アラスカ州とは? わかりやすく解説

アラスカ【Alaska】

読み方:あらすか

北アメリカ大陸北西端にある米国の州。州都ジュノー。もとロシア領で、1867年買収1959年49番目の州となる。面積50州最大。→アメリカ合衆国[補説]

アラスカの画像
アラスカ州の位置
アラスカの画像
州会議事堂撮影・kimberlykv http://os7.biz/u/vunSh

アラスカ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/17 01:40 UTC 版)

座標: 北緯64度 西経150度 / 北緯64度 西経150度 / 64; -150




  1. ^ RCN – Digital Cable TV, High-Speed Internet Service & Phone in Boston, Chicago, New York City, Philadelphia, Washington, D.C. and the Lehigh Valley”. Users.rcn.com. 2010年6月2日閲覧。
  2. ^ Thomas E. Sherer, Jr./Thom Werthman/Joseph Gonzalez (英語). The Complete Idiot's Guide to Geography (第三版 ed.). ALPHA BOOKS. pp. 61. ISBN 9781592576630 
  3. ^ a b c d で全米50州中3番目に少なく、QuickFacts. U.S. Census Bureau. 2020年.
  4. ^ MLA Language Map Data Center". Modern Language Association.
  5. ^ PHP研究所, ed (日本語). 今日は何の日—話のネタ365日 (四訂版 ed.). PHP研究所. pp. 63. ISBN 9784569658049 
  6. ^ Ransom, J. Ellis. 1940. Derivation of the Word "Alaska"'. American Anthropologist n.s., 42:pp. 550–551
  7. ^ Свердлов Л. М. Русское поселение на Аляске в XVII в.? «Природа». М., 1992. No.4. С.67–69.
  8. ^ Lael Morgan (English). Good Time Girls of the Alaska-Yukon Gold Rush. ISBN 978-0-945397-76-2 
  9. ^ Benson, Carl (1998年9月2日). “Alaska's Size in Perspective”. Geophysical Institute, University of Alaska Fairbanks. 2007年11月19日閲覧。
  10. ^ The other three exclaves of the United States are the Northwest Angle of Minnesota, Point Roberts, Washington and Alburgh, Vermont.
  11. ^ Alaska.com. “Alaska.com”. Alaska.com. 2010年6月2日閲覧。
  12. ^ ナショナルジオグラフィック『絶景×絶景』日経ナショナルジオグラフィック社、2013年、14頁。ISBN 978-4-86313-211-5 
  13. ^ Porco, Peter (2003-06-23). “Long said to be second to Fundy, city tides aren't even close”. Anchorage Daily News: A1. 
  14. ^ Western States Data Public Land Acreage”. Wildlandfire.com (2007年11月13日). 2010年6月2日閲覧。
  15. ^ a b NOAA Weather Radio All Hazards Information — Alaska Weather Interesting Facts and Records” (PDF). National Oceanic and Atmospheric Administration. 2007年1月3日閲覧。
  16. ^ a b State Extremes”. Western Regional Climate Center, Desert Research Institute. 2007年1月3日閲覧。
  17. ^ NOAA – National Oceanic and Atmospheric Administration SD Weather History and Trivia for May:May 1”. National Oceanic and Atmospheric Administration. 2007年1月3日閲覧。
  18. ^ FAQ ALASKA — Frequently Asked Questions About Alaska:Weather”. Statewide Library Electronic Doorway, University of Alaska Fairbanks (2005年1月17日). 2007年1月3日閲覧。
  19. ^ Ned Rozell (2003年1月23日). “The Coldest Place in North America”. Geophysical Institute of the University of Alaska Fairbanks. 2007年1月3日閲覧。
  20. ^ History for Barrow, Alaska. Monthly Summary for July 2006. Weather Underground. Retrieved October 23, 2006.
  21. ^ Resident Population Data – 2010 Census”. 2010.census.gov. 2011年5月29日閲覧。
  22. ^ Bls.gov;Local Area Unemployment Statistics
  23. ^ American FactFinder”. Factfinder2.census.gov (2010年10月5日). 2011年5月29日閲覧。
  24. ^ American FactFinder, United States Census Bureau. “Census Bureau”. Factfinder.census.gov. 2010年6月2日閲覧。
  25. ^ Adherents.com”. Adherents.com. 2010年6月2日閲覧。
  26. ^ Religious Affiliations 2000”. Alaska State Membership Report. Association of Religion Data Archives. 2008年3月31日閲覧。
  27. ^ Dixon, Martha (2004年9月12日). Religious legacy lives on in Alaska. BBC News. http://news.bbc.co.uk/2/hi/americas/3531458.stm 2010年6月2日閲覧。 
  28. ^ Welcome to SLED:FAQ Alaska”. Sled.alaska.edu. 2010年6月2日閲覧。
  29. ^ An early Russian Orthodox Church”. Vilda.alaska.edu. 2010年6月2日閲覧。
  30. ^ Association of Religion Data Archive”. Thearda.com. 2010年6月2日閲覧。
  31. ^ http://www.census.gov/compendia/statab/2011/tables/11s0077.pdf
  32. ^ Alaskan Muslims Avoid Conflict”. Humanitynews.net (2005年7月7日). 2010年6月2日閲覧。
  33. ^ Mosque milestone for Alaska Muslims – Americas”. Al Jazeera English (2010年12月25日). 2011年5月29日閲覧。
  34. ^ Hindu Temples in USA – Hindu Mandirs in USA”. Hindumandir.us. 2010年6月2日閲覧。
  35. ^ State of Alaska”. Dop.state.ak.us. 2010年6月2日閲覧。
  36. ^ a b c d About the Alaska Court System”. State.ak.us. 2010年6月2日閲覧。
  37. ^ Volz, Matt (2006年7月11日). “Judge rules against Alaska marijuana law”. The Seattle Times (Frank A. Blethen). http://seattletimes.nwsource.com/html/localnews/2003118645_webpot10.html 2008年5月22日閲覧。 
  38. ^ Doughtery, J. (2001, February 25). Alaska party stumps for independence. World Net Daily. Retrieved from A Free Press for a Free People
  39. ^ CNN Money (2005). "How tax friendly is your state?" Retrieved from CNN website.
  40. ^ Department of Revenue Tax Division”. Tax.state.ak.us. 2010年6月2日閲覧。
  41. ^ Educating Taxpayers Since 1937”. The Tax Foundation. 2010年6月2日閲覧。
  42. ^ 米アラスカの治安実態暴く 地元紙にピュリツァー賞 - 日本経済新聞
  43. ^ a b FBI. “Uniform Crime Reports>2019 Crime in The United States>Violent Crime>Table4”. 2020年10月11日閲覧。
  44. ^ D'oro, Rachel (2008年1月30日). “Rural Alaska steeped in sexual violence”. USA Today. http://www.usatoday.com/news/nation/2008-01-29-alaska-sexualassaults_N.htm 2010年12月31日閲覧。 
  45. ^ Alaska State Troopers FY 2008 Byrne Grant Application” (PDF). 2010年6月2日閲覧。
  46. ^ 米地方紙にピュリツァー賞 アラスカの治安実態暴く - 東京新聞
  47. ^ AK Dept. of Public Safety Alcoholic Beverage Control Board”. Dps.state.ak.us. 2010年6月2日閲覧。
  48. ^ State of Alaska”. Hss.state.ak.us. 2010年6月2日閲覧。
  49. ^ Gas Hydrates on Alaska's North Slope”. Usgs.gov. 2010年6月2日閲覧。
  50. ^ EIA State Energy Profiles:Alaska”. Tonto.eia.doe.gov (2009年8月27日). 2010年11月7日閲覧。
  51. ^ Screening Report for Alaska Rural Energy Plan[リンク切れ], April, 2001
  52. ^ State of Alaska Permanent Fund Division”. Pfd.state.ak.us. 2010年6月2日閲覧。
  53. ^ FreeShipping.org for examples of companies offering free shipping to Alaska
  54. ^ Alaska Department of Fish and Game”. Adfg.alaska.gov. 2011年5月29日閲覧。
  55. ^ Reindeer Herding”. Reindeer.salrm.uaf.edu. 2010年11月7日閲覧。
  56. ^ 笠原六郎、村尾行一「アラスカのりんぎょう」『林業百科辞典』p16 日本林業技術協会 1984年
  57. ^ AK Forest Association: SE timber situation 'desperate'” (英語). The Alaska Journal of Commerce. 2016年3月22日閲覧。
  58. ^ AVTEC, Alaska's Institute of Technology
  59. ^ US News and World Report
  60. ^ Alaska Native Arts FOUNDATION(英語)
  61. ^ Alaska House New York
  62. ^ Anchorage Folk Festival
  63. ^ On Deadly Ground”. Filminamerica.com. 2010年11月7日閲覧。
  64. ^ Federal Aviation Administration. 2005 U.S. Civil Airman Statistics
  65. ^ completion of the 3.5 mile (5.6 km) Interstate 93 tunnel as part of the "Big Dig" project in Boston, Massachusetts.
  66. ^ Allan Dowd (2007年6月27日). “Economic study touts Alaska-Canada rail link”. Reuters. http://www.reuters.com/article/idUSN2138860820070622 2011年1月2日閲覧。 
  67. ^ AlaskaCanadaRail.org (2005年1月2日). “Alaska Canada Rail Link”. 2011年1月2日閲覧。
  68. ^ Norman Vaughan Serum Run”. United Nations (2010年4月15日). 2010年6月2日閲覧。
  69. ^ TANANA – ALASKA STATE SOIL U.S. Department of Agriculture



アラスカ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/08 22:58 UTC 版)

村 (アメリカ合衆国)」の記事における「アラスカ州」の解説

アラスカ州憲法 (Constitution of Alaska) 第10条2項や、この憲法にもとづく法令によれば、アラスカ州で基礎自治体として法的に認められているのは、市とバラ(boroughs:他の州の郡/カウンティ相当する)だけである。アラスカでは、「/ビレッジ」は小規模な集落を指す口語表現であり、そのほとんどは「ザ・ブッシュ (The Bush)」と称される州内の非都市地域にあり、道路網にも結ばれていないこともよくあるこうした集落多くは、アラスカ先住民 (Alaska Natives) が住民大部分占めており、連邦体制においてインディアン組織法 (Indian Reorganization Act) および/ないしアラスカ先住権益措置法 (Alaska Native Claims Settlement Act) のもとで「」として認知されている。アラスカ自治体連合 (the Alaska Municipal League) の投票資格は、自治体人口規模無関係に1自治体に1票があるため、こうした多く2級の市として法人化されている。しかし、日常的な言葉遣いの中では、こうした集落は市ではなくであると考えられることが多い。

※この「アラスカ州」の解説は、「村 (アメリカ合衆国)」の解説の一部です。
「アラスカ州」を含む「村 (アメリカ合衆国)」の記事については、「村 (アメリカ合衆国)」の概要を参照ください。


アラスカ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/15 02:38 UTC 版)

火山の一覧」の記事における「アラスカ州」の解説

アラスカ半島パブロフ山(2715m) ベニアミノフ山(2507m) - 頻繁に噴火繰り返している。紀元前1750年頃には、火山爆発指数6の巨大噴火カトマイ国立公園カトマイ山(2047m) - 1912年ノバルプタ爆発マグマ吸い出された後に、直径3kmカルデラ湖ノバルプタ(841m) - カトマイ山中腹にある溶岩ドーム(現在)。1912年6月爆発は13-15km3で、クラカトア1883年)に続く規模噴煙高度16km以上。 フォーピークト山(英語版)(2,041m) - 2006年9月1万年以上ぶりの噴火トライデント山(1864m) オーガスティン山Augustine Volcanoレイク・クラーク国立公園アラスカ州のリダウト山(3108m) - 1989年12月KLMオランダ航空867便が火山灰エンジン停止KLMオランダ航空867便エンジン停止事故)。2009年3月噴火火山灰上空15kmに。 イリアムナ山(3083m) スパー山(3374m) ランゲル山(4317m) アリューシャン列島ボゴスロフ島(101m) グレート・スキン島(1740m) クリーブランド山(1730m、Chuginadak Island) - 1944年2006年2009年爆発2011年12月29日爆発は高度4,600m。 ブセビドフ山(2149m)

※この「アラスカ州」の解説は、「火山の一覧」の解説の一部です。
「アラスカ州」を含む「火山の一覧」の記事については、「火山の一覧」の概要を参照ください。


アラスカ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/06 14:35 UTC 版)

2021年の北アメリカの熱波」の記事における「アラスカ州」の解説

カナダとの国境位置するアラスカ州ジュノーでは、2021年6月28日夜と30日夜(いずれも現地時間)に氷震発生しており、この猛暑関連があるとみられている。また、同州アンカレッジ7月4日気温が31.6記録した

※この「アラスカ州」の解説は、「2021年の北アメリカの熱波」の解説の一部です。
「アラスカ州」を含む「2021年の北アメリカの熱波」の記事については、「2021年の北アメリカの熱波」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「アラスカ州」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「アラスカ州」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アラスカ州」の関連用語


2
アラスカ半島 デジタル大辞泉
94% |||||

3
アンカレジ デジタル大辞泉
94% |||||




7
ウトキアグビク デジタル大辞泉
76% |||||

8
デナリ デジタル大辞泉
76% |||||

9
フッド湖 デジタル大辞泉
76% |||||

10
ホイットニー デジタル大辞泉
76% |||||

アラスカ州のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アラスカ州のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアラスカ州 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの村 (アメリカ合衆国) (改訂履歴)、火山の一覧 (改訂履歴)、2021年の北アメリカの熱波 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS