マンガンとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化合物 > マンガン > マンガンの意味・解説 

満貫

読み方:まんがん
別表記:マンガン

麻雀で、4飜および5飜の飜数でのあがり和了)を意味する語。親は12000点、子は8000点である。満貫より下の飜数では、点数計算には符数も関係しているが、満貫以降は符数に関係なく、飜数のみで点数決定される

マンガン【(ドイツ)Mangan】


まん‐がん〔‐グワン〕【万巻】

読み方:まんがん

多くの巻物多数書物


マンガン【満貫】

読み方:まんがん

《(中国語)》マージャンで、上がり点数多くなりすぎないように一定の限度制限した点数。ふつうマンガン・跳ねマンガン・倍マンガン・役マンガンなどがある。


まん‐がん〔‐グワン〕【満願】

読み方:まんがん

仏語願望満たされること。

期限定めた神仏への祈願日数満ちること。結願(けちがん)。


マンガン(Mn)

地殻中に存在する生物には必須元素一種ですが,マンガンの製造粉砕,マンガン塩類製錬する時,マンガン鉱(褐石,MnO2)により中毒をおこすことがあり,慢性神経症(マンガン病)になる。マンガン塩による中毒については不明ですまた,マンガンによる職業的中毒の例は比較少ない。
水道水基準…0.3mg/L,排水基準溶解性)…10mg/L以下

マンガン(Mn)

マンガン(Manganese)は、元素記号 Mn表され原子番号25原子量は約54.94比重は7.43(g/cc)である。純粋なものは銀白色で、より硬いが、非常にもろい。マンガン族に属する。空気中速やかに酸化し被膜をつくる。
ステンレス鋼添加されると、イオウ等と化合物をつくり被削性を増す。また赤熱ぜい性防止する

マンガン

分子式Mn
その他の名称マンガン-55クタバル、Manganese-55、Colloidal manganeseMn、Cutaval、コロイド状マンガン、ManganeseManganese powder
体系名:マンガン


物質名
マンガン
英語名
Manganese
元素記号
Mn
原子番号
25
分子量
54.93805
発見
1774年
原子半径(Å)
1.12(1.50)
融点(℃)
1244
沸点(℃)
2152
密度(g/cm3
7.42
比熱(cal/g ℃)
0.115
イオン化エネルギー(eV)
7.435
電子親和力(eV)
0


マンガン

英訳・(英)同義/類義語:manganese

金属元素のひとつ元素記号Mn

マンガン

名前 ManganMangenMingand

マンガン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/30 19:43 UTC 版)

マンガン(満俺[1]: Mangan: manganese: manganum)は原子番号25の元素元素記号Mn


  1. ^ a b c 新村出編『広辞苑 第六版』岩波書店、2008年、2672頁。
  2. ^ 寄与者:池田黎太郎, 市毛みゆき, 杉田克生, 『元素名語源集』 2014年, 千葉大学教育学部養護教育講座, doi:10.20776/B9784903328164, ISBN 9784903328164
  3. ^ 桜井弘 『元素111の新知識』講談社、1998年、139~140頁。ISBN 4-06-257192-7 
  4. ^ 『地理 統計要覧 2014年版』二宮書店、2014年、96頁。ISBN 978-4-8176-0382-1 
  5. ^ 太田, 恵造 『磁気工学の基礎 I』共立出版、1973年。ISBN 4-320-00200-8 
  6. ^ 日本人の食事摂取基準(2015年版)
  7. ^ Dietary Reference Intakes for Vitamin A, Vitamin K, Arsenic, Boron, Chromium, Copper, Iodine, Iron, Manganese, Molybdenum, Nickel, Silicon, Vanadium, and Zinc.. Institute of Medicine (US) Panel on Micronutrients.Washington (DC): National Academies Press (US). (2001). https://www.ncbi.nlm.nih.gov/books/NBK222332/ 


「マンガン」の続きの解説一覧

マンガン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/17 04:20 UTC 版)

化学発光」の記事における「マンガン」の解説

マンガン(VII, IV, III)イオンを含む溶液は、水素化ホウ素ナトリウム溶液によってMn(II)へ還元されるとき化学発光(690nm)を示す

※この「マンガン」の解説は、「化学発光」の解説の一部です。
「マンガン」を含む「化学発光」の記事については、「化学発光」の概要を参照ください。


マンガン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/10 04:16 UTC 版)

栄養素 (植物)」の記事における「マンガン」の解説

健全なにおけるマンガン(Mn含有率乾物当た数十数百mg/kgであり、これが10〜20mg/kg以下になると欠乏症生じる。Mn不足の原因となる土壌は、pHが高いか、堆肥大量に連用されたものである後者原因として、有機物が多い土壌pH6.5になるとMn酸化細菌活発になりMnイオン不溶性二酸化マンガンMnO2)にする。このような土壌では、Mn濃度高くとも欠乏症引き起こすMn不足は、上の変色斑点発生といった着色異常を生じさせる野菜類では上位に、麦類では下位葉脈クロロシス褐色斑点線状ネクロシス生じる。Mn不足に対して硫酸マンガン(MnSO4)の葉面散布有効である過剰症は、酸性鉱山跡地、排水不良土壌などで発生するまた、蒸気消毒熱水消毒施した後で生じる。これは、消毒によって分解生成する分解性有機物によってMn酸化物還元されイオンとなり、さらに微生物死滅によってMn酸化進行しにくくなるめである過剰症となるMn濃度植物種品種の間で大きく異なる例えば、トウモロコシでは乾物当たり200mg/kgであるが、大豆で600mg/kg、ヒマワリで5,300mg/kgである。 過剰害の症状は、葉脈葉柄毛茸基部褐変黒変葉身での小さく不規則な褐色斑点葉縁部でのクロロシスなどである。斑点原因酸化されたフェノール化合物蓄積であり、これは過剰な吸収アポプラストシンプラストペルオキシダーゼ異常に活性化するめである過剰症対策土壌pH増大もしくはケイ酸塩施用である。稲の場合、ケイ酸は根表面へのMn酸化物沈着促進し地上部へのMn輸送抑制する一方ササゲカボチャキュウリではMn含有率低下しないが、症状軽減される。このとき、ケイ酸細胞壁へのMn沈着増やすMn光合成必要であるMnを含む植物酵素には、光化学系II(PSII)複合体構成員と、光化学系から発生する活性酸素種除去をするスーパーオキシドジスムターゼSOD)が含まれるクロロプラスト中のMnはほぼすべて、チラコイド膜結合しているPSIIMn酵素である。存在するSOD90%以上はクロロプラストで、4〜5%だけがミトコンドリア分布している。Mn-SODはこの微量分布先であるミトコンドリアペルオキシソームにある。Mn不足するミトコンドリア呼吸機能損なわれるMn酵素光合成のほか、様々な生理反応関与しているTCA回路リンゴ酸脱水素酵素イソクエン酸脱水素酵素窒素代謝アルギナーゼリグニンなどのフェノール化合物代謝およびシキミ酸経路のフェニルアラニンアンモニア分解酵素ペルオキシダーゼまた、インドール酢酸(IAA)の代謝関与するIAA酸化酵素活性にもMn関わっているMnによる酵素活性化マグネシウム代替できる場合が多い。しかし、PEKC4植物維管束鞘細胞クロロプラストでの脱炭酸を行うPEPカルボキシラーゼ活性化マグネシウム代替できないMnタンニンアルカノイド蓄積促進するMn嗜好性植物水生植物木本性植物多く見られこれらの植物ではタンニン富み皮なめしように用いられるイヌホオズキなどはアルカノイドMn多く含む。チョウセンアサガオMn微量与えるとアルカノイド含量アルギナーゼ活性およびタンパク質含量著しく増加する。タンニン・アルカノイドとMn関連性背景にはタンニンアルカノイド極めて強力な還元剤であり、Mn最高の酸化状態強力な酸化剤あるためである。植物体内両者平衡維持している。 植物微生物土壌中の不溶性Mn可溶化させ、Mn細胞内へと取り込む可溶化は、プロトン低分子有機化合物(有機酸アミノ酸フェノール化合物)を分泌により行う。これらの化合物は、好気的土壌環境Mn形態として高い割合存在する酸化物還元して溶出させる。可溶化したMn取り込みは、ZRT/IRT関連タンパク質[ ZRT/IRT-related protein: ZIP]ファミリー、自然抵抗性関連マクロファージタンパク質[ natural resistance-associated macrophage protein: Nramp]ファミリーカチオン交換輸送体[ cation exchanger: CAX]ファミリーカチオン拡散促進タンパク質[ cation diffusion facilitator protein: CDF]ファミリーなどが属す膜輸送体が担う。この中で、根での取り込み重要なのはZIPファミリーのIRT1である。IRT1は基質特異性広くMnイオン以外にも鉄(II)イオン亜鉛イオン銅イオン、コバルトイオン、カドミウムイオンの輸送関わるシロイヌナズナ用いた試験では、可溶性Mn濃度が低い土壌からのMn取り込みにおいてNrampファミリーのNramp1が必須であることが示された余剰Mn液胞へと輸送され貯蔵される貯蔵MnはNrampファミリーのAtNramp3および4により液胞から放出され光合成利用されるために葉肉細胞葉緑体へと運搬される液胞への区画化は、細胞質内のMn濃度過剰にならないようにする意味もある。液胞への輸入を担うCAX2やCAX輸送体は、Mn過剰な環境における過剰害に対す耐性重要である熱帯性マメ科植物Stylosanthes hamataでは液胞への輸送は、CDFファミリーのShMTP1が関与しているシロイヌナズナから、ShMTP1と近似膜輸送体AtMTP11が発見されており、同様の役割を持つと考えられている。 シアノバクテリア葉緑体酵母ミトコンドリアでの輸送体発見されているが、植物において葉緑体ミトコンドリアゴルジ体へのMn輸送機構明らかになっていないMn集積植物現在のところ12種類しか知られていないMn集積植物とは、地上部乾燥重量1kg当た10,000mg以上のMn蓄積することができる植物定義されている。この中でも、コシアブラは(Mn濃度が)普通の土壌からでもMnのみを特異的に集積する。この植物根からプロトン放出し体内ではシュウ酸結合させたMn細胞壁液胞蓄えている。以下にMn集積植物とそのMn含有率(mg/kg)を示すキョウチクトウ科Alyxia rubricaulis 14,000mg/kg ウコギ科Eleutherococcus sciadophylloides (コシアブラ) 7,900mg/kg ニシキギ科Maytenus bureaviana 33,750mg/kg M. pancheriana 16,370mg/kg M. sebertiana 22,500mg/kg オトギリソウ科Garcinia amplexicaulis 10,500mg/kg フトモモ科Eugenia clusioides 10,880mg/kg Eugenia spp. 13,700mg/kg Austromyrtus bidwillii 19,200mg/kg ヤマゴボウ科Phytolacca acinosa Roxb. 19,300mg/kg ヤマモガシ科Beaupreopsis paniculata 12,000mg/kg Macadamia angustifolia 11,590mg/kg M. neurophylla 55,200mg/kg

※この「マンガン」の解説は、「栄養素 (植物)」の解説の一部です。
「マンガン」を含む「栄養素 (植物)」の記事については、「栄養素 (植物)」の概要を参照ください。


マンガン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 07:09 UTC 版)

必須元素」の記事における「マンガン」の解説

ミトコンドリアの中でエネルギー産生助けている。マンガンは、炭水化物糖質)と脂質分解する酵素活性化させ、尿酸代謝助け働きがあるまた、下垂体機能の向上、各種ホルモン分泌活性化関与する。骨の成長欠かせない30歳-49歳女性で3.5mg、同じく男性で4.0mgが1日目安とされている

※この「マンガン」の解説は、「必須元素」の解説の一部です。
「マンガン」を含む「必須元素」の記事については、「必須元素」の概要を参照ください。


マンガン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/19 01:10 UTC 版)

反強磁性」の記事における「マンガン」の解説

常温安定相であるα-マンガン単位胞あたり58個の原子を含む複雑な立方晶であり、原子位置により4種類異なスピンを持っていると考えられている(詳細はいまだ明らかになっていない)。

※この「マンガン」の解説は、「反強磁性」の解説の一部です。
「マンガン」を含む「反強磁性」の記事については、「反強磁性」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「マンガン」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

マンガン

出典:『Wiktionary』 (2021/08/06 13:48 UTC 版)

語源

オランダ語 mangaanより。すでに宇田川榕菴舎密開宗使われている。[1]

名詞

マンガン

  1. 原子番号 25元素記号 Mn金属元素単体常温常圧では銀白色固体

発音(?)

ま↘んがん

翻訳

参照

  1. 宇田川榕菴舎密開宗巻1、1837、10ページ:
    ノ韻ヲ歩��左ニ列舉シ以テ初學記誦ニ便ス。漢名譯名名ハ其下ニ嵌註シ別名ハ篇中條下に讓テ録セズ
    […]〔末〕麻倔涅叟母マクシウ゚ム タルク、メタール 滿瓦紐母マンガニュム 滿俺

「マンガン」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



マンガンと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「マンガン」の関連用語

マンガンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



マンガンのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
九州環境管理協会九州環境管理協会
財団法人 九州環境管理協会(以下、「当協会」とします)ホームページに記載されている全ての文章、写真その他の画像等の著作権は、すべて当協会に帰属します。これらを無断で転載・複製することは、私的使用または引用として使用する場合を除き、著作権法で禁止されています。
丸ヱム製作所丸ヱム製作所
© 1998-2022 Maruemu Works Co,. Ltd. All rights reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
サントリーサントリー
COPYRIGHT © 1995-2022 SUNTORY LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.
サントリー株式会社お酒・飲料大事典
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマンガン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの化学発光 (改訂履歴)、栄養素 (植物) (改訂履歴)、必須元素 (改訂履歴)、反強磁性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのマンガン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS