維持管理とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 概念 > 管理 > 維持管理の意味・解説 

メンテナンス

(維持管理 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/22 10:33 UTC 版)

メンテナンス: maintenance)とは、機器、機械、施設、情報通信システムなどのインフラストラクチャーを正常な状態に保つことをいう。保守保全とも呼ばれる。略称はメンテ


  1. ^ Berendsen, A. M.; Springer (2013). Marine Painting Manual (1st ed.). ISBN 978-90-481-8244-2 
  2. ^ a b ISO 12944-9:2018 – Paints and Varnishes – Corrosion Protection of Steel Structures by Protective Paint Systems – Part 9: Protective Paint Systems and Laboratory Performance Test Methods for Offshore and Related Structures
  3. ^ a b c d e 連邦規格1037CおよびMIL-STD-188英語版および国防総省の軍用辞書および関連用語英語版
  4. ^ “AAP-6 - Glossary of terms and definitions”. NATO Standardization Agency (North Atlantic Treaty Organization): 158. 
  5. ^ Commercial Electrical Contractor and Domestic Electrician Leeds”. 247 Electrical Services Leeds. 2017年1月26日閲覧。


「メンテナンス」の続きの解説一覧

維持管理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/08 11:03 UTC 版)

ランドスケープの維持管理」の記事における「維持管理」の解説

造園の質を一定維持していくことで、一般の語ではメインテナンス(maintenance)の側面であり、造園では手入れと言われる側面でもあるが、どちらかというと規模の小さい住宅庭園適用されている管理あり方に近い。

※この「維持管理」の解説は、「ランドスケープの維持管理」の解説の一部です。
「維持管理」を含む「ランドスケープの維持管理」の記事については、「ランドスケープの維持管理」の概要を参照ください。


維持管理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/13 06:46 UTC 版)

日光杉並木」の記事における「維持管理」の解説

日光杉並木保護財団および栃木県文化財課により樹勢回復事業が行われている。 平成8年秋より事業費捻出するため「日光杉並木オーナー制度」が開始された。

※この「維持管理」の解説は、「日光杉並木」の解説の一部です。
「維持管理」を含む「日光杉並木」の記事については、「日光杉並木」の概要を参照ください。


維持管理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/11 23:12 UTC 版)

マンション」の記事における「維持管理」の解説

共用部分#区分所有建物」および「管理組合」も参照 建物のうち、特にマンションは、日常の維持管理、計画的な大規模修繕実施などにより、経済価値や「寿命」が大きく影響を受ける日常の維持管理、大規模修繕は、管理組合主体的に実施すべきものであるマンション築年数経過する資産価値維持老朽化防止のため、10年15年1度頻度大規模修繕工事を行うのが一般的である。その費用居住者からの修繕費積立金より支払われるマンション規模によって金額異なるため、一概にいくらとは言えない。

※この「維持管理」の解説は、「マンション」の解説の一部です。
「維持管理」を含む「マンション」の記事については、「マンション」の概要を参照ください。


維持管理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/04 02:14 UTC 版)

日本の道路標識」の記事における「維持管理」の解説

標識変状事故腐食による損傷劣化植生汚れに伴う視認性低下あげられる全ての道路付属物は安全かつ円滑な交通保ち第三者被害及ぼしかねない変状的確に把握して計画的に補修するための基礎的な情報を得るために点検欠かせない。特に門型設置されている道路標識それ以外設置方法道路標識よりも綿密に点検されるよう取り決められている。そして、道路標識管理者標識が常に良好な態であるよう配慮しなければならない。このとき、管理円滑に行うため道路標識台帳用いて道路標識管理を行うことが望ましい。ただし、道路標識点検を行う際に人員不足課題となり、各々の標識状況十分に把握できない問題発生していた。この問題点解決するため、ドライブレコーダー得られ映像から位置特定して自動道路標識台帳作成しAR用いて維持管理する技術開発されている。 腐食に伴う耐久性低下に伴い標識板落下支柱倒壊事案が発生している。このような事案を防ぐために点検時には支柱基礎部の腐食ボルト緩み標識板支柱接合部腐食及びボルト緩み、曲柱の支柱曲部の亀裂存在などが重要な確認事項となる。標識板落下を防ぐためにボルト・ナットに加えワイヤー標識板接合する事例増えている。さらには標識柱倒壊を防ぐため、地際部分アラミド繊維二重構造採用したケース柱の内部に鉄筋棒鋼入れるなどの対策もとられている。維持管理費の削減とした根本的な対策として必要性のない道路標識新設抑制撤去維持費節約できるタイプ標識切り替えることもある。 標識板汚れた場合清掃作業は、きれいな水吹き付け汚れによっては灯油鉱石油、中性洗剤併用し)、洗浄剤使用して表面洗浄し最後に乾拭き順番で実施される。このとき、標識板表面研磨しないよう注意しなければならない洗浄剤選定では研磨剤含んだものは避けなければならない)。 地際部が腐食した標識柱倒壊する危険性がある老朽化し退色した警戒標識神奈川県足柄上郡中井町

※この「維持管理」の解説は、「日本の道路標識」の解説の一部です。
「維持管理」を含む「日本の道路標識」の記事については、「日本の道路標識」の概要を参照ください。


維持管理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/08 18:33 UTC 版)

ハイウェイ・パトロール」の記事における「維持管理」の解説

災害悪天候通過した後、迅速に道路調査実施して道路損傷被害観察および報告する

※この「維持管理」の解説は、「ハイウェイ・パトロール」の解説の一部です。
「維持管理」を含む「ハイウェイ・パトロール」の記事については、「ハイウェイ・パトロール」の概要を参照ください。


維持管理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/03 04:27 UTC 版)

ヴェリブ」の記事における「維持管理」の解説

維持管理を行っているJCDecauxが各スタシオンを定期的に巡回しパンクチェーン外れ修理といった、車両メンテナンス行ったりオンラインでスタシオンの駐輪状況確認しながら、満車のスタシオンから自転車移動し空車目立つスタシオンへと補充したりしている。

※この「維持管理」の解説は、「ヴェリブ」の解説の一部です。
「維持管理」を含む「ヴェリブ」の記事については、「ヴェリブ」の概要を参照ください。


維持管理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/28 03:27 UTC 版)

ガス警報器」の記事における「維持管理」の解説

ガス警報器には有効期限がある(警報器本体有効期限記載されシール貼ってある)ので、期限切れたものは交換する必要がある(たいていのガス会社有効期限コンピュータ入力して一括管理するので、交換時期近付くと連絡が入る)。また、月に一度は点検口より付属の試験ガス認識させ、正しく動作することを確認する

※この「維持管理」の解説は、「ガス警報器」の解説の一部です。
「維持管理」を含む「ガス警報器」の記事については、「ガス警報器」の概要を参照ください。


維持管理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 19:48 UTC 版)

五街道」の記事における「維持管理」の解説

五街道総括管理していたのは道中奉行で、日常的な管理組織基準はあきらかではないが、原則的に道中奉行街道の維持管理の執行沿道宿村割り当てて、その執行責任負わせた。交通量によっては沿道地区間に合わない場合があり、沿道直接接しない周辺の村々にも割り当てが及び、その割り当てられそれぞれの区間掃除丁場(そうじちょうば)といった。村々から掃除丁場までの距離は、大半は1里未満であったが、最も遠いところでは5里というところも見られ、5里以上離れたへの割り当て見られていないこうした村々への割り当て助郷制度にも見られ割り当てられ重複していたと推察されている。ただし、峠越えなどの山中では形式上沿道負担しながらも、実質的に藩主負担としていたり、沿道実情に合わせて配慮なされていたとみられているまた、並木管理沿道宿村には任されず、その土地管理区分に従って幕府直轄地では代官が、私領地では大名責任負った

※この「維持管理」の解説は、「五街道」の解説の一部です。
「維持管理」を含む「五街道」の記事については、「五街道」の概要を参照ください。


維持管理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/05 03:30 UTC 版)

高松城 (讃岐国)」の記事における「維持管理」の解説

1954年以来この高松城高松市が所有し、維持管理を高松市都市開発公園緑地玉藻公園管理事務所管轄している。 高松城に関する高松市附属機関 玉藻公園管理委員会1962年12月25日市長諮問応じ玉藻公園管理運営に関する事項審議することを目的設置。) 史跡高松城跡整備検討委員会2004年1月史跡高松城跡保存整備に関する検討目的設置史跡高松城跡石垣検討委員会2005年1月史跡高松城跡石垣安全性確保するための検討史跡高松城跡石垣伝統工法生かした修復検討目的設置史跡高松城跡建造物検討委員会2005年2月史跡高松城跡建造物安全性確保するための検討史跡高松城跡建造物復元必要な資料収集目的設置

※この「維持管理」の解説は、「高松城 (讃岐国)」の解説の一部です。
「維持管理」を含む「高松城 (讃岐国)」の記事については、「高松城 (讃岐国)」の概要を参照ください。


維持管理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 10:00 UTC 版)

防除」の記事における「維持管理」の解説

被害発生しない生息数維持するために、環境の維持を行う。

※この「維持管理」の解説は、「防除」の解説の一部です。
「維持管理」を含む「防除」の記事については、「防除」の概要を参照ください。


維持管理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/27 03:34 UTC 版)

換気設備」の記事における「維持管理」の解説

換気設備の維持管理は、居住者など健康保持重要なものである定期的に清掃行い消耗品取替え故障部分修理行わなければならない

※この「維持管理」の解説は、「換気設備」の解説の一部です。
「維持管理」を含む「換気設備」の記事については、「換気設備」の概要を参照ください。


維持管理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/13 04:59 UTC 版)

かやぶきの里・北村」の記事における「維持管理」の解説

茅葺き屋根維持のためには数十年毎に葺き替えをする必要がある一時茅葺き職人後継者がいなくなりそうだったが、近年住民中から職人誕生したかつては共同体によって村民総出で屋根葺き替えが行なわれてきたが、自治体から補助金などが支給されるようになってからは、専門業者任せようになった茅葺き屋根住居は火に弱い建物である。2000年には「かやぶき交流館」が火事焼失しており(2年後再建)、火災対策重要事項となっている。住居母屋毎に放水銃」が配備されている。普段は小屋の形をした収納箱中に収納されているが、使用時は(おそらく遠隔操作により)液圧シリンダーより小屋の屋根開き放水銃迫り出すようになっている

※この「維持管理」の解説は、「かやぶきの里・北村」の解説の一部です。
「維持管理」を含む「かやぶきの里・北村」の記事については、「かやぶきの里・北村」の概要を参照ください。


維持、管理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/12 02:56 UTC 版)

ケルン大聖堂」の記事における「維持、管理」の解説

詳細は「ケルン大聖堂中央建築協会を参照 ケルン大聖堂の維持管理費用年間約1,000ユーロにも達す莫大なものである。この維持管理費用の約60%をケルン大聖堂中央建築協会負担し残りドイツ連邦政府地元州、教会負担している。ケルン大聖堂中央建築協会は、ローマ・カトリック教会ケルン大司教区には属さない超党派超教派独立組織である。大きな補修工事発生した場合費用大半はケルン大聖堂中央建築協会負担するため、カトリック教会負担大きくないしたがって、現在のケルン大聖堂公共建築としての性格が強い。 ケルン大聖堂中央建築協会は、もともと大聖堂建設するための公法人として1840年プロイセン王 フリードリヒ・ヴィルヘルム4世勅許得て設立された。1842年から1880年にかけてケルン大聖堂中央建築協会大聖堂建築費用の75%にあたる約6,500万ターラー(2,000万金マルク現在の貨幣価値11億ユーロ相当)を負担したプロイセン王国ラインラント地方併合するケルン世俗化され、ケルン大聖堂管理ローマ・カトリック教会ケルン大司教区からプロイセン王国移行したケルン大聖堂建築再開プロイセン王裁可によって行われており、ケルン大聖堂プロイセンによるドイツ統一象徴する建物変化したケルン大聖堂中央建築協会に関する政令は、現在のドイツおいても有効でありケルン大聖堂に関するプロイセン王国役割ドイツ連邦政府引き継いでいる。

※この「維持、管理」の解説は、「ケルン大聖堂」の解説の一部です。
「維持、管理」を含む「ケルン大聖堂」の記事については、「ケルン大聖堂」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「維持管理」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「維持管理」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



維持管理と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「維持管理」の関連用語

維持管理のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



維持管理のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ダイキアクシスダイキアクシス
Copyright (C) DAIKI AXIS Co., LTD Allrights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのメンテナンス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのランドスケープの維持管理 (改訂履歴)、日光杉並木 (改訂履歴)、マンション (改訂履歴)、日本の道路標識 (改訂履歴)、ハイウェイ・パトロール (改訂履歴)、ヴェリブ (改訂履歴)、ガス警報器 (改訂履歴)、五街道 (改訂履歴)、高松城 (讃岐国) (改訂履歴)、防除 (改訂履歴)、換気設備 (改訂履歴)、かやぶきの里・北村 (改訂履歴)、ケルン大聖堂 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS