火鉢とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 道具 > 火鉢 > 火鉢の意味・解説 

ひ‐ばち【火鉢】

灰を入れ、中に炭火をおこして、暖房湯沸かしなどに用いる道具。「火鉢にあたる」「長火鉢」《 冬》「客去って撫(な)づる―やひとり言/嘯山」


火鉢 (ひばち)

火鉢 飼育室内を、発育適す温度2327)に保つために用いられた器具で、熱源には木炭、錬炭が使用された。また、木炭代わりに薪材燃料とする埋用爐もあった。昭和30年代には、石油ストーブ使用するようにもなった。蚕室暖房は、外気温の低い春期又は秋期行われる焼物木炭用火鉢である。外径55cm(内径46cm)、高さ20cm(深さ18cm)である。使用年代昭和20年代までと思われる

ひばち〔火鉢〕

手を暖め湯茶などをわかすのに用いる道具。丸、角、胴張御殿形などがある。

火鉢

作者夏目漱石

収載図書夢十夜 他二篇
出版社岩波書店
刊行年月2003.4
シリーズ名岩波文庫

収載図書夢十夜 他二篇
出版社岩波書店
刊行年月2007.1
シリーズ名ワイド版岩波文庫


火鉢

読み方:ヒバチhibachi

灰を入れ炭火をおこして置く暖房

季節

分類 人事


火鉢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/22 01:03 UTC 版)

火鉢(ひばち)は、陶磁器金属木材などでできた器具で、入れたの上でを燃焼させ、暖房や湯沸かしや簡単な調理を行うもの。火櫃(ひびつ)や火桶(ひおけ)などともいい、冬の季語[1]


  1. ^ 広辞苑第5版
  2. ^ a b c 手さげ火鉢 横須賀市教育研究所
  3. ^ 「いろり座卓使用時の一酸化炭素中毒に注意!」国民生活センター
  4. ^ 「信楽焼二割安 生産も昨年の約七割」『日本経済新聞』昭和25年12月8日3面
  5. ^ 英語の「Hibachi」は火鉢じゃなかった exciteニュース 2005年6月2日


「火鉢」の続きの解説一覧



火鉢と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「火鉢」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||



7
92% |||||

8
92% |||||

9
92% |||||

10
92% |||||

火鉢のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



火鉢のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
農林水産研究情報総合センター農林水産研究情報総合センター
Copyright (C) Agriculture, Forestry and Fisheries Research Information Technology Center. All rights reserved.
社団法人日本人形協会社団法人日本人形協会
Copyright (C) 2021 社団法人日本人形協会 All rights reserved.
※このホームページに掲載されている文章・写真・イラストなどの無断転載を禁じます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの火鉢 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS