セリウムとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化合物 > セリウム > セリウムの意味・解説 

セリウム


セリウム [2] 【cerium】

ランタノイドの一。元素記号 Ce 原子番号58原子量140.1。希土類の中で最も多量存在。鋼状の固体金属で、展性延性に富む。空気中では摂氏160度で発火発火合金材料など用途が広い。

Ce

〖cerium〗
セリウムの元素記号

セリウム

分子式Ce
その他の名称:CeCerium
体系名:セリウム


物質
セリウム
英語名
Cerium
元素記号
Ce
原子番号
58
分子量
140.115
発見
1803年
原子半径(Å)
1.83
融点(℃)
795
沸点(℃)
2527
密度(g/cm3
6.8
比熱(cal/g ℃)
0.042
イオン化エネルギー(eV)
5.47


セリウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/10 05:43 UTC 版)

セリウム: cerium [ˈsɪəriəm])は原子番号58の元素で、元素記号は Ce。軟らかく、銀白色の、延性に富む金属で、空気中で容易に酸化される。セリウムは希土類元素として最も豊富に存在して、地殻中に質量パーセント濃度で0.046%含んでいる。さまざまな鉱物中で見つかり、最も重要なのはモナザイトバストネサイトである。セリウムの商業的な用途はたくさんある。触媒、排出物を還元するための燃料への添加剤、ガラス、エナメルの着色剤などがある。酸化物はガラス研磨剤、スクリーンの蛍光体、蛍光灯などで重要な成分である。




  1. ^ Ground levels and ionization energies for the neutral atoms, NIST
  2. ^ Magnetic susceptibility of the elements and inorganic compounds Archived 2004年3月24日, at the Wayback Machine., in Handbook of Chemistry and Physics 81st edition, CRC press.
  3. ^ a b 桜井弘 『元素111の新知識』 講談社、1998年、261~262頁。ISBN 4-06-257192-7 
  4. ^ Chemical reactions of Cerium”. Webelements. 2009年6月6日閲覧。
  5. ^ Patnaik, Pradyot (2003). Handbook of Inorganic Chemical Compounds. McGraw-Hill. pp. 199–200. ISBN 0070494398. http://books.google.com/?id=Xqj-TTzkvTEC&pg=PA200 2009年6月6日閲覧。 
  6. ^ セリウムを陽極に用いた微小血管造影法 心臓 Vol.44 (2012) No.11 p.1372-1377


「セリウム」の続きの解説一覧

セリウム

出典:『Wiktionary』 (2018/07/01 21:38 UTC 版)

名詞

セリウム

  1. 原子番号 58元素記号 Ce金属元素ランタノイド単体は、常温常圧では銀白色固体

発音

せ↗り↘うむ

翻訳




セリウムと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「セリウム」の関連用語

1
テルル化セリウム 化学物質辞書
100% |||||

2
硫化セリウム 化学物質辞書
100% |||||

3
硝酸第一セリウム 化学物質辞書
100% |||||

4
ふっ化セリウム 化学物質辞書
96% |||||

5
硝酸第二セリウム 化学物質辞書
96% |||||

6
セリウムブロミド 化学物質辞書
94% |||||

7
三よう化セリウム 化学物質辞書
94% |||||

セリウムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



セリウムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのセリウム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのセリウム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS