大気汚染とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 汚染 > 大気汚染の意味・解説 

たいき‐おせん〔‐ヲセン〕【大気汚染】

読み方:たいきおせん

産業・交通など人間活動によって作り出される工場排煙や車の排気ガスなどの有害物質によって大気汚されること。人体生態系悪影響を及ぼす


大気汚染

分野
大気汚染に関する用語
意味:
自然または人工的に作り出され有害物質によって大気汚染されること。
用例
大気汚染物質、大気汚染濃度、大気汚染源、大気汚染防止法、大気汚染緊急時対策
備考
合成語として使用されることが多い。

たいきおせん 大気汚染

汚染空気をみよ!

大気汚染

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/23 18:44 UTC 版)

大気汚染(たいきおせん)とは、大気中の微粒子や有害な気体成分が増加して、健康環境に悪影響をもたらすこと。人間の経済的・社会的な活動が主な原因である。自然に発生する火山噴火砂嵐山火事なども原因となるが、自然由来のものは大気汚染に含めない場合がある[1][2]


注釈

  1. ^ アメリカEPAが規定するAQI 6段階のうち3番目に悪く、呼吸器疾患患者や高齢者だけではなく健康な人でも被害を受けるレベルと定められている。
  2. ^ NMVOC = 非メタン揮発性有機化合物。揮発性有機化合物(VOC)からメタンを除外したもの。
  3. ^ a b 2010年に廃止
  4. ^ 1級は観光地・歴史地区・自然公園、2級は郊外住宅地と農村、3級は工業地帯・交通量の多い地域。
  5. ^ 1ppm(SO2)=2660µg/m2(20℃、1013hPa)、1ppm(NO2)=1880µg/m2、1ppm(O3)=2mg/m2。出典:“Air quality guidelines”2005年、311頁、333頁、397頁
  6. ^ 都市周辺では世界平均で20-90µg/m3(0.01-0.05ppm)。室内環境では火を使う調理や暖房器具の周辺で2,000/m3(約1ppm)を超える場合がある。出典:“Air quality guidelines”2005年、332頁
  7. ^ a b PM10、PM2.5ともに観測される幅が大きい。先進国では通常数十µg/m3だが、発展途上国を中心に数百µg/m3のレベル、稀に1,000µg/m3が観測される。出典:“Air quality guidelines”2005年、218-224頁
  8. ^ 世界平均で60-140µg/m3、ヨーロッパの大都市の道路周辺で8時間平均20-60mg/m3、地下や駐車場、トンネルなど閉鎖的空間では115mg/m3かそれ以上になることがある。出典:“WHO air quality guidelines for Europe”2000年、80-82頁
  9. ^ 室内で30-100µg/m3程度、煙草の煙により350µg/m3程度になることがある。出典:“WHO air quality guidelines for Europe”2000年、87-91頁
  10. ^ アメリカや西ヨーロッパの郊外の大気では0.2µg/m3以下、都市で0.4-1µg/m3、精製設備や駐車場、ガソリンスタンドで6.1µg/m3程度。出典:“WHO air quality guidelines for Europe”2000年、80-82頁
  11. ^ 通常の大気では5µg/m3以下で、屋内では屋外の3倍程度になることがある。塗料などの含有製品を使用した時などには4,000µg/m3程度まで上昇することがある。出典:“WHO air quality guidelines for Europe”2000年、83-86頁
  12. ^ ヨーロッパの都市で0.5-2µg/m3、場合により3µg/m3程度としている。“WHO air quality guidelines for Europe”2000年、143-145頁
  13. ^ 概要の節では十分なエビデンスがないため値を明示していないが、解説文では1µg/m3という目安を記載し"These concentrations will also sufficiently protect human health"(この濃度でも十分に人の健康を守れる)としている。“WHO air quality guidelines for Europe”2000年、143-145頁
  14. ^ 郊外で0.15µg/m3以下、ヨーロッパの都市で0.15-0.5µg/m3程度。“WHO air quality guidelines for Europe”2000年、149-153頁
  15. ^ 鋳物やマンガンを扱う工場の周辺では0.2-0.5µg/m3、時に10µg/m3程度になることがある。出典:“WHO air quality guidelines for Europe”2000年、154-156頁
  16. ^ 冬の都市部では2µg/m3程度まで上昇したという報告もある。出典:“WHO air quality guidelines for Europe”2000年、170-172頁
  17. ^ オランダにおける年間推定値が0.01µg/m3、他ヨーロッパ10カ国の調査でも検出限界である0.3µg/m3よりはるかに低い値であった。物質を扱う工場内では100µg/m3を超えるが、周囲1kmでは10µg/m3未満に低下する。出典:“WHO air quality guidelines for Europe”2000年、59-62頁
  18. ^ a b ヨーロッパの都市付近で0.001-0.01µg/m3程度、郊外で0.001µg/m3以下。出典:“WHO air quality guidelines for Europe”2000年、92-96頁
  19. ^ "Exposure should therefore be kept as low as possible"(可能な限り低く保たれるべき)とされている。“WHO air quality guidelines for Europe”2000年、128-135頁
  20. ^ a b アメリカにおける全職業平均値が0.098ppm、物質を扱う産業では2.12ppm。ヨーロッパの都市周辺の大気では2-20µg/m3以下、カナダの家庭やオフィスで0.3µg/m3程度。煙草は1,2-ブタジエンが含まれ、煙草の煙がある室内では10-20µg/m3になる。出典:“WHO air quality guidelines for Europe”2000年、67-70頁
  21. ^ a b 都市付近で0.001µg/m3程度、室内ではこれよりも高いと推定される。出典:“WHO air quality guidelines for Europe”2000年、97-101頁
  22. ^ a b 都市付近で0.1pg/m3程度と推定されるが変動幅が大きい。出典:“WHO air quality guidelines for Europe”2000年、102-106頁
  23. ^ a b 大気中濃度に関する有力な資料がない。医療用のシスプラチンがIARC分類2Aだが、環境中に大量に放出されるものではないことから特記はされていない。出典:“WHO air quality guidelines for Europe”2000年、166-169頁
  24. ^ a b 大気中濃度はラドンのリスク評価で想定されるレベルよりも低いことから指針値を定めていない。出典:“WHO air quality guidelines for Europe”2000年、209-217頁
  25. ^ a b 使用現場や工場付近では1x105-2x106fiber/m3になる。ロックウール、スラグウール、セラミック繊維など一部はIARC分類2Bである。またセラミック繊維にはユニットリスク値を示すエビデンスがある。しかし、測定対象となる全体のエビデンスがないため指針値を定めていない。出典:“WHO air quality guidelines for Europe”2000年、206-208頁
  26. ^ 最低気温から3-5℃を引いた値の乾燥断熱線と状態曲線の交点が朝の混合層高度の目安となる。
  27. ^ メタンは大気中に存在する炭化水素のうち大きな割合を占めるが、光化学反応性が低いため光化学オキシダントの生成には関与しない。メタンを除外した炭化水素を非メタン炭化水素という。

出典

  1. ^ a b 気候学・気象学辞典』<初版>、300-301頁「大気汚染」、河村武
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af 気象と地球の環境科学』、§8、99-111頁
  3. ^ 大気汚染での年650万人の死、半減可能ーIEAGEPR編集部 2016年7月13日
  4. ^ a b c 環境アウトルック2050: 環境問題に早急に対処することが将来的なコストを回避する」OECD東京、2012年3月15日、2013年2月9日閲覧
  5. ^ 「大気汚染 年700万人死亡/WHO 世界人口9割に影響」『毎日新聞』朝刊2018年5月3日掲載の共同通信配信記事。
  6. ^ a b Air quality and health”World Health Organization(世界保健機関)、2011年9月、2013年2月3日閲覧
  7. ^ http://www.iea.org/newsroomandevents/pressreleases/2016/june/energy-and-air-pollution.html
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 環境気候学』、§6-3、222-231頁
  9. ^ a b アーバン エコシステム 自然と共生する都市』、§2、41-64頁
  10. ^ スパーン、高山(1995年)『アーバン エコシステム 自然と共生する都市』44頁 = K. C. Heidorn、1978年の論文 より引用。
  11. ^ a b c d e f 二訂・大気汚染対策の基礎知識』、1頁
  12. ^ Roholm, K. (1937). "The fog disaster in the Meuse Valley, 1930: A fluorine intoxication". J. Ind. Hyg. Toxicol 19 (3): 126–137.
  13. ^ インド、ボパールの化学工場でタンクに貯蔵していた毒性のイソシアン酸メチルが漏出し、世界史上最悪の化学災害となった。」「インド・ボパール工場で有毒ガス流出、4000人以上が死亡。」失敗知識データベース、2013年2月3日閲覧
  14. ^ 中国、有害スモッグが3分の1の地域で発生 経済構造の調整に警鐘」新華網、2013年01月29日付、2013年5月6日閲覧
  15. ^ 有害濃霧、かすむ毛沢東 中国、全土3分の1汚染」47NEWS、2013年1月28日付、2013年5月6日閲覧
  16. ^ 「世界最悪」の大気汚染:モンゴル |” (日本語). GNV. 2019年11月15日閲覧。
  17. ^ 米国のクリアスカイ法と排出取引(2003年) (01-08-04-23)原子力百科事典ATOMICA(高度情報科学技術研究機構)、2003年12月更新版、2013年2月3日閲覧
  18. ^ Air quality guidelines”2005年(全文)
  19. ^ 大気中の物質循環研究とフォールアウト (01-08-04-28)原子力百科事典ATOMICA(高度情報科学技術研究機構)、2006年8月更新版、2013年2月3日閲覧
  20. ^ a b 「The State of The World's Cities Report 2001 Pollution (PDF) 」、United Nations Human Settlement Programme(UNHSP)、2013年2月10日閲覧
  21. ^ a b Air quality guidelines”2005年(全文)、34-37頁、54頁
  22. ^ a b c d 酸性雨に関する国際的な防止対策原子力百科事典ATOMICA(高度情報科学技術研究機構)、2009年1月更新版、2013年2月24日閲覧
  23. ^ 世界の酸性雨の現状原子力百科事典ATOMICA(高度情報科学技術研究機構)、2009年1月更新版、2013年2月3日閲覧
  24. ^ 長距離越境大気汚染条約eicネット(環境情報センター)、2009年10月24日更新版、2013年2月3日閲覧
  25. ^ a b c d e f g 市川陽一「酸性物質の長距離輸送」大気環境学会『大気環境学会誌』33巻、2号、A9-A18頁、1998年 NAID 110003841121
  26. ^ a b ASEAN Agreement on Transboundary Haze Pollution”、“Combating Haze in ASEAN: Frequently Asked QuestionsHazeOnline(ASEAN)、2013年2月9日閲覧
  27. ^ Martin Abbugao“Haze highlights weak ASEAN cooperation: analysts”AFP(Google News による再配信)、2010年10月23日、2013年2月9日閲覧
  28. ^ KLUSH. et.al.“Indoor Air Pollution Due to Tobacco Smoke under Real Conditions. Preliminary Results”(喫煙による室内における大気汚染の実態 予備調査)、『Tokai journal of experimental and clinical medicine』第10巻第4号、東海大学、1984年1月26日、331-340頁、NAID 110004693170
  29. ^ 「カリフォルニア州大気資源局がたばこの煙を「有害大気汚染物質」に指定」日本経済新聞、2006年1月28日付
  30. ^ WHO air quality guidelines for Europe”2000年、1-40頁
  31. ^ 気候学・気象学辞典』<初版>、302頁「大気汚染物質」、大喜多敏一
  32. ^ 大気汚染の原因(大気汚染物質の種類)大気汚染の情報館(環境再生保全機構)、2013年2月3日閲覧
  33. ^ “Municipal Waste”、OECD Factbook 2010 -Economic, Environmental and Social Statistics-、経済協力開発機構(OECD)、2010年5月25日、doi:10.1787/factbook-2010-en(総務省統計局「世界の統計 16-1 大気汚染物質の排出」の解説、2013年2月23日閲覧も参考とした)
  34. ^ 大気環境保全技術研修マニュアル」§5-1、§5-5、2013年2月3日閲覧
  35. ^ Air quality guidelines”2005年、89-93頁
  36. ^ http://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2016/06/20160628_01.html
  37. ^ http://www.iea.org/newsroomandevents/pressreleases/2016/june/energy-and-air-pollution.html
  38. ^ 大気環境保全技術研修マニュアル」§5-2、2013年2月3日閲覧
  39. ^ 大気環境保全技術研修マニュアル」§5-4、2013年2月3日閲覧
  40. ^ 大気環境保全技術研修マニュアル」§5-3、2013年2月3日閲覧
  41. ^ Guidelines for Air Quality”、1999年、67-69頁
  42. ^ Air quality guidelines”2005年、9-30頁
  43. ^ a b Air quality guidelines”2005年、35頁
  44. ^ 粒子状物質の特性に関する知見の整理 1/2 (PDF) 」環境庁、微小粒子状物質健康影響評価検討会 第5回 資料、7頁、2013年2月3日閲覧
  45. ^ 大気環境保全技術研修マニュアル」§7-1、§7-7、§7-9、§7-10、§7-11、2013年2月3日閲覧
  46. ^ 大気環境保全技術研修マニュアル」§7-6、2013年2月3日閲覧
  47. ^ 大気環境保全技術研修マニュアル」§7-4、§7-5、§7-7、§7-11、§7-12、2013年2月3日閲覧
  48. ^ The health risks of wood stoves and smoke pollution | Popular Science
  49. ^ Convention on Long-range Transboundary Air Pollution”、“Protocols”、国際連合欧州経済委員会 (UNECE)、2013年2月23日閲覧
  50. ^ 大気保全二国間協定【米-加】eicネット(環境情報センター)、2009年10月15日付、2013年2月24日閲覧
  51. ^ カナダ、越境大気汚染を防止する米加協定締結20年で酸性雨とスモッグを大きく削減と公表環境展望台(国立環境研究所)、2013年2月24日閲覧
  52. ^ a b 平成24年版 環境白書」、§2-4-2-3(5)船舶・航空機・建設機械の排出ガス対策
  53. ^ 環境事典』、226頁、「緩衝緑地」
  54. ^ 第2部 新たな発展のための条件 - 第3章 世界をおおう公害 - 5. 国際調整問題「昭和45年 年次世界経済報告」経済企画庁、昭和45年12月18日。
  55. ^ a b c d 東賢一「WHOによる空気質のガイドライン-2000-」住まいの科学情報センター、2000年2月7日、2013年2月3日閲覧 - WHO AQG(2000)の非公式日本語解説
  56. ^ Air quality guidelines”2005年、1頁、186-187頁
  57. ^ Air quality guidelines”2005年、174-175頁、186-187頁
  58. ^ New Air Quality Directive”“Air Quality Standards”2012年1月12日付、2013年2月4日閲覧
  59. ^ National Ambient Air Quality Standards (NAAQS) Archived 2011年2月2日, at the Wayback Machine.”2012年12月14日付、2013年2月4日閲覧
  60. ^ California Ambient Air Quality Standards (CAAQS)”2009年11月24日付、2013年2月4日閲覧
  61. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 大気汚染に係る環境基準」環境省、2013年2月3日閲覧
  62. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af Guidelines for Air Quality”、1999年、28-55頁。Guideline Value(GV)がおよびUnitliskが定められている物質のみ掲載。特定の職域などに限定されるTolerable Concentration(TC)の値は掲載していない。
  63. ^ a b WHO air quality guidelines for Europe”2000年、32-36頁
  64. ^ a b WHO air quality guidelines for Europe”2000年、36-40頁
  65. ^ a b c d e f g h i Air quality guidelines”2005年(要約版)、Web版2013年2月3日閲覧
  66. ^ a b c d Air quality guidelines”2005年、174-175頁
  67. ^ a b c d WHO air quality guidelines for Europe”2000年、75-79頁
  68. ^ WHO air quality guidelines for Europe”2000年、106-108頁
  69. ^ WHO air quality guidelines for Europe”2000年、112-114頁
  70. ^ WHO air quality guidelines for Europe”2000年、109-111頁
  71. ^ WHO air quality guidelines for Europe”2000年、71-74頁
  72. ^ WHO air quality guidelines for Europe”2000年、146-148頁
  73. ^ a b WHO air quality guidelines for Europe”2000年、136-138頁
  74. ^ WHO air quality guidelines for Europe”2000年、157-161頁
  75. ^ a b c d 平成14年度地方公共団体等における有害大気汚染物質モニタリング調査結果 参考1 有害大気汚染物質による健康リスクの低減を図るための指針となる数値(指針値)」2003年11月14日付、「「今後の有害大気汚染物質対策のあり方について(第七次答申)」について(通知)」2003年9月30日付、環境省、2013年2月23日閲覧
  76. ^ WHO air quality guidelines for Europe”2000年、62-66頁
  77. ^ WHO air quality guidelines for Europe”2000年、115-117頁
  78. ^ WHO air quality guidelines for Europe”2000年、118-121頁
  79. ^ WHO air quality guidelines for Europe”2000年、125-127頁
  80. ^ WHO air quality guidelines for Europe”2000年、139-142頁
  81. ^ WHO air quality guidelines for Europe”2000年、162-165頁
  82. ^ WHO air quality guidelines for Europe”2000年、201-205頁
  83. ^ a b c Guidelines for Air Quality”、1999年、§5-7、91-98頁。
  84. ^ Air quality guidelines”2005年、224-226頁
  85. ^ a b 河村武「大気汚染気象の動向とその背景 (PDF) 」、日本気象学会『天気』、19巻9号467-483頁、1972年9月 NAID 40018074351
  86. ^ 「予報用語 大気汚染に関する用語」気象庁、2013年2月3日閲覧
  87. ^ Air Stagnation Index」アメリカ海洋大気圏局(NOAA)気候資料センター、2013年2月3日閲覧
  88. ^ Air Quality Index (AQI) - A Guide to Air Quality and Your Health」「How are your particle pollution maps calculated?」AirNow、2013年2月4日閲覧
  89. ^ About the Air Quality Health Index」Environment Canada、2013年2月4日閲覧
  90. ^ Air Quality Now」「Indices definition」Air Quality Now in Europe、2013年2月4日閲覧
  91. ^ Daily Air Quality Index」「[http://uk-air.defra.gov.uk/forecasting/ Pollution forecast」UK-AIR、2013年2月4日閲覧
  92. ^ Air Quality forecasts and observations in France and Europe」「Introduction」PREV'AIR、2013年2月4日閲覧
  93. ^ 大気汚染防止法施行令(昭和四十三年政令第三百二十九号)”. e-Gov (2017年11月27日). 2019年12月24日閲覧。 “2018年4月1日施行分”、(以下都道府県別の例の一部を抜粋)「大気汚染・悪臭関係基準集 (PDF) 」東京都環境局、102頁、「大気汚染緊急時措置の発令要件」横浜市環境創造局、各2013年2月4日閲覧
  94. ^ 重点城市空气质量日报」「关于城市空气质量信息的说明」中华人民共和国环境保护部、2013年2月4日閲覧
  95. ^ Current API Archived 2007年4月10日, at the Wayback Machine.」「API Calculation Method」Environmental Protection Department、2013年2月4日閲覧
  96. ^ Indian Air Quality Index Archived 2014年11月7日, at the Wayback Machine.」「BASIS of Indian Air Quality Index」Center for Environmental Science and Engineering、2013年2月4日閲覧
  97. ^ a b c d e f g h 大気環境保全技術研修マニュアル」§2-2、2013年2月3日閲覧
  98. ^ a b c d e f g h i j 日本の大気汚染の歴史大気環境・ぜん息などの情報館(環境再生保全機構)、2013年12月1日閲覧
  99. ^ 「公害の現状 1.1 大気汚染防止法の制定に至るまでの規制措置」、昭和44年度公害白書、2013年2月3日閲覧
  100. ^ 四日市ぜんそくeicネット(環境情報センター)、2009年10月14日更新版、2013年2月3日閲覧
  101. ^ K値規制eicネット(環境情報センター)、2009年10月14日更新版、2013年2月3日閲覧
  102. ^ 平成24年版 環境白書」、§2-4-1-1(5)二酸化硫黄
  103. ^ 平成24年版 環境白書」、§2-4-1-1(1)窒素酸化物
  104. ^ 「記録で見る大気汚染と裁判 大気汚染裁判のあらまし」環境再生保全機構、2013年2月3日閲覧
  105. ^ 平成23年光化学大気汚染の概要-注意報等発令状況、被害届出状況- (お知らせ)」環境省、2012年1月27日付、2013年2月3日閲覧
  106. ^ 平成24年版 環境白書」、§2-4-1-1(4)光化学オキシダント
  107. ^ 日本における光化学オキシダント等の挙動解明に関する研究」137-154頁、183-188頁、232-233頁
  108. ^ 日本における光化学オキシダント等の挙動解明に関する研究」137-154頁、183-188頁、232-233頁
  109. ^ 大原利眞「なぜ、日本の山岳や島嶼でオゾン濃度が上昇しているのか?」、日本生態学会『日本生態学会誌』、61巻、1号、77-81頁、2011年3月30日 NAID 110008607847
  110. ^ 平成24年版 環境白書」、§2-4-1-1(9)酸性雨・黄砂、§2-4-2-7(1)酸性雨
  111. ^ 酸性雨対策調査総合とりまとめ報告書 資料5 中国における酸性雨原因物質の排出量とその影響について (PDF) 」環境省、2004年6月25日、2013年2月9日閲覧
  112. ^ 最近の大気中PM2.5の起源と稲わら等の野焼きの影響(2017年度 36巻6号)|国環研ニュース 36巻|国立環境研究所



大気汚染

出典:『Wiktionary』 (2021/12/12 03:30 UTC 版)

この単語漢字
たい
第一学年

第一学年

常用漢字
せん
第六学年
漢音 慣用音

発音

名詞

大気汚染 (たいきおせん)

  1. (環境) 人間活動によって排出される有害気体固体により地球取り巻大気汚されること。その結果、人の健康動植物等に悪影響じること。

関連語

翻訳


「大気汚染」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



大気汚染と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

大気汚染のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



大気汚染のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
気象庁気象庁
©2022 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
なお、「気象庁 予報用語」には、気象庁の「気象庁が天気予報等で用いる予報用語」に掲載されている2009年11月現在の情報から引用しております。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2022 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
リウマチ・アレルギー情報センターリウマチ・アレルギー情報センター
Copyright (c) 2022 The Rheumatism & Allergy Information Center All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大気汚染 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの大気汚染 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS