マンとは? わかりやすく解説

マン【man】

読み方:まん

人。男性。「―ウオッチング」「―ツー―」

名詞下に付いて複合語をつくり、それを職業にしている人、それに関係している人、の意を表す。「ガード―」「銀行―」


マン【MAN】

読み方:まん

metropolitan area network一つ都市や町程度広さカバーするコンピューターネットワークのこと。LANWAN中間の規模のもの。

[補説] ネットワーク通信距離分類すると、距離が近いものから、PANLANMANWANとなる。


マン【Mann】


まん【万〔萬〕】

読み方:まん

[音]マン(呉) バン(漢) [訓]よろず

学習漢字2年

[一]〈マン〉

数の名。千の一〇倍。「十万数万

数が非常に多いこと。「万病万華鏡万年筆億万巨万

[二]バン

数が非常に多いこと。すべて。「万国万事万全万端万難万能万民千変万化

決して。「万万

[三]〈よろず〉「万屋八百万(やおよろず)」

名のり]かず・かつ・すすむ・たか・つむ・つもる

難読万年青(おもと)


まん【万】

読み方:まん

100010倍。また、非常に数の多いこと。よろず。


まん【×幔】

読み方:まん

縦にだんだらの筋のある幕。幔幕


まん【×幡】

読み方:まん

⇒はん


まん【慢】

読み方:まん

常用漢字] [音]マン(呉)

心がゆるんで締まりがない。「怠慢

速度進行だらだらと遅い。「慢性緩慢

他をみくびっておごる。「慢心我慢驕慢(きょうまん)・高慢傲慢(ごうまん)・自慢侮慢暴慢増上慢


まん【×懣】

読み方:まん

[音]マン(呉) [訓]もだえる

怒りにみちてもだえるいきどおる。「憤懣


まん【満〔滿〕】

読み方:まん

[音]マン(呉) [訓]みちる みたす

学習漢字4年

いっぱいになる。みちる。一定の数量期限達する。「満員満期満月満水満席満点満満満了満塁干満充満肥満未満

十分に足りて欠けたところがない。「満悦満喫・満足/円満・不満・豊満

全体に行き渡る全部の。「満座満場満身満面

満州」の略。「満鉄満蒙(まんもう)」

名のりあり・ます・まろ・みち・みつ・みつる

難読満天星(どうだんつつじ)・満俺(マンガン)


まん【満】

読み方:まん

みちること。いっぱいになること。

その年月をみたしていること。年齢などを数えるとき、実際に経過した年月でいうこと。「―で数える」「―二年」→数え足掛け


まん【漫】

読み方:まん

常用漢字] [音]マン(呉) [訓]すずろ そぞろ

一面に満ちて覆うさま。「漫漫瀰漫(びまん)・爛漫(らんまん)」

むやみに広がって締まりがない。「漫然散漫冗漫放漫

何とはなしに気のむくまま。「漫画漫談漫筆漫歩漫遊

外国語音訳字。「浪漫

名のり]ひろ・みつ


まん【真ん】

読み方:まん

接頭接頭語「ま」の下に撥音「ん」の挿入されたもの》名詞・形容詞や形容動詞語幹に付いて本当にそうである完全にそうである、などの意を表す。「―中」「―丸」

[補説] 「ま(真)」がn音・m音を語頭にもつ語に続くときの形。


まん【×瞞】

読み方:まん

[音]マン(呉)

事実おおい隠してます。瞞着欺瞞


まん【×蔓】

読み方:まん

人名用漢字] [音]マン(呉) [訓]つる

のびて絡みつくつる草。「蔓生

はびこる。「蔓延(まんえん)」

難読蔓延(はびこ)る


まん【間】

読み方:まん

《「ま(間)」の音変化めぐりあわせ。運。

「―よくば勝軍の場」〈浮・新色五巻書・一〉


まん【×饅】

読み方:まん

饅頭(まんじゅう)をいう女房詞


マン

名前 MangManneMeungMunnMunManMannMahnMamManéMansMeun

マン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/10 04:20 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

マン

一覧

人名

Man
Mann
Mun
Munn

地名




「マン」の続きの解説一覧

マン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/27 16:53 UTC 版)

忘れえぬ想い」の記事における「マン」の解説

演 - ルイス・クー、声 - 梯篤司 シウワイの婚約者ミニバス運転手だったが事故亡くな

※この「マン」の解説は、「忘れえぬ想い」の解説の一部です。
「マン」を含む「忘れえぬ想い」の記事については、「忘れえぬ想い」の概要を参照ください。


マン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/04 17:15 UTC 版)

ロボットポンコッツ」の記事における「マン」の解説

タンサン初登場時に連れていた三体野生ロボポンたちの一体で球体型。グレイテスト7決定戦出場予選大運動会エネだま目当て参加したタンサンたちとスポロチームを構成大玉転がしでは巨大化して大玉役割を果たすも、ビスコチームの大玉となったストーン突き飛ばされる。

※この「マン」の解説は、「ロボットポンコッツ」の解説の一部です。
「マン」を含む「ロボットポンコッツ」の記事については、「ロボットポンコッツ」の概要を参照ください。


マン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 10:54 UTC 版)

ウルトラ忍法帖」の記事における「マン」の解説

主人公ウル忍実質的リーダーバカ忍者頭は空だが、武芸洗練されており、投げた手裏剣全て一発で敵の急所に当てるなど、忍者としての実力は高い。第1話から最終話までほぼ全話出演かつては捨て子だったが、任務実行中ゾフィー拾われ忍者へと成長する年齢30歳くらいで、つるかめ7年12月17日生まれギョウ座。干支かものはし給料月給25,000円。

※この「マン」の解説は、「ウルトラ忍法帖」の解説の一部です。
「マン」を含む「ウルトラ忍法帖」の記事については、「ウルトラ忍法帖」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「マン」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

マン

出典:『Wiktionary』 (2018/07/01 23:02 UTC 版)

接尾辞

マン

  1. 口語)「~する人」「~に属する人」の意の語を造る接尾語
  2. スーパーヒーローの名前を作る

語源

同音の漢字


  • 画数:7
  • 音読み:マン

※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「マン」の例文・使い方・用例・文例



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「マン」に関係したコラム

  • CFDの関連ニュースを提供しているサイトの一覧

    CFDでは、コモディティや株式、株価指数、債券などさまざまな商品を扱っています。ここでは、これらの商品に関連するニュースを提供しているCFD業者のサイトの一覧を紹介します。 CFD業者 ニュース名 D...

  • 株式売買を行う日本国内の証券会社の一覧

    個人投資家が株式投資を行う場合、証券会社を通じて株式売買を行うのが一般的です。証券会社は、株式などの有価証券の売買をはじめ、店頭デリバティブ取引や有価証券の管理を主な業務としています。日本国内の証券会...

  • FXのくりっく365とは

    FX(外国為替証拠金取引)のくりっく365とは、株式会社東京金融取引所(金融取)の運営するFX(外国為替証拠金取引)の名称です。くりっく365は、2005年7月から取引が開始されました。くりっく365...

  • 株式投資に役立つレポートの一覧

    証券会社では、株式投資に役立つレポートを提供しています。レポートは、口座開設者に無料で提供しているものがほとんどですが、中には口座を開設していなくても閲覧できるレポートもあります。レポートの内容は、そ...

  • 株主優待銘柄とは

    株主優待銘柄とは、株主に対する還元策の1つとして商品券や割引券など配布している銘柄のことです。企業は、株主還元のため、また、株主の獲得のためにさまざまな株主優待を用意しています。株主優待は、1単元でも...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「マン」の関連用語

マンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



マンのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの忘れえぬ想い (改訂履歴)、ロボットポンコッツ (改訂履歴)、ウルトラ忍法帖 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのマン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS