張り子とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > 張り子の意味・解説 

はり こ [0] 【張(り)子】

物の形を木型作り,それに紙を重ねてはり,糊(のり)がかわいてから,木型抜き去ったもの。はりぬき。また,木・竹などで(しん)組み,上から幾重にも紙を張って作ったもの。はりぼて。 「の-」

張り子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/06 14:20 UTC 版)

張り子、あるいは張子(はりこ)とは、などで組んだ枠、または粘土で作った型になどを張りつけ、成形する造形技法のひとつ。中空になっており、外観と比較して軽いものが大半を占める。「はりぼて」とも。張り子の技術は2世紀に中国に始まり、アジアやヨーロッパに伝わったといわれる。日本には平安時代頃には中国から伝来しており、産室に犬筥(いぬばこ)が飾られたことが知られている。日本全土に分布し、郷土玩具などに用いられている。




「張り子」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「張り子」の関連用語

張り子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



張り子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの張り子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS