鉄棒とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 道具 > > 鉄棒の意味・解説 

鉄棒

読み方:てつぼう

鉄製の棒のこと。主に体操競技使用する器具をさす語。

かな‐ぼう【金棒/鉄棒】

読み方:かなぼう

鉄製の棒。特に、鉄尖棒(かなさいぼう)。「鬼に―」

頭部いくつかの鉄の輪をつけた、長いつえのような鉄の棒。夜回りや行列の先頭に立つ者などが地面突いて鳴らして歩く。

体操器具の一。てつぼう

金棒引き」の略。


てつ‐ぼう【鉄棒】

読み方:てつぼう

鉄製の棒。かなぼう

2本の柱間に鉄製の棒を水平に固定した器械運動用の器具男子体操競技では、高さ2.8メートルまた、それを使って行う体操種目

「鉄棒」に似た言葉

鉄棒

読み方:カナボウ(kanabou)

武器一つ


鉄棒

読み方:テツボウ(tetsubou)

器械体操器具


鉄棒

作者西尾ふみ子

収載図書哲也の約束
出版社けやき書房
刊行年月2003.3
シリーズ名けやきの創作童話


鉄棒

作者江坂遊

収載図書鍵穴ラビリンス
出版社講談社
刊行年月2008.10
シリーズ名講談社ノベルス


鉄棒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/20 02:09 UTC 版)

鉄棒(てつぼう)は、体操器具の一種であり、それを使った体操競技種目の名称。2本(または2組)の支柱の間に1本の水平な鉄棒が渡してあり、この水平な鉄棒を握って演技を行う。


  1. ^ 村山鉄次郎「体操とヤーンについて」『明治大学教養論集』第37号、明治大学教養論集刊行会、1967年4月、 14-24頁、 ISSN 03896005NAID 1200028091992021年3月1日閲覧。


「鉄棒」の続きの解説一覧

鉄棒(Iron stick)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/13 06:57 UTC 版)

Survivalcraft」の記事における「鉄棒(Iron stick)」の解説

鉄インゴットをさらに精錬することで作られる鉄柵作るときに使われる

※この「鉄棒(Iron stick)」の解説は、「Survivalcraft」の解説の一部です。
「鉄棒(Iron stick)」を含む「Survivalcraft」の記事については、「Survivalcraft」の概要を参照ください。


鉄棒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 09:25 UTC 版)

ワリオランドシェイク」の記事における「鉄棒」解説

鉄棒にしがみ付いたWiiリモコン縦に振り高速で回転しジャンプ勢いをつけることができる。

※この「鉄棒」の解説は、「ワリオランドシェイク」の解説の一部です。
「鉄棒」を含む「ワリオランドシェイク」の記事については、「ワリオランドシェイク」の概要を参照ください。


鉄棒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 03:17 UTC 版)

2019年ヨーロッパ体操競技選手権」の記事における「鉄棒」解説

イギリスジェームズ・ホール英語版)は落下による肩の負傷のため、途中辞退となりました最年少及び最年長出場者前国生年月日(年齢)最年少 イヴァン・ストレトヴィッチ(英語版ロシア (1996-10-06)1996年10月6日22歳最年長 エプケ・ゾンダーランド オランダ (1986-04-16)1986年4月16日32歳) 順位競技者DスコアEスコアペナルティ計1 エプケ・ゾンダーランド 6.800 8.466 15.266 2 ティン・スルビッチ(英語版) 6.200 8.700 14.900 3 アルトゥール・ダラロヤン(英語版) 6.100 8.700 14.800 4 カーロ・マッキーニ(英語版) 5.700 8.366 14.066 5 ルドヴィコ・エダッリ(英語版) 5.600 7.833 13.433 6 イヴァン・ストレトヴィッチ(英語版) 5.700 6.833 12.533 7 アフメト・オンデル(英語版) 5.200 7.266 12.466 8 ジェームズ・ホール英語版) 0.700 8.800 8.000 1.500

※この「鉄棒」の解説は、「2019年ヨーロッパ体操競技選手権」の解説の一部です。
「鉄棒」を含む「2019年ヨーロッパ体操競技選手権」の記事については、「2019年ヨーロッパ体操競技選手権」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「鉄棒」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

鉄棒

出典:『Wiktionary』 (2021/06/25 09:32 UTC 版)

名詞

  1. てつぼう
    1. 鉄製の棒。
    2. 左右支柱鉄の棒を掛け渡し、その鉄の棒を使って体を回転させたりして遊ぶ遊具体操器具一種
    3. サ変動詞)2 を使った遊び、または競技
  2. かなぼう鉄製の棒の頭部に、複数鉄の輪をつけ、じゃらじゃら音が立つようにしたもの金棒

派生語

語義2

翻訳

語義1-2及び-3


「鉄棒」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



鉄棒と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鉄棒」の関連用語

鉄棒のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



鉄棒のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鉄棒 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのSurvivalcraft (改訂履歴)、ワリオランドシェイク (改訂履歴)、2019年ヨーロッパ体操競技選手権 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの鉄棒 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS