要塞とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 軍事 > 要塞 > 要塞の意味・解説 

よう‐さい〔エウ‐〕【要塞】


【要塞】(ようさい)

Fortress.

攻撃を受ける事、そして長期にわたって撤退不可能になる事を想定して建造され軍事施設
類義語に「砦」「城砦」「城塞」「城」「堡塁」など。

関連橋頭堡 軍事革命 松代大本営

要塞の設計・建造意図

戦略的に考えた場合、要塞は以下の三つ意図をもって設計・建造される。
そのどちらの意図重視するかは場合によるが、ほぼ全ての要塞はそれら三つ機能兼ね備える
兼ね備えてなければ敵側決断次第で容易に無力化されてしまう。

守勢防御

要塞の第一意図は、敵が仕掛け攻撃耐え反撃行い増援到着するまでの時間を稼ぐ事である。

通常固定された要塞に立て籠もるよりも野外で機動力活かしてヒットアンドアウェイ徹した方が最終的な損耗少ない。
よって、あえて要塞に立て籠もるのは機敏に撤退する事が許されない場合のみに限られる
すなわち、撤退する事で甚大な戦略的不利を被る場所を死守する事が守勢防御目的である。

守勢防御重視して建造された要塞の最たるものは、国境線である。
当然の事だが、領土奪い合いまず最初に国境始まる。そして何事も最初重要である
侵攻側・防御側のいずれにせよ撤退すれば追撃を受けて蹂躙され勝てば要塞の中で悠々と増援を待つ事ができる。
ひとたび国境突破された軍隊は、相手攻勢限界点達するまで耐え凌ぐ事を余儀なくされ、その間領内甚大な戦災見舞われる羽目となる。
翻って攻撃側から見た場合最初の要塞を突破できなければ開戦直後攻勢限界点達し、敵の逆侵攻を受ける事となる

また、戦争想定されない場合でも、密輸業者スパイ亡命者眼前に壁となって立ち塞がる事に大きな意味がある

攻勢防御

要塞の第二意図は、敵が要塞を回避し無視し奥に浸透しようとする時にこれを阻止する事である。

とはいえ国境線全域分厚い壁や頑丈な柵で覆うのは非現実的であるし、国境線上の全域にわたって兵力分散させるのはさらに非現実的である。
よって、要塞を回避し、または無視して先に進むのはそれほど難しい事ではない。

そのような場合、要塞に駐留している部隊出撃し、通り過ぎようとする敵に背後から奇襲仕掛けるのが常道である。
また実際、ほとんどの指揮官は要塞からの奇襲予期してその前踏みとどまる。
しかしその場でも、防御側の増援到着する前に急いで要塞を陥落させなければならない
戦っている最中新たな敵出現すれば挟み撃ちを受ける事になるからだ。

兵站拠点

要塞の第三の意図は、上記二つ意図による作戦終了するまで兵站維持する事である。

守勢防御にせよ攻勢防御にせよ、それを実施するためには一定数兵員必要不可欠である
よって必然的に、要塞は部隊滞在させ、生活させ、平時には訓練させなければならない
また、攻勢防御に際しては指揮統制火砲による火力支援前線消耗して後送されてきた部隊休養再編成拠点ともなる。

いざ戦闘となれば周辺道路敵軍封鎖され事態予想されるため、要塞には大量の物資蓄え必要がある
武器類はもちろん照明衣服などの生活必需品食糧、そして何より確保しなければならない
防御戦闘中それらの備蓄尽きれば、残された決断はただ降伏のみである。
よって一般に増援見込みがない籠城は、ただ降伏先延ばしにするだけの時間稼ぎに過ぎないとされる

中世以前の要塞

中世以前土木技術経済規模では、要塞を建造してこれを維持管理するのは甚大な負担であった
このため中世以前為政者は、たいてい自ら治め都市の近隣にひとつの要塞(城)を建設した

当初の城は、敵側傭兵民兵略奪に際して領民と共に立て籠もるための避難所であった
しかし、時代が下るにつれて裁判所などの平時の行政拠点とも一体化され、為政者自身の邸宅兼ねようになった
そして最終的には都市全体を要塞とする「城塞都市」へと発展していった。

古代中世、あるいは近代にあって兵站十分でない時、要塞は丸太組み上げ作るのだった
しかしそのような木製の柵でも、人が狙撃掻い潜りながら突き崩すのは容易な事ではない。

また、比較的に裕福な王侯貴族石材積み上げて堅固な城塞構築した
そうした本格的な城塞は、野戦砲登場するまで事実上破壊できない無敵の要塞であった

そうした時代の要塞を攻略するにあたっては、弱点に対する集中攻撃が行われた。
人が出入りする門扉は必ず存在するもので、城の陥落とは即ち門を破って雪崩込んだ敵兵との白兵戦であった
また「内通者勝手に門を開ける」「増援部隊避難民装って堂々と入城」などの策略陥れられて占領された例もある。
しかし、そうした城壁に頼る戦術は、野戦砲実用レベル投入されると共に廃れていった。

近代要塞

近代以降の要塞は、中世までの要塞とは微妙に異な思想構築されている。

まず第一に近代要塞は野戦砲による集中砲火なんとしても回避しなければならない
現代に至るまで、これに対する手段アウトレンジから敵の野戦砲とそれを操る砲兵始末する以外にない。
近代の要塞は、巨大で有効射程長い要塞砲筆頭とする各種の火砲備えそれによって敵を迎撃していた。

また同時に古来り用いられてきた歩兵浸透戦術を防ぐ策も必須であった。
これに対する近代解答も、古来城壁効率的に進歩させた障害システムであった
塹壕などの新発想で作られた障害物が敵の歩兵足止めし、混乱したところに要塞砲砲弾降らせ逃げ惑う敗残兵守備隊増援部隊歩兵騎兵、あるいは狙撃手仕留めるのが常套戦術であった

一方、要塞の設計思想進化すると同様攻撃側攻略法徐々に進化していった。
地下トンネル工事爆薬化学兵器生物兵器火炎放射器など、中世までには存在しなかった新たな戦術編み出されている
要塞に浸透して道を切り拓く戦闘工兵高度に専門化され、洗練されていった

とはいえ、これらも航空機発達した第二次世界大戦を境に急激に衰微していく。

艦船への対応

近代になって艦船技術進化し外洋航行可能になってくると、敵国艦隊による海上侵攻への対処も要塞に求められるようになった
そのため、軍事交易上重要な港を擁する湾や入り江近辺、あるいは内海小島に要塞が築かれることも多かった

この目的のために作られた要塞は、魚雷堡や機雷堰・防潜網などの障害システム艦船通航阻み要塞砲砲撃艦隊被害受けたところを海防艦駆逐艦フリゲートその他の小型艦艇で掃討するのが普通であった。
一方艦船から要塞への砲撃は危険が大きく大損害覚悟する必要があった。

現代の要塞

このように発達遂げた要塞であるが、第二次世界大戦契機とした第六第七軍事革命により、急激に衰退する

航空機急速な発達により「いかにして航空優勢相手より先に奪取するか」が戦争勝敗左右する要素となった
ひとたび攻撃側航空優勢掌握すれば、動けない要塞はマルチロールファイターによる空爆的でしかなくなるし、空挺降下交通路速やかに封鎖されればたちまち備蓄物資欠乏悩まされる
そしてその間に、機械化され部隊障害システム排除しつつ要塞を素通りし電撃戦により戦果拡大するであろう

また、NBC兵器ひとたび使用されれば数万数十万人人間短時間のうちに殺傷し周辺にも甚大な環境汚染もたらすことから皮肉にも国家総力戦未然に防ぐ抑止力として機能することになった

こうしたことから現代国家・軍隊は要塞を必要としなくなり、構築された要塞の大部分は破壊放棄され遊休国有財産となるか、部外者譲渡され史跡公園などに変わっていった。
要塞の施設として構築され建物掩蔽壕軍事施設指揮統制兵站拠点など)として活用されている事例多々あるが、これは、不要となった施設要塞砲砲台弾薬庫守備隊兵員居住区など)が撤去された跡の空きスペース利用しているだけのことであり、べつだん要塞でなくても構わない

一方で独裁国家では権力握った為政者が「暗殺恐怖から逃避」と「領民への権勢誇示」を兼ねて自らの居宅(兼執務場)に、かつての王宮のような偏執的な外観物理的な障害システム備えて要塞のようにしてしまうこともままあるし、非対称戦争などの小規模な紛争では、政治的都合によってかなり話が違ってくる。

現代特殊部隊でも、要塞化された地下坑道隠れている要人拘束連行してくるように命じられたら全滅覚悟するだろう。


要塞

作者グレッグ・イーガン

収載図書TAP
出版社河出書房新社
刊行年月2008.12
シリーズ名奇想コレクション


要塞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/14 16:39 UTC 版)

要塞(ようさい 英:Fortress)とは、外敵等から戦略上重要な地点を守る為に築かれた構築物。とりで(砦、堡、塞)城砦(じょうさい)、城堡(じょうほう)ともいう。


  1. ^ 日本の要塞-忘れ去られた帝国の城塞 p82-89
  2. ^ 日本の要塞-忘れ去られた帝国の城塞 p141
  3. ^ 要塞地帯法(明治32年7月15日法律第105号)『法令全書』内閣官報局、1899年、342–348頁。doi:10.11501/788011https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/788011/255 


「要塞」の続きの解説一覧

要塞(ようさい)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/01 00:20 UTC 版)

螺旋のプリンセス」の記事における「要塞(ようさい)」の解説

派遣騎士詰め所兼、取り調べ室兼、仮住まいといった感の場所。正式名称ではないようだが、派遣騎士多く天箱園にいた頃の習慣で「要塞」と呼んでいるらしい次元の道が通る場所にはよく建てられている風戸里「要塞」は駅近くの3階建て雑居ビル2階にあり、見た目小さな会社事務所のような雰囲気

※この「要塞(ようさい)」の解説は、「螺旋のプリンセス」の解説の一部です。
「要塞(ようさい)」を含む「螺旋のプリンセス」の記事については、「螺旋のプリンセス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「要塞」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

要塞

出典:『Wiktionary』 (2021/05/03 07:48 UTC 版)

名詞

ようさい

  1. 外敵から防御するために国境海岸など戦略的に重要場所作った建造物軍事施設。とりで。

関連語


「要塞」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



要塞と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「要塞」の関連用語

要塞のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



要塞のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの要塞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの螺旋のプリンセス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの要塞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS