白拍子とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > > 白拍子の意味・解説 

しら‐びょうし〔‐ビヤウシ〕【白拍子】

(「素拍子」とも書く)雅楽や声明(しょうみょう)で、笏(しゃく)拍子扇拍子だけで歌うこと。

平安末期から鎌倉時代にかけて流行した歌舞また、それを演じる遊女今様などを歌い、水干立烏帽子(たてえぼし)・佩刀(はいとう)の男装で舞ったので男舞といわれた。のちの曲舞(くせまい)などに影響与えたほか、能にも取り入れられた。

江戸時代遊女のこと。


白拍子

読み方:シラビョウシ(shirabyoushi)

(1)雅楽拍子の一。
(2)平安末期鎌倉時代流行した歌舞。またそれを歌い舞う遊女

別名 素拍子


しらびょうし 【白拍子】

中世に歌舞を業とした遊女直垂立烏帽子帯刀男装をすることもあった。巫女神がかりの舞が始源。

白拍子

読み方はくびょうし

平安末期におこった歌舞のことです。水干直垂 (ひたれ) 、立烏帽子 (たてえぼし) 、そして白鞘巻の刀などで男装し、鼓を伴奏に歌いながら舞います。歴史上では源義経愛妾であった静御前やその母である磯の禅師などが白拍子として有名です。住吉大社ではこの白拍子に由来する舞が伝承され、踏歌神事神事行われています。

しらびょうし〔白拍子〕

平安時代(794~1192年)から鎌倉時代(1192~1334年初期にかけて舞妓呼称また、その舞われる歌舞をもいう。舞妓烏帽子水干狩衣)をつけ、太刀を佩いた男姿で舞う。水干多く白色だったことより白拍子といわれた。別名、男舞ともいう。

白拍子

作者三島由紀夫

収載図書決定版 三島由紀夫全集 20 短編小説
出版社新潮社
刊行年月2002.7


白拍子―月乃

作者碓井静照

収載図書中世恥丘みだら―中世ロマン主義短編小説集
出版社ガリバープロダクツ
刊行年月2001.11
シリーズ名ガリバープロダクツベストヒットシリーズ


白拍子

読み方:しらびょうし

  1. 平安朝時代出来た舞妓であるが売淫行為も兼ねて居つたので後世には売春婦の称。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

白拍子

読み方:シラビョウシ(shirabyoushi)

所在 静岡県磐田市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

白拍子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/10 03:00 UTC 版)

白拍子(しらびょうし)は、平安時代末期から鎌倉時代にかけて起こった歌舞の一種。及びそれを演ずる芸人




  1. ^ 平家物語』「祗王」の章
  2. ^ 平家物語』「祗王」の章
  3. ^ この物語は平家物語(第一巻 6「祗王」)に登場する。


「白拍子」の続きの解説一覧

「白拍子」の例文・使い方・用例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



白拍子と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「白拍子」の関連用語

白拍子のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



白拍子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
住吉大社住吉大社
Copyright (C) 2022 sumiyoshitaisha. All rights reserved.
社団法人日本人形協会社団法人日本人形協会
Copyright (C) 2022 社団法人日本人形協会 All rights reserved.
※このホームページに掲載されている文章・写真・イラストなどの無断転載を禁じます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの白拍子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS