ネオンとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 化学物質辞書 > ネオンの意味・解説 

ネオン

分子式Ne
その他の名称:NeonNe
体系名:ネオン


物質
ネオン
英語名
Neon
元素記号
Ne
原子番号
10
分子量
20.1797
発見
1898年
原子半径(Å)
1.59
融点(℃)
-248.67
沸点(℃)
-246.1
密度(g/cm3
0.9
イオン化エネルギー(eV)
21.564
電子親和力(eV)
0

単原子分子気体無色無臭で、他の元素との化合はしない。大気中の含有量希ガスとしてはアルゴン次いで多い元素である。放電作用によって赤色部に輝線スペクトルを示すので、放電用に封入して発光体ネオンサイン)として用いる。ちなみにNeon」とは、ギリシア語の「Neo」(新しい)に由来する。

ネオン

作者桐野夏生

収載図書錆びる心
出版社文芸春秋
刊行年月1997.11

収載図書最新珠玉推理大全
出版社光文社
刊行年月1998.8
シリーズ名カッパ・ノベルス

収載図書錆びる心
出版社文芸春秋
刊行年月2000.11
シリーズ名文春文庫

収載図書幻惑ラビリンス日本ベストミステリー選集 28
出版社光文社
刊行年月2001.5
シリーズ名光文社文庫


ネオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/10 03:07 UTC 版)

ネオン: neon [ˈniːɒn])は、原子番号10の元素である。元素記号Ne原子量は20.180。


  1. ^ Preston-Thomas, H. (1990). “The International Temperature Scale of 1990 (ITS-90)”. Metrologia 27: 3–10. http://www.bipm.org/en/publications/its-90.html. 
  2. ^ “Section 4, Properties of the Elements and Inorganic Compounds; Melting, boiling, triple, and critical temperatures of the elements”. CRC Handbook of Chemistry and Physics (85th edition ed.). Boca Raton, Florida: CRC Press. (2005). 
  3. ^ HNe”. NIST Chemistry WebBook. National Institute of Standards and Technology. 2013年1月23日閲覧。
  4. ^ Magnetic susceptibility of the elements and inorganic compounds Archived 2012年1月12日, at the Wayback Machine., in Handbook of Chemistry and Physics 81st edition, CRC press.
  5. ^ a b c d e f 「【ネオン】」『元素111の新知識』講談社、1998年(初版1997年)、第六刷、72–74。ISBN 4-06-257192-7
  6. ^ ウィリアム・ラムゼー、モーリス・W・トラバース (1898年). “On the Companions of Argon”. Proceedings of the Royal Society of London 63: 437–440. doi:10.1098/rspl.1898.0057. 
  7. ^ Neon: History” (英語). Softciências. 2007年2月27日閲覧。
  8. ^ 小野博之. “ネオン史余話” (日本語). 社団法人全日本ネオン協会. 2010年4月17日閲覧。
  9. ^ Mangum, Aja (2007年12月8日). “Neon: A Brief History”. New York Magazine. http://nymag.com/shopping/features/41814/ 2008年5月20日閲覧。 
  10. ^ 1-3:中性子の発見” (日本語). 九州大学粒子物理学講座. 2010年4月17日閲覧。
  11. ^ 核燃料サイクル工学実験教育テキスト (PDF)” (日本語). 財団法人エネルギー総合工学研究所. 2010年4月17日閲覧。
  12. ^ a b 「【ネオン】」『岩波理化学辞典』岩波書店、1994年、第四版第九刷、948頁。ISBN 4-00-080015-9
  13. ^ The Internet resource for the International Temperature Scale of 1990”. 2009年7月7日閲覧。
  14. ^ Lewars, Errol G. (2008年). Modelling Marvels. Springer. pp. 70-71. ISBN 1402069723. http://books.google.com/books?id=IoFzgBSSCwEC&pg=PA70. 
  15. ^ Plasma” (英語). 2007年3月5日閲覧。
  16. ^ Gallagher, R.; Ingram, P. (2001年). Chemistry for Higher Tier. University Press. ISBN 9780199148172. http://books.google.com/books?id=SJtWSy69eVsC&pg=PA96. 
  17. ^ NASSMC: News Bulletin” (2005年12月30日). 2007年3月5日閲覧。


「ネオン」の続きの解説一覧

ネオン

出典:『Wiktionary』 (2011/07/07 05:39 UTC 版)

名詞

ネオン

  1. 原子番号 10元素記号 Ne非金属元素希ガス単体常温常圧無色無臭気体
  2. ネオンサインの略。

訳語



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ネオン」の関連用語

ネオンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ネオンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2020 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのネオン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのネオン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS