コダックとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > ビジネス > 企業情報 > コダックの意味・解説 

コダック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/01/05 15:10 UTC 版)

イーストマン・コダック: Eastman Kodak Company)は、アメリカ合衆国に本拠を置く、かつて世界最大の写真用品(カメラレンズ写真フィルム印画紙、処理剤)メーカーであり、現在は商業印刷の大手である[2]。一般的にはコダックの略称で知られている。


注釈

  1. ^ これらの焦点距離に近いものは、後年Carl Zeiss Optonからの供給とされた。

出典

  1. ^ Eastman Kodak Number of Employees 2006-2021”. Macrotrends. 2021年2月5日閲覧。
  2. ^ a b c 百科事典マイペディア『イーストマン・コダック』 - コトバンク、2012年2月6日閲覧。
  3. ^ a b Milestones | Kodak
  4. ^ Kodak Receives Continued Listing Standards Notice from the New York Stock Exchange(英語)コダック、2012年1月3日付、2012年1月4日閲覧。
  5. ^ 米コダックが破産法申請 デジカメ対応など遅れ つなぎ融資で業務継続 日本経済新聞 2012年2月10日閲覧。
  6. ^ 破産申請中のコダック、劇場の名称削除を希望 映画.com 2012年2月5日閲覧
  7. ^ “米コダック、法的管理脱却へ 破綻から1年7カ月で”. 47NEWS. (2013年8月21日). https://www.47news.jp/CN/201308/CN2013082101000872.html 2013年8月23日閲覧。 
  8. ^ “米コダック、破産法の適用脱却する計画を裁判所が承認”. トムソン・ロイター. (2013年8月21日). https://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE97J08120130820 2013年8月23日閲覧。 
  9. ^ “イーストマン・コダック、破産法保護下から脱却”. ウォール・ストリート・ジャーナル. (2013年8月21日). https://jp.wsj.com/articles/SB10001424127887324562504579025940261771128 2013年8月23日閲覧。 
  10. ^ Kodak emerges from bankruptcy with focus on commercial printing”. トムソン・ロイター (2013年9月3日). 2016年3月18日閲覧。(英語)
  11. ^ ◎英コダック年金プラン、イーストマン・コダック社のパーソナライズド イメージング、 ドキュメント イメージング両事業の買収を完了”. 共同通信PRワイヤー (2013年9月4日). 2016年3月18日閲覧。
  12. ^ a b 米コダック、仮想通貨「コダックコイン」を発行”. 日本経済新聞 電子版. 2018年12月28日閲覧。
  13. ^ a b c 事業所一覧コダック、2022年11月14日閲覧。
  14. ^ コダックとJK Imagingがコンシューマー向けデジタル製品のブランドライセンス契約を発表
  15. ^ Kodakブランドのカメラを日本国内で独占販売!



コダック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/17 02:20 UTC 版)

白黒リバーサルフィルム」の記事における「コダック」の解説

米国のコダックは、スーパー816mmフィルムコア巻き両目ダブル8用)の2つ映画用フィルム白黒リバーサルとして製造販売している。 コダック トライX 白黒リバーサルフィルム 7266スーパー8 - ISO 200/160, 50フィート通常商品 16mmフィルム - 以下いずれも特注品100フィート - スプール巻き片目両目両側パーフォレーション)あり 200フィート - A巻きコア巻き片目アートンA-Minima用 400フィート - コア巻き片目両目あり、両目ダブル8

※この「コダック」の解説は、「白黒リバーサルフィルム」の解説の一部です。
「コダック」を含む「白黒リバーサルフィルム」の記事については、「白黒リバーサルフィルム」の概要を参照ください。


コダック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/12 17:34 UTC 版)

126フィルム」の記事における「コダック」の解説

ドイツコダックに関してナーゲル (カメラ)#126フィルム使用カメラ参照。 コダックインスタマチック501963年発売) コダックインスタマチック1001963年発売) コダックインスタマチック3001963年発売) コダックインスタマチック4001963年発売) コダックインスタマチック7001963年発売) ホークアイインスタマチック(1963年発売) コダックインスタマチック2001964年発売) コダックインスタマチック8001964年発売) コダックインスタマチック1501964年発売) ホークアイインスタマチックF(1964年発売) コダックインスタマチック1541965年発売) ホークアイインスタマチックR41965年発売) コダックインスタマチック1041965年発売) コダックインスタマチック3041965年発売) コダックインスタマチック4041965年発売) コダックインスタマチック7041965年発売) コダックインスタマチック8041965年発売) コダックインスタマチック251966年発売) コダックインスタマチック2041966年発売) コダックインスタマチック3241966年発売) コダックインスタマチックS-10(1967年発売) コダックインスタマチックS-201967年発売) コダックインスタマチック1241968年発売) コダックインスタマチック1341968年発売) コダックインスタマチック1741968年発売) コダックインスタマチック261968年発売) コダックインスタマチック3141968年発売) コダックインスタマチック4141968年発売) コダックインスタマチック7141968年発売) コダックインスタマチック814(1968年発売) ホークアイインスタマチックII1969年発売) ホークアイインスタマチックA-1(1969年発売) コダックインスタマチック441969年発売) コダックインスタマチックX-151970年発売) コダックインスタマチックX-25(1970年発売) コダックインスタマチックX-351970年発売) コダックインスタマチックX-451970年発売) コダックインスタマチックX-901970年発売) コダックインスタマチックX-301971年発売) ホークアイインスタマチックX(1971年発売) コダックインスタマチック281972年発売) コダックインスタマチック321972年発売) コダックインスタマチック361972年発売) コダックインスタマチック66X(1973年発売) コダックインスタマチックX-15F(1976年発売) コダックインスタマチックX-35F(1976年発売) コダックインスタマチック76X(1977年発売) コダックインスタマチック177XF(1987年発売) - ブラジル製、1987年発売 発売年不明 コダックインスタマチック132 - アルゼンチン製(133類似)、発売年不明 コダックインスタマチック11 - ブラジル製(44類似)、発売年不明 コダックインスタマチック154X - アルゼンチン製(155Xの類似)、発売年不明 コダックインスタマチック22 - 27類似発売年不明 コダックインスタマチック27 - アルゼンチン製(22類似)、発売年不明

※この「コダック」の解説は、「126フィルム」の解説の一部です。
「コダック」を含む「126フィルム」の記事については、「126フィルム」の概要を参照ください。


コダック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/12 17:40 UTC 版)

828フィルム」の記事における「コダック」の解説

アメリカコダックのフィルムカメラ製品一覧#バンタムシリーズ参照

※この「コダック」の解説は、「828フィルム」の解説の一部です。
「コダック」を含む「828フィルム」の記事については、「828フィルム」の概要を参照ください。


コダック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/07 15:23 UTC 版)

モノクロフィルム」の記事における「コダック」の解説

白黒フィルムプロフェッショナル向けのみ。赤外白黒フィルムカラー現像(C-41)処理タイプ提供している。 2002年よりモノクロフィルム(T400CN・現:BW400CNを除く)を製造する新工場への移行(400TMAXは1995年より新工場移行)や物理特性静電気低減や埃の付着)の改善HIETP従来のまま)により大部分フィルム現像時間変更が行われ、これに合わせて新旧判別をしやすくするため、全てのモノクロフィルムパッケージ外箱パトローネ)と名称変更が行われた。ただしプラスX・トライXはその伝統的な商標継承する意味で箱及びパトローネに「PLUS-X」「TRI-X」の記述がある。 同社の「トライX」(TRI-X・現:400TX)は、ISO感度100フィルム主流時代から50年上の歴史を誇る国際的に知名度の高いモノクロフィルムで、報道分野夜間舞台撮影星野写真など多用されてきた。高感度フィルム代名詞でもあったが、2002年以降正式の商品名ではなくなった。元々トライXとは(XXX)という意味で、発売当初はISO200であったが、当時ISO100ダブルX(XXに対してXをひとつ増やし高感度強調したネーミングである。日本においてはISO100富士フイルム・ネオパンSS二分する勢力だったが、富士フイルムトライXを凌駕する粒子密度PRESTO投入したことでフジ優位になった。 これらXシリーズとD-76現像液による処理が、“データ上の”もっともニュートラルなグレートーンと言われている(ただし、コダック推奨の手順で処理するとやや硬調になる)。 T-MAX要求される粒子密度増加(=解像度の向上)から、非球形粒子使用した新シリーズとして投入されたが、D-76処理をすると極度軟調になってしまう欠陥があった。このため専用現像液T-MAX Developer」が発売されたが完全な解決には至らずトライXからの完全移行失敗(と、日本国内におけるフジ優位)の原因になった過去において同社モノクロフィルムは、微粒子のパナトミックXを始めポートレート向きのオルソフィルムであったヴェリクローム、さらにレギュラー特性コマーシャルなど数多く個性的なものが存在していた。 現在、日本国内では「プロ商品」とされ、入手専門店や、いわゆるプロラボのみに限られる実際に都市部カメラ系量販店では簡単に購入でき、また富士同じくプロ用としているが実際に一般流通させている)。 カッコ内は旧品名 ISO100100TMAX(T-MAX100/TMX) ISO125125PX(プラス-Xパン/PX・プラス-Xパン プロフェッショナル/PXP・販売終了) ISO320320TXP(トライ-Xパン プロフェッショナル/TXP)中判220サイズ)、シート4×5in判8×10in判)のみ ISO400400TMAX(T-MAX400/TMY) 400TX(トライ-Xパン/TX) BW400CN(T-MAXプロ T400CN)カラー現像(C-41)処理可能タイプ ISO3200P3200TMAX(T-MAX3200/TMZ・販売終了赤外写真HIE(ハイスピードインフラレッド・販売終了記録複写)用TPテクニカルパン販売終了コピー用途ISO100相当 複写用。コントラスト高く中間調がほとんど出ない専用軟調現像液テクニドールを使用すれば超微粒子通常コントラスト仕上げもできる。ただし、通常コントラスト仕上げにする際はISO20相当で撮影する必要がある水素増感により、天体撮影にもよく使われた。

※この「コダック」の解説は、「モノクロフィルム」の解説の一部です。
「コダック」を含む「モノクロフィルム」の記事については、「モノクロフィルム」の概要を参照ください。


コダック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/16 20:02 UTC 版)

ネガフィルム」の記事における「コダック」の解説

コダックのフィルム全体的な特徴として、欧米人好みのややイエローよりの発色をする。自然な階調再現をするとされるGOLD 100 快活な発色をする。一般用24撮りのみ。業務用20本入りでは12・2436撮り販売されている。一般用2013年2月現在、国内では在庫限りとなっている。 SUPER GOLD 400 ISO 400忠実な色再現を行うフィルム24撮り3本パック36撮り5・10パック業務用として2436撮り20パックとして販売されている。もちろん単品存在するULTRA COLOR 100UC / 400UC (ISO 100 / 400) ISO100400ラインナップされている。彩度の高い発色を行うフィルム。現在135フィルムのみ。 ULTRA COLOR 100UCは平成20年12月ULTRA COLOR 400UCは平成21年3月末で販売終了 PORTRA 160NC / 400NC ISO160と400ラインナップされている。忠実な表現を行うプロ向けネガフィルム135120ともにバラでは販売終了し、5本パックのみ。 PORTRA 160VC / 400VC ISO160と400ラインナップされている。豊かな階調と高い彩度実現するプロネガフィルム135120ともにバラでは販売終了し、5本パックのみ。 PORTRA 800 ISO 800豊かな階調と高い彩度を持つ高感度フィルムPORTRA 100T ISO 100120フィルムのみ。タングステン光用フィルム在庫限り販売終了EKTAR 100 プロ向け新フィルム世界一粒状性実現したとされる高彩度発色をする。135および120用意されている。

※この「コダック」の解説は、「ネガフィルム」の解説の一部です。
「コダック」を含む「ネガフィルム」の記事については、「ネガフィルム」の概要を参照ください。


コダック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/09 15:02 UTC 版)

127フィルム」の記事における「コダック」の解説

ヴェスト・ポケット・コダックブローニー#127フィルム使用カメラ参照

※この「コダック」の解説は、「127フィルム」の解説の一部です。
「コダック」を含む「127フィルム」の記事については、「127フィルム」の概要を参照ください。


コダック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 22:02 UTC 版)

アニメ版ポケットモンスターの登場人物」の記事における「コダック」の解説

テレビアニメ第7シリーズの「ひらめきゲット! Let's ポケなぞ!!」に登場

※この「コダック」の解説は、「アニメ版ポケットモンスターの登場人物」の解説の一部です。
「コダック」を含む「アニメ版ポケットモンスターの登場人物」の記事については、「アニメ版ポケットモンスターの登場人物」の概要を参照ください。


コダック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/13 15:44 UTC 版)

ポケモンの一覧 (52-101)」の記事における「コダック」の解説

コダック No. 054分類: あひるポケモン タイプ: みず 高さ: 0.8m 重さ: 19.6kg 特性: しめりけ/ ノーてんき かくれ特性: すいすい 進化前: なし 進化後: ゴルダック あひるポケモン分類されているが、どちらかと言えば黄色カモノハシのような外見ポケモンである。常に頭痛悩まされていて、頭を抱えている。頭痛ひどくなる念力使い始めるが、頭痛治まるその間記憶残っていない。 ポケモンシリーズのディレクター務め増田順一の一番好きなポケモンであり、彼の名刺にもコダックのイラスト描かれている。いわゆる第1世代」に属すポケモンの中では、ピカチュウ最初に貰える3匹(フシギダネ・ヒトカゲ・ゼニガメ)に次ぐ知名度人気を誇るため、商品化される機会も多い。ANA初代ポケモンジェットトミカNo.38「ポケモンバス」に描かれたり、ポケモンセンターオーサカ入口付近にコダックの足あとかたどったプレート埋設される(後に別ポケモンのものに交換されている)など、グッズ以外でのタイアップ行われている。初代テレビCMでもコダックが起用されている。 アニメ『ポケットモンスター』ではカスミのポケモンとして登場おとぼけ性格カスミ手を焼いているが、大切に思われている。声優愛河里花子アニメシリーズではこの他ゲストとして別個体が何体か登場しており、第92話「さよならコダック!またきてゴルダック?」ではポケモン使い手ツバキの手持ちポケモンとして登場。『アドバンスジェネレーション』第140話「コダックの憂鬱!」では富豪令嬢・アヅミのポケモンとして登場豪邸での退屈な暮らし嫌気差し、度々家出するというキャラクターだった。『ミュウツーの逆襲』に登場したコピーコダックオリジナルより若干目つきが悪いが、おとぼけ性格は同じ。 『ダイヤモンド&パール』(以下DP第10話ポケッチ入手困難!?」では歌う事で「さいみんじゅつ」を使える野生個体登場。同第87話「コダックの通せんぼ!」では群れの♀コダックがタマゴ孵すのを外敵から守るために、住みかに繋がる谷間の道を3匹で塞いでいるというエピソード描かれている。 2019年版では野生個体登場ゴウ前に現れゴウ唖然とさせた。第14話ではカラバリ色違い(水色)ポケモンとしてが登場本人初めゲットしたポケモンでもあり、それがきっかけ色違い限定集めている。両方とも声優カスミのコダックと同じく愛河里花子担当第57話ではとある青年トレーナーとして登場通常のコダックと違い細目マフラーをしている。こちらの声優ゆりやんレトリィバァ。他にもミニコーナーの「ひらめきゲット! Let's ポケなぞ!!」にも登場実写映画名探偵ピカチュウ』では新聞記者ルーシーパートナーポケモンとして登場ストレス感じると頭が爆発する。声はアニメ版同様、愛河里花子

※この「コダック」の解説は、「ポケモンの一覧 (52-101)」の解説の一部です。
「コダック」を含む「ポケモンの一覧 (52-101)」の記事については、「ポケモンの一覧 (52-101)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「コダック」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「コダック」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「コダック」の関連用語

コダックのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



コダックのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ZDNetZDNet
Copyright ASAHI INTERACTIVE, Inc. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコダック (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの白黒リバーサルフィルム (改訂履歴)、126フィルム (改訂履歴)、828フィルム (改訂履歴)、モノクロフィルム (改訂履歴)、ネガフィルム (改訂履歴)、127フィルム (改訂履歴)、アニメ版ポケットモンスターの登場人物 (改訂履歴)、ポケモンの一覧 (52-101) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS