兼ねてとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 兼ねての意味・解説 

かね‐て【予て/兼ねて】

【一】[副]【二】一語化》

以前から。前から。前もってかねがね名詞的にも用いる。「—聞いていたとおり」「—(から)の望み」「—より予期していたことだ」

以前に。前に。かつて。

「—敬之進と一緒に飲んだところ」〈藤村破戒

【二】連語動詞「か(兼)ぬ」の連用形接続助詞「て」》…前から。…前に多く日数を表す語を受けて、副助詞的に用いる。

二、三日—、空晴れ」〈大鏡道長上〉


かね‐て【予━・兼━】

1連語〕 (動詞「かねる(兼)」の連用形助詞「て」の付いたもの

将来のことを見越す心情表わす将来まで続かせようという気持にも、将来のことを先まわりして行なう気持にも用いる。…を見越して。…までも。ゆとりを持たせて…。

古今(905‐914)雑上・九〇七「梓弓いそべのこまつたが世によろづよかねてたねをまきけん〈よみ人しらず〉」

② (日数、期間を表わす語を受けて) …前から。

宇津保(970‐999頃)蔵開上「ふた月ばかりかねてむまれ給はん日まで」

2 〔副〕 ((一)一語したもの

将来の状態を見越して、今からそのような状態になっている、という気持表わす。今からもう。早くも

万葉(8C後)一〇・二三五〇「あしひきの山の嵐は吹かねども君なきよひは予(かねて)寒しも」

源氏100114頃)紅葉賀「『人のみかどまでおもほしやれる御后ことばのかねても』とほほゑまれて」

一つ行為、状態を基準に、それに先立つ時点漠然(ばくぜん)と示す。事前に前もって

万葉(8C後)一七・三九五九「かからむと可禰弖(カネテ)知りせば越の海荒磯(ありそ)の波も見せましものを」

花間鶯(1887‐88)〈末広鉄腸〉中「兼(カネ)てお春にも親類始め郷里人々交際する注意示し置きたれば」

以前からずっとその状態を続けてきたという気持表わす。前から。今までずっと。

古今(905‐914)哀傷・八六一「つひにゆく道とはかねてききしかどきのふけふとは思はざりしを〈在原業平〉」

ヰタ・セクスアリス(1909)〈森鴎外〉「何か書いて見ようといふ、兼ての希望が」

過去のある時点を示す。以前に。かつて。

破戒(1906)〈島崎藤村一六「一ぜんめし、御酒肴、笹屋、としてあるは、かねて敬之進と一緒に飲んだところ」

(5) 一つ事柄をこれと並行するもう一つ事柄合わせて示すのに用いる。一方あわせて

*妙一本仮名書き法華経鎌倉中)分別功徳第十七「いはんや、また、この経を、たもち、かねて、布施持戒忍辱、ありて、禅定をねがひ、いからず、悪口せず」


兼ねて

読み方:かねて

ナ行下一段活用動詞兼ねる」の連用形である「兼ね」に、接続助詞「て」が付いた形。

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「兼ねて」の関連用語

兼ねてのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



兼ねてのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2022 GRAS Group, Inc.RSS