ルイス・B・メイヤーとは?

ルイス・B・メイヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/13 23:12 UTC 版)

ルイス・バート・メイヤーLouis Burt Mayer1884年7月12日 - 1957年10月29日)は、アメリカ合衆国映画プロデューサーメトロ・ゴールドウィン・メイヤーの共同創始者の一人として知られる。メトロ・ゴールドウィン・メイヤーの首脳として数十年に渡って独裁的な権力を振るい、「天国よりも多くのスターを擁する」とまで言われた同社の全盛期を現出させた。




注釈

  1. ^ メイヤーの誕生日や生誕地、帰化前の名前は資料によってまちまちである。1885年ウクライナの寒村で、エリエゼル(ラーザリ)・メイル(Элиэзер (Лазарь) Меир)として生まれたとする異説もある。1911年にアメリカ合衆国の市民権を取得したときに、愛国心の強いメイヤーは1885年7月4日(アメリカ独立記念日)を自身の誕生日として登録した(Parish p. 167)。
  2. ^ アンディー・ハーディ役で名声を得た、子役のミッキー・ルーニーに対する説教は有名である。メイヤーは女たらしのルーニーに、「お前はアンディー・ハーディなんだ!お前はアメリカ合衆国なんだ!お前は星条旗なんだ!お前はアメリカの象徴なんだ!行儀よくしなさい!」と叱り飛ばしたとされる(Schulberg)。
  3. ^ 「天才少年」(原語:The Boy Wonder)とは、アーヴィング・タルバーグの通称である。
  4. ^ 代表的な作品として、ミッキー・ルーニー主演の『アンディ・ハーディ』シリーズが挙げられる。
  5. ^ ハリウッドでは絶大な権力を誇ったメイヤーも、ニューヨークの本社で経営責任者として君臨するスケンクの存在を病的に恐れていたとされる(Parish p. 165)。
  6. ^ 自他共に認める熱狂的な愛国者だったメイヤーは、共和党の熱烈な支持者だった。合衆国第31代大統領のハーバート・フーヴァーに多大な援助をし、以後政界にも影響力を及ぼすようになった。1934年カリフォルニア州知事選挙では、民主党候補のアプトン・シンクレアを映画を用いたプロパガンダで攻撃し、落選に追い込んだ。

出典

  1. ^ Canada’s Walk of Fame、“2004 Inductee: Louis B. Mayer Archived 2011年11月6日, at the Wayback Machine.”(参照:2009年9月18日)
  2. ^ a b c d e f g h i Budd Schulberg、“LOUIS B. MAYER: Lion Of Hollywood”、『TIME』1998年12月7日号。(参照:2009年9月18日)
  3. ^ a b c Sandra Brennan、“Louis B. Mayer: Biography”、All Movie Guide。(参照:2009年9月18日)
  4. ^ a b c Cinema: Mr. Motion Picture”、『TIME』1957年11月11日号。(参照:2009年9月18日)
  5. ^ Jack Backstreet、“IMDb Mini Biography”、The Internet Movie Database。(参照:2009年9月18日)
  6. ^ 蓮實重彦著『ハリウッド映画史談義 翳りの歴史のために』、筑摩書房、1993年9月20日、167頁
  7. ^ Parish p. 165
  8. ^ Parish p. 167
  9. ^ Parish p. 168


「ルイス・B・メイヤー」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ルイス・B・メイヤー」の関連用語

ルイス・B・メイヤーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ルイス・B・メイヤーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのルイス・B・メイヤー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS