鰻とは? わかりやすく解説

うな【×鰻】

読み方:うな

「うなぎ」の略。「—どん」


うなぎ


うなぎ【×鰻】

読み方:うなぎ

ウナギ目ウナギ科。体は円筒形細長く腹びれがない。体表粘液覆われぬるぬるしている。夜行性深海産卵し稚魚回遊しながら柳葉状のレプトセファルス幼生期経てシラスウナギとなり、淡水域入って成長する。ニホンウナギ・ヨーロッパウナギ・アメリカウナギ・オオウナギなど世界18種が知られる日本では北海道以南内湾河川・池沼分布。肉は脂肪富み美味で、特にかば焼きにして賞味明治11年(1878)以来養殖行われる。《 夏》

ウナギ1とは分類上別目のタウナギや、円口類のヤツメウナギ・ヌタウナギ、骨類のデンキウナギ爬虫類エラブウナギなど、形がウナギ似た水生動物をいう。

[補説] ニホンウナギ漁獲量激減していることから、平成25年2013)に環境省平成26年2014)に国際自然保護連合IUCN)がそれぞれ絶滅危惧ⅠB類に指定した


むなぎ【×鰻】

読み方:むなぎ

「うなぎ」の古形

夏痩(や)せに良しといふものそ—捕り喫(め)せ」〈万・三五三


うなぎ 【鰻】

ウナギ科硬骨魚形態発生不思議さから俗信の話が多くある。アリストテレス泥中自然に発生説き祖霊や馬の毛、小などが化したとする話もある。祖先崇拝トーテム信仰結びつき神聖視する所もある。漁中に名をいうのをタブーとする所もあり、食べない所もある(台湾高砂族)。中国にはウナギがすむ井戸の話があり、姿を現す水害などが起きるとする。日本では山芋化したものといい、子授けの神とする。水神使いともいう。

作者神吉拓郎

収載図書曲り角
出版社文芸春秋
刊行年月1988.8
シリーズ名文春文庫


作者高樹のぶ子

収載図書彩月季節の短篇
出版社文芸春秋
刊行年月1997.8

収載図書彩月季節の短篇
出版社文藝春秋
刊行年月2002.1
シリーズ名文春文庫


作者畠山

収載図書作家短篇小説第3巻
出版社全国同人雑誌作家協会
刊行年月2000.3


作者青木知子

収載図書季節はずれ
出版社澪標
刊行年月2004.10


作者泉鏡花

収載図書百物語怪談
出版社筑摩書房
刊行年月2007.7
シリーズ名ちくま文庫


読み方:うなぎ

  1. 細帯。〔第二類 人物風俗
  2. 細帯のこと、盗賊用ふ隠語
  3. 〔犯〕細帯のこと。帯のことは「グル」といふ。
  4. 細帯を云ふ。
  5. 細帯 不良仲間
  6. 〔犯〕細帯のこと。

分類 不良仲間、犯、犯罪者盗賊


読み方:うなぎ

  1. 細ひものこと。長くつて一寸ひものやうな感じを与へるから。〔刑事
  2. 細いひものことをいふ。形から来た言葉
  3. 紐。〔香具師不良
  4. 細紐。形態類似。〔盗〕
  5. 細紐のこと。

分類 刑事、犯罪語、盗/犯罪香具師不良


読み方:うなぎ

  1. 鰻。男陰の形容隠語川柳金魚だおよしと鰻を入れさせず」。
  2. 男陰。〔風流

読み方:うなぎ

  1. 鰻のぼりの略、貧賎より身を起し漸次立身出世した者をいふ。

読み方:うなぎ

  1. 傘を云ふ。ひらいてさす故。

分類 不良青少年軟派

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方:ウナギunagi

ウナギ科属すかば焼などにして美味で、夏の土用などに多く食される

季節

分類 動物


読み方:ウナギunagi

作者 小川国夫

初出 昭和55年

ジャンル 随筆


読み方
うなぎ

ウナギ

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/14 17:04 UTC 版)

ウナギ(鰻[2]、泉海魚、うなぎ)とは、ウナギ科 (Anguillidae) ウナギ属 (Anguilla) に属する魚類の総称である。世界中の熱帯から温帯にかけて分布する。ニホンウナギオオウナギヨーロッパウナギアメリカウナギなど世界で19種類(うち食用となるのは4種類)が確認されている[3]


注釈

  1. ^ 籠、筒、壷による漁
  2. ^ 柳田國男の記録による。TBS系アニメ「まんが日本昔ばなし」1991年8月10日放送の「鰻沢」はこの伝承を翻案したものである

出典

  1. ^ USDA National Nutrient Database for Standard Reference, Legacy Release
  2. ^ 平瀬徹斉著、『日本山海名物図会』第五巻、1754年 ほか
  3. ^ a b 「日本人とうなぎ」東京新聞サンデー版2012年4月15日
  4. ^ 日本おさかな雑学研究会 2002, p. 124.
  5. ^ 日本おさかな雑学研究会 2002, p. 123.
  6. ^ a b c d e f 宮城県の伝統的漁具漁法 V 内水面”. 宮城県水産試験場. 2022年11月30日閲覧。
  7. ^ a b c <有明海点描>石倉篭 隠れているウナギ捕獲、調査に活用”. 朝日新聞. 2022年11月30日閲覧。
  8. ^ a b c 川の漁編:4 ウナギ石漁”. 朝日新聞. 2022年11月30日閲覧。
  9. ^ 不思議な竹筒”. 福井県里山里海湖研究所. 2022年11月30日閲覧。
  10. ^ 養鰻池のサルモネラ汚染 日本水産学会誌 Vol. 55 (1989) No. 4 P 675-679
  11. ^ オス9割の養殖ウナギ、メスになる新技術(朝日新聞、2024年1月23日)
  12. ^ 鰻養殖の歴史”. 日本養鰻漁業協同組合連合会. 2016年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月23日閲覧。
  13. ^ 都道府県別鰻養殖生産量”. 日本養鰻漁業協同組合連合会. 2016年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月23日閲覧。
  14. ^ a b ウナギの市場の動態:東アジアにおける生産・取引・消費の分析”. トラフィック イーストアジアジャパン (2015年7月13日). 2017年7月22日閲覧。
  15. ^ “出所不明の香港ウナギ6トン 日本輸入、養殖稚魚の8割 ワシントン条約で批判も”. 日本経済新聞. (2019年3月25日) 
  16. ^ 世界初の「ウナギの完全養殖」、ついに成功!〜天然資源に依存しないウナギの生産に道を開く〜 別紙参考資料』(pdf)(プレスリリース)水産総合研究センター、2010年4月8日http://www.fra.affrc.go.jp/pressrelease/pr22/2204082/220408besshi.pdf2013年2月2日閲覧 
  17. ^ 世界初の「ウナギの完全養殖」、ついに成功!〜天然資源に依存しないウナギの生産に道を開く〜』(pdf)(プレスリリース)水産総合研究センター、2010年4月8日http://www.fra.affrc.go.jp/pressrelease/pr22/2204082/2012年7月24日閲覧 
  18. ^ ウナギ 完全養殖達成」『FRANEWS』第23巻、水産総合研究センター、2010年7月、4-20頁、ISSN 1349-6816 
  19. ^ ウナギの幼生の食性を解明 ~ウナギの幼生は何を食べているのか?~』(プレスリリース)海洋研究開発機構、2012年11月7日https://www.jamstec.go.jp/j/about/press_release/20121107/2019年11月7日閲覧 
  20. ^ 〜「“いつ出来るか”ではなく、“いつやるか”」、水産総合研究センター・増養殖研究所の田中秀樹グループ長が明かす〜 講演『ウナギ人工種苗生産技術の現状と課題』にて”. 日本養殖新聞. 2014年6月7日閲覧。
  21. ^ 養殖業のあり方検討会 第4回会合配布資料4 内水面養殖について” (pdf). 水産庁. p. 7. 2014年9月17日閲覧。
  22. ^ “ウナギ完全養殖に成功 期待高まる安定供給”. FNN. (2019年6月22日). https://www.fnn.jp/articles/-/1317 2019年6月29日閲覧。 
  23. ^ a b 東アジア鰻資源協議会(East Asia Eel Resource Consortium) 緊急提言” (PDF). EASEC (2012年3月19日). 2015年4月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月3日閲覧。
  24. ^ a b c 井田徹治 (2012年7月12日). “第1回 乱獲で資源は危機的に、生息地破壊も一因”. ウナギが食べられなくなる日. 日経ナショナルジオグラフィック. 2013年7月3日閲覧。
  25. ^ a b 水産総合研究センター ウナギ総合プロジェクトチーム (2012年7月9日). “ニホンウナギの資源状態について” (PDF). 水産総合研究センター. 2013年7月4日閲覧。
  26. ^ シラスウナギ漁獲量 過去最低”. NHK (2013年7月2日). 2013年7月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月3日閲覧。
  27. ^ 第4次レッドリストの公表について(汽水・淡水魚類)(お知らせ)』(プレスリリース)環境省、2013年2月1日https://www.env.go.jp/press/press.php?serial=162642013年7月3日閲覧 
  28. ^ a b c 神田明美、香取啓介 鳴沢大、小寺陽一郎 (2014年6月13日). “「年数回のぜいたくが…」 ニホンウナギが絶滅危惧種に”. 朝日新聞社. 2014年6月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年11月17日閲覧。
  29. ^ a b 勝川俊雄 (2012年7月27日). “[論点]水産資源の枯渇 ウナギ高騰 「食」再考を 勝川俊雄氏(寄稿)”. 読売新聞 東京朝刊 (読売新聞社): p. 10 
  30. ^ Anguilla anguilla (European eel)” (英語). IUCN. 2013年7月4日閲覧。
  31. ^ Anguilla anguilla, European eel” (英語). FishBase. 2013年7月3日閲覧。
  32. ^ ヨーロッパウナギのワシントン条約附属書IIへの掲載について” (PDF). 経済産業省 (2009年1月14日). 2013年7月4日閲覧。
  33. ^ 片野歩 (2012年8月22日). “漁業 「環境の変化」という魔法の呪文 ウナギ激減に無自覚な加害者・日本人”. ウェッジ. 2013年7月3日閲覧。
  34. ^ 勝川俊雄 (2013年4月29日). “ウナギの乱食にブレーキをかけられるのは誰か?”. 2013年7月3日閲覧。
  35. ^ ウナギ緊急対策について』(プレスリリース)水産庁、2012年6月24日http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/saibai/120629.html2013年7月4日閲覧 
  36. ^ 「ニホンウナギの国際的資源保護・管理に係る非公式協議」の結果について』(プレスリリース)水産庁、2012年9月6日http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/sigen/120906_1.html2013年7月4日閲覧 
  37. ^ “ウナギ、規制されるほど枯渇せず〜農水相”. 日本テレビ放送網. (2012年7月17日). https://news.ntv.co.jp/category/economy/209667 2013年7月17日閲覧。 
  38. ^ a b c 白石広美; ビッキー・クルーク (July 2015). ウナギの市場の動態: 東アジアにおける生産・取引・消費の分析 (pdf) (Report). トラフィック イーストアジアジャパン. 2017年7月22日閲覧
  39. ^ “ウナギ高騰 アフリカ産が救う 浜松の商社輸入へ 国産の半値程度”. 読売新聞 東京夕刊 (読売新聞社). (2012年7月7日) 
  40. ^ 吉野浩一郎 (2013年4月13日). “ウナギ界の救世主? 「ビカーラ種」を食べてみた”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDJ2501M_V20C13A4000000/ 2013年7月17日閲覧。 
  41. ^ 奥村輝 (2014年11月17日). “太平洋クロマグロが絶滅危惧種に アメリカウナギなども”. 朝日新聞社. 2014年11月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年11月17日閲覧。
  42. ^ 「ウナギがなければビカーラを食えばいい」 日経記事に批判集中”. 株式会社リファイド (2013年5月3日). 2013年7月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月17日閲覧。
  43. ^ 勝川俊雄 (2013年4月). “勝川 俊雄(@katukawa)/2013年04月 - Twilog”. ロプロス. 2013年7月17日閲覧。
  44. ^ a b c “絶滅危惧のウナギ、2.7トン超が廃棄 大手小売り調査”. ITmedia ビジネスオンライン. (2018年6月4日). https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1806/04/news084.html 
  45. ^ グリーンピース調査:絶滅が心配されるニホンウナギ、大手小売業の不透明な調達と大量廃棄の実態が明らかに”. 国際環境NGOグリーンピース. 2021年8月3日閲覧。
  46. ^ “ニホンウナギ保全へ、「東アジア鰻学会」設立”. 日本経済新聞朝刊. (2017年4月1日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG31H9Z_R30C17A3CR8000/ 
  47. ^ 7月26日「うな次郎」の日 ウナギ風味の練り物/一正蒲鉾、記念日に登録『日本経済新聞』朝刊2017年7月8日(新潟経済面)。
  48. ^ 巨大ナマズかば焼販売へ ウナギ代用で価格は3分の1テレ朝news(2017年5月29日)2018年5月11日閲覧。
  49. ^ [1]
  50. ^ a b 辻泰弘編「東西 美味の品格-調理法で比べる東西の味わい-鰻」『サライ』2012年8月号、小学館、58頁。
  51. ^ a b ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系列、2016年8月3日放送分)「間違えだらけの夏の習慣 / 夏バテは自律神経の乱れにより脳が疲れて起こる」
  52. ^ “日常の疲れは「いびき」が原因 回復には鶏肉が効く”. 日刊ゲンダイ. (2016年6月30日). http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/184711 2016年8月5日閲覧。 
  53. ^ “疲労と睡眠研究の第一人者・梶本修身医師による 健康情報記事一覧”. YUMBLE. http://www.yumble.com/kajimoto_lineup.html 2016年8月5日閲覧。 
  54. ^ 渡邉裕美 (2016年6月8日). “うなぎや焼肉は効果なし? 疲労回復方法は「全部間違い」とも”. Livedoor News. https://news.livedoor.com/article/detail/11617468/ 2016年8月5日閲覧。 
  55. ^ "Poison in the Blood of the Eel", New York Times, 9 April 1899, viewed at [2], accessed 22 January 2010
  56. ^ https://www.mhlw.go.jp/topics/syokuchu/poison/animal_det_06.html
  57. ^ "The plight of the eel", BBC online, as seen at [3], accessed 22 January 2010, mentions that "Only 0.1ml/kg is enough to kill small mammals, such as a rabbit..."
  58. ^ "Blood serum of the eel." M. Sato. Nippon Biseibutsugakukai Zasshi (1917), 5 (No. 35), From: Abstracts Bact. 1, 474 (1917)
  59. ^ "Hemolytic and toxic properties of certain serums." Wm. J. Keffer, Albert E. Welsh. Mendel Bulletin (1936), 8 76-80.
  60. ^ 厚生労働省. “自然毒のリスクプロファイル:魚類:血清毒”. 2012年7月5日閲覧。
  61. ^ ウナギ需給 関係者に聞く「若者中心、中国内の消費増」中国食品土畜進出口商会鰻魚分会理事長 徐利明氏『日本経済新聞』朝刊11月22日(マーケット商品面)
  62. ^ 椿原敦子、黒田賢治 (2019年4月7日). “日本人が知らない「ハラル食品」基本中の基本”. 東洋経済. 2022年11月6日閲覧。
  63. ^ 名古屋観光情報 名古屋コンシェルジュ「ひつまぶし」”. 公益財団法人名古屋コンベンションビューロー. 2014年9月23日閲覧。
  64. ^ “中国から輸入のウナギに抗菌剤 厚労省が検査命令”. 中日新聞 朝刊 (中日新聞社): p. 33. (2003年7月4日) 
  65. ^ 須山勉 (2003年11月11日). “台湾産ウナギから合成抗菌剤を検出--大阪と沖縄の検疫所”. 毎日新聞 東京朝刊 (毎日新聞社): p. 30 
  66. ^ “国産として販売のウナギに台湾産混入 農産物宅配会社”. asahi.com (朝日新聞社). (2005年7月20日). オリジナルの2005年7月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20050721021027/http://www.asahi.com/national/update/0720/TKY200507190412.html 2013年7月5日閲覧。 
  67. ^ a b c 大塚隆一 (2007年6月29日). “米が中国産ウナギを輸入規制 魚介類5種から抗菌剤を検出”. 読売新聞 東京夕刊 (読売新聞社): p. 2 
  68. ^ 秋田魁新報 2007年7月10日
  69. ^ a b c “中国、食品29社「安全に問題」、輸出差し止め、日本向けは10社。”. 日本経済新聞 夕刊 (日本経済新聞出版社): p. 2. (2007年7月11日) 
  70. ^ 厚生労働省 輸入食品等の食品衛生法違反事例(平成19年7月分)”. 厚生労働省. 2013年7月5日閲覧。
  71. ^ 北海道新聞2007年8月1日
  72. ^ 垣田達哉「食にメス ブランドうなぎの真実 漁協ぐるみの“確信犯”」産経新聞2008年6月20日付朝刊19面。
  73. ^ お詫び”. 一色うなぎ漁業協同組合 (2008年6月17日). 2013年11月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。200806-20閲覧。
  74. ^ 養殖うなぎの原産地表示の適正化について”. 農林水産省 (2008年6月18日). 2008年6月20日閲覧。
  75. ^ うなぎ“食”の歴史とその効用”. 三河淡水グループ. 2012年2月8日閲覧。
  76. ^ いばらきもの知り博士:茨城で生まれた日本伝統の味「うな丼」”. 茨城県. 2016年10月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月5日閲覧。
  77. ^ a b 森, 銑三『明治東京逸聞史』 2巻、平凡社、1969年https://books.google.co.jp/books?id=y2UfAQAAMAAJ , p.270: "鰻丼を始めたのは日本橘葺屋町の大野屋で、天保の飢饉当時に、大丼の鰻飯を天保銭一枚で売ったのが当って"
  78. ^ 佐野賢治編『虚空蔵信仰』雄山閣出版(民衆宗教史叢書)、1991年、ISBN 4639010222
  79. ^ 狛江市役所. “ウナギを食べない三島の人たち”. 狛江市役所. 2023年12月23日閲覧。
  80. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2016年8月25日). “【ローカルプレミアム】名物「三島のうなぎ」はかつて三嶋大社の池にすむ神の使者だった…「食べると罰が当たる」の言い伝えを破ったのは?(1/4ページ)”. 産経ニュース. 2023年12月23日閲覧。
  81. ^ 『愛媛県史民俗上』
  82. ^ 現地案内板
  83. ^ 国際日本文化研究センター | 怪異・妖怪伝承データベース”. www.nichibun.ac.jp. 2023年12月23日閲覧。
  84. ^ 「ウナギ食べると災い」サバ村の教え受け継ぎ800年 - ウェイバックマシン(2013年7月21日アーカイブ分)
  85. ^ 岡本綺堂. “岡本綺堂 鰻に呪われた男”. 青空文庫. 2017年4月25日閲覧。
  86. ^ 「されど山の芋鰻にならず、相かわらずの貧乏」(東海道中膝栗毛・発端)
  87. ^ 21世紀研究会編著 『食の世界地図』 文藝春秋〈文春新書〉、2004年5月、155頁。
  88. ^ ダンテ神曲』煉獄編 XXIV, 21-24



鰻(うなぎ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/13 14:01 UTC 版)

もののて」の記事における「鰻(うなぎ)」の解説

現在の値段五千円にもなる鰻丼は、最高の贅沢。

※この「鰻(うなぎ)」の解説は、「もののて」の解説の一部です。
「鰻(うなぎ)」を含む「もののて」の記事については、「もののて」の概要を参照ください。


鰻 (2005)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 06:59 UTC 版)

中国産食品の安全性」の記事における「鰻 (2005)」の解説

2005年韓国輸入され中国ウナギから発癌性物質マラカイトグリーン検出され、後に日本輸入されウナギからも同物質検出された。 マラカイトグリーンは主に抗菌剤染料として使われている物質であり、日本では食品衛生法により、合成抗菌剤として食品中から検出されてはならない規定している。

※この「鰻 (2005)」の解説は、「中国産食品の安全性」の解説の一部です。
「鰻 (2005)」を含む「中国産食品の安全性」の記事については、「中国産食品の安全性」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/23 08:53 UTC 版)

バトルスタディーズ」の記事における「鰻」の解説

投手

※この「鰻」の解説は、「バトルスタディーズ」の解説の一部です。
「鰻」を含む「バトルスタディーズ」の記事については、「バトルスタディーズ」の概要を参照ください。


鰻(うなぎ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/06 06:55 UTC 版)

天保異聞 妖奇士」の記事における「鰻(うなぎ)」の解説

川に住んでいる巨大な鰻の妖夷

※この「鰻(うなぎ)」の解説は、「天保異聞 妖奇士」の解説の一部です。
「鰻(うなぎ)」を含む「天保異聞 妖奇士」の記事については、「天保異聞 妖奇士」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 10:16 UTC 版)

銀シャリ (お笑いコンビ)」の記事における「鰻」の解説

姉、兄がいる3人兄弟末っ子小学生の頃に実父亡くしている。 阪神タイガースファンで、小学5年生から高校3年生の春まで野球部所属していた。 「鰻」という珍しい苗字は現在日本に全国十数世帯かいない。他には鹿児島県に鰻姓の人々がいる。ルーツ指宿市山川町鰻池周辺にある鰻集落といわれる。鰻家では代々ウナギ食べてはいけないという伝統言い伝えのようなものがあり、実際食べた先祖2人ほど一週間ほど後に「原因不明心臓麻痺」で亡くなったという。これもあってウナギ食べられないが、アナゴ食べられるbaseよしもとによる「baseで一番はじける笑顔持ち主誰?コンテストで1位に輝いた現在のコンビ以前ジョージ(現・ガチャガチャ)とコンビ組んでいたが、ジョージアルバイト中心の生活となったため解散している。 小学校1年生の頃から中学3年生まで、約10年間全54巻に上る漫画書き続けていた。きっかけは家が貧乏でゲームなど買ってもらえなかったからで家にあったペンノート使いゲームをする自分主人公にした内容漫画描いていた。2014年それまで書き溜め作品の中から77本を選び1コマ漫画集『どう使うねん』(竹書房)として出版した出版に当たり植田まさし推薦文寄せ併せて植田日本漫画家協会入り勧められた。 第5回BGO上方笑演芸大賞にて映像作品賞を受賞した受賞作品よじょうガクテンソク)を起用した四条マンション』(劇場イベント使用した映像である)[要出典]。 出身地八尾市本場に当たる河内音頭が好きで、2010年10月から河内家菊水丸一座弟子入り入門志願の際には菊水丸が最も嫌う一派音頭を(事情知らないまま)歌ったため、菊水丸から「(親交の深い)たむらけんじリンゴハイヒール)を後見人にする」という条件付けられたという。入門許された後は、漫才師としての活動かたわら1年間弟子として修業2011年6月15日に、菊水丸から「河内家上り丸(のぼりまる)」の襲名許された。同月25日大阪開かれた菊水丸の「大盆踊りツアー2011出陣式」では、音頭取りデビュー果たしている。 26歳にして初め恋人ができた。高校時代同級生で、2011年当時東京在住のためなかなか会えなかった。その後2012年にその彼女が大阪戻り、鰻の元で同居生活を始め2015年7月結婚したプロポーズ言葉は「鰻姓の人は6人しかいないので、7人目の鰻になってください」だった。 宇宙風俗好き。

※この「鰻」の解説は、「銀シャリ (お笑いコンビ)」の解説の一部です。
「鰻」を含む「銀シャリ (お笑いコンビ)」の記事については、「銀シャリ (お笑いコンビ)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「鰻」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典:『Wiktionary』 (2020/01/01 10:57 UTC 版)

発音(?)

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「鰻」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鰻」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



鰻のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2024 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2024 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのウナギ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのもののて (改訂履歴)、中国産食品の安全性 (改訂履歴)、バトルスタディーズ (改訂履歴)、天保異聞 妖奇士 (改訂履歴)、銀シャリ (お笑いコンビ) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS