部隊ニーズもあり、フィリピン攻略完了とともに遊兵化していた三十二空内南洋哨戒振り向けたのが二十一空である。改称から約半年後、海軍航空隊番号付与標準の制定による海軍航空隊の番号制度改定実施されて「第九〇二海軍航空隊」へと改称し二代目もわずか半年書類上から消滅した。九〇二空が解散するのは、マリアナ諸島陥落した直後昭和19年8月1日である。三十二空開隊から九〇二空解隊まで沿革機種歴代司令第三十二航空隊の項を参照

※この「二代」の解説は、「第二十一航空隊」の解説の一部です。
「二代」を含む「第二十一航空隊」の記事については、「第二十一航空隊」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「二代」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「二代」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「二代」の関連用語

二代のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



二代のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの川汲峠 (改訂履歴)、安達曈子 (改訂履歴)、にんべん (改訂履歴)、砺波チューリップ公園 (改訂履歴)、赤沢露石 (改訂履歴)、第二十一航空隊 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS