ストレスとは? わかりやすく解説

ストレス【stress】

読み方:すとれす

生体にひずみの生じた状態の意》寒冷外傷精神的ショックなどによって起こ精神的緊張生体内非特異的防衛反応また、その要因となる刺激状況

語勢強さアクセント


ストレス

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

ストレス

ストレスとは、種々の外部刺激負担として働くときに心身生ず機能変化をいい、大きく分けて2種類ある。 一つ目個人要因で、事故・災害前から持っているさまざまなストレスである。家庭仕事など日々の生活から生じるストレスすべてが含まれる二つ目は、事故・災害により生じるストレスである。二つ目のストレスによりトラウマ心的外傷)が生じることもある。

ストレス

英訳・(英)同義/類義語:stress, , Stress, cortisol release

細胞器官個体、群の各レベルで、通常状態の量を超えてかかる物理的化学的生物学的外部環境変動

ストレス

読み方すとれす

外部からの刺激などよって体の内部に生じ反応のこと。その原因となる外的刺激ストレッサー)も含めてストレスと呼ばれる

 外部からの刺激によって、身体生じた反応意味してます。もともと物理学言葉で外部からの刺激に対する力(応力)をさしていましたアメリカ生物学者ウオルター・ B・キャノン生理学応用しカナダ医学者ハンス・セリエがさらに研究進めてストレス学説」を唱えたのが、今の「ストレス」の始まりと言われています。
 ストレスの原因となる外的刺激ストレッサーと言い、これを含めてストレスと表現されることもあります。ストレッサーには、暑さ寒さ有害物質など物理的化学的なもの、病気飢え睡眠不足などの生理的なもの、職場家庭おおける不安・緊張恐怖怒りなど心理的社会的なものなどがあります人間では特に心理的社会的ストレス大きいとされています。
 ストレスが生じると、体内ではそれを解消しようとする防御反応働きます対処法それぞれ異なりますが、同じストレッサーでも受け止める人によって「よいストレス」になるか「悪いストレス」になるかが大きく異なりますストレッサー制御できた場合適応という様態とりますが、うまく制御出来なかった場合には、不適応起こして身体さまざまな影響現れます身体面での不適応表れとして、心身症としての消化性潰瘍高血圧気管支喘息など、精神面においては不安や抑うつ錯乱状態どの様々な反応性精神障害引き起こします外傷後ストレス障害PTSD)や急性ストレス反応などもそういった不適応反応1つです。


ストレス


ストレス

作者金堀常美

収載図書モカコーヒーを、ブラック
出版社新風舎
刊行年月2004.5
シリーズ名新風舎文庫


ストレス

読み方すとれす

経験不足からくる不安、疲労寝不足緊張、低い水温や強い流れ、またはウエットスーツBCサイズ合わないことなど器材不調もストレスとなる。ストレスが過剰になる水中パニック起こすなど事故につながることも多く安全面で非常に問題である。

ストレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/04 03:41 UTC 版)

ストレス (英語: stress)




「ストレス」の続きの解説一覧

ストレス

出典:『Wiktionary』 (2021/11/20 18:00 UTC 版)

語源

名詞

ストレス

  1. 肉体的、精神的な刺激警告反応。またそのような刺激
  2. 強勢語勢強く発音すること。
  3. 応力歪み

関連語


「ストレス」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ストレスと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ストレス」の関連用語

ストレスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ストレスのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
文部科学省文部科学省
Copyright (C) 2022 文部科学省 All rights reserved.
環境防災Nネットホームページ原子力防災基礎用語集
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
厚生労働省厚生労働省
(C)2022 Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.
e-ヘルスネット
環境再生保全機構環境再生保全機構
Copyright, 2022 Environmental Restoration and Conservation Agency. All rights Reserved.
リウマチ・アレルギー情報センターリウマチ・アレルギー情報センター
Copyright (c) 2022 The Rheumatism & Allergy Information Center All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ダイブネットダイブネット
COPYRIGHT©2022 DIVENET LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのストレス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのストレス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS